FC2ブログ

小説『十二階』 1 人妻千春

 四十世帯が住む小ぶりなマンションの十二階。ルーフバルコニーがつき、東、南、西から陽光が入る。太陽はまだ東から出て南へと向かっているところで、二十畳近いリビングは真冬でもサンルームのように暖かい。
 そのソファに、女がいた。
 口に長さ二十センチはある真っ黒なディルドを飲み込まされ、精嚢を思わせる台の部分が突き出ている。丈夫なゴムバンドがその上を通過して、女の後頭部にまわっている。吐き出したくても、びくともしない。
 両手は背中に回され、乳房の上下をはさむようにして這う縄で厳しく縛り上げられている。手首は首の付け根付近まで高く絞り上げられていた。
 両足は百八十度に開かれて、左右に伸びきった足首にロープが巻き付き、ソファーの下を潜って弛みなく固定されている。
「どうですか」

「奥様は、おいくつですの?」
「二十六になりました。千春といいます」
「まあまあ、かわいそうに、千春さん。物のように扱われて……。どうして、こんなことに?」
「最初からそういうのが好きだと言ったんですよ」

 冷たい雨が残っている早朝だった。


「あら」と敏恵は普通に声を出していた。
 驚いたのは達也と千春だ。特に千春は、脅えたように彼の後ろに逃げる。首輪と鎖がついていることを、かえってはっきり敏恵に見せてしまったようなものだ。
「すみません。お恥ずかしい」と、冷静な達也は挨拶をした。
「私たち夫婦のことなので、見なかったことにしていただけませんか?」
「ええ。そりゃ、私だって、そういうことにかけちゃ、よく承知していますから、口は硬いですよ。ただねえ」
「なんでしょう」
「これじゃ、奥様に甘すぎますよ」
「どういうことでしょう?」
「いえね。メス犬の散歩で、その程度じゃ、奥様は満足なさいません」
 すると達也は傷つけられたような顔をした。
「私だって、この妻に巡り会うまでは、何人も調教してきたんですよ」
「そりゃそうでしょう。でもね、あなたは殿方でらっしゃるし、力に関しては十分におありだろうと思いますけどね、こういうメス犬は、それだけじゃ、足りないんですよ」


(注)本編は下記にて刊行されましたので、ブログはダイジェストのみとなっています。


ポチッとクリックお願いします

★続々刊行! 独特のSM世界「荒縄工房」★

★共用淫虐妻・千春★小説『十二階』一部、二部を改題・改稿
 私は十二階に住む達也に頼まれ、千春の調教を引き受ける。彼女の奥底にある危ういまでの被虐性を知り、厳しい調教を行う。さらに達也の提案でマンション全体の「共用部」として千春を住人に貸し出す。特殊なペットとして改造にも踏み出す。小説「十二階」の第一部、第二部を全面改稿。ストーリーはそのままで、語り手の調教役を男性にし、一部の表現を変更。改題して一冊にしたものです。

DLSiteのみで販売中


★小説『十二階』第二部★住人に貸し出される人妻
十二階第一部

DMM.R18でのみ販売中


★小説『十二階』第一部★人妻を徹底調教する
 とあるマンション。そこに越して来たマゾ妻・千春。夫の決断で同じマンションに住む敏恵に調教を委託することになった。激しくも甘美な調教は、昼夜を問わず若妻を狂わせる……。

十二階第一部

DMM.R18でのみ販売中


DLSite版「荒縄工房」全作品リスト


DMM.R18版「荒縄工房」全作品リスト


テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

小説『十二階』 2 自慢

前回はこちらへ

「うーん。まさか、あなたは、お詳しいと?」
「このあたり、昔、華やかな頃があったんですよ。うちは、あたしが生まれた頃は女郎屋でしたからね。昭和三十三年に赤線廃止になって、飲み屋になりました。そしていまじゃ、こんな風にマンションになったわけでね」
「そうだったんですか。このマンション、昔は女郎屋だったんですか……」
「何十年も昔のことですよ。これもなにかの縁でしょう。あたしでお役に立つことなら、お手伝いいたしましょう」
「それはすばらしい。ぜひ、お願いします」

「こういうことになったんだから、一通りのことをしてきたんでしょう?」
「ええ。千春とは、二年前に会いました。私が当時、やっていた会社の面接に来たんです。それからゆっくりゆっくりと時間をかけて、睨んだ通り、こうした世界が好きだとわかったので、ほら、こうして」
 達也は、壁にかかった額縁を見せた。そこには笑顔で全裸の千春の写真と、奴隷誓約書が入っていた。真っ赤なまん拓が押されている。
「こいつは処女でしてね。処女をいただくときに、これもいただいたんです」と自慢をする。
「あらあら。じゃあ、お楽しみだったわね。正式に結婚されたの?」
「養女にしています。私は今後、誰かと結婚するかもしれませんからね」
「懸命だわ。メス犬と結婚するなんて、あり得ません」

「いろいろプランがおありなのね」

「殿方は、女というものをすっかり理解したつもりになるのが早すぎるんですよ。教科書の最初の一ページを読んで、『もうわかった』と。でも、すぐ壁にぶつかりましょう? それでまた二、三ページ読んで『わかった』と。でも、やっぱり壁にぶつかるんですのよ。そのうちに、殿方は年をおとりになって、教科書を読む気にもならない。だいたい、壁にぶつかったことにも気づかなくなっておしまいになるんですのよ」

「大丈夫。長谷川様は、素質がおありなのです。これまでも、何人ものメス犬を扱ってらしたのでしょう? そして、このメス犬が一番のお気に入りなのでしょう?」

「おっしゃるとおり。その長谷川様の慎重さはすばらしいですわ。ぜひ、ムチャなことはさらないでください。でもね、女は、処女を失うとき、それが何歳だとしても、ビルから飛び降りるような大胆なことをするんですの。おわかりでしょう?」

「そのせいでしょうか。これまで手塩にかけた私の女たちも、ある時、去って行くんです。手の平を返したように、興味を失ってしまいます」

「まさか、それを防ぐために、養女に?」
「それは、あります。あっちが奴隷誓約書なら、こっちも、と」
「おわかりになってないのね」と敏恵は言い、ふふふと意味深に笑う。「だからもっと厳しくなさい、と言ったのです。そんな法律上のことや、紙切れでは、心はつなぎ止められないんですよ」

(注)本編は下記にて刊行されましたので、ブログはダイジェストのみとなっています。


ポチッとクリックお願いします

★続々刊行! 独特のSM世界「荒縄工房」★

★共用淫虐妻・千春★小説『十二階』一部、二部を改題・改稿
 私は十二階に住む達也に頼まれ、千春の調教を引き受ける。彼女の奥底にある危ういまでの被虐性を知り、厳しい調教を行う。さらに達也の提案でマンション全体の「共用部」として千春を住人に貸し出す。特殊なペットとして改造にも踏み出す。小説「十二階」の第一部、第二部を全面改稿。ストーリーはそのままで、語り手の調教役を男性にし、一部の表現を変更。改題して一冊にしたものです。

DLSiteのみで販売中


★小説『十二階』第二部★住人に貸し出される人妻
十二階第一部

DMM.R18でのみ販売中


★小説『十二階』第一部★人妻を徹底調教する
 とあるマンション。そこに越して来たマゾ妻・千春。夫の決断で同じマンションに住む敏恵に調教を委託することになった。激しくも甘美な調教は、昼夜を問わず若妻を狂わせる……。

十二階第一部

DMM.R18でのみ販売中


DLSite版「荒縄工房」全作品リスト


DMM.R18版「荒縄工房」全作品リスト


テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

小説『十二階』 3 契約成立

前回はこちらへ

「わかりました。ぼくはまだ、甘いんですね。ぜひ、教えてください。そしてこいつを、もっと厳しくして、離れられないようにしてください」
「ほらほら、そこがまたいけません。口は塞いでも、耳は聞こえているの。『ぼくを捨てないで』みたいなことを言えば、あいつはつけあがります」
「あっ」
「こういう生活をしたくて、夢を描いていたのはわかりますけど、そのためには、厳しく。とにかく厳しく。けして甘やかしてはいけないのです」
「わかりました」
「なんてね」と敏恵ははぐらかす。「他人のあたしが言うようなことじゃ、ないんでしょうけどね」
「いいんです。ぜひ、お願いします。これから、毎日、こいつを厳しく躾けてやってください。失礼ですが、それ相応のお礼はさせていただきます」
「あらあら、さっそく甘いことをおっしゃる」
「でも……」
「いいですか?」

「今日から、私を専属トレーナーにしていただけます?」
「ええ。お願いします」
「わかりました。契約成立です。ただし条件があります」
「どんな条件でしょう」
「第一に、私は長谷川様のご意向に沿って訓練をいたしますが、訓練については任せてください」
「ええ、もちろん」
 明らかに長谷川達也は、他人に、それも経験豊富な初老の女性に、若い千春を任せることに興奮しているようだった。
「第二に、私のトレーニング料は安くはありません」
「だって、いま、お礼はいらないと……」
「いらないとは申しておりません。世の中には、受益者負担って言葉があるのをご存じかしら?」
「ええ、わかりますが……」
「で、私がトレーナーになることによって、一番の利益を得るのは誰?」

「こいつでしょう? この、以前は千春と呼ばれていたあなたの養女でしょう?」


「ということで、あたしのトレーニング料金は、このメス犬からいただきます。よろしい?」
「なるほど。でも、そんなことをして……」
「おいおい、わかります。ムチャはいたしません。一ページ、一ページ、教科書をめくるように、ゆっくりとやらせていただきます。いかが?」
「気に入りました。お願いします」
「はい。それでは、さっそく始めます。ところで、長谷川様はお仕事は?」

「ほらほら」と敏恵は、また笑みを浮かべる。真っ赤な乳房を両手でもみしだく。枯れ枝のように節くれ立った指が、乳房を変形させる。「殿方は、すぐ、心配そうにそうおっしゃる。でも、それが甘いってことじゃありません? こうしたメス犬は、けっこう手強くて、私のような年寄りに噛みつくことだってあるんです。こうやって縛り付けるだけではなく、ちゃんと言うことをきくようにしなくては……」
「わかりました。お任せします」


(注)本編は下記にて刊行されましたので、ブログはダイジェストのみとなっています。


ポチッとクリックお願いします

★続々刊行! 独特のSM世界「荒縄工房」★

★共用淫虐妻・千春★小説『十二階』一部、二部を改題・改稿
 私は十二階に住む達也に頼まれ、千春の調教を引き受ける。彼女の奥底にある危ういまでの被虐性を知り、厳しい調教を行う。さらに達也の提案でマンション全体の「共用部」として千春を住人に貸し出す。特殊なペットとして改造にも踏み出す。小説「十二階」の第一部、第二部を全面改稿。ストーリーはそのままで、語り手の調教役を男性にし、一部の表現を変更。改題して一冊にしたものです。

DLSiteのみで販売中


★小説『十二階』第二部★住人に貸し出される人妻
十二階第一部

DMM.R18でのみ販売中


★小説『十二階』第一部★人妻を徹底調教する
 とあるマンション。そこに越して来たマゾ妻・千春。夫の決断で同じマンションに住む敏恵に調教を委託することになった。激しくも甘美な調教は、昼夜を問わず若妻を狂わせる……。

十二階第一部

DMM.R18でのみ販売中


DLSite版「荒縄工房」全作品リスト


DMM.R18版「荒縄工房」全作品リスト


テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

小説『十二階』 4 レッスン開始

前回はこちらへ

「嫌になった? 私にやられるのは嫌なの?」

「まったくもう。あたしの手が痛いじゃないか。なにかほかに道具はないの?」
「道具はこっちにあります」

「どう? 苦しいでしょう? あなたは、間違ったことをしたのよ。わかる?」

「どういう間違いをしたか、わかった? これから、あなたは、目の前にいる人の言うことにまず反応しなさい。遠くじゃなくて、目の前。わかる? これから、一生、あなたの目の前には、長谷川様が許可された人しか立つことはないでしょう。つまり、あなたの目の前に立つ人を満足させない限り、長谷川様も満足しない。わかった? わかったら返事」


「次に覚えておくこと。あんたは、目の前に立った人から、言われたことをするだけじゃダメ。目の前に立った人は、あんたに酷いことをする。でも、それこそが、あんたにとって、一番のご褒美なんだよ。言うことをきいて、褒められるとか、優しくされるなんて思ってちゃダメなの。わかった?」


「大したものね。いつも、これを?」
「ええ。奴隷となった日から三段階ぐらいで長く、太くしてここまでなんですよ」と達也。
「で、それは、外したときは、こっちなんでしょう?」

「二年前まで処女だったなんて、ホント、物持ちがいいわね」

「うう」と千春が声を出す。

「う!」とさらに声が出る。
 そこでまた乳房が叩かれる。

「どれぐらい、深いの?」
「七センチか八センチ」
「ふーん。じゃ、これを全部、飲み込むのは難しいわけね?」

「はい。少しは伸びるのですけど」
「そうね。少しは伸びるみたいね。もう十センチぐらいは入ったみたいだしね。当たってる? 子宮に」
「はい」
「これから、もっと長くて太いものも、入れられるようにしなくちゃね」
「はい」
「自分で言うのよ。千春は……」
「ち、千春は、もっと長くて太いものを、入れられるように」

「どこに入れるって?」
「あ、あたしの中……」

「千春の中……」
「中じゃないよ。おまんこだよ。ほら、最初から」
「千春は、もっと長くて太いものを、おまんこの中に入れられるようになりたいです」
「よおし、言えた」

(注)本編は下記にて刊行されましたので、ブログはダイジェストのみとなっています。


ポチッとクリックお願いします

★続々刊行! 独特のSM世界「荒縄工房」★

★共用淫虐妻・千春★小説『十二階』一部、二部を改題・改稿
 私は十二階に住む達也に頼まれ、千春の調教を引き受ける。彼女の奥底にある危ういまでの被虐性を知り、厳しい調教を行う。さらに達也の提案でマンション全体の「共用部」として千春を住人に貸し出す。特殊なペットとして改造にも踏み出す。小説「十二階」の第一部、第二部を全面改稿。ストーリーはそのままで、語り手の調教役を男性にし、一部の表現を変更。改題して一冊にしたものです。

DLSiteのみで販売中


★小説『十二階』第二部★住人に貸し出される人妻
十二階第一部

DMM.R18でのみ販売中


★小説『十二階』第一部★人妻を徹底調教する
 とあるマンション。そこに越して来たマゾ妻・千春。夫の決断で同じマンションに住む敏恵に調教を委託することになった。激しくも甘美な調教は、昼夜を問わず若妻を狂わせる……。

十二階第一部

DMM.R18でのみ販売中


DLSite版「荒縄工房」全作品リスト


DMM.R18版「荒縄工房」全作品リスト


テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

小説『十二階』 5 テスト

前回はこちらへ


「さて、長谷川さん、さっきおっしゃっていた、道具を見せていただけます?」
「ええ。こっちです」

 拘束用の革製品、チェーン類、ロープ、首輪、ブーツ。目隠し、猿ぐつわ、開口具、医療器具、薄汚れたトレンチコート、数種類の鞭、ゴルフ道具、キッチン用具、釣り用具、ハエ叩きなどまで、日常的なものから、それのために作られた道具まで、ありとあらゆるものが揃っていた。
「全部、使ったことはあるの?」
「ええ。一通りは。千春を連れて、店に行くんですよ。最近は、ホームセンターによく行きます」
「お楽しみってわけね。おもしろいじゃない」

「今度、もっともっと太くて長いものを用意してくださいね」
「もちろん」
「それに、メス犬には夢を与えないといけない」
「夢? 甘やかせるのはダメだって……」
「もちろん、厳しい夢に決まってます。明日までに、私もいくつか揃えるので、長谷川さんも揃えてください。写真や本よりも、絵がいいですね。長谷川さんが夢に見るような千春の姿を、おもいきり残酷なやつを用意してあげてください。それをこの壁に貼るんです」
「なるほど」
「すぐにはできないけども、いつかはそうなるんだと、千春は思うでしょう? それまで千春は興味を持ち続けるはずです。昔の稼業には、必ず伝説的な先輩がいて、ああいうことをした、こういうことをした、という話が伝わって、それが知らず知らずに教育になっていたんですけどね」

「さあ、さっき言ったことはわかってるわね? 目の前の人を見て、その人の言うことをなんでも受け入れる。そして声は囁くように」
「はい」
「そのテストをします」

「いいわよ。その調子」




「ひー」と呼吸のように千春が泣く。

「うがー」と千春。大きな口を開けて、耐えている。

「ああ、あんたの下のお口。みっともないことになってるわよ。長谷川様、どう?」

 十数発、叩いたあと、敏恵はディルドのゴムバンドを達也に締めつけてもらう。より深く入っている。
 千春がついに、やや大きな声で「お願いです、耐えられません」と言った。
 敏恵は「ふふふ」と笑い、さらに十数発、乳房を叩きのめした。


ポチッとクリックお願いします

★続々刊行! 独特のSM世界「荒縄工房」★

★共用淫虐妻・千春★小説『十二階』一部、二部を改題・改稿
 私は十二階に住む達也に頼まれ、千春の調教を引き受ける。彼女の奥底にある危ういまでの被虐性を知り、厳しい調教を行う。さらに達也の提案でマンション全体の「共用部」として千春を住人に貸し出す。特殊なペットとして改造にも踏み出す。小説「十二階」の第一部、第二部を全面改稿。ストーリーはそのままで、語り手の調教役を男性にし、一部の表現を変更。改題して一冊にしたものです。

DLSiteのみで販売中


★小説『十二階』第二部★住人に貸し出される人妻
十二階第一部

DMM.R18でのみ販売中


★小説『十二階』第一部★人妻を徹底調教する
 とあるマンション。そこに越して来たマゾ妻・千春。夫の決断で同じマンションに住む敏恵に調教を委託することになった。激しくも甘美な調教は、昼夜を問わず若妻を狂わせる……。

十二階第一部

DMM.R18でのみ販売中


DLSite版「荒縄工房」全作品リスト


DMM.R18版「荒縄工房」全作品リスト


テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

SMデータベース

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

アダルトブログ宣伝ブログ

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~官能

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

おじさんと私の関係

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

M女志願

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・M男・露出狂研究所

ネこトこネこ

女性への奉仕ブログ 〜ある紳士の体験話〜

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2017年4月30日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 淫虐の楽園
木曜日・金曜日
 シェアしてください
土曜日
 告白シリーズ またはコラム
日曜日
 眞木様と……。またはコラム
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)またはコラム
 土・日・月は休止の場合あり


「荒縄工房」は通常、午後1時頃までに更新予定です。更新をお知りになりたい方は、ツイッターをフォローいただければ幸いです。
 更新手続きしてもブログ上ですぐに反映されない現象が出るときがあります。ツイッターでお知らせしたURLでその記事を読むことができますので、お試しください。
 ※ツイッターを休止・停止しているときは、FBページ「荒縄工房 電子書籍部」でお知らせしています。



 SM研究室は、バックアップ用です。

「荒縄工房」全作品リスト


●刊行作品についての解説・目次などは、
荒縄工房 オリジナルSM小説の世界をご参照ください。

バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロのないブログ。こっそりと。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
Twitterやってます
ご利用ください
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です