FC2ブログ

シェアしてください 37 ズルズルとモップを引きずりながら

前回はこちらへ

「うわ、見ろ、すげえぞ、まんこ」
 自分では見ることができません。あとで映像を見せてもらいましたが、どろどろの淫汁がしたたって、唇のようにパクパクとあえいでいたのです。わたしにはまったく自覚がないので、まんこが勝手に反応していたのだと思います。
「クミーのまんこは、最高だな」
 褒められ、指でいじられました。
「お尻もできるだろ?」
 今度はウンチをするようにして、お尻の鉛筆を自分で排泄するのです。つま先立ちではうまくいかないのですが、これも苦しさから逃れたい一心で、なんとか一度に排泄できました。
 彼らはお尻の穴も撮影していました。
「いいだろう」
 やっと縄が解かれ、道路にへたれ込んでしまいました。横座りのように。だって、穴がどっちもすごく痛いし。ぽっかり開いてしまっているのです。
 指で確認すると、血は出ていないようですが、すごく大きな穴になっています。
「ぐふうぅ」
 少し痛むけど、力を入れるとお尻の穴はしっかり閉じました。でも、以前のようなカタチではないような気がします。
 お尻を締めると、まんこも自然に閉じていきます。膣口は見えなくなっても、割れ目は少しだらしがないままです。
「はー、はー、はー」
 やっと息ができました。
 そして、思わず「あああ、ありがとう、ございました」と言っていました。何度も、何度も。
「いいんだよ、クミー。楽しかった?」
「はい」
「感じちゃったんだよね?」
「はい。すごく」
 彼らは街灯の光の中で、無邪気に楽しそうにしています。
 わたしがウソをついているとは思っていないのです。うれしかったのは、死なずに済んだことです。まだ、生きている……。
 そしてみんなと一緒にとんでもないことをやり遂げたという気持ち。みんながうれしそうにしていること。
 そんなことが重なって悦びになっていましたが、行為そのものは苦しいだけでした。
 もうやめよう、これでやめよう、と思ったのは事実です。
 でも、結局、口に出したことはありません。
 部屋に戻って、自分で乳首の針を抜くように言われ、少し血が出るとキヨがうれしそうに消毒してくれました。
 いくつもの段階を経て、大変なことになっていくのですが、それはあとから振り返ってみればわかるのに、その時はそこまでとは思っていないものなのです。
 異物の挿入は、その日からあたりまえのようになりました。
「くううううう」
 猿ぐつわをされて、裸に縄をかけられ、首にも縄をかけて、犬のように夜道を歩かされます。
 お尻に長い柄のモップが深く入っていて、縄で抜けないようにされています。ズルズルとモップを引きずりながら、道を歩くのです。
「ちゃんと歩け」
 別の縄で、お尻を鞭のように叩かれます。
 あ、これ、すごくいいかも。
「うううう」
 いつもの街灯の下までたどり着いたとき、半べそのわたしでしたが、淫汁を垂れ流して感じてもいたのです。モップの柄が動くたびに子宮とか内臓を内側からかき回すような感覚があって、そんなところで感じるはずはないのに、痛みとは違うものを感じてしまっているのです。
 そんなことをされたあと、みんなに犯してもらうと、まんこでもお尻でも、すごく熱くなって夢中になってしまいます。
 そして、学校でも……。
 昼休み。
「クミー。これ」
 コンがわけありげに、ボールペンの端っこを軽く噛んでいます。タバコでも吸うみたいに。
「好きだろ、クミー」
 意味はわかりすぎるほどわかるので、カッと血がのぼります。顔が火照ります。
 この頃になると、わたしは4人のために部屋を借りて飼育してもらいたいと具体的に思うようになっていたので、早くそんな生活がしたくてたまらないのでした。
「入れてみろよ」
 ここで入れるの? 教室だよ? みんないるよ?
 もう、そんなことをいちいち言うこともなくなりました。
「はい」
 少し照れたように、ペンを受け取ると、自分でも軽くしゃぶってから、スカートの中に手を入れます。
 濡れてる……。
 下着はつけていないのだから、むしろ乾いているはずなのに、すぐにじわっと湿ってきてしまうのです。指で開くと、とても簡単に中までスッと入ってしまいます。指先も濡れるので、ボールペンのような固いものを粘膜に押しつけても以前ほどすぐ痛いわけじゃなくて、じわっと沈めていくときにちょっと痛いだけです。
「はい」
 手品ように手を出して。
 コンがニコッと笑います。うれしさがこみあげます。
「これは?」
 ケンがやや太めのペンを差し出します。金色の高そうなペン。ツルツルしています。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★隷獣 郁美モノローグ版★
隷獣
Kindle版はこちらへ
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
女子大生がケモノとして飼育される 山ガールを楽しんでいた郁美は、同級生の有希恵に「隷獣」としての素質を見出され、山小屋でケモノに堕ちるための調教を受けるのだった……。伝奇SM小説『隷獣』は、郁美のモノローグに書き改められ、ブログにはない結末が追加されています。


★妹は鬼畜系★
RJ106932_img_sam
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
義理の妹に調教される兄「ぼく」。義妹のケイに、さらに義母に調教される。男の娘として男性たちのオモチャに、トーチャー・クラブの生け贄として拷問へとエスカレートしていく。コメディ要素あり。


エピキュリアン1

今日のSMシーン
美人女医羞辱飼育ベスト 倒錯医院の酷虐夜間勤務
美人女医羞辱飼育ベスト 倒錯医院の酷虐夜間勤務



テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

SMデータベース

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

アダルトブログ宣伝ブログ

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~官能

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

M女調教部屋~体験調教承ります~

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2017年8月8日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 お尻をオモチャにしてください
木曜日・金曜日
 君の泣き顔が見たい
土曜日・日曜日
 変態ですみません
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 またはコラム
 または「眞木さまと……。」
 月は休止の場合あり


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

ツイッター
「荒縄工房」は通常、午後1時頃までに更新予定です。更新をお知りになりたい方は、tツイッターをフォローいただければ幸いです。

 更新手続きしてもブログ上ですぐに反映されない現象が出るときがあります。ツイッターでお知らせしたURLでその記事を読むことができますので、お試しください。


FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 ツイッターを休止・停止しているときは、このFBページでお知らせしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
Twitterやってます
ご利用ください
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です