FC2ブログ

君の泣き顔が見たい 56 2つの穴に電極をぶち込んでやろう

前回はこちらへ

 棒の先端を再び右の乳首にあてる。火花ははっきり見える。
「がはっ」
 千里はなにかを吐いた。飲まされた水槽の水か胃液かわからない。吐くものがあったのだ。
「千里。これと鞭とどっちがいい?」
「うふ!」
 鞭と聞こえた。
「じゃあ、しばらく鞭をあげよう」
 部下に任せて、打擲がはじまる。すでに傷だらけの体だが、そこに重ねて重い革の鞭が浴びせられる。3人の部下たちが1本鞭を連続してあてるのだ。股間、太もも、尻、背中、乳房……。
「本当に死ぬわ」
 麻紀の声は冷たい。
「さて、どうする、その女の裁判」
 手袋を脱いで腋に挟んだまま、神先は白ワインを飲む。
「みんなも飲めばいいのに。赤ワインも焼酎もある」
 元夫が思わず手を伸ばすと、蹴るふりをしてつま先をその顎に向けた。
「うわっ」
 彼は尻餅をつく。
「おまえはもういいだろう。小便を漏らすぐらいしか能がないからな」
「帰っていいんですか?」
「いいよ」
 部下に元夫を外に連れて行かせる。
 まさか殺すわけじゃないだろうな、と思うのだが、部下はすぐに戻って千里の肉体に鞭をふるって奇声を上げていた。
 神先は頭もよく度胸もある。自己中心すぎる。とても狭い彼独特の視線で世の中を見て判断している。すべてはわかっている、という前提で生きているから、ぼくのようにあっちもこっちも見なければ気が済まないような人間からすれば大胆すぎる。
「さあ、体も温まっただろう。もう一発やろうか」
「ふええええええ」
 棒を見ただけで、激しく泣き出す千里。
「ちょっと電圧も上げてみるか」
 機械のスイッチを操作すると、充電の音はさらに高くなっていく。
「いくぞ。乳首が焦げるぞ!」
 執拗に右の乳首を狙う。
「がっ!」
 雷でも落ちたような衝撃。一瞬、千里の乳房が白く浮かび上がるほどの発光。いつまでもガクガクと震える体。
 見れば、神先は棒を乳首に当てたままにしている。バシッ、バシッと連続して放電している。徐々に弱くなっているようだが、本当に死ぬかもしれない。
 大量の失禁。肛門からも汚物が滲み出ている。鼻汁と涎で顔はぐしょぐしょで、呼吸も困難になっている。
「おろせ」
 散々見せた。その棒を美冬に向ける。
「どうだ。処刑してほしいか?」
「はい」
 美冬ははっきりと答えていた。
 ぐったりとした千里は、水槽のときとは違い、胸が大きく上下していた。
「しばらく神経の伝達で異常が続くから、痛みは長時間残るだろう」
 突発的な痙攣が、足や腕や腹部などに起きる。まるで彼女の中に、大きなミミズでも這い回っているように。
 白目を剥いているが失神はしていない。
 部下が陰部に埋め込まれた鉄筋を引き抜く。
 血が出るだろうと思ったのに、白いドロッとした粘液があふれ出た。ローションと彼女の淫液だ。血はほとんど出ていない。だからといって粘膜が無事というわけでもないだろう。
 だが、部下たちは、おもしろがってそこに指を入れ、開き切ったヴァギナに手を突っ込んでいく。
「わ、わたしはお尻に突き刺してください」
 美冬は神先に告げる。ぼくにではない。ぼくを見ない。
 この場の祭祀は確かに神先だから。
「そうだな。両方突っ込んでやろうか」
「お願いします。死ぬまで電気を流してください」
 本気なのだと、肌を通してぼくは感じた。冷たかった彼女から熱を感じる。
 千里を床に下ろした。失神している。死体のようだ。
 美冬の手は背中で合掌させられてきつく縛り上げられ、首輪にも縄がかかる。乳房を根元から絞り上げるように縛る。パンパンに張っている。
「あっ、きゃっ」
 ぼくたちは平手で何度もはたいて赤くしていく。頬も気合いを入れるようにビンタする。
 彼女はますます熱くなる。
 舌をしっかり挟んで猿ぐつわを締め直す。
 足を開いて逆さ吊りにした上で、ぼくと神先は彼女を水槽につけた。水責めもきちんとやる。
「がああああ」
 引き上げると、口から鼻から大量の水が噴き出す。
 濡れた体に鞭を浴びせる。部下たちはぼくたちと一緒に美冬をぶちのめし、その合間に屍姦するように千里をいたぶる。
 2度、3度と水に漬けたあとに、ようやく電気責めだ。美冬はすでに気が遠くなっている。
「2つの穴に電極をぶち込んでやろう」
 ヴァギナには直径51ミリの鉄筋をめり込ませ、アヌスに30ミリほどの鉄筋をねじ込む。
「楽しそうじゃないか」と神先に言われる。ぼくはどうやら彼に見せたことのない表情をしていたようだ。
 黒い鰐口グリップをその両方に取り付ける。
 見ると、変圧器は2台になっていた。ぼくと神先は、絶縁された大きな手袋をして、鉄の棒を持つ。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★『安里咲1』★

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
Kindle版はこちらへ
亜由美の拷問実験を目撃させられた美しき女子大生・安里咲。後継者として目をつけられ、女子寮のペットに。寮長たちによる過酷な調教が彼女を被虐の快楽に引きずり込みます。


★『安里咲2』★
arisa2100100.jpg
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
Kindle版はこちらへ
完結編。休む間もなく徹底した調教の果てに辿りついたものとは……。恥辱にまみれた公開調教から東欧の古城で繰り広げられる拷問ショーへ。


エピキュリアン1

今日のSMシーン
妄虐アスリート 汚辱の特別強化奴隷2 綾乃さら
妄虐アスリート 汚辱の特別強化奴隷2 綾乃さら




テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
相互リンク
ブロとも一覧

SMデータベース

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~変態

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2018年4月14日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 監禁日記
木曜日・金曜日
 被虐の家
土曜日・日曜日
 いいなりドール
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」
 月は休止の場合あり


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。

フツー小説を「小説家になろう」にも掲載中。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター@tokyoindiessun
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です