FC2ブログ

君の泣き顔が見たい 4 ウソでも、してくれませんか?

前回はこちらへ

 タオルの下から美冬の声が漏れる。
「こうして欲しいんだよ、美冬はさ」
 麻紀の手がブラウスの上から美冬の乳房をしっかりと揉む。
「そうだよ、下着、つけてない」
 仲間たちが「へんたい」とか「ばかじゃないの」とか言いながら笑う。彼女たちは冷蔵庫から勝手にオレンジ-ナを出して床に座って飲んでいる。
 この家はどこかおかしい。美冬もおかしいが、家も変なのだ。こんなところに彼女は住んでいるのだろうか。
「気持ちいいよー、やってみなよー」
 たまらなくなっていた。麻紀が男のことをよく知っているらしく、さっとどくと、ぼくはすぐさま美冬の背後に迫った。一瞬、躊躇ったが、すぐ体を密着させた。
「うっ」
 横から顔を覗き込む。
 目をつぶっていた。その目尻に涙があった。
「美冬」
 そう声をかけ、腕を掴んだ。ぼくの胸から下が、彼女の背中に密着した。固くなった男根を押しつけた。
「ヒュー、ヒュー」「いいぞ、先生」などとからかう声はするが、ぼくは無視した。
 手を彼女の腕に沿って下げていった。細い。華奢だ。筋肉が少ない。よく生きていられるな、とさえ思う。
 これまでに出会った女性、そして触れた女性とは異なる脆さを感じた。
 通常なら、こういう女子に出会ったら「守ってあげたい」と思う。ぼくも同じだ。美冬は、麻紀のような連中とは違う。ぼくが守ってあげなければ壊れてしまう。
 しかし、その気持ちがありながらも、ぼくの指先は彼女の柔らかな腕の内側を辿っていく。人に触れさせる場所ではない脇へとつながるその美しく伸びきった筋肉から、丸い肩の骨に。そして再び脇へとおりていく。
 滑らかな肌は冷たい。少し汗ばんでいる。
 その姿勢が辛いのだ。
 美冬、美冬、美冬……。ぼくは何度も叫びたい衝動を抑えて、さらに指先をさげていく。麻紀が乱暴に鷲づかみにした部分へつらなる、なだらかな斜面。鋭く切り立った頂上からいっきに下るエクストリームスキーのように、指先はブラウスの生地の上から彼女の大切な部分をなぞる。
 彼女がのけぞる。
 大胸筋には力が入るのに、乳房には力は入らない。無防備な彼女。
 そっと包むように手の平で感じる。指先で感じる。
「んんん」
 彼女が激しく腰をふる。まるで背中とお尻でぼくを愛撫するかのように。
「みてよ、美冬のやつ」
「まじ?」
 麻紀たちが遠くから眺めて笑っている。
「あっ」
 誰かが声をあげて、「キャハハ」と笑った。
「先生、美冬、お漏らししちゃったよ」
 ぼくは慌てて、一歩、離れた。
 床にどんどん水たまりができていく。
 スカート、足がびっしょり濡れていた。
「あーあ、美冬、わざとやったんでしょ。先生の前で漏らしたかったんだよね。恥ずかしいわ」
 麻紀の言葉に、美冬は細かく震えながら耐えていた。
「ヤバイよね、美冬」と仲間たちも呟く。
「じゃ、そういうことだから」
 麻紀の合図で、仲間たちも立ち上がる。
「おい、どういうことだよ」
「あとはよろしくね。私たち、関係ないから」
「どういうことだ」
「知らないわ。あとは美冬と先生でやればいいじゃん。」
「そうよ、変態なんかに付き合ってられないもん」
 取り残されてしまった。
 とにかく、美冬の気持ちを確かめたい。ぼくは髪の後ろでぎゅっと縛られているタオルを解いてやった。
 カーテン越しに外で稲妻が光った。予報では深夜に豪雨になる可能性があったはずだ。雷はその前兆か。だとすれば降り出すのは早いかもしれない。麻紀たちは、いいタイミングで出て行ったのかもしれない。
 ぼくがタオルを解いたのに、それは簡単には外れなかった。美冬が噛みしめているからだ。
「美冬。聞きたいことがあるんだ。口を開いてくれないか?」
 顔を横に振る。切れ長の目が薄く開いて、瞳がじっとこちらを見る。
 パッパッと窓の向こうが明るくなる。まだ音が聞こえない。
 そして、バリバリとガラス戸が共鳴するほどの音が遅れてやってきた。
「あっ」
 美冬が思わず叫び、ぼくはタオルを引き離した。
 唾液でべっとりと濡れている。
「教えてほしい。これは君が自分でやったことなのか?」
 下のほうから、すがるような目。
「麻紀たちにやられたんだろう?」
 再び、顔を左右に振る。
「ちがい、ます」
 消え入りそうな声。
「本当に、自分でやったのか?」
「は、い」
「ウソはダメだぞ」
 唇を結んで、噛みしめていた美冬。苦しそうな表情を見せた。心配になった。下ろさなければ、と手を出そうとしたときだ。
「ウソでも、してくれませんか?」
 ハッキリとそう言った。
「ウソでもホントでも、美冬を好きなようにしてくれませんか?」
 そんな告白の仕方があるか、と思いながらも、腹にずっしりと重いパンチを食らったような気分だった。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★M穴地獄―デッドライン―★
 

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
自虐の虜となった女子校生が自分の肉体破壊に突き進んでいく。物語はデッドライン(引き返すことのできないところ)に向かって、エンディングと発端から交互に描かれる。結末はわかっているのに、読み進めるしかない破壊的な磁力を発する作品。



★玩具にしてください! 変態女子校生・菜津希★
gang1100.jpg 

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
陸上部の女子・菜津希はそのことが頭から離れない。練習中に公園の隅に暮らす汚れた人たちを見たときから、肉体をその人たちに汚してほしいと願うようになる。それはやがて理解者であり脅迫者でもある人物を得て輪姦願望へとエスカレートしていく。鍛えた若き体を汚辱する快楽。

エピキュリアン1

今日のSMシーン
レズビアンストーカー ~巨乳生保レディを付け狙うバツイチ熟女~ 真木今日子 本庄優花




テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

SMデータベース

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

アダルトブログ宣伝ブログ

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~官能

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

M女調教部屋~体験調教承ります~

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・M男・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2017年8月8日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 お尻をオモチャにしてください
木曜日・金曜日
 君の泣き顔が見たい
土曜日・日曜日
 変態ですみません
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 またはコラム
 または「眞木さまと……。」
 月は休止の場合あり


「荒縄工房」は通常、午後1時頃までに更新予定です。更新をお知りになりたい方は、ツイッターをフォローいただければ幸いです。
 更新手続きしてもブログ上ですぐに反映されない現象が出るときがあります。ツイッターでお知らせしたURLでその記事を読むことができますので、お試しください。
 ※ツイッターを休止・停止しているときは、FBページ「荒縄工房 電子書籍部」でお知らせしています。



 SM研究室は、バックアップ用です。

「荒縄工房」全作品リスト


●刊行作品についての解説・目次などは、
荒縄工房 オリジナルSM小説の世界をご参照ください。

バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロのないブログ。こっそりと。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
Twitterやってます
ご利用ください
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です