FC2ブログ

君の泣き顔が見たい 11 美冬の、お尻で、いってください

前回はこちらへ

「腰を動かすんだ。上げたり下げたり」
「はい」
 徐々に、杭を打つように、お尻が深く沈んでくる。数センチの世界ではあるが、受け取る感触の違いは大きい。
「おおっ」と思わず、声を上げてしまった。亀頭が明らかに腸内に入ったのだ。竿の部分がギュッと締め付けられ、亀頭は腸を感じている。
 彼女は上下を繰り返す。彼女も、入ったことはわかったのではないか。
「あっ」
 思わず腰を落とし、根元まで入れてしまった。
「よかったな、美冬。お尻の処女も、もらったよ」
「ありがとう、ございます」
「もう少し、早く、上下してごらん」
 のけぞるようにして、必死に上下する彼女を見ていると、美冬はどう考えているのか。それは気にしなくてもいい、と自分に言い聞かせる。彼女はぼくにやってほしいことがある。それは心を通わせるような人間的な恋愛ではない。きっと、違う。だったら、自分の中にある残酷な気持ちをかき集めて彼女をもっと泣かせてやることだ。
「はああああ」と彼女は声を上げている。
「もっと動いて」
「いいいいいいい」
 それは、気持ちいいの「いい」ではない。きっと「痛い」と言いたいのだろう。だが、あまりにも痛みを訴えたら、ぼくが止めさせるかもしれないと思っているのではないか。彼女は必死に痛みを受け入れて、お尻の穴でぼくのチンポをしごいている。そう思うだけで、あそこがさらに膨らんで固くなっていくような気がした。
 膣とはまるで違う感触。この気持ちのよさは、別格だ。
「いきそうだ」
「くううう、お願い、美冬の、お尻で、いってください」
 ケナゲというか、哀れというか。彼女の奇妙な性癖は、どこまで捻れているのか、確かめたくなってしまう。
「うっ」
 ぼくは射精した。
 美冬の腸に。
 だけど、必死で腰を動かす彼女をもっと見ていたくて、終わっていることは言わない。
 しばらく放置してやった。
「お願い、いってください。お尻が……」
「限界か?」
「いえ、先生がいくまで、やらせてください」
「いいよ、終わらせて」
「ダメです。先生、美冬の中に出して……」
「わかった」
 もうしばらく様子を見てから「いったよ」と教えた。
「はああ、あ、ありがとうございます」
 ぐったりとした彼女が動きを止めて、ぼくに抱きついてきた。
 すぐ左に彼女の顔があり、髪が被さる。雨に濡れた髪だが、甘い香りがしていた。
 ハーハーと荒い息。その唇を吸う。
「んんん」
 呼吸ができないぐらいのキス。
 まだ、彼女の中に入ったままだ。膣でも抜かずの2発。アヌスでもできるかもしれない。今度はこっちが攻めてあげてもいい。
 彼女の脇から乳房へと手で撫で回す。
「あああっ」
 終わってから、彼女は陶酔している。お尻で感じるわけではないのだろう。成し遂げたことに満足していて、それが彼女の被虐的な悦びにつながっているのかもしれない。
 だったら、かまわないだろう。
 ぼくはゆっくりと彼女の体をずらしていきながら、横向きになった。
「えっ」
「せっかく、つながったんだ。このまま、もう少ししようよ」
「はい」
 語尾が恐怖で震えている。もう一度、あの苦痛が始まるのだ。
 ブルッと身震いしている。
「うれしいだろう?」
「はい」
 覚悟している。美冬はお尻を密着させたまま、ぼくの意図を察して自ら背を向けた。しなやかな、軽い体。美しい真っ白な背中。肩甲骨が浮き上がり、背骨の存在感がくっきりわかる。肋骨の一番下あたりは、痩せすぎではないかと心配になるほどくびれがはじまり、もっちりとした臀部へとカーブを描く。この体が、自分の自由になるのだ。
「ご褒美だ」
「はい、ありがとうございます」
 後背位。
「いくよ」
「ふううう」
 震えている彼女にあらためてペニスを奥へ進める。騎乗位も彼女が本気でやればもっと深くつながることができたはずだが、痛いからか、おざなりだったはずだ。
 後背位ならぎっちり根元まで入れられるのではないか。腸の奥まで感じることができるのではないか。
「あううう」
 彼女があえぐたびに、ぼくの悦びは高まり、ペニスは力を増す。
 いまぼくを締め付けているのは彼女の尻の穴なのだ。
 美しいフォルムを描く彼女の肉体の、最後に合わさった部分。そこに侵入することは、彼女をすべて奪ったようなものだ。
 そのとき、もう一つの末端を思い浮かべた。やってみよう。やらせてみよう。この汚れたペニスを、彼女の唇で掃除させよう。
 肉棒を、思いきり動かしていた。
「ひっ、ひっ、ひっ」と短い悲鳴をあげて耐えている。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★縄味1★


DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
若き人妻は「なわみ」というハンドルネームで緊縛写真をネットで見るようになり、写真展に立ち寄ります。そこでカメラマンにモデルに誘われる。顔出しNGで緊縛モデルのテスト撮影をしたところ、唯一顔の写っていた写真がネットに流出。義兄の目に止まってしまう。



★縄味2★


DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
「縄奴隷なわみ」として義兄に脅され恥辱にまみれたデビューを強要される。野外での撮影会で人妻奴隷の限界を超えてしまい、残酷なショーに出演することに。哀しくも完全奴隷化されていく。



エピキュリアン1


今日のSMシーン
snow drop 今井メロ
snow drop 今井メロ



テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

SMデータベース

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

アダルトブログ宣伝ブログ

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~官能

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

M女調教部屋~体験調教承ります~

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2017年10月16日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 お尻をオモチャにしてください
木曜日・金曜日
 君の泣き顔が見たい
土曜日・日曜日
 メロー・マッドネス
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「百恵と丸夫の変態の友」
 または「コラム」
 月は休止の場合あり


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

ツイッター
「荒縄工房」は通常、午後1時頃までに更新予定です。更新をお知りになりたい方は、tツイッターをフォローいただければ幸いです。

 更新手続きしてもブログ上ですぐに反映されない現象が出るときがあります。ツイッターでお知らせしたURLでその記事を読むことができますので、お試しください。


FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 ツイッターを休止・停止しているときは、このFBページでお知らせしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
Twitterやってます
ご利用ください
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です