FC2ブログ

SM入門19 調教と懲罰

この前は、こちら(別ブログ)へ。

25110301.jpg

 この記事は、これまで別のブログ「今日も上機嫌ってわけないだろ」に掲載していた「SM入門」の続きです。過去の記事はこちらから、どうぞ

 SとMといった明確な立場を主張しなくても、SM的な関係を築くことはできます。
 親と子、教師と生徒、先輩と後輩、社長と従業員などなど、人間関係の中には「立場」を重視する関係があります。
 そこだけに着目していけば、「私はSだから」とか「私はMだから」といった意識を持つこともなく、プレイが可能になるのです。
 それを簡単に言えば、調教と懲罰です。

 教育とは言わず、あえて調教としておきます。それは学校の教育は調教であってはならないと思うからです。調教は、いわば型にはめていくやり方で、予め用意された型にしっかりはめ込んでいくものだと、私は思っています。

 たとえば理想のパートナー像を描く者(仮に主としておきましょう)が、パートナー(または候補、仮に従としておきましょう)を調教してその理想に近づけていく。これはSMといった言葉を使わなくても、恋愛関係では日常的に見られる行為です。
 ぜんぜん好きではなかった映画を、主に見せられているうちに好きになっていくような感覚に近いでしょう。
 ただ、その映画を好きになってもならなくても自由というのではなく、必ず好きになって貰わなければ困るのですし、従の側も、主が好きなものは好きになりたいと熱望する気持ちが欲しい。その関係があれば、ほぼ調教はSM関係と同じになっていきます。

 サディストとしてただ痛めつける、苦悶に突き落とすようなやり方は、調教には向いていないでしょう。だからといって、優しさだけでもムリなので、とても高い信頼関係を築くようなレベルを求められるかもしれません。

 調教の原則は、できるようになるまで繰り返すこと。調教側はただ暴力に出るのではなく、辛抱強さも求められます。
 同時に、できないとき、わざと失敗したときなどは、懲罰を課すことになります。
 いわゆる「アメとムチ」です。

 懲罰は、主に二つの意味があります。「できなかった」または「やらなかった」とか「逆らった」ことをはっきり相手に認識させるため。これが第一です。
 よく「体で覚える」とか「体に言い聞かせる」と言いますが、懲罰はまさにそのためのステップです。
 どういう懲罰が、効果的かを考えて与えていく必要があります。従の個性にもよるので、この懲罰によって従は、このまま主についていくべきか考えることになるかもしれません。マゾ的快楽を好む従は、暴力的な懲罰でも受け入れるかもしれません。

 そしてもう一つの意味。懲罰を受ける側の気持ちの問題です。どのような懲罰であっても、進んで自ら受けること。それによって真心を相手に受け止めて貰うのです。典型的な感じとしては「もっとぶって!」みたいなことですね。自棄というわけではなく。
 後者の場合は前者のような効果とは少し違ってきます。ある意味、どんな理不尽な懲罰であっても、しっかり受け止める姿勢を見せることで、「わたしは心底、あなたと関係を続けていきたいのだ」と意思表示することになります。

 または、注意が必要なところですが、主を試そうとしているのです。この人は、本当に自分が思っているような主なのか。どこまでやるつもりなのか。挑戦的な従ですね。

 調教と懲罰を上手に使うことで、ある種の愛の確認になります。ある種の愛、と言ったのはすべての愛と言い切れない面があからです。ほぼどのような愛にも、調教と懲罰は自然と発生しているのではないかと思いますけども。
 映画の例で言えば、主の好きな映画を従も好きになる、といった従の場合。その結果、さらに主は新たな映画を従に突きつけることになるでしょう。それは従が受け入れられる限界まで試されるはずです。
 この結果、限界を超えた映画を見る苦痛、すなわち懲罰が発生するのです。またはそれが予見されるため見るのを拒絶したとき。主は映画に誘わないという懲罰に出るかもしれません。「じゃあ、ほかの従と行くよ」とまでは言わないにせよ、なにかしら懲罰的行為をするのではないでしょうか。

 たとえば「じゃあ、従が見たい映画を主はあえて拒絶する」といったことになるかもしれません。
 そこで破局になるのか。それとも乗り越えるのか。通常はそれが、お互いの愛情しだいだと解釈されます。

 お互いの愛を壊さないために、一方が他方より大きな苦痛を進んで受け入れるとすれば、それは懲罰によって、自分を相手の求める型に近づけていこうとする努力です。
 SM関係では、こうした犠牲的な従の行動は報われる可能性が高くなります。一般的な恋愛では、こうした犠牲的な行動をしても、報われないことは多いのですが。

 通常の恋愛関係では報われないことが、SM関係では報われる可能性が高くなるわけですが、そもそもSM的関係が成り立つことも少ないわけなので、実際にはハードルの高さは通常の恋愛より高くなってしまっているのではないかと思います。

(協力:エピキュリアン 股間のボンテージ


小説(官能小説) ブログランキングへ

★小説『堕ちる』特別編★
堕ちる1

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
Kindle版はこちらへ

OLが自虐の果てに見たものとは? ブログ連載を加筆修正の上、未公開の原稿を追加しました。主人公は壮絶な自虐癖から拷問ののちに人間ですらなくなっていく……。



★小説『堕ちる』Part2 シークレット・バージョン★
堕ちる2

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
OLが拷問地獄に堕ちる『堕ちる』の別バージョン(「小説『堕ちる』特別編」の続編ではありません)。初出時にあまりの描写に小説掲示板から削除されてしまった部分などを復活。お読みになる前に「体験版」などにある「ご注意」をご確認ください。


エピキュリアン1

今日のSMシーン



 

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

SM入門20 快楽の源泉 

この前は、こちらへ。

30032510.jpg

 SM入門とおおげさなことを書いていますが、ここで原点に戻ってみたいと思います。
 SMは快楽の追求です。
 とても快楽とは思えない行為も含みますが、それは料理の味で言えば「苦み」であったり「辛み」の度を越したものだ、と考えられなくもありません。
 たとえば激辛料理で興奮する人の多くが、「強烈な辛さの先にある旨味」について語ります。旨味だけを得たいのではなく、強烈な辛みを通して辿り着く旨味、という点で常軌を逸している場合もあり得るのです。
 快楽の幅や深さを考えたときには、激辛料理の快楽も当然、あるのです。
 辛(から)さを人は克服しつつありますが、苦(にが)みはどうでしょう。激苦料理が大流行する日がやってくるでしょうか? 苦みの向こうに旨味はあるでしょうか。快楽はあるでしょうか。
 私にはわかりませんが、世界のどこかで強烈に苦い食べ物を顔を歪めながら「おいしい」と食べている人たちがいたとしても驚きません。
 臭気も同様です。年に1回ぐらい、テレビでは北欧の強烈な臭気を持つ缶詰が登場します。シュールストレミング。ニシンの缶詰ですが発酵しているので、缶を開けるときはレインコートを着てゴーグルをし、みたいな話になっていく例のやつです。
 おそらく、これも臭気の向こうに旨味があるのでしょう。私自身、発酵食品は基本、苦手です。納豆が食べられるようになったのは大人になってしばらくしてからですし、それは納豆側がかなり改良された結果です。なれずしはダメ。麹系が強いものはダメ(甘酒や漬物類)。体にいいと言われても、ぬか漬けだって古漬けはダメです。
 だけど、好きな人はその先にある旨味がたまらないのです。
 SMという快楽もまた、それに似た構造があります。
 たとえば前戯としてSMっぽいプレイをとり入れる場合には、SMっぽいプレイそのものは快楽ではなく、あくまでそのあとの「ご褒美」としてのセックスが快楽となります。
 旨味を最初からセックスとして担保しているので、安全である上に、SMっぽいプレイは気分を高めるためだけのものですから、深める必要はなく形式的でもいいことになります。
 ですが、激辛、激苦、激臭の料理から得られる快楽としての旨味は、そのような安全なゴールは設定されていません。まさにベンチャー。なんの実績もないベンチャー企業に担保もなく投資するようなものです。
 辛さ、苦さ、臭さを味わった先に快楽が待っている保証はないのです。
 SMも本格的になっていくと、その先に必ず快楽があるとは限らなくなります。極めていくということは、安全性や担保を度外視していくことでもあるので、ただ苦痛なだけということになっても不思議ではありません。
 そして、その方向へ踏み出すと、極めて危険です。肉体的な損傷、精神的な損傷はもちろん、命までも危険にさらされます。
 この意味で、脅すようで申し訳ありませんが「安全に快楽に行き着くSM」は、あればいいなと思うものの、まったく保証できません。入門としたので、SM未経験の人も読むことが前提ですが、セックスの前戯としてのSMっぽいプレイとSMは、区別したほうがいいでしょう。
 つまりSMと言ったときには、最悪の場合もあり得ることを知らなければならないのです。
 たとえば性器には触れないSMもあります。服も脱がない。むしろ季節外れの服を着せることさえあるでしょう。かと思えば、いきなり裸にして電マを性器に当てるかもしれません。
 静的なSM、動的なSMがあります。緊縛または拘束された状態でひたすら放置されるだけのSMもありますし、スポーツかと思うほど激しく体を動かすSMもあります。
 これだけ幅の広い世界のすべてが、快楽の源泉となるのです。そしてこのSM世界には快楽が必ずあるとは保証されていません。いわば極地まで含めるのです。
 日本のSM文化は、江戸時代から芝居などで連綿と続いてきた恥、残酷さ、苦悶といった世界をベースにしています。血みどろの浮世絵、残酷な仕打ちを描く歌舞伎といった世界は、映画や文学にも引き継がれています。
 怖ろしさ、怖さ、絶望、理不尽といったものさえもSMの中に入り込んでいます。
 そのすべてを「美」という言葉でくくってしまうことはできません。「醜」までも含めた美なのです。美醜は、SMとしては、相反するものではなく、同じ地平に存在しています。美から辿り着く快楽、醜から辿り着く快楽まで含めます。そして先ほどから言うように、快楽のない極地まで含みます。
 こんなことをして気持ちいいわけがない、わかっているが、もしかすると……。
 無から有を生み出す、快楽のないところから快楽を生み出す冒険。それがSMの本質かもしれません。なんの保証もありません。その勇気を賞賛されることもないかもしれません。だからこそ、そこに魅せられる人たちもいるのです。
 くれぐれもSMを一緒に楽しむときには、信頼とともに、お互いのSMの方向性や範囲を理解しておくことをオススメします。

(協力:エピキュリアン アナルフック サスペンダー


小説(官能小説) ブログランキングへ

★小説『堕ちる 明日菜編01+』★
堕ちる明日菜01
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンKindle版はこちらへ

自虐趣味が大変なことに 「SM研究室」の人気連載「「自虐者・明日菜の真性必罰日記」全編、そして連載中の「小説 堕ちる 明日菜編」を+(プラス)。全編加筆修正しました。お下劣で過激な一人遊びから始まって性社畜へと堕ちていきます。843ページ。


★小説『堕ちる 明日菜編02+』★
asuna02100100.jpg
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
自虐者・明日菜の続編です。「小説 堕ちる 明日菜編02」と「明日菜の夏休み・冬休み」を収録。全編加筆修正しました。過激な一人遊びや、性社畜へと堕ちた明日菜の行方をお楽しみください。


エピキュリアン1

今日のSMシーン



テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

SM入門21 性癖としてのSM

この前は、こちらへ。

28121105.jpg


 SM入門とおおげさなことを書いていますが、今回は少し根本的な話をしたいと思います。

 SM、BDSM、サディズム、マゾヒズムをひっくるめて「SM」と呼ぶのが日本的な表現としてほぼ定着しています。
 これまでこの「SM入門」では、幅広くその世界について触れてきました。
 さらに一歩引いて、つまり俯瞰で見ていきますと、SMには大きく2種類あるように思えてきます。
 SMを形式的、様式的に見たとき、そのプレイはサディストでなくてもマゾヒストでなくても、SMプレイとして表現できます。
 私はそれをニセ物だと思いたくはありません。表現は、その根本までは見通せないことも多いので、見たり感じたりできる範囲で判断せざるを得ないので、「これはSMですね」と見えたり感じたりすれば、それもまたSMなのです。

 ただ注意が必要なのは、性癖として根の深い部分でSMの世界に存在している人たちもいること。これを忘れてはいけません。
 性癖──。狭義では、その人のライフスタイルや哲学に根ざした生きていく上で必要なクセ、傾向、さらに一般的に「性格」ととらえられる言動を意味しています。
 そこに、性的嗜好の意味が加わり、現在では使われる場面によっては、性的嗜好および、性的指向のことを意味していることも増えています。
 この原稿のように、「SM入門」などといったタイトルで語られる性癖は、性的嗜好のことだと思っていただいてかまいません。
 さらに、性的指向となると「こういう人でなければ好きになれない」「セックスできない」といった意味も含まれ、恋愛対象、性愛対象にまで広がります。
 簡単に言えば、性的嗜好は「愛し方」「愛され方」と言えるし、性的指向は「愛せる人」「愛したい人」と言えるでしょう。
 たとえば、同性しか愛せない人で、なおかつSM的な愛し方しかできない人となったとき、その対象はとても狭くなっていくことを容易に想像できるでしょう。
 自動車を運転するのが好きだが、60年代のアメ車しか乗る気がしない、となったらその人の日常はなかなか満足を得られないことになりそうだと想像がつくはず。
 性癖は、このように自身の欲望であり、アイデンティティであり、つまりは生き方なので、千差万別になっていくため、必ずしも多くの人に理解されるとは限らないのです。
 理解できないからといって、その性癖を否定したり差別することは許されないと私は思っています。

 SMを性癖として考えたとき、さらに少し難しくなっていくのは、「形だけのSMプレイは真のSMではない」といった主張だったり、「差別には反対だが、私はマゾなので奴隷として差別してほしい」といった欲望があったりで、表現だけを見ているとちょっとわかりにくくなってしまう可能性がある点です。
 犯罪的なロリコンは社会的立場から否定するけれども、二次元の恋愛対象としてはロリしか愛せないという人もいるでしょう。
 このように性癖を細かく見ていると、完全にマッチしたパートナーと巡り会うことはなかなか難しいのではないかと推測できます。
 SMでなければ性的な関係が築けない人を、それほどSMに心を動かすことのない人が好きになったとき(あるいはその逆)、一方は自身の性癖を満たすことができ、もう一方は形式的なSMを技術的に取得することで相手の希望に応えていく、といったこともあってもいいと私は思います。

 だとすれば、あえて形式的SM技術を使うことで、プロとしてSM性癖の人を満足させてあげる行為も成立して不思議ではありませんし、それをニセのSMと決めつけるわけにもいきません。
 この結果、それほどSM性癖が強くない人同士による、SMっぽいプレイで楽しむお手軽な世界も許容されていくことになります。
 私としては、こうした広い意味でのSM的なプレイをぜんぶひっくるめて、SMと考えたいのです。

「こうじゃなきゃダメだ」という意見もあるでしょう。それは正しいでしょう。それも尊重したい。だからといって、そうじゃないSMを「ニセ物」とか「インチキ」と非難することもしたくはありません。
 もちろんそこに「違和感」であるとか「なんだかなあ」があるのも事実で、それもあっていいでしょう。
 この「SM入門」では、ロールプレイングとしてのBDSMについて何度か触れています。
 ロールプレイングでよく知られるのは、セールストークなどの取得でしょう。根っからのセールス体質な人がいれば別ですけども、たいがいの人は、物品やサービスを誰かに売ることに抵抗があるものです。
 そこを突破するためのトレーニングがロールプレイングです。清潔で整った身なりをし、相手ににこやかに名刺を渡せば、それは誰が見てもセールス。心からセールス体質ではないとしても、その役に徹すれば物やサービスは売れていく……。
 SMも同じで、それほど性癖としては強くない人も、SMプレイをすればそれはもうSMなのですし、そこに優劣はないのですから、くれぐれも軽い気持ちのプレイであっても、「これはSMなんだ」と意識していただきたいとは思います。そうじゃないと危険ですからね。
 性癖かどうかは、外から見て必ずわかるわけではないのです。心の奥に秘めているかもしれません。そこをほじくり出す必要はありません。だから、「これが私のSM」と自覚してプレイをしている人は、すべてSMを楽しんでいるのだと思うわけです。
 
(協力:エピキュリアン 強制飲にょう口枷


小説(官能小説) ブログランキングへ

★縄味1★


DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
若き人妻は「なわみ」というハンドルネームで緊縛写真をネットで見るようになり、写真展に立ち寄ります。そこでカメラマンにモデルに誘われる。顔出しNGで緊縛モデルのテスト撮影をしたところ、唯一顔の写っていた写真がネットに流出。義兄の目に止まってしまう。



★縄味2★


DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
「縄奴隷なわみ」として義兄に脅され恥辱にまみれたデビューを強要される。野外での撮影会で人妻奴隷の限界を超えてしまい、残酷なショーに出演することに。哀しくも完全奴隷化されていく。



エピキュリアン1


今日のSMシーン

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~変態

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から

女装M雌豚肉便器ちゃんのご奉仕活動♂♀

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『亜由美』 堕ちるAとV 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 お嬢様はドM 亜由美灼熱編 妹は鬼畜系 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2018年10月25日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 グランドSM~マゾな孫娘とエロジイジ
木曜日・金曜日
 隣の肉便器さん
土曜日・日曜日(フツー小説※)
 恥辱まみれ
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」
 月は休止の場合あり

※フツー小説=セックス描写なし。


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。

フツー小説を「小説家になろう」にも掲載中。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター@tokyoindiessun
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です