FC2ブログ

君の泣き顔が見たい 3 なにしてもいいのよ、先生

前回はこちらへ

 オナニーの妄想としては、美冬をぼく好みの性奴隷にするステップが、徐々に美しいプランになっていった。
 ただし、ぼくはごく普通の男だ。捕まるのはイヤだし、自制心はある。一時的な欲望を発散するだけなら、妄想とオナニーで充分だ。
 美冬の動画は、そうしたこれまでの妄想を吹っ飛ばしてしまった。
 彼女はぼくの手の届くところにいる。
 そしてその泣き顔は美しい。
「立花先生が好きです」という文字が、彼女の白い腹の上でくねる。
 いつの間にか、麻紀たちのあとをぼくはついて歩いていた。
「どこへ行くんだ」
 駅へ向かう通常のルートからすぐに外れた。街灯の少ない路地に彼女たちは進む。
 返事はない。
「おい、どこへ行く」
 返事をする気はないのだ。ついてくるもよし、来なくてもいいや、と麻紀は思っているのかもしれない。
 それとも、手の込んだ美人局かもしれない。薄暗い場所に連れ込まれ、強面の男たちにボコボコにされるか、脅されるか……。
 住宅地に入り、古い2階建てが並ぶ一角に入ると、麻紀たちが立ち止まった。
「こっち、こっち」
 小さな声で言う。
 庭のない狭い土地にびっしりと建つ住宅。それは以前は店だったのだろうか。駐車場ほどの広さのスペースが道に面して横に広がり、その奥に家があった。ガラス戸はサッシではなく、左の部屋は雨戸で閉じられていたが、右の部屋は明かりが灯っていた。その戸が開いて、誰かが立っている。シルエットになっていた。スカートを履いている。
 ゴクリと生唾を飲んで、コンクリート敷きのスペースに踏み込む。
 ぬか床のような、この家に古くから染みついているニオイがした。
「こっちに来て」
 美冬がいた。シルエットでもわかる。丸みを帯びてカットされたショートヘア。耳は出ていない。ボーイッシュで、前髪を少し長めに斜めに流していた。
 背はそれほど高くはなかった。ぼくよりも一回り以上は小さかったので、160センチないだろう。華奢な肩。長い首。すらりとした足。
 大人びたスタイル。
「連れてきたよ、美冬」
 麻紀が声をかけても返事はない。
「ふふふ」と麻紀たちから忍び笑いが漏れる。
「上がって」
 麻紀たちは靴を脱ぎ捨て、開いたガラス戸から入っていく。カバンなどを片隅に投げるように置いていく。女の子たちがシルエットになったり、照らし出されたりする姿は、美しかった。
 だけど、この家に染みついたニオイと同じように、醜悪でもあった。
 生け贄の回りで踊る祈祷師のように、彼女たちは我が物顔で部屋を占拠する。
「大丈夫だって。ほかに誰もいないから」
 ぼくも家に近づく。
 美冬は、ただ突っ立っているわけではなかった。
 奇妙なオブジェだった。
 彼女は両手をまっすぐ上にあげて、カーテンレールから吊り下げられていた。予備校に来るときと同じように、ブラウスとスカートを着たままだが、タオルで猿ぐつわをしていた。
 足は、片足ならべったりと床につくが、片足はつま先立ちになってしまう。ギリギリのところだ。
 よく見ると、両手首を白い紐で縛ってあり、その紐から金属のフックが伸びていて、それがカーテンレールに引っかかっている。
 もし、ぼくなら、こんな不安定な吊り方はしない。ただ縛って床に横たえておけばいいのだ。とても不自然だった。
「わたしらがやったんじゃないよ。やれるわけないっしょ。ずっと先生と一緒だったもんね」
「じゃ、誰がやったんだ」
「美冬に決まってるでしょ」
 バクバクと鳴る鼓動が止まらない。
 久しぶりに本当の興奮を味わっていた。スポーツ観戦や映像などによる「とりあえず」の興奮ではない。興奮しないと損だから、自ら鼓舞して、擬似的に興奮していたのだ。それとは比べものにならない。
 はじめてセックスしたとき以上に、分厚いどっしりとした扇情を味わっていた。
 美冬は、ぼくたちより先に帰宅し、自らを縛ってここで待っていたというのか。
「それさ、フックを引っ掛けることはできるけど、外すのは難しいわけ」
 体重をかければカーテンレールなど簡単に外れてしまいそうだが、壊さずに外すためには、台に乗らなければならないだろう。または、誰かに助けてもらうしかない。
「なにしてもいいのよ、先生」
 これはヤバイ。本能的に「罠だ」と叫んでいる自分がいる。麻紀やその友人たちの前で、美冬に触れたら、マズイことになるだろう。犯罪者だ。
「大丈夫だよ、美冬がそうしてほしくてやってるんだもん」
 ぼくは思い切って靴を脱いだ。
 隣の部屋との間には仕切りがなく、ガランとした和室にちゃぶ台があるだけだった。誰かが隠れているわけではなさそうだ。
「暑いからさ。閉めるよ」
 麻紀がガラス戸を閉めてカーテンを引く。
 すると、美冬はカーテン向かって吊されていることになる。
 エアコンの冷たい空気を感じて、少しホッとする。同時に、女子たちの甘やかな匂いに包まれて落ち着かない。
 麻紀は、薄笑いを浮かべて美冬の後ろにいき、ガッと思いきり抱きついた。
「ぐぐっ」


小説(官能小説) ブログランキングへ

★便所虫の歌★


DLSiteはこちら
DMMはこちら
アマゾンKindleはこちら
週末にマリカとして苦痛を求めてさまようOL。掲示板で出会う相手の要求のままに、激しい苦痛にもだえ苦しむ。その間の記憶は失われ月曜には勤務先に出社する。そこに別のマリカが挑戦してきた……。どちらがホンモノか決着をつけることに。負ければ永久便器となる。



★折檻部屋の風夏★
fuuka100100.jpg

DLSiteはこちら
DMMはこちら
アマゾンKindleはこちら
父母を香港のゴミ焼却所で惨殺された風夏は、大金持ちから一転して逃げ回る生活に。最後に学生時代の女友達を思い出して訪ねる。卒業前に奴隷になると誓っていたのだ。だが女友達は風夏に過酷な指令を出し続ける。ノワール風味の漂う作品。



エピキュリアン1

今日のSMシーン
究極プロポーション人妻 はじめての大痙攣イキ 絶頂98回!痙攣264回!ピストン4156回! 並樹ひかり
究極プロポーション人妻 はじめての大痙攣イキ 絶頂98回!痙攣264回!ピストン4156回! 並樹ひかり





テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

SMデータベース

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

アダルトブログ宣伝ブログ

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~官能

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

M女調教部屋~体験調教承ります~

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・M男・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2017年8月8日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 お尻をオモチャにしてください
木曜日・金曜日
 君の泣き顔が見たい
土曜日・日曜日
 変態ですみません
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 またはコラム
 または「眞木さまと……。」
 月は休止の場合あり


「荒縄工房」は通常、午後1時頃までに更新予定です。更新をお知りになりたい方は、ツイッターをフォローいただければ幸いです。
 更新手続きしてもブログ上ですぐに反映されない現象が出るときがあります。ツイッターでお知らせしたURLでその記事を読むことができますので、お試しください。
 ※ツイッターを休止・停止しているときは、FBページ「荒縄工房 電子書籍部」でお知らせしています。



 SM研究室は、バックアップ用です。

「荒縄工房」全作品リスト


●刊行作品についての解説・目次などは、
荒縄工房 オリジナルSM小説の世界をご参照ください。

バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロのないブログ。こっそりと。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
Twitterやってます
ご利用ください
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です