FC2ブログ

君の泣き顔が見たい 55 一番太い鉄筋の切れっ端

前回はこちらへ

 そんなものはどうでもいいと思っていた。美冬に復讐する気などないのだ。そもそも冤罪ではない。ぼくも罪を犯した。ただ強引に不当に重くされたのは事実だが、仮釈放を取り消されたのは神先のような連中のせいであって美冬は関係ない。
 彼女の罪とはなんだ……。
 ぼくはこのまま美冬としばらく過ごしたい。罪とかそういうことじゃなく、ぼくと美冬の間にあるものは本物なのか。それとも勘違いなのか。5年もいたずらに費やした、その空白によって生じた虚無なのか。
 それを確認したいだけだった。
 彼女を見下ろすと、開かれた秘部の上を舞う蝶だけが本物のように見えた。
「白状させるまで、やらないとダメだ。わかるよな? おまえが手加減しちゃうと、おれがやらなくちゃいけなくなる。おれのやり方はわかるだろ?」
 彼はぼくを放してくれた。
 そして千里を囲む部下たちに小声で命令していた。
「この女には死刑をくれてやる。簡単には死ねない。本当に死にたくなるまで繰り返す」
 男たちは千里から縄を解いていくのだが、それは優しさからではないことは明らかだった。
 足首にスポーツで使うようなテーピングをして、その上から新たに縄をかけていく。
「いや、いや……」
 力なく声をあげる千里。暴れる気力もないようだ。
「せーの」
 天井のフックに引っ掛けた縄を部下たちが引っ張り、いっきに千里を逆さ吊りにする。それも開脚の逆さ吊りだ。
 ぶらりと下がる手。その手首にもテーピングをしてから縄を巻き付け、前にも使ったウエイトを吊り下げた。15キロを2枚も。それが床から数センチながら完全に浮いている。
 体がピーンと伸びきってしまう。
「電気であの世へ行く気分を味わってみろ。電気イスなんてものはないから、これで我慢してもらうけど」
 神先が用意したのは、太い鉄筋だった。竹のようにフシがついている。禍々しい凶器だった。
「デゴイチ(D51)ってやつだ。一番太い鉄筋の切れっ端。こいつを入れるだけでも大変だな」
 千里に見せつけてから、陰部にあてる。可哀想に、その先端は細くも丸くもないのだ。ネジを途中で切断したような断面。ただその縁だけは角を多少は削られているように見えた。
「あああ! いやあああ」
「このローションは電気の通りもよくするんだよ」
 伝導率の高いジェルなのだろうか。
 神先は千里の股間に指でローションをなすりつけながら、穴を大きく広げていく。
「拷問から極刑ってのが、千里の夢だろう? 違うのか?」
「いや! 死にたくない……」
「いまさらなにを言ってる。おまえは死刑って決まったんだよ」
 巨大な電極をねじりながら、千里の中へ埋め込んでいく。とても入りそうもない。入るとしても粘膜を切り刻んでしまうだろう。
「ぎゃううううう!」
「どうだ、気持ちいいか?」
「痛い! 助けて……」
「おい、猿ぐつわ」と部下に命じ、先ほど外したものをまた装着させる。千里は頭をふって少し抵抗したものの、逆さで手もろくに動かせない。再び言葉をほぼ失う。
 太い電極が半ばまで埋め込まれると、そこに自動車のバッテリーをつなぐような大型の鰐口クリップを取り付けた。それは長く無骨なコードで小型のブリーフケースにつながっている。ブリーフケースからは家庭用の電源コードが壁まで伸びている。通常の電源から取って威力を増して放電するのだろう。キューッと甲高い音が鳴る。
 神先は絶縁のためかゴムの長靴と手袋を身につけた。そして自分は細い棒を持つ。そこにもコードがブリーフケースから伸びていた。
「これを、どこかに当てれば、ビリッとくるわけだ」
 薄笑いを浮かべながらぼくに説明をする。その間も、伝導率のいいジェルを千里の体に塗っている。手袋は手の何倍も大きく、大げさなものに思えるのだが、そうしていると神先はフィルムセンターで見たモノクロ映画の中のフランケンシュタイン博士のように見えなくもなかった。
 彼は粗野なだけではない。知性がある。それが、ぼくのような人間には疎ましくても抗えない原因だ。彼がフランケンシュタイン博士の怪物の方だったら、ぼくはとっくに彼を殺すかなにかして関係を終わらせているだろうし、ここにいる部下たちによって葬られていてもおかしくはなかった。
 そこに光る知性は、とても残酷で、人間的だった。
「さあて」
 ヒトラーの最後の数日を描いた映画を見たことがある。神先はあそこにいても不思議ではない男だし、彼の鋭い一面からすれば、ベルリンから脱出して南米に逃亡していてもおかしくはなかった。
 バシッと激しい音が響く。
「ぎゃうっ!」
 千里の体が爆ぜた。電気ショック。放電されるとすかさず、キュルキュルと充電の音が鳴る。
 彼は細い棒を乳房に近づける。完全に充電されるのを待たずに、先端を乳首にあてる。
 蒼白い火花が棒と乳首の間に流れた。
「ぐあっがっ!」
 痙攣する千里の筋肉は、それぞれが別の意思を持っていて彼女から逃げだそうとしているかのようだ。
 水槽もそうだったが、神先はぼくたちが思うよりもずっと酷く、相手を苦しめる。
「見ろ。締め付けて抜けなくなった」
 股間に生えた太い電極を揺さぶる。
 すぐに充電の音が高鳴る。それはストロボの充電器に似ていると、ぼくはようやく気づいた。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★『亜由美 降臨編』★
ayumi07-100.jpg

アマゾンへはこちらへ
DLSiteはこちらへ
DMMはこちらへ
亜由美シリーズ完結編。『一部~三部』『灼熱編』を経た亜由美が帰国。武器を身につけた彼女の復讐がはじまる。『安里咲1、2』の後日談と一体化したストーリーは最後まで目を離すことができない展開です。亜由美と安里咲の有終の美をお楽しみください。


★『亜由美 灼熱編』★


DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
亜由美のその後を追う「外伝」。亜由美が自ら語るパルダ王国へ性奴隷として留学させられた日々。拷問調教での傷を癒すため貨物船に乗せられ、種付けされながら王国へ。そこで待ち受けていたものは……。連載時にはなかったエンディング。


エピキュリアン1


今日のSMシーン
泊めてくれたら何をしてもイイです…というので家出少女を自宅に泊めてあげてバイブ調教してみたら予想外に感じまくって淫乱少女に!
泊めてくれたら何をしてもイイです…というので家出少女を自宅に泊めてあげてバイブ調教してみたら予想外に感じまくって淫乱少女に!


テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

SMデータベース

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~変態

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2018年4月14日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 監禁日記
木曜日・金曜日
 被虐の家
土曜日・日曜日
 いいなりドール
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」
 月は休止の場合あり


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター@tokyoindiessun
ご利用ください
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です