FC2ブログ

シェアしてください 21 まさか、ホースがそのまますんなり

前回はこちらへ

 ちゃんと服を着た彼らは、庭に放置されたままの水を撒くホースを見つけてきて、そこから水が出ることを確認したり、窓の近くにいろいろな道具を並べたりしています。
 いま誰かが来れば、めちゃくちゃ怒られるかもしれない。ボコボコにされるかもしれない。二度と立ち直れないぐらいに……。
 気だるくて、頭の回転がすごく遅くなっていて、体がジンジンしているときがすごくいい感じに思えるのです。怖い。だけど、欲しい。
 たった2日で、決定的にダメな人になっていくわたし。
 それと止める人もいないし、叱ってくれる人もいないし。
「来いよ」
 自分で立ち上がり、彼らの用意したところへ行きます。
 それは庭の端っこ。空き地に面した低いブロック塀とその上の金網の柵。かなり錆びています。枯れた草が貼り付いています。向こうは殺伐とした空き地と幹線道路。明るいので、ゆうべそこを裸で歩かされたことを思い出し、熱くなってしまいます。けっこう遠くまで歩いたのです。
 そこに放置されていた古い洗濯機が横倒しにされていて、どこから持って来たのか毛布を上にかけてあります。
「上に乗って」
 低い台のようになっているので、そこに膝をついて、頭を空き地に向けてお尻を突き出しました。首輪の鎖を金網に通して引っ張られると頭を上げることができなくなりました。
 足首に洗濯を干すロープ。
「縛らせてくれよ」とコン。
「はい」
 手首も金網に縛り付けられました。競泳でバタフライでもやっている途中みたいに、腕を頭の上に振り上げたままに縛られて、とても苦しいのです。その腕を少しでも楽にするには、お尻を高く持ち上げるしかありません。膝が浮くほど上げれば、少しはマシになりますが、そうすると足の筋肉がけっこうキツイです。
「どうかな」
 わたしに聞いているのではないのです。みんなの股間の位置とわたしの股間の高さを比べているのです。
「よさそうだね」
「これなら、みんなに合わせられるよ」
 微妙な高さにお尻を調整したいようです。
「よし」
 みんな新たな挑戦に張り切っています。
「ケツ穴をきれいにしてやるからな」
 ケンの優しい声。
「お願いします」
 すっかり馴染んでいるものの、異物であることには変わりなく、できれば抜いてほしかったスティック。それを彼がゆっくりと引き抜きます。抜かれると、粘膜が一緒についていこうとするみたいで、「ああああ」と思わず声をあげていました。
「かわいいな」
 コンがうれしそうにつぶやきます。
 ガクだけは、相変わらず怖い目でわたしを見ています。なにを怒ってるんだろう……。
 このときはわからなかったのですが、ガクは彼の中で目覚めた過激な暴力の衝動と戦っていたようです。それを知るのはずっとあとのことです。
 キヨは相変わらず寡黙で、戸惑ったような表情です。かわいい。わたしだってそんな彼らにズキュンとなっています。
「あっ、痛い」
 思わずそう口走っていました。スティックが完全に引き抜かれたとき、なんだかちょっと痛いような気がしたのです。
「見ろよ、クミーのケツ穴、ますますでかくなってる」
 ケンが喜んでいます。そして、柔らかなものが押しつけられました。
「な、なに?」
「心配するな」
 冷たい。水。ホースです。
「そ、そんな」
「大丈夫。これぐらい入るんだよ」
「えー」
 お尻の穴が大きくなったと言われてもまるで実感がありませんでしたが、まさか、ホースがそのまますんなり入るぐらいになっているなんて。
 痛みはちょっとだけで、それも皮膚を擦られる程度のもので、ホースの先がちょっと嫌でしたが、中に入ってくると大したことはありませんでした。
「いいぞ」とケンが合図して、誰かが蛇口をひねってくれます。
 メリメリっとホースの中を水が押し上げてくる音がして、やがてゴボッと空気まじりの水がお腹の中へかなりの勢いで入ってきました。
「うううう、すごい、もうムリ」
 あっという間にお腹がパンパンに。
 そして逆流……。
「ふえええええ!」
 水を入れられているのに、すぐにお尻の穴から噴き出してしまっているのです。
「いんだよ、クミーのお腹を洗ってるんだから」
 ホースがどんどん奥まで入ってきて、そしてまたズズッと引き抜かれて。いっぱになった冷たい水を音を立てて排泄しながら、なんだか異様な感覚に体が熱くなっていました。
「これって、なんか、すごい……」
「だろ? クミーならきっと気に入ると思ったんだ」
 お腹の中を洗われる……。苦しいようでも、気持ちいい。なにもかも空っぽになっていくような爽快な気分です。お腹がグルグルと鳴っています。ジャージャーと派手に噴き出していますが、彼らの前では恥ずかしくありません。だって、これからもっと恥ずかしいことになるのだから。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★お嬢様はドM 第一部★
お嬢様1

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
少しドジなお嬢様・丸木戸恵梨香(20歳)がマゾの衝動にかられてじわじわと屈辱的な「ドMのゴキ」となっていきます。ブログ公開版に未発表の2エピソード追加。



★お嬢様はドM 第二部★
お嬢様1

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
お嬢様として育てられた恵梨香は、M性に目覚め執事の息子の遠隔調教を受けることに。執事夫妻、代理として屋敷に入り込んだ男、巨根の運転手、そして調教のプロたちから日夜、心身の限界まで責められていく。さらに大学の友人たち、婿候補の子息たちにも……。 未公表部分追加。


エピキュリアン1

今日のSMシーン
猟奇的変愛記録 ~ボクはこんな愛し方しかしらない~ 真田美樹
猟奇的変愛記録 ~ボクはこんな愛し方しかしらない~ 真田美樹



テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

SMデータベース

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

アダルトブログ宣伝ブログ

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~官能

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

M女調教部屋~体験調教承ります~

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・M男・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2017年8月8日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 お尻をオモチャにしてください
木曜日・金曜日
 君の泣き顔が見たい
土曜日・日曜日
 変態ですみません
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 またはコラム
 または「眞木さまと……。」
 月は休止の場合あり


「荒縄工房」は通常、午後1時頃までに更新予定です。更新をお知りになりたい方は、ツイッターをフォローいただければ幸いです。
 更新手続きしてもブログ上ですぐに反映されない現象が出るときがあります。ツイッターでお知らせしたURLでその記事を読むことができますので、お試しください。
 ※ツイッターを休止・停止しているときは、FBページ「荒縄工房 電子書籍部」でお知らせしています。



 SM研究室は、バックアップ用です。

「荒縄工房」全作品リスト


●刊行作品についての解説・目次などは、
荒縄工房 オリジナルSM小説の世界をご参照ください。

バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロのないブログ。こっそりと。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
Twitterやってます
ご利用ください
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です