FC2ブログ

巨乳の告白 おにいちゃんのいいなり 1

 生まれてからエッチなことばかりで生きてきたわたしです。ですから、正確な記憶ではないかもしれませんし、ごちゃ混ぜになっているところもあると思いますが、あの頃からの話を聞いていただければうれしいです。

 わたしの一番古い記憶は、気持ちのいいことを知った瞬間でした。鉄棒、登り棒に股間を擦りつける気持ちよさ。スカートをめくりあげて、パンツをみせびらかして、スリスリと。気持ちいいことをするのです。

 気持ちいいよー、わたしはいま、すごく気持ちがいいんだもん。それを世界中に言いたい気分になったものです。

 二つ上のおにいちゃんの自転車、流星号の後ろに乗せてもらうのもすごく気持ちのいいことでした。
 千年坂を猛スピードで下る快感は、いまでも夢に見るほどです。

「ここで転んだら千年、祟るんだ」

 近所にある広い道。それでいて1日に何台も車は通りません。住宅地の中の坂は、最後のところで緩やかな左カーブになっていて、そこに突入するときにすごいスピードになるのです。そして曲がりきれないかもしれない、古田さんの家の門柱に突っ込むかもしれない、というスリル。転んだら千年祟るという怖さ。

 古田さんは当時、退職した老夫婦のみの一軒家で、スバル360という小さな車が実際に突っ込んで、虫みたいに完全にひっくり返ったことがありました。それを大人たちが元に戻すのを見ていたんですが、もしかすると年齢的にそんな記憶があるはずもないので、あとで人から聞いた話かもしれません。

 だんだん、わたしも成長して、ある時期からおっぱいが突き出てくるようになって、それでもおにいちゃんの背中にぎゅっと押しつけてそこを猛スピードで下る快感は、ほんとに最高でした。あそこがジュワッと熱くなるのです。

 自転車の後部は荷台のような冷たい金具なのです。そこにわざと大股開きで座って、おにいちゃんにしがみついて、股間を金具に押しつけるようにして、いっぱい感じるのが好きでした。

 いけないことをする遊びをおにいちゃんとするようになったのは、快感の記憶とほぼ同時なのです。鉄棒か千年坂かわかりませんが、わたしの快感を知った彼は、それをおもしろがってくれたのです。

「おまえ、エッチだな」
「ええっ、そんなんじゃないよう」

 言葉はいつも裏腹。そんな頃からわたしは快楽のための生き方を選んでいたのです。それはウソつきになることでもありました。親にも友だちにもウソばっかりついて、自分の快楽世界を守ろうとしてきたのです。
「どうなってるの、見せてよ」
 一緒にお風呂に入っていたので、お互いの体の違いはわかっています。だけど、おにいちゃんも、まだ明確に女の体の構造を知っていたわけではありません。

 最初は、公園の横にある草むらで、おし○こをするところを見せました。

「いやだよ」
 と口では言うのに、
「見ないで」と怒ったように言っておきながら、おにいちゃんの目の前でパンツを脱いで、つるつるのあそこを突き出すようにしてからしゃがみ込んでしました。

「あうう、がまんできないぃ」と言い訳をしながら。

「なんだ、すげえな」

 なにがすごいのかわかりませんが、兄はこの日からわたしにいろいろとエッチな命令をするようになりました。

 見せる、触らせる。
 それが日課のようになったのです。兄はあまり友だちがいなかったし、野球をやっていたのに、けっこう暇でわたしを相手に、やっぱり人には言えないことをずっとしてきたのです。
 自分にはもう低くなってしまった鉄棒に跨がってひとしきり快楽を味わったあとに、コウモリみたいに膝をひっかけて逆さにぶら下がっていたときでした。

「パンツ、まる見えだぞ」

 怒ったように言う兄。一緒に遊んでいたのか、別々に遊んでいて見つかったのか、覚えていません。

「だって」

 なんだか気持ちよくておもしろいから、そのままぶらぶらしていました。短いスカートは完全に裏返って、パンツが見えているのです。恥ずかしいけど、いまから思えば「自分らしい」と感じていたのではないでしょうか。これが自分なんだ、見て見て、という感じ。
 すると、兄はスカートでパンツを隠すのではなく、パンツに指をかけて引き上げたのです。

「えっ?」
「お仕置きだ。見せろよ」
「だめ」

 またウソをつくわたし。
 兄の指先に協力して、体をくねらせてパンツをずらされるままにしました。
 まだ高い太陽。ギラギラしてまぶしいので、たぶん夏休みだったのかもしれません。
 だらだらと汗をかいている二人。

 兄は大胆にも指であそこを触ってきたのです。

「うごくな」と怒られました。

 逆さになって、兄の半ズボンから出た汚れた足と汚いズックを見ながら、あそこをいじられました。
 その頃は衛生的な感覚もいまとはまるで違うので、手も洗わずに大事な部分を触ることには抵抗はなかったのですが、なにか怖いことをされるような気がして、ちょっと怯えていました。

「おにいちゃん、ねえ、おにいちゃん」
「うるさい、黙れ」

 兄の指が、鉄棒に擦りつけてジンジンと熱くなっているまんこを触っています。

「おにいちゃん、怖い」
「うるさい」

 いつになく執拗でした。わたしの体になにか重大な秘密でも隠されているかのように、肉をひっぱり、広げるのです。

「ああっ、そんなにしたら、痛いよう」
「だまれ。お仕置きだ」

 指の先端が、自分でも触ったことのない部分に入っていきます。
 それは痛くて、恥ずかしくて、怖くて、だけどとってもステキな瞬間でした。

「これか」
 と兄はとうとうそれを見つけたようです。

「痛いの、ねえ、痛いんだってば」

 指先がすごく奥まで入ってきます。

「ホントだ。穴が開いてる」

 いまから思えばとても危険で残酷なことでした。

つづく

☆お知らせ☆
 今週から、「告白シリーズ」を毎週土曜日に連載することになりました。これまでの作品よりは、官能小説寄りですがアブノーマルな性の快楽を中心とした作品になる予定です。今回の「巨乳の告白」は、昭和生まれの女性の異常性愛の半生を追います。お楽しみに。
 また、月曜日には先週から「エロの風景」という新コラムを不定期に掲載しています。月工仮面さんが復帰しだい妄想絵物語も復活します。
 これまで掲載していた別のコラム(物語の物語、くされ作家のクズ箱、危険なサイト、セルフライナーノーツ)は、土曜か月曜に随時、掲載となります。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★美魔女狩り 浅木郁子編★

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへアマゾンkindle版はこちらへ
藤木たち「美魔女狩りチーム」初登場作品。 銀行支店長として活躍していた美魔女・郁子は、脱出不可能の罠にはめられる。肛虐を主体とした責め苦の中で壮絶なアクメを繰り返すうちに、すべてを失い尻穴女郎・イク子へと調教され、部下や取引先から暴虐の限りを受ける。>



★美魔女狩り 我妻千鶴子編1★
美魔女2-1
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
「美魔女狩りシリーズ」2番目の標的は人気コメンテーターの母娘。大物政治家と結婚していた経験を持つ千鶴子は、娘の咲を人質に取られ、交渉のために秘密クラブへ。すべてが罠であるとも知らず必死に奴隷になりきろうとするが、過酷な排泄管理をされ、恥辱にまみれる。


★美魔女狩り 我妻千鶴子編2★
Bimajo22100100.jpg
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
美貌と直言で人気のコメンテーター我妻千鶴子を奴隷にする……。藤木の野望は目の前で崩れそうになっていた。果たして逆転できるのか? 淫美な映画の撮影、千鶴子の策略、奴隷タレント契約……。我妻千鶴子編の完結です。


エピキュリアン1

今日のSMシーン
V 10周年記念 神尻 引き裂きアナル拷姦 神ユキ
V 10周年記念 神尻 引き裂きアナル拷姦 神ユキ




テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

巨乳の告白 おにいちゃんのいいなり 2

前回はこちらへ

 兄は汚れた指で、わたしのその部分を押したのでした。

「だめ!」

 それは気持ちよくないのです。不思議なのは、擦ると気持ちがいいのに、突いたら痛いだけなのです。だから、そこはいじってはいけないんだと思ったのでした。
 兄もそのときは、それで終わってくれたのですが、「女がおし○こするところが見たいって言うんだよ」と友だちの前に引きずり出されたのはその数日後のことでした。

 あまりにもいろいろなことをされたので、記憶が混ざってしまっていますけども。このあたりはまだ鮮明だったので、順番だけは間違っていないと思います。

 ある日の午後。暑くて汗がダラダラと出るので、公園の水飲み場でみんなでいっぱい水を飲んで、兄たちが蛇口に指を押しつけてまわりにシャワーのように水を浴びせるので、みんなびしょびしょになってしまいました。

「もう、おにいちゃんたら!」

 怒ったところでどうにもなりません。
 そして、兄の友人たち5、6人の前で、おし○こをして見せたのです。途中の記憶が抜けていますが、とにかく公園の隅っこで三角ベースに飽きた彼らが、じっと見つめる中でパンツを脱いで、スカートをたくしあげて、しゃがみ込んでおし○こしました。

「ほんとうに女って、つるつるなんだな」
「ここにスジがあるよね。ここからおし○こが出るんだ」

 興味は必ずしも本格的な性的興奮にはならず、見てしまえばそれで終わりといった感じでした。
 缶蹴りをはじめた彼らでしたが、わたしはしばらく動けませんでした。
 見られること。
 それは快感だったのです。

「はあっ」とため息をついて、パンツをあげてから、なんとなく気だるい感じで鉄棒につかまると、そこにまたがって濡れた股間を押しつけたのでした。
 するとジワッと痺れるような悦びがわいてきて、陶然となったのです。いまも、あのとき以上に体が快楽に包まれたことはないかもしれないと思えるほどの体験でした。
 友だちと遊んでいる兄は、そんなわたしを遠くから見て、ニヤニヤしていたのではないかと思います。

 帰り道。

「口をあけろよ」
「あーん」

 これまでチューレットしか食べさせてくれなかったけど、兄がぐちゃぐちゃに噛んだ、味のない風船ガムを口移しでくれました。
 味は兄の唾液に残っていますが、ガムは噛んでも噛んでも、もう味がありません。インディアンの絵の最初はちょっと固い分厚いガムでした。わたしにはムリだと母に止められて、飲み込んでもいいチューレットしか貰えなかったのです。
 風船を膨らませてみると、思ったよりも大きくなって、パンと割れたら、鼻から顎までくっついてしまって……。

「下手だなあ」

 兄に手伝って取ってもらいました。
 でもうれしかった。
 恥ずかしい、痛い、だけど気持ちいい、うれしい、というのがこの頃からずっとセットになっていて、だから、あれからずっとおにいちゃんのいいなりになっていったのです。

 この頃、我が家には秘密がありました。それもたくさん。わたしの股間の快楽、おにいちゃんのいいなりになること。風船ガムを兄が噛んだあととはいえ、口にすること。兄の友だちに下半身を見せること……。

 でも、もっと重大な秘密が2つもあったのです。それは母に関するものでした。

 きれいな母でした。テレビのワイドショーに出ている人は実は母なんだけど、それは秘密なんだと思っていました。

 父は毎晩、そんな母を食べるけど、朝になると母はピンピンしているのです。

 何時かはわからないのですが、呼ばれたような気がして目が覚めて。夢だったのかと思ったら、微かに母が泣いているような声がしたので、慌てて父母の寝室へ這いずるようにして近づいたのです。この頃、襖一つ隔てた奥が父母の寝室でした。そこは六畳の和室で、昼間は居間でもあったのです。
 襖を開けようとしたとき、向こうから開けられて、びっくりして尻餅をついてしまったのですが、「どうしたの」と優しく母が抱き締めてくれました。

 それは夢だったのかもしれない。でも、いつか解明してやろうと思っていたら、その後また目が覚めたときがあって、こっそりと襖に近づいて中の音を聞いていたら、「はあはあ」と艶めかしい声が微かにしているのです。

 そっと襖を開けたら、豆電球の下で、ほとんど裸の母がいて、その足元に父がいて、父は母を食べていたのです。

 絶対に見てはいけないものを見たんだ、と慌てて布団を被って寝たのですが、朝、目が覚めると母はいつものようにいるのです。
 足もなくなっていません。
 もしかしたら、いくら食べても生えてくるのかもしれない……。
 いつか、わたしも食べられるんだと思ったら、ジーンと痺れるような快感があったのも覚えています。
 父に食べてもらうのか、それとも兄か。
 このときは、どうせなら父に食べられたいと思ったのですが、もちろん、このあたりから父とは風呂には入らず、兄と入るようになっていました。
 だから、このことを兄に話したのです。

「ねえ、おとうちゃん、毎晩、おかあさんを食べてるの知ってる?」

 兄は少し考えていましたが、「食べてるんじゃないよ」と言いました。

「え? じゃ、なに?」

 兄はちゃんとは教えてくれません。

「わたし、おとうちゃんに食べられるのかな」
「そんなこと、絶対にない」
「どうして?」
「とうちゃんは、おまえのこと大好きだから。好きすぎて絶対にそんなこと、しない」
「ふーん。おかあちゃんのことは好きじゃないの?」
「たぶん、おかあちゃんよりもずっとおまえのことが好きなんだよ。おまえだって、本当に好きなケーキは、いきなり食べたりできないだろう?」
「そうかなあ」

 わたしはガブッと食べる派です。いまでも。

「じゃ、おにいちゃんは?」
「えっ」
「おにいちゃん、わたしのこと、食べる?」

 すると兄は笑って「食べてやる。そんなに好きじゃないから」と言いました。

「えええ! なんか、ショック」

 そして、実際に、わたしはおにいちゃんのいいなりになって、食べられてしまうのでした。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★被虐の街★

RJ192660_img_sam.jpg
アマゾンKindle版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
DMM.18版はこちらへ
人妻・杏奈は小遣い稼ぎのビジネスに失敗、借金が返済できず自らの肉体をオークションにかけ、4人から出資してもらい返済する。その代償として8日間、彼らのいいなりとなる。徹底した被虐調教に杏奈は身も心も闇の世界へと沈んでいく。



★M妻佳乃の崩壊★


DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
女性が自ら語る被虐体験。それは盗撮からはじまり、契約によってあらゆる行為を強いられていく。夫と別居をはじめた元ミス・キャンパスの佳乃は、夫との軽いSMプレイから、被虐に目覚めていた。その思いから、見知らぬ男の誘いを受け、暴力と残虐の世界に踏み込んでいく。人妻が暴力と残虐の世界をさまよう。



★家畜妻の歌★
家畜妻

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
新婚の若妻が夫と取り交わした家畜妻契約。古びたアパートの一室で7人の飼育員によって日々、調教されマゾの悦びにどっぷりと漬かっていく。調教を受ける若妻の視点で描く。


エピキュリアン1

今日のSMシーン
おばさんは僕らの肉欲性処理モデル 一条綺美香
おばさんは僕らの肉欲性処理モデル 一条綺美香





テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

SM動画データベース

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

アダルトブログ宣伝ブログ

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~官能

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

おじさんと私の関係

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

人生一度。調教されてみませんか?

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・M男・露出狂研究所

ネこトこネこ

女性への奉仕ブログ 〜ある紳士の体験話〜

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2017年3月18日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 淫虐の楽園
木曜日・金曜日
 シェアしてください
土曜日
 告白シリーズ またはコラム
日曜日
 コラム 淫具の夢
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)またはコラム
 土・日・月は休止の場合あり


「荒縄工房」は通常、午後1時頃までに更新予定です。更新をお知りになりたい方は、ツイッターをフォローいただければ幸いです。
 更新手続きしてもブログ上ですぐに反映されない現象が出るときがあります。ツイッターでお知らせしたURLでその記事を読むことができますので、お試しください。
 ※ツイッターを休止・停止しているときは、FBページ「荒縄工房 電子書籍部」でお知らせしています。



 SM研究室は、バックアップ用です。

「荒縄工房」全作品リスト


●刊行作品についての解説・目次などは、
荒縄工房 オリジナルSM小説の世界をご参照ください。

バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロのないブログ。こっそりと。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
Twitterやってます
ご利用ください
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です