FC2ブログ

堕ちる AとV 64 散り際の花のように大きく開いて

前回はこちらへ

 萌子を見たからか、以前のなんでも否定する水絵が顔を出す。
「なに言ってるんだ、こんなに飲み込んでいるくせに」
 2つに折ったディルドが半分以上、突き刺さっていた。
 萌子は水絵の足首を持って、引き上げる。
「ああああああ、ひどい……。萌子様……」
 水絵は萌子の足につかまっている。顔が足の間にある。
 立ったまま萌子は彼女の足を握って大きく開いたまま引き寄せると、お尻が再び大きく持ち上がる。布団を畳んで奥田が背中にあてる。枕よりも角度がついている。
「どうだ、おもしろいだろう」と奥田はそのお尻の穴を萌子にも、そして水絵自身にも見せつけたいのだ。
 上下に突き刺さったディルド。それに押し拡げられるようにパックリと口を開けてしまったアヌス。ディルドの反発力に屈している。
「クスコよりも大きく開いているぞ」
「いやああ、苦しいんです」
 水絵が否定しても、奥田はおもしろがって平手でディルドの折れ曲がった部分を叩くようにして、なおも埋め込んでいく。
「壊れちゃう」
「大丈夫だよ、いまの水絵なら」
 握り拳ほどしか残らないほど、埋め込んでしまった。
「感じているか、水絵」
「いやあ」
 奥田が指でラビアを擦る。体の中から押されて、その部分も散り際の花のように大きく開いてしまった。
「こっちにも欲しいだろう」
 奥田は同じような双頭ディルドをもう一本、手にした。半分ほどの長さしかないが、太さは同じぐらいある。
 それを濡れたヴァギナに差し込んでいく。
「あぅあぅ」と水絵が喘ぐ。大きな亀頭部分が入り込んでいくと、めくれていた花びらが巻き込まれて閉じていく。そこにローションを足しながら、迷いなく最深部まで入れてしまう。
「はあっ、いたいぃ」
 それでも手は止めず、ねじ込んでしまう。
「すごいな。都合、3本入っているようなものだけど、こいつをこっちに」
 残りの部分をパックリ開いたアヌスに入れようというのだ。
「それは無理じゃない?」
 萌子の言葉に「無理なことをしてみるのが、おもしれえんじゃねえか」と答える。
 確かに折れ曲げたディルドによって口は開いているが、亀頭部分を当ててみるととても入りそうにない。極太のディルドよりは細いが、もっとも太い雁の部分で5センチ近くあるように見えた。
 奥田は親指でアヌスの縁をぐいぐいと指圧でもするように押しはじめた。すると、柔軟な肉体は部分的にだが、まだ拡がるそぶりを見せたのだ。
 どうだ、と言わんばかりに奥田が萌子をにらむ。
 下手に止めて奥田になにされるかわからない恐怖に怯えるよりも、水絵のアヌスが壊れるほうを選択するしかなかった。
「昔はな、ここを拡張しすぎるといつか括約筋が断裂して二度と閉じなくなると言われたものだ。そう書いている小説もあったんだ。だけどいまじゃ、ダブルフィストの動画がいやってほどネットに出回っている。確かに大きくなったケツ穴は二度と小さくはならない。しかし、開きっぱなしってことはないんだ。そこそこ締められるはずだぜ」
「誰でもがそこまで拡げられるわけじゃないでしょう?」
「ま、なにごとも、素質、努力、根性が必要だからな。水絵にはそれがある」
「でも無茶はしないでほしい」
「ああ、無茶や無理が楽しいんだけどね。わかっていると思ったけどな」
 萌子はもちろん彼を止める資格はない。ただケイコたちとやったようなことをもう一度したくはなかった。あっという間にエスカレートしてしまうことを実際に経験していた。ケイコたちになにも言えなくなって、一緒になってやってしまったことを後悔していた。今回は言いたいことは言い続けるつもりでいた。
 男の指先がわずかな隙間にディルドを捩じ込もうとしている。
「大丈夫だよ、一番太いところで38ミリだ。細いところは34ミリ。3本入れたとしても114ミリ。12センチにも足らないんだ」と奥田は妙に細かいことを言い出す。子どもと大人が同居している男ならではなのかもしれない、と萌子は改めて思う。
 そして奥田は握り拳を萌子に突きつけた。
「この幅が110ミリなんだぜ」
 水絵はフィストの経験がある。奥田の無骨な拳を受け入れたこともあるのだろう。
 そしてグイッと亀頭部分を押し込むと、ズボッと音を立てて3本目がアヌスの中に入り込んだ。
「ぐぃぃぃい!」
 水絵は奇妙な声をあげた。
「ははは。感じたみたいだな。こいつ、両方いっぺんにやられると、けっこうあっさりイッちゃうんだ」
 ヴァギナとアヌスの同時責めは、ケイコたちと散々やったことだった。水絵はあれからすっかりその虜になっているに違いない。
 そういうことか、と萌子は妙に納得した。水絵は萌子のものだけにはならない。できれば複数のペニスにやられたい。その欲望がある限り、萌子だけのものになる選択肢はないのだ。
 それは少し寂しい事実だった。
 お尻に3本、膣に1本。ダブルのアーチがかかった股間。そのアーチの上を奥田はゆさぶる。
「ああああああ、ひぃぃぃぃいいいいい!」
 水絵の声はリミッターが外れたように甲高くなり、小水を漏らしながらもだえている。
 萌子は足をしっかりつかんで放さないようにしなければならなかったし、水絵の手が萌子の足首を強く掴んで痛かった。
 しばらくそうしていたが、奥田が「放していいぞ」と言ったので、萌子は足を自由にしてやった。
 水絵は横向きになって、胎児のように丸くなった。そうして余韻に震えていた。
「どうだ。かわいいだろう」
 認めないわけにはいかなかった。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★堕ちる AとV 1★

kindle版はこちらへ
DMM版はこちらへ
DLSiteはこちらへ
水絵は拒絶しながらも体は求めてしまう。被虐世界に流されていくOL。発端はAV出演疑惑。同僚たちに裸にされて比較され、やがて同僚たちの嗜虐性に火をつけてしまう。奴隷として私物を没収され、野外露出、浣腸、拡張、種付けとエスカレートしていく。

★M穴地獄―デッドライン―★
 

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
自虐の虜となった女子校生が自分の肉体破壊に突き進んでいく。物語はデッドライン(引き返すことのできないところ)に向かって、エンディングと発端から交互に描かれる。結末はわかっているのに、読み進めるしかない破壊的な磁力を発する作品。



★玩具にしてください! 変態女子校生・菜津希★
gang1100.jpg 

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
陸上部の女子・菜津希はそのことが頭から離れない。練習中に公園の隅に暮らす汚れた人たちを見たときから、肉体をその人たちに汚してほしいと願うようになる。それはやがて理解者であり脅迫者でもある人物を得て輪姦願望へとエスカレートしていく。鍛えた若き体を汚辱する快楽。


今日のSMシーン
調教オフィス アナル調教で支配される美人秘書 夏目優希
調教オフィス アナル調教で支配される美人秘書 夏目優希




テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~変態

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から

女装M雌豚肉便器ちゃんのご奉仕活動♂♀

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『亜由美』 堕ちるAとV 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 お嬢様はドM 亜由美灼熱編 妹は鬼畜系 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2018年10月25日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 グランドSM~マゾな孫娘とエロジイジ
木曜日・金曜日
 隣の肉便器さん
土曜日・日曜日(フツー小説※)
 恥辱まみれ
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」
 月は休止の場合あり

※フツー小説=セックス描写なし。


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。

フツー小説を「小説家になろう」にも掲載中。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター@tokyoindiessun
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です