FC2ブログ

荒縄工房6周年記念 復刻!「亜由美」第三回

前回はこちらへ

★連載していた頃、亜由美は夢にまで出て「もっと書いて」とせがまれました。特定のモデルはいませんし完全なフィクションなのですが(読めばおわかりのとおり)、私は亜由美はどこかにいると信じるまでになっていたのは事実です。彼女のおかげで「荒縄工房」は続けることができました。当初は日に数件、月間でも1000アクセスほどでしたが、12月には月間1万アクセスを突破。バックナンバーのダイジェスト化をする前には月間15万アクセスまでいきましたが、その後は月間10万アクセス前後で推移しています。これもすべて、亜由美のおかげ、と私は思っています。末永く、愛されることを祈っています。あんぷらぐど(荒縄工房)より。

亜由美の会 第一稿 『東京のいつかどこかで』 その2 本当の気持ち(部分)

 夜の八時に街中にいる。ここに引っ越してきてはじめての経験だった。
 剛介の指定した居酒屋。未成年で酒はまだ飲めない、というのはあくまでも表向きで、大学生になってしまえば、その境目は厳密ではない。
 格安のチェーン店。剛介は奥まった個室で待っていた。掘りごたつ式で、テーブルにはすでにセットのツマミが並んでいた。
 剛介はジョッキでビールを飲んでいた。
 これではまるで、剛介の彼女か、それとも命じられたらなんでもする娼婦のようではないか、と亜由美は思う。酒を飲んではいけない、と気をしっかり持って、剛介の向い側に座った。
 亜由美はただのウーロン茶を頼んだ。
「じゃ、再会を祝してかんぱーい」
 仕方なくグラスを合わせた。
「本当に、これで終わりにしてくれるんですね?」
「うーん」と剛介は返事をはぐらかす。「おまえのお祝いなんだよ。まだ、再会したばかりで、ろくに話もしていていないしさ。五年も会っていないなんだから、もうちょっと話そうよ。お兄さんたちは元気?」
 しばらく故郷の話が続いた。共通の知り合いの消息を亜由美は知っている限り、教えた。
 その間にも、剛介は酒を飲み、串にさしたツマミなどを食べる。唇にソースがべったりとつく。それを指で取る。舌を出して肉汁をすする。チュバチュバと下品な音を立てる。
「悪い、ちょっと待っていて」
 途中で何度か、席を立ってトイレに行く。
 店員はどう思うだろう。あまりにも剛介の傍若無人な態度に、亜由美をどういう女だと思うだろう。
 今度トイレに行ったら、そのスキに帰ってしまおう、と彼女は決めた。
 亜由美はただのウーロン茶を飲んでいるつもりだった。ただ、店全体が酒の臭いがあふれていて、よく味がわからない上に、暑いので、ついつい口をつけてしまっていた。
 三杯ほどウーロン茶を飲んだところで、それが、やけにおいしいことに気づいた。普通のウーロン茶ではない。もしそうなら、三杯も飲めるはずはなかった。
「私、酔ったんですか?」と聞いていた。
 剛介は笑っていた。
「うーん、そうかも。かなり早いピッチでウーロンハイを飲んじゃってたから」
「ウーロン茶、です」
「ああ。ここにはオレの友達がバイトしてるんだよね、そいつに、おまえがウーロン茶というのはウーロンハイのことだから間違えずに濃い目に作ってあげてね、と伝えておいたんだ。気づかなかったの?」
 うかつだった。そう思っても、もう遅かった。体がだるく、力が出ない。頭がぼんやりして、眠くなってくる。
「送ってあげるよ」
 外に出ても、春らしい生暖かい風が吹いていて、亜由美の酔いはさめない。
「いいです。自分で帰れます」
「ダメダメ。ほら、貸してごらん」
 バッグを取り上げられ、中を漁られて、マンションの住所も覚えられてしまった。
 歩いて数分のところにあるワンルームだった。
 剛介は亜由美を抱えるように部屋に入れてやり、ドアをロックし、鍵を自分のポケットに入れた。
「許してください」と亜由美は涙を浮かべた。体も頭も十分には働かない。酒にこれほど酔ったことがなく、恐ろしいほどに自分が信じられなくなっていた。
 この五年間に積み上げた自分が崩れ、中から古い、バカな自分が現れようとしていた。
「おまえさ、本当はオレに会いたくて、大学をここにしたんだよね?」
「違います」
「オレがここにいると知ってたんでしょ。お兄さんから聞いて、がんばって勉強したんだね。イイコイイコしてあげよう」
「そんなこと、ありません」
 剛介は、見渡せばすべてが目に入る狭い部屋を歩き回り、亜由美のものを無造作に手で触れた。
 ベッド、机、本棚。机にイスはなく、ベッドに座って勉強する。ベッドにはクッションがいくつもあり、縫いぐるみもある。
「おまえのいやらしい臭いがしてるよ」
 剛介はふとんをめくり、ベッドの中央部に鼻をつけた。
「やめてください」と亜由美の声は、かすれ、弱々しい。今朝見た夢のことを思い出す。なんだかわからないが、淫らな夢だった。それで、おねしょをしたように下半身が濡れていた。
 その跡に、剛介は鼻をつけて、ニヤリと笑った。
「ここはいいね。オレのアパートなんかじゃ、隣の声が筒抜けだけどさ。窓を開けないと聞こえないね」
 押し入れをあける。まだ本の入ったままの段ボールが二個。衣服。それをかきわけていき、とうとう剛介は、笑いながら、一本の電動マッサージ機を見つけ出した。
「肩でも凝るの?」
「そうです」
「ウソつきだな、おまえ。もしそうなら、こんな奥にしまっておくわけがないよ。やましいから、こんな奥に入れたんだね」
「ちがいます」
 だが、剛介はその先端に鼻をつける。
「うーん、メス豚の臭いがするよ。ベッドと同じ臭いだね。夕べも、これでおまんこを慰めていたの?」
 亜由美は涙を流すだけで、もう声も出ない。ようやく体をおこして、床にへたり込むようにして、剛介を見上げていた。
「おとなしくなったね。イイコだね。それでいいんだよ。亜由美は、ドスケベで淫乱で、いじめられるのが大好きな変態なんだよね?」
 亜由美は、顔を横に振った。
 剛介はユニットバスのドアを開けた。ワンルームのマンションだが古い設計らしく、トイレと風呂が一体になっている。小さな棚をあけると、生理用品とむだ毛処理用のシェーバー、そして大量のイチジク浣腸があった。四十グラムと、もっとも容量の大きなタイプで、しかもノズルが長い。
「いいものを見つけちゃったな」とその箱を手に部屋に戻る。
「やめてください」と亜由美は言う。
 剛介は彼女の頭を手で撫でてやった。
「素直になれよ。あんなにいいご両親やお兄さんたちと離れて、一人暮らしすることにしたのは、なぜだい」
「大学に合格したから」
「違う違う。本当の亜由美は、そんな風には考えていないでしょ。一人暮らしなら、オナニーし放題だもんね。受験のときは、かなり我慢しちゃったんだよね。そして、オレがいる大学に来たんだから、一人暮らしじゃないとマズイもんね。それも女子寮か、女性専用のマンションじゃなくて、亜由美はこんな普通の、ちょっと古いマンションを選んだわけだ」
「違います。予算に合うところが、ここしか空いてなくて……」
「いいんだよ。おまえ、もう燃えちゃってるんじゃない? オレに出会っちゃったんだもんね。よかったじゃん。夢、かなったじゃん」
「違います」
「亜由美がウソをついてるかどうか、体にきいてみればわかっちゃうんだけどな」
 剛介は亜由美の背後に回り、抱きしめた。無骨な手が亜由美の、五年の間に豊かに実った乳房を服の上から握りしめる。少女から女へと変貌しつつある生硬い肉の感触。小さな乳首がツンと立っているのがわかる。
 そして、臭い口で、亜由美の唇を奪う。
 自分とはまるで違う臭いが口内を蹂躙している。舌が無遠慮に入り込み、あらがう亜由美の舌に絡まる。
 長い抱擁とキス。剛介は舌で亜由美の顔をなめ回した。


小説(官能小説) ブログランキングへ


★小説「亜由美」第一部★
亜由美第一部

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
女子大生となったばかりの亜由美。剛介との出会いから、自らのマゾ願望がいっきに開花。理不尽な辱め、処女喪失、輪姦からはじまってタップリ、被虐を味わうことになります。



小説『亜由美』第二部★
ayu02

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
メス豚女子大生となった亜由美への本格的な調教が繰り広げられます。大学でも便所でも商店街でも……。苦悶と快楽が彼女の日課になっていきます。


エピキュリアン1

今日のSMシーン
人妻拷問アクメ 2
人妻拷問アクメ 2

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 小説『亜由美』

荒縄工房6周年記念 復刻!「亜由美」第二回

前回はこちらへ

★いつもご覧いただき、ありがとうございます。昨日から明日まで、「亜由美シリーズ」の連載開始6周年(荒縄工房の6周年でもありますけど)を記念して、第一稿の冒頭部分を復刻しています。書きはじめたときは、亜由美が大学に入学してゴールデンウィークあたりまでで終わるはずだったのですぐ完結すると思ったのですが、これがなかなか長引きまして、当初構想だけで三部構成になってしまったのでした。では、続きをお楽しみください。

亜由美の会 第一稿 『東京のいつかどこかで』 その1 網にかかる(承前)

 なんの講義だったか、さっぱりわからなかった。楽しいはずの大学生活が、早くも終わろうとしていた。いや、それだけではない。自分の人生そのものが、過去の亀裂の中に、引きずり込まれていくようだった。
 運命は、亜由美をいいだけ明るい人生の扉まで進めておきながら、その扉の向こう側をチラッと見せただけで、閉じようとしている。
 剛介との出逢いを噛みしめていた。封印した記憶。自分のことではなく、創造の世界だったと思い込むことにした世界。恐ろしいほどバカだった中学時代の自分を呪った。
 あの頃、本気で剛介に処女を捧げたいと思っていた。自分の中の女を、世の中にぶちまけたくて仕方がなかった。欲望のままに、快楽をむさぼりたかった。
 だが、剛介はなかなか、亜由美が思うようには行動してくれなかった。剛介は、亜由美をじらすように、理不尽な要求ばかりを強いた。
「毎日、下着をつけずに学校へ来い。それができれば、考えてもいい」
 彼女はそれを実行した。しかし剛介はなにもしない。
 下校時に剛介に呼び出され、用具室の裏に連れ込まれた。
「スカートを自分であげて」
 裸の下半身を剛介に見せた。
「後ろを向いて」
 イチジク浣腸をされた。そのまま帰らされた。剛介は少し離れたところから、亜由美を観察するばかりだ。
 我慢できず、亜由美は途中の草むらで排泄した。すると、そうした姿を剛介は携帯で撮影した。
 剛介はそれでも、亜由美を抱こうとはしなかった。
 したいことをしてくれないこと。したくないことをさせられること。亜由美は剛介に強要される自分を受け入れていくようになっていった。
 亜由美は剛介に命じられて、恥ずかしいことをする自分に目覚めていた。
 だが、ある日、彼は引っ越していった。一年もすると、兄たちも彼とは連絡を取らなくなって、消息も聞かれなくなった。
 バカな自分。あれからオナニーをするたびに思い出すのは、剛介とのことばかりだったが、再び会いたいと思ったことはなかった。
 もしそんなことになれば、自分の人生がそこで台無しになってしまうに違いない、と亜由美はようやく気づいたのだ。
 少しは賢くなったのだ、と亜由美は思い、古い記憶を捨てることにした。
 するとこれまで苦手な科目ばかりで、学校が大嫌いになっていたのに、徐々に成績が上がっていった。自信をつけ、誉められることが増えていくにつれ、亜由美はもう、バカな小娘だった自分をすっかり過去のものとして消し去っていた。
 まだ始まったばかりで、十八歳で、未来は明るい希望に満ちていた。
 難関の大学に受かり、親兄弟を説得して一人暮らしも始めた。
「そうね、亜由美ならやれるかもね」と最後まで反対した母親も認めてくれた。
 実家から離れての暮らしは、不便で、寂しくもあったが、楽しかった。
 それが、こんなに早く、終わりを告げてしまうとは……。
 剛介がここにいるなら、自分は一緒にはいられない。過去の記憶、昔の自分と一緒に、違う未来を歩むことはできない。
 その夜、夢にうなされた。夢の内容はよくわからなかった。思い出したくなかったのかもしれない。
 ただ、下着がぐっしょりと濡れて、何度も絶頂を味わったかのように、だるく、疲れ果てて目が覚めた。微熱があるようだった。
 大学へ行けば剛介がいる。それを避けては通れない。
 亜由美は、重い体を引きずるようにして、大学へ行った。行けば、もしかすると事態は大きく変わっているかもしれない、と淡い期待があった。
 それも、すぐに打ち砕かれた。
 キャンパスに入るなり、剛介が声をかけてきたのだ。
「どう、よく眠れた? こんな写真、興味あるでしょ?」
 それは、五年前の写真を引き伸ばしてプリントしたものだった。
 亜由美のまだ幼い裸体。自ら足をいっぱいまで開いて、陰りのない女性の部分を突き出すようにしている。顔は笑ってはいないが、嫌がっているようにも見えない。視力がいまよりはよかったので、まだメガネをかけていなかった頃だ。
 強制されていないことは明らかだ。
 写真を撮られることが気持ちよかったのだ。自分は悪いことをしていた。それが快感だった。黒い部分をさらけ出すことで、一回り、大きくなれたようにさえ思えた。
「どうすれば、許してくれるんですか?」
「許す? ちがうでしょ。お祝いだよ。おまえとの五年ぶりの再会を祝して、一緒にメシでも食べようよ」
「わかりました。何時にどこへ行けばいいんですか?」
 その日は、昼間は講義に集中できた。亜由美は、これでいいのではないか、と考えるようになっていた。勉強はしっかりできている。やりたいこともできるだろう。未来はまだ自分のものだ。
 剛介との関係も、過去の傷に過ぎない。自信あふれるいまの亜由美は、昔の小娘とは別人だ。それに気づけば、そのうち、彼も亜由美を諦めるだろう。そう願っていた。


小説(官能小説) ブログランキングへ

小説『亜由美』第三部★


DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
メス豚女子大生・亜由美の完結編。壮絶な輪姦合宿から同じ大学の女子を巻き込んでの拷問実験へ。連載時にはなかったエンディング。



★『亜由美 灼熱編』★


DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
亜由美のその後を追う「外伝」。亜由美が自ら語るパルダ王国へ性奴隷として留学させられた日々。拷問調教での傷を癒すため貨物船に乗せられ、種付けされながら王国へ。そこで待ち受けていたものは……。連載時にはなかったエンディング。


エピキュリアン1


今日のSMシーン
年齢を感じさせない美貌の奥様は、とてもエゲツない性癖をお持ちの猥褻マダムだった。 安野由美
年齢を感じさせない美貌の奥様は、とてもエゲツない性癖をお持ちの猥褻マダムだった。 安野由美





テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 小説『亜由美』

荒縄工房6周年記念 復刻!「亜由美」第一回

★いつもご覧いただき、ありがとうございます。2011年5月に立ち上げた「荒縄工房」(本店)。6月には「亜由美シリーズ」の連載をスタートさせ、以後、ほぼ毎日更新、新作第一稿は無料公開、その後刊行というスタイルでやってまいりました。刊行された作品が完成版なのですが、いろいろな事情から初出時とは変更を余儀なくされている部分もあります。幸い、第一稿のデータは残っていますので、今日から3日連続で、冒頭部分のみ復刻してみます。
 とくに、この1回では、亜由美と剛介の関係の最重要部分が語られていますが、刊行作品では年齢の問題でNGとなっているため、このようなストレートな表現をしておりません。またタイトルも最初は『東京のいつかどこかで』でした。また今回、3回に分けるにあたって、はじめての掲載時とは区切りが変わっている点もご容赦ください。
 それでは、お楽しみください。

亜由美の会 第一稿 『東京のいつかどこかで』 その1 網にかかる

 亜由美が、剛介と再会したのは、四月の下旬だった。大学に入って、同時に一人暮らしも始めていた。毎日が、あっという間に過ぎていく。真新しい建物の、真っ白な廊下を気分よく歩いていたら、思いがけず、ふいに目の前にドアが開いたように、亜由美はそこにぶつかってしまった。
「亜由美だよね」
 ギクッとした。
 剛介は、三つ年上だったはずだ。忘れるはずのない中学二年のときのこと。あれから剛介は引っ越したのか、姿を完全に消していた。
 いくつも大学がある東京の、まさかこの大学にいるとは、思いもよらないことだった。
「メガネをしているから、別人かと思っちゃったな」
 脂ぎった顔。ぼさぼさの髪。あの頃よりも太ったようで、体重は百キロ近いのではないか。不健康そのものに見える。
「また会えたね。びっくりだよ」
「すいません」
 亜由美は逃げようとしたが、剛介の手は早く、細い手首をがっしりと握られていた。毛に覆われた浅黒い手が、真っ白な彼女の手首にまとわりつく。湿った手のひらの感触に鳥肌が立つ。
「忘れたの、オレのこと?」
「忘れました」
「うそだろ。忘れるわけないよ。オレに抱きついて、泣いたじゃないか」
「ウソです」
「ウソなもんか。あっ、その泣き顔。ミスキャンパスに出たら、きっと人気者になっちゃうね。メス豚の亜由美ちゃん」
「やめてください」
「オレ様のメス豚なんだもん。誰かと付き合ってるの? まともなヤツとは付き合えないでしょ、変態だから」
「大声を出します」
「それがなにか? オレは平気だよ。もしかして、オレに会いたくてこの大学にしたの?」
「違います。知りませんでした」
「またまた……。おまえ、もうあそこがべっちょべちょになっちゃってんじゃない? 五年前だよね。オレにこう言ったんだよね、覚えているよね。『おにいちゃん、わたしのお尻の穴を……』」
 亜由美の手が伸びて、剛介の頬を叩こうとしたが、届かなかった。両手ともに剛介に掴まれ、体が密着するほど引き寄せられる。
 五年の間に成長した男の臭いがする。
「あのとき、おまえを犯しあげてもよかったんだけどね。オレもそこまでバカじゃない。おまえがしてくれというからって、ただの犯罪者にはなりたくないしね。しばらく見ないうちに、すっかり大人だね。きっと、スケベさも一段と強くなったりして。オレの指、覚えている?」
「ふざけないで」
「お嬢様のようなカッコしちゃってさ。あの頃、おまえは、ホントに欲しがったよね、なんでもさ。おまえの兄貴の友達じゃなかったら、きっと一発、やっていたよ」
「放してください」
「だめだよ。騒いだら、あの頃の写真をバラ撒いてあげてもいいよ。顔立ちはあんまり変わっていないからね。男たちの見る目が変わっちゃうかもね」
 亜由美は、反抗できなくなっていた。荒い息だけをしている。
 広いキャンパスには、公園のように木々が植えられ、芝生がはられていた。人影はまばらだった。次の講義がもう始まっているのだ。
「オレのケータイに、写真はちゃんと残してるんだ。おまえみたいな女にもう一度会いたいと思ったけど、なかなかいないもんだよね」
 剛介はぐいぐいと亜由美を引きずるように、古い校舎のある一角へ向かって行く。そこはいずれ取り壊されるため、現在はほとんど使われていない。
「なにするんですか」
「決まってるじゃない。あのときの続きをするのさ」
「イヤです」
「おまえ、そんなこと言える?」
 ふと亜由美は、剛介の手の力が緩んだと感じて、思い切り振り切った。簡単に自由になれた。
「これは運命なんだ。ここで再会したんだ。すばらしいことだよ。期待に体が震えるちゃうんだろう? スケベな汁が、いっぱい出ちゃうんだろう?」
 金縛りになっていた体が、少し動き出す。
「逃げてもムダだよ」
 剛介は笑った。
 亜由美は走って教室に向かった。
 遅れて席についたが、教授は幸い、さらに遅れてやって来た。
 忘れ去ったはずのこと。記憶の中に閉じ込めて、封印したこと。それをプラスのエネルギーにして、念願の大学に入り、これからさらに夢を追って進もうとしていた自分。
 それが、突然、終わりを告げた。


小説(官能小説) ブログランキングへ


★小説「亜由美」第一部★
亜由美第一部

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
女子大生となったばかりの亜由美。剛介との出会いから、自らのマゾ願望がいっきに開花。理不尽な辱め、処女喪失、輪姦からはじまってタップリ、被虐を味わうことになります。



小説『亜由美』第二部★
ayu02

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
メス豚女子大生となった亜由美への本格的な調教が繰り広げられます。大学でも便所でも商店街でも……。苦悶と快楽が彼女の日課になっていきます。


エピキュリアン1

今日のSMシーン
悶絶不動産レディ 乳責めづくし嗜虐のクレーム対応 武居静香
悶絶不動産レディ 乳責めづくし嗜虐のクレーム対応 武居静香



テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 小説『亜由美』

小説『亜由美』 119 第三部最終回

前回はこちらへ


「どう、でした、か?」

「最高だったよ」
「すごくつらいです」
「診てみよう」


「うひいいい」

「お、折れる……」

「く、くるしい……」
 
「どうだ、言え!」
「知りません!」

「拷問シーンのエンディングを撮るからね」
「はい」

「あー、うわー」

「以上で拷問シーン、終了です」

「あとは、エンディングシーンの撮影だよ。今日は二パターンで終わる」
「よかった。もう限界ですから」
「わかっている。もうちょっとだけだ」

「さて、では、このメス豚・亜由美を紹介しましょう。十八歳ですが、男性経験は延べ二百人以上。フィストファック、アナルフィストも可能です。拷問プレーにも対応できます。ご希望の方、いらっしゃいますか?」
「百円!」
「二百円!」

「はい。では、そちらに三万円で売却いたします。どうか、せいぜい厳しくかわいがってください」

 廃棄シーンは外での撮影になる。


 特定の誰かに抱かれているのではない。あらゆる人に抱かれているような不思議な感覚だった。そう思うと、もぞもぞと体が自然に動く。
 つらく、痛い体のすべてが愛おしい。亜由美はなにもしていないのに、深い快楽に引きずり込まれていくのを感じていた。このまま、どこまでも奥深くまで、飲み込まれていきたい……。
 くねり、あえぎ、そして大量の愛液を噴き出しながら、終わりのないアクメをむさぼるのだった。

                   第三部 終わり
 ※ダイジェストでの公開となっております。


 長らくお読みいただき、ありがとうございます。
 昨年から1年以上かかってしまいましたが、小説『亜由美』は今回で一応の完結となりました。
 当初構想分はすべてこれで終わりです。
 書いていた私としても、いろいろな気持ちがありますけども、できれば読者のみなさまの心の片隅に少しでも亜由美の思い出が残っていただければ幸いです。
 なお、下記のDL版を先行して公表したわけですが、本ブログ版は加筆修正前の原稿を使用していますので、DL版とは表現を含めかなり違っている点がありますことをご了承ください。エンディングもDL版はこのあとに第三のエンディング「お楽しみ」があります。
 例によって、このブログ版も、連載終了後はダイジェスト表示となっておりますことをお断りしておきます。
 本当にありがとうございました。
               あんぷらぐど(荒縄工房)




小説『亜由美』第三部★ついに完結、拷問調教
 メス豚女子大生・亜由美の完結編。壮絶な輪姦合宿、そして拷問調教。さらに3つのエンディング。加筆修正に加え未発表部分、3つ目のエンディングを収録。



ポチッとクリックお願いします

★続々刊行! 独特のSM世界「荒縄工房」★

イメージをクリックするとDLSiteの作品ページへ


小説『亜由美』第二部★女子大生を公開調教
 メス豚女子大生・亜由美への本格的な調教が、大学と商店街を舞台に繰り広げられる。ブログ公開版に未発表の3エピソード追加しました。
ayu02


★小説「亜由美」第一部★女子大生がみんなの淫具に
 女子大生が自らのマゾ願望によって、調教されていく。この第一部では、処女喪失からはじまってタップリ、被虐を味わうことになります。

亜由美第一部

「荒縄工房」全作品リスト










テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 小説『亜由美』

小説『亜由美』 118 トゲトゲだらけの棒

前回はこちらへ


 男はバトンタッチし、次の男も右の乳首から再び引っ張るのだ。

「お願い、それは痛いの。たすけて。お願い、お願い、お願い……」


「ぎー、ちぎれる、ちぎれちゃう……」

「死ぬ……」

「やめて。お願い」


「ひー、つらい。大きすぎます」

「あひぃぃぃ」

「これは拷問じゃないですね」

「あれは……」

「まさか、あれを」

「助けて。壊れる。壊れちゃう」


「子宮に入れるつもりか?」

「あぅあぅ」

「助けて。私、なにもわからないんです。お願いです」

「ぐはっ」


「いやー。針はいやです。お願いです。それは……」

「ぎえぇぇぇぇ」

 ※ダイジェストでの公開となっております。


小説『亜由美』第三部★ついに完結、拷問調教
 メス豚女子大生・亜由美の完結編。壮絶な輪姦合宿、そして拷問調教。さらに3つのエンディング。加筆修正に加え未発表部分、3つ目のエンディングを収録。




ポチッとクリックお願いします

★続々刊行! 独特のSM世界「荒縄工房」★

イメージをクリックするとDLSiteの作品ページへ



小説『亜由美』第二部★女子大生を公開調教
 メス豚女子大生・亜由美への本格的な調教が、大学と商店街を舞台に繰り広げられる。ブログ公開版に未発表の3エピソード追加しました。
ayu02


★小説「亜由美」第一部★女子大生がみんなの淫具に
 女子大生が自らのマゾ願望によって、調教されていく。この第一部では、処女喪失からはじまってタップリ、被虐を味わうことになります。

亜由美第一部

「荒縄工房」全作品リスト









テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 小説『亜由美』

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~変態

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から

女装M雌豚肉便器ちゃんのご奉仕活動♂♀

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『亜由美』 堕ちるAとV 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 お嬢様はドM 亜由美灼熱編 妹は鬼畜系 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2018年10月25日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 グランドSM~マゾな孫娘とエロジイジ
木曜日・金曜日
 隣の肉便器さん
土曜日・日曜日(フツー小説※)
 恥辱まみれ
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」
 月は休止の場合あり

※フツー小説=セックス描写なし。


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。

フツー小説を「小説家になろう」にも掲載中。




「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。



ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター@tokyoindiessun
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です