FC2ブログ
10≪ 2014/11 ≫12
123456789101112131415161718192021222324252627282930
個別記事の管理2014-11-22 (Sat)
前回はこちらへ

「これも見ようよ」
 別の動画もあった。ランチタイムのカフェは混雑してきた。
「私はエッチですけべな女です。ケイコ様、遼子様、萌子様の言うことはなんでも聞きますので、どうか許してください」
 水絵が帰してもらう条件として飲んだ約束を撮影したものだ。
 もっと前後に長い言葉があり、動画を他人には見せないなどの約束もあったのだが、そこは遼子がカットし、まるで水絵が自分からひたすら「なんでも聞く」ということ、そして「許してください」と悪いことをした償いのように聞こえるのである。
「水絵。えらいわ」
 最後には全裸にされて、正座させられていた。縛られてはいないが、脅されていた。その部分が映像からはわからない。
 彼女たちに従う宣言をしたあと、自ら自分の手に手錠をかけていく。その細い手をカメラに向かって差し出す。その向こうにあるのは、アクメに狂っていたときに見せた目。
 この映像だけで、ケイコたちが水絵にした行為がすべて正当化されると言わんばかりの演出だった。
 水絵が、自らそういう目に遭わせてほしいと頼んでるようにしか見えない。
「ごちそうさま」
 支払いは水絵がする。食べたことを覚えていないほど恥ずかしい昼食。誰かに見られたり、聞かれたりしてはいないかと気が気ではなかった。
「これも傑作よね」
 ケイコは水絵に画面を見せる。もう1本の動画。水絵は顔を赤らめる。
「あっ、あっ、あっ」
 自分の声とは思えない。
 何度目かの陶酔のあとに意識が遠くなってしまったのだ。
 誓わされる前、ケイコたちはオーガスムに浸っている水絵を眺めながら、オナニー談義をはじめていた。独身の女性たち。忙しい毎日。寂しくなる夜には自分を慰めることもある。きわめて現実的な話題だった。
「だけど、水絵みたいに感じたこと、ないかなあ」と遼子がいいはじめ、どうして水絵はこんなに乱れるのかという話になった。
「やっぱり秘めたエッチな気持ちがあるのよ」
「それが滲み出て、AVやってたんじゃないかって噂まで出たってわけ?」
「でも水絵のあそこ、すごくキレイだわ」
「そうなのよ。経験ないんじゃないの?」
「もしかして、処女?」
 このあと、ケイコたちに秘部を指で広げられ、中まで覗き込まれ、撮影された。
 自分でもそこまでしっかり見せられた記憶はない。柔らかな肌、色素の薄い秘部。襞までも上品で滑らかだったが、息づくように蠕動する様は、自分の肉体とは思えない。
「男性経験、あるの?」
 萌子にズバリ聞かれて、朦朧としながら顔を左右にふった。
「一度もないの?」
「ウソはダメよ」
 執拗に責められて、「二度ぐらい」と答えた。
「だけど、これじゃ、ホントにやったとは言えないと思うわ。まだ処女膜が残ってるんじゃない?」
「そうか。水絵はだからカワイイけど、なんかキモイわけね」と遼子。
「キモくないわよ。かわいいわよ」
 ケイコが水絵に抱きつくと、萌子も「ホントにカワイイ」と続く。
「あんたたち、レズなの?」
 あきれているのは遼子だった。
 自分の秘部の中まで撮影されている。そして感じまくった水絵は、狂ったようにケイコたちにすがりついていた。
「私のこと、言いふらさないでください」
 水絵の口から出る言葉は、常に否定的。しないで、やめて、いや、だめ……。
 この時、ケイコたちにはすでに見抜かれていた。否定しながら、のめり込んでいることを。
「水絵は、今日から私たちのペットよ」とケイコが宣言した。
「どうなの?」
 萌子に促されて、水絵は「そんなの、いやです」と否定した。そしてケイコに頬を引っぱたかれた。
「素直じゃないわね!」
 3人に服を脱がされて、正座させられた。遼子がパソコン画面に打ち込んだ文書を読むまで、服を返さないと脅された。萌子が水絵の服をガスコンロの上に置き、いつでも火がつけられるようにしている。
「燃えちゃったら、裸で帰るしかないわね」
 ケイコは目を輝かせていた。いや萌子も。そして関心が薄そうな遼子も。美しい自分たちだけの玩具がいま手に入ったのだ。
 それを確実にするために、誓いの動画を撮るのだ。
「水絵は次のことを誓います」と。

1、ケイコ様、遼子様、萌子様のご命令にはいつどんなときでも無条件に従います。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★続々刊行! 独特のSM世界「荒縄工房」★

★乱舞★
その恋愛は危険な世界への扉。
ranbuTitle100100





DMM.R18版はこちらへ
DLSiteはこちらへ
アマゾンkindleはこちらへ


★M穴地獄―デッドライン―★
自虐の虜となった女子校生が自分の肉体破壊に突き進んでいく。
 

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ

★玩具にしてください! 変態女子校生・菜津希★
輪姦願望に目覚めてエスカレート。3穴輪姦、48時間輪姦、文化祭での拷問とやり尽くした菜津希が行きつく先とは?
gang1100.jpg 

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ



●荒縄工房の作品はこちらでダウンロードできます●
DLsite.com
DMM.R18
パブー
DiGiket
Melonbooks
とらのあな
アマゾンkindle
楽天kobo
※ダウンロードサイトによって、作品数などに違いがあります。ご容赦ください。





今日のSMシーン
レズに堕ちていく私 ~一寸先はレズ地獄~ 大場ゆい 春原未来レズに堕ちていく私 ~一寸先はレズ地獄~ 大場ゆい 春原未来


スポンサーサイト
世界最大サイト【アシュレイ・マディソン】http://www.ashleyrnadison.com
簡単!! 人妻不倫 最短3分【登録  ⇒  写メ閲覧  ⇒  SEX】
【40歳以上でもペニス増大】最短3日で実感!5cmは当たり前?
「妻がチンコ入れられて失神するのをはじめてみました(笑)」
【秋葉原にオープン!!】過激なエステ / 秋葉原ボディクリニック A.B.C
素人美女のおっぱいヌルヌル過激マッサージで身も心も昇天↑↑↑
Theme : 官能小説 * Genre : アダルト * Category : 堕ちる AとV
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2014-11-21 (Fri)
前回はこちらへ

 水絵の通う株式会社Fは、国技館の裏手、都営地下鉄の両国駅にほど近いビルの4階から最上階の8階までを占めていた。通信販売用のグッズの企画から製造、卸までをしている会社だが、近年は実店舗を独自に持っての販売や、フランチャイズ展開、自社サイトでの直販など手を広げていた。
 職場は女性が8割で男性社員は少ない。
「水絵さん。ちょっと来て」
 ケイコが声をかけてきた。水絵は作業を中断してセーブすると、ケイコの机の前に立った。
「約束は守ってるかしら?」
「は、はい」
「チェックさせてよ」
「いま、ですか!」
「いま」
 水絵はもじもじしていたが、やがてスカートのすそをつかむと、引き上げていった。
 柔らかで艶やかな黒毛に覆われた部分があらわになった。ショッキングピンクのオープンフロントの下着。
 下着とは名ばかりでVゾーンを細いベルトが囲んでいるだけ。秘部の上にかかるようにラインストーンの飾りが下がっている。
 シーンによってはセクシーなアイテムだが、午前のオフィスには場違いすぎる。
 ケイコはそのネックレスのような飾りをつまんだ。
 水絵は思わず腰を引く。
「恥ずかしい?」
 唇を噛み、耐える。
 ケイコの横には遼子と萌子もいる。彼女たちも笑いながら見つめている。
「いいわ」
 スカートをおろした。おもわず広いオフィスを見回す。いまおこなわれたことに気づいた者はいないようだった。
 自分の席に戻った水絵に、背後でクスクスと笑うケイコたちの声が響く。
 ケイコがどこかのお店の忘年会で、ビンゴの景品でもらったというセクシー下着。それを身につけるように命じられたのだ。
 屈辱的なことは使用感があったこと。ケイコはその下着を一度ならず身につけていたのである。
 昼休み。有無を言わせずケイコたちのあとをついていくしかない水絵。外に出て、たまり場となっているカフェに行く。
 ランチを食べながらの「鑑賞会」。
「ふふふ。水絵、かわいい」
 ケイコが無遠慮に水絵の太もものつけ根を触る。スカートはめくり上げられてしまうが、それを拒絶することは許されない。
 そしてそこにある飾りを探る。長く伸ばされた爪の先が、薄い和毛の下に隠れている敏感な皮膚にあたる。
 そのたびに水絵がビクッとする。
「ふふふ。かわいい」
 みんながスマホで見ているのは昨日の映像だった。
 下半身を剥き出しにされた水絵。そこを撮影されている。ケイコの指で茂みをわけて、小さくて敏感な突起を露わにされた。遼子が用意していたAVの無修正動画とは比べものにならないほど、つつましく、美しい。
 もはやあのAVと同じ人物ではないことが明白になっていたのだが、ケイコと萌子は水絵に夢中になっていた。遼子はその様子を冷静に記録した。
「あああああ」
 わざと音量を上げて、水絵の恥ずかしい声を聞かせる。すでに何回目かの絶頂を迎えたあとに、ガムテープを外されたのだが、それでも声を出し続けてしまった。
「うわ、こいつ漏らしちゃったよ」
 叫び声と笑い声が交錯する。
 何分にもわたって、敏感な部分を2人の指でいじられている間に、はしたなくも感じてしまったのだった。そして我慢していた小水を含めて、大量の水分を放出してしまったのである。
 動画はそのクライマックス部分だけを切り取ってあるので、遼子がネットで見つけた無修正動画とほとんど差のない映像になっていた。加えて、遼子のカメラは冷酷にも水絵の顔をはっきりと記録していた。
 その表情は水絵には記憶はないのだが、誰がどう解釈しても、陶酔しきっているとしか見えない。なまめかしく、卑猥な目。
 それは偶然による映像の魔術とでもいうべきものだったが、水絵にとっては偶然ではすまない。
 感じやすく、本気で逝った水絵を3人はその後も執拗に攻めた。下半身をいじり回して何度も逝かせ、泣かせ、その様子を記録した。
「お願いです。もう帰してください」
「いい思いをいっぱいして、それはないんじゃないの?」
「そうよ、水絵。この映像。はっきり言ってそこらのAV以上だわよ」
 遼子の部屋で自分の姿を見せつけられた水絵は、呆然としていた。
「これは私たちだけの秘密にしてあげましょう」とケイコが言ったとき、水絵はすがりついてしまった。
「ありがとうございます」と頭を下げていた。そういう姿に、ケイコのような人間は可哀想と思う以上に、心の中で喝采を叫ぶのだ。これで水絵を好きなようにできる……。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★続々刊行! 独特のSM世界「荒縄工房」★


★小説『堕ちる』Part2 シークレット・バージョン★OLが拷問地獄に堕ちる
無料の「体験版」にある「ご注意」をまずお読みの上、ご購入いただければと思います。

堕ちる2

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ


★小説『堕ちる』特別編★OLが自虐の果てに見たもの
 ブログに連載したものを加筆修正の上、未公開の部分を追加しました。主人公はこのあと壮絶な拷問ののちに人体改造を経て、クリスマスパーティーへと突入します。ぜひ、お手元でゆっくりお読みください。
堕ちる1

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ


●荒縄工房の作品はこちらでダウンロードできます●
DLsite.com
DMM.R18
パブー
DiGiket
Melonbooks
とらのあな
アマゾンkindle
楽天kobo
※ダウンロードサイトによって、作品数などに違いがあります。ご容赦ください。




今日のSMシーン
穴奴隷レズビアン 二穴挿入&フィストファック…全穴ハードレズ調教 愛咲れいら 星川麻紀穴奴隷レズビアン 二穴挿入&フィストファック…全穴ハードレズ調教 愛咲れいら 星川麻紀

Theme : 官能小説 * Genre : アダルト * Category : 堕ちる AとV
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2014-11-20 (Thu)
前回はこちらへ

 ほとんどのパートはメインの子たちの声だから、自分の歌というのもどうかと思うけど、それだけが私の汗と涙の結晶だもの。
「これからは、スカアイドルとして、みなさまの慰み者として生きていく所存です。お願いです、生きさせてください。生かせてほしいのです。いかせて。逝かせて……」
 ろれつが回らなくなった。
「今日もホントは全裸でここに来たかったのですが、すでに前科のある身。これ以上、世間をお騒がせしてはいけません。中途半端な姿でお目汚しとなりましたことをお詫びいたします。今後とも、みなさまのために……」
 泣きだした。涙がいっぱい出た。
 秋夫はもう直接、出て来ない。だけど私を操作している。あんな言葉を自分で言うはずがないので、秋夫がなにかをしたのだ。
 だけど、ほかの人たちから見れば、すべて自作自演にしか見えないだろう。
「よーし、ケツ見せろ!」
 手を叩きながら「ケツ見せろ!」コールをする源六じじい。それに参加するファンもいて、ちょっとした盛り上がり。
「理菜のお尻を見てください!」
 今度は誰に強要されるのでもなく、お尻を突きだしていた。
「では、少々お待ちください」
 勇と源六が、縄を解いてくれたが、自由にするつもりはないのだ。近くの立木に縄を飛ばした。
「いや、いや」
 その抵抗は力がない。
 まだ痺れている手を取られ、再び手首をがっちり縛られた。そして吊り上げる。
「ひひー」
 妙な声を上げてしまった。足を2人が持ち上げて、足首を縛る。
「やめて、それはムリ」
 少しバタついたけど、彼らに足も吊り上げられていく。
 結局、生け捕りの獣のように手足を一緒に縛られて、吊されてしまった。みんなの腰ぐらいの高さとはいえ、恐ろしい。ここは公園なのだ。あまりにも長時間、イベントをやれば警察が来る。
「はい、2枚お買い上げ、ビー玉4個」
 新品のビー玉を勇が渡す。さっき入れられていたものよりかなり大きい。最初のは直径1センチほどだったのに、いまは3センチぐらいある。
「理菜ちゃんのお尻に入れてあげるね」
 見知らぬ男が(いや、さっき私を蹂躙した男かもしれないけど、覚えていない)、アナルを指でいじり、4個、押し込む。
「くううう、ありがとう、ございました」
 自分では「このクソバカ野郎」と叫びたいのに、言葉としてはいかにも従順なスカアイドルのセリフ……。
「これからも理菜のお尻をよろしく!」
「ああん、そんなにいじっちゃダメ」
「もっと奥まで入れてください」
 秋夫のやつ。何回でも殺してやりたい。殺したいから、生き返ってほしい。
「100枚ぐらい売れないかな」と勇が言っている。100枚。200個のビー玉。そんなのムリ……。
「わかってるよ。もうすぐ浣腸タイムだ」
「えええ!」
「みなさん、浣腸は挨拶がわりで無料です」
 ちょっと! 勝手なことばかり……。無料ってなによ。いや、お金を貰ってもこんなことしたくない! されたくない!
「ショータイムです。理菜ちゃんはけっこう感じやすい。浣腸されてビー玉を産み落としながら、イキますよ」
 パラパラと拍手。
「やってみませんか?」
 気が狂いそう。だけど、あそこが熱い。めちゃくちゃにしてほしい。踏み潰してほしい。こうなったらここで、最後にしてほしい。
 勇が客に手渡したのは小さな注射器。50CCぐらいしか入らない。その先端が突っ込まれると、ガチガチとビー玉が音を立てる。
 何人かが浣腸液を入れてくれたら、すぐに便意がやってきた。
「出ちゃう」
 みんなが慌てている。
 ビュッと勢いよく浣腸液とビー玉が飛び出した。
 ぷりっぷりっと排泄されていく。
「うううう、だめえええ」
 セックス以上に感じていた。縛って吊されていなかったら、大暴れしていたかもしれない。それぐらいの快楽。
「では、次の方」
 再びビー玉が入れられ、ある程度溜まったら浣腸タイム。
 気が遠くなって、何度も昇天しながら、勇から「100枚達成だぜ」と囁かれた。
 こんなに自分のグッズ、売れたことないから、なんだかうれしくなってきた。


小説(官能小説) ブログランキングへ


★続々刊行! 独特のSM世界「荒縄工房」★

★『隷徒3 母娘の章』★隷徒となった姉妹にその母親までもが加わり暴虐の渦に突き落とされる。シリーズ3作目。
隷徒03
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ


★『隷徒2 姉妹の章』★隷徒・聖香を目撃してしまった姉の翔子も引きずり込まれ、本性を暴かれて特別隷徒にされていく。シリーズ2作目。
隷徒2100100
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ


★『隷徒1 聖香の章』★荒縄学園に転校してきた聖香。隷徒として卒業を目指すことに。だが隷徒は全裸であらゆる要望に応えなければならない……。シリーズ1作目。
reito100100.jpg
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ



●荒縄工房の作品はこちらでダウンロードできます●
DLsite.com
DMM.R18
パブー
DiGiket
Melonbooks
とらのあな
アマゾンkindle
楽天kobo
※ダウンロードサイトによって、作品数などに違いがあります。ご容赦ください。




今日のSMシーン
中出し肉便器学級当番 工業○校ただひとりの女子生徒が肉便器に堕ちてゆく 湊莉久中出し肉便器学級当番 工業○校ただひとりの女子生徒が肉便器に堕ちてゆく 湊莉久


Theme : 官能小説 * Genre : アダルト * Category : 自縛霊 ワケありなんです!
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2014-11-19 (Wed)
前回はこちらへ

「ありがとうございます」
 勇はそう言いながら、尻尾の先をバケツの中に入れた。そして根元を握る。最初は空気が入ってきたが、次にはバケツの中身が吸い上げられて私の中に……。
「ひどい……」
 暴れそうになっても、ほかのファンたちが背後から縄や腕をつかんでいるので、ほとんど動けない。
「まだまだいけますよ!」
 ファン達数人が続く。そして見知らぬおじさんまでも。
「思ったよりかわいいじゃねえか」
 酔っ払っている。泡立つ大量の臭い尿を放出した。
「ははは。こんなもんでよければいくらでもくれてやるぜ」
 バケツ半分ぐらいになったところで、ぐいぐいをおしっこ浣腸をされる。
「苦しい……」
 体が熱くなって、寒さは感じない。パンパンになってきた腸内で、ビー玉が動いているのが感じられる。
 知らない人たちの尿で体が汚される……。もうこの世界から抜けられないかもしれない。一生、消えることのない悪い物質が体に染み込んでいくのではないか。
「コーヒー浣腸で腸内は空っぽだから、いくらでも入るぞ」
 源六はまだいたのだ。店を放り出して。
 同時に、恐怖がさらに強くなる。こいつの針で自然排便までしたのだから、どんなに我慢しても、私はここでみんなの前で……。
 勇が腹部を撫でている。
「そろそろ、一度、出してみましょうか」
 パチパチと拍手が起こる。
「えー、それでは理菜ちゃんのビー玉排泄をお見せいたしましょう」
 どこかを操作したら、腸内で膨らんでいた部分がすっと小さくなった。そして勇は尻尾を引き抜いた。
「いやああ」
 背後にいた連中に腰を折って、お尻を突き出すようにされると、スカートをめくりあげて、水着の間から大噴水。
 ファンたちが以前、ライブでやったようなやらなかったような理菜コールをやってくれて……。
 液体は自由に出るけど、ビー玉は水着に引っかかる。それがなんだか悲しい。
「……ただいま、こちらでは記念のDVDをご用意しております……」
 ウソだろ。誰かが私の恥ずかしい映像をDVDにしてきたのだ。それをこの場で配布するという……。
 50個のビー玉のうち多くが水着の股間部分にたまって、重く垂れ下がる。そのせいで水着が下に引っ張られる。
「すげえ、エロい」
「理菜って、けっこうエロな体だったんだ」
「ホント、ぜんぜん、目立ってなかったからなあ」
「ビルスタの解散原因とか名指しされてたけど、売名だと思ってた」
「だよな。そもそも人気ないやつが原因っておかしいからさ」
「つまり、こんなヤバイ趣味があるからってことだったのか」
「おれ、スカアイドル、押すけどね。秘かにね」
「うん。ありだな」
 みんなが勝手なことを言っている。
「手応えあったな」
 勇がうれしそうに囁く。
「さきほどお配りしたDVDはサンプル版です。今日は完全限定版を千二百円でご用意しました。残りわずかですが、ご希望の方には特別に理菜ちゃんにビー玉を入れる特典を差し上げます」
「入れるって、アナルにかよ!」
「もちろんです。1枚で2個」
 なんという商売をしやがるのか。憤ってみたところでしょうがない。
「理菜からも挨拶させますから!」
 立たされて、正面に向けられた。バシャバシャ無遠慮に写真を撮られている。その液晶画面を見せられる。驚いたことに、目元にしっかりメイクが入って、チークまでつけていた。扇情的な赤い口紅……。髪は相変わらず酷いがネコ耳でごまかしていた。
 自分でやったのか。ほかにやる者はいない。連れ出されるとなったとき、逃げたり抵抗するよりもメイクをしたというのか。
 秋夫は黙っている。
 恐ろしかった。もし自然に、自分でこれをやったとしたら、もう自分を信じることもできない……。
「あああああ」と言葉が出ない。
「デビルスターワールドエンドのことは、どうもすみませんでした。大葉理菜です。私はこんなスケベな女子なので、アイドルなんておこがましく、地下でも地底でもなく、地獄がふさわしいようなヤツなんです」
 なに言ってるんだ、私。
 勇が自分のアイフォンを小型スピーカーにつなげて、ビルスタの曲を流す。

 熱い視線のオンザステージ
 不思議な電波が飛び交う
 あなたの言葉だけ聞きたいから
 ぜんぶ オフにしちゃったわ


小説(官能小説) ブログランキングへ

★続々刊行! 独特のSM世界「荒縄工房」★

★『自虐姉』★自虐な姉を持つ弟の手記。ミサは自虐癖が強く、恥ずかしいことや痛いことが大好き。心配しながらもそんなミサを欲望のままに使い倒す弟。2人暮らしはやがてアパートの住人たちを巻き込んでいきます。ちょっとお気楽なSM小説世界をお楽しみください。640ページ。
jigyakuane100100.jpg
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ

★小説『堕ちる 明日菜編02+』★性社畜から脱出できるのか?
自虐者・明日菜の続編「SM研究室」ので連載した「小説 堕ちる 明日菜編02」と「明日菜の夏休み・冬休み」を収録。全編加筆修正しました。スカを含む過激な一人遊びや、性社畜へと堕ちた明日菜の行方をお楽しみください。630ページ。

asuna02100100.jpg
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ


★小説『堕ちる 明日菜編01+』★自虐趣味が大変なことに
「SM研究室」の人気連載「「自虐者・明日菜の真性必罰日記」全編、そして連載中の「小説 堕ちる 明日菜編」を+(プラス)。全編加筆修正しました。スカを含む過激な一人遊びから始まって性社畜へと堕ちていきます。843ページ。

堕ちる明日菜01
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ

●荒縄工房の作品はこちらでダウンロードできます●
DLsite.com
DMM.R18
パブー
DiGiket
Melonbooks
とらのあな
アマゾンkindle
楽天kobo
※ダウンロードサイトによって、作品数などに違いがあります。ご容赦ください。




今日のSMシーン
放課後肉便器 一人目 あさみ放課後肉便器 一人目 あさみ


Theme : 官能小説 * Genre : アダルト * Category : 自縛霊 ワケありなんです!
* Comment : (0) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2014-11-17 (Mon)
前回はこちらへ

 源一郎もここを秘密基地として与えられて、好きに利用してきたのなら、あのときのほかの婿候補たちとはまったく違う遊びを考えていたとしてもおかしくはありません。
「安心していいですよ、恵梨香様。ここの警備員たちはすばらしく口が固い。実は……」
 磔にされている場所からテントの屋根を抜けて物置らしい小屋(といってもこれもコンクリートづくりです)の前に行った源一郎は、その小屋の鉄の扉を左右に開けました。
 いやなニオイがその小屋から流れてきました。薄暗い小屋の中は見通せません。ただただ恐ろしい気配がするだけです。
 源一郎は小屋に一歩入りました。強い日差しとのコントラストで、彼の体が一瞬、消えたように見えました。
 再び現れた彼の手には、白く輝くものがありました。
「いやあああああ」
「恵梨香様。そんなに驚くことはないでしょう。どうってことはないですよ、こんなもの」
 彼はそれをバトンのように、空中に投げてキャッチしながら、こちらに来るのです。
 そして白い細長い棒をわたしの顎に、突きつけました。
「やめて!」
「なんだ。臆病なんですね。ドMのゴキ。ただの骨じゃないですか」
 そんなわけはありません。たしかに、骨付き肉を食べたあとに残った、腿あたりの骨とそっくりですが、細く、長く、大きいのです。
「これはね。彼らがどこかで捕まえてきた、哀れな犠牲者のものなんだ」
 失神しそうになりました。
「小さい頃から、ぼくは人間の体に興味があって、乳母の乳房をカッターで切り取ろうとしたこともあるんだよ」
 こいつ、サイコ……。
「いろんな医者に治療してもらったから、とっても気分よく毎日、過ごせているんだ。そうだなあ。レクターって知ってる?」
 わたしは首を横に振りました。
「そうか。知らないんですね。『羊たちの沈黙』という映画にもなったサスペンス小説に登場して、多くの人に知られたサイコパスです。ハンニバル・レクター」
 彼は完璧な発音でその名を、味わうように口にしました。
「Hannibal the Cannibal。人食いハンニバルというニックネームでね。英語では韻を踏んでいるんだから、訳すときも韻を踏むべきですけどね。実在しているかのように造形された架空の人物です。人を殺し、食べる、猟奇殺人鬼でありながら、天才的な頭脳を持ち、エレガント」
 源一郎は、スーパーヒーローを語る少年のようにシリアルキラーのことを語るのです。
「あの小屋には、ぼくが彼らとともに、たっぷり楽しんだ生贄たちが陳列されています。ぼくのコレクション。そして彼らの成果でもある」
 黒人たちは誇らしそうに笑った。
「ぼくの求めに応じて祖父はここを、ぼくのこの大切な、そして最高の楽しみのために用意してくれたのです。祖父は理解がありました。九十歳で亡くなりましたが、若い頃は戦争にも参加し、大勢の人を殺したり、拷問したりして楽しんだそうです。ここに来て、何度か一緒に楽しんだんですけどね」
 吐きそうになりました。胃はからっぽで、なにも出ませんが。
「正直に言いましょう。恵梨香。あなたのことは幼い頃から好きでした。むしろ一緒に生贄を楽しむパートナーになるのではないかと夢想していたのです。ついこの間まで、あなたは強烈でしたからね。覚えてらっしゃいますよね?」
 いろんな意味でむかついてきました。
「だけど、残念です。あなたは生贄側へ行ってしまった。あのゲームのとき、あんな生ぬるい遊びにはうんざりでした。でも、いつかドMのゴキを、この足で、プチッと踏み潰してみたいと思うようになったのです」
 命乞いなどする気にもなりません。ハンサムで、スポーティーで御曹司を絵に描いたような源一郎は、とんでもない犯罪者でもあったのですから。
「いったい、何人、殺してきたの?」
「そんなことを聞いてどうするんです? ぼくの伝記でも書いてくれますか? その指で?」
 彼が大笑いをすると、黒人たちも大笑いをします。彼らが全裸で淫らな姿のわたしを見ても襲おうとしなかった理由がわかりました。
 本気で、肉としてしか見ていなかったのです。いまも、彼らの目は人間の女性を見るのとはまったく違います。
「あれを、持ってきてくれ」
 源一郎に命じられて、黒人が大きな金だらいを運んできました。大型犬を洗えるぐらいの大きさで、ボコボコに痛んでいます。その中に強い日差しをあびて、うごめくものがありました。最初は亀のような生き物かと思ったのですが、足元に置かれたとき、それがなにかわかったのです。
「ひいっっ」
「あれ? まさかお嬢様。生きた蟹を見るのははじめてじゃないでしょう?」
 バーベキューのコンロに使うらしいレンガを積んだところから、火ばさみを持ってきた源一郎が、たらいの中から蟹をつかんで、わたしに見せつける。
「茹でて食べるとうまいんだけど、蟹って肉食だって知ってるよね? 生贄の肉を食べさせた蟹は格別にうまいんだ」
 おおぶりの上海蟹ぐらいの大きさで、甲羅は丸く、両方の爪がとても大きいのです。青黒い色ですが、茹でれば赤くなっておいしいのだろうとは思います。でも、餌にされる側からすれば、とても恐ろしい相手です。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★続々刊行! 独特のSM世界「荒縄工房」★

★妹は鬼畜系★
義理の妹に調教される兄「ぼく」は義妹のケイに、さらに義母に調教される。男の娘として、さらに男性たちのオモチャに、トーチャー・クラブの生け贄として拷問へとエスカレートしていく。
 
RJ106932_img_sam
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ


★隷獣 郁美モノローグ版★
女子大生がケモノとして飼育される 山ガールを楽しんでいた郁美は、同級生の有希恵に「隷獣」としての素質を見出され、山小屋でケモノに堕ちるための調教を受けるのだった……。伝奇SM小説『隷獣』は、郁美のモノローグに書き改められ、ブログにはない結末が追加されています。
 隷獣
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ


●荒縄工房の作品はこちらでダウンロードできます●
DLsite.com
DMM.R18
パブー
DiGiket
Melonbooks
とらのあな
アマゾンkindle
楽天kobo
※ダウンロードサイトによって、作品数などに違いがあります。ご容赦ください。





今日のSMシーン
性奴隷貿易株式会社3 ~94cmIカップ爆乳の悲劇~美人妻病院内拉致監禁緊縛拘束SEX奴隷調教 岸杏南性奴隷貿易株式会社3 ~94cmIカップ爆乳の悲劇~美人妻病院内拉致監禁緊縛拘束SEX奴隷調教 岸杏南



Theme : 官能小説 * Genre : アダルト * Category : お嬢様はドM3
* Comment : (0) * Trackback : (-) |