FC2ブログ

君の泣き顔が見たい 58 コンクリートブロックをのせる

前回はこちらへ

「まさか」
 麻紀はぼくたちのように責める側だと思ったのに。
「どうでもいいじゃないか。彼女たちには猿ぐつわはしていないんだ。文句があれば自分で言うだろう」
 なぜか3人とも覚悟を決めているのか、唇を震わせてはいるが、閉じたままだ。素肌には寒いに違いない。
 地面には例のコードが蛇のようにのたくっている。
「そうだよ。こいつらみんな、ケツ穴とまんこに電極がぶち込まれている」
 3人ともに陰部から無骨な鉄筋が飛び出している。美冬は陰核の針をそのまま残されていて、陰唇は大きく広げられていた。神先はきちんと陰唇が広がるように、突き刺さった針の先端にわざわざごく小さい鰐口クリップを付けていたので、ぼくが見ていたときよりもピーンと張られていた。
 ユンボが作業を終えた。
 神先が溝に自分から入ってその高さを確認する。
「よーし。じゃあ、吊ろう」
 数名の作業着姿の部下がやってきて、角柱の両端にワイヤーを取り付け、それにフックを装着し、ユンボをクレーンとして使うらしく、そこにひっかけていく。
「危険じゃないか」
「まあ、見てろ」
 固い鉄と脆く柔らかな女の体。それを一体にすることが、どれほど危険なことなのか、神先が知らないはずはないし、いま作業をしている部下たちも知り尽くしているはずだ。
 ユンボがうなり、角柱がわずかに持ち上がる。
「ああっ」
 女たちが甲高い声を上げる。腋に通されたワイヤーで角柱もろとも浮き上がるのだ。
「座高がみな違うからね」などと神先は言う。
 溝に先に入っている作業員の指示で、女の体ごと沈められていく。
 中に入った作業員がスコップで土を盛っている。座高に合わせた微調整といったところか。
「美冬も千里も腹の中は空っぽだが、麻紀だけは手こずった」
 彼女に浣腸をして排泄させたのだろうか。
 女たちの悲鳴は静かになる。ぼくは溝のすぐ近くに立った。
「これから仕上げだ」
 3人は溝の中で座禅を組んでいるかのようだ。
 ザッと無情にもそこに土がかけられる。膝頭が少し出るぐらいまで下半身を埋める。そこに重いコンクリートブロックをのせる。
「うがああ」
 美冬が最初だった。ぼくを見る。死を悟った目。
「どうだ、石抱きの責めだ」
 メジャーで一応、位置を計測し、溝の横に杭を立てて目安にしているようだ。なんのためかはわからない。
「ひいい」と千里も泣く。同じようにブロックを足の上にのせられて、最後に乳房をこれみよがしに並べる。
 3段積み上げ、その重みで膝は土の下に沈んでしまう。
 最後は麻紀だ。さすがにぼくに気づいたが、何も言わず、悲鳴も上げなかった。顔が蒼白で、化粧をしていないのに美しかった。麻紀のことを美しいと思ったのははじめてかもしれない。そこには、野性的で肉食な女の面影はなかった。
 神先は白い石に片足を乗せて踏みにじる。
「ぎゅううぅう」
 苦しみ悶える美冬。次に、千里の上には神先は飛び乗ってみせる。
「ぎゃああああ」
 その叫び声が空にまで届きそうだった。石の重みに神先の体重を合わせれば百キロ以上になるだろう。
 ぼくは、美冬の乳房を丁寧に石の上に並べた。
 みんな冷たくなっていくのだ、と思った。氷のように。
 麻紀の乳房はほかの2人に比べて、鈍い光の中でも輝いて見えた。彼女はほかの2人のような淫虐を受けていないからだろう。ぼくとセックスを楽しんでも、プレイの範疇を越えたことはなかった。
 それなのに、ここに来て連座している気持ちがわからない。
「麻紀」と思わず声をかけていた。「どうして?」
 彼女は何度かツバを飲み込んでいる。足を潰す重みに耐えながらも、緊張しているのだ。これから受ける仕打ちを想像して。
「ウソをついていたから……」
 ボソッと言った。
「なんの?」
 神先がぼくにスコップを持ってきた。
「手伝えよ」
 作業員たちは女たちを埋めはじめた。
 麻紀は口を閉ざしてしまった。
 ぼくは美冬の横から土を入れていき、植物を植えているような気になっていた。彼女のあの体がどんどん見えなくなっていく。きれいに並べた乳房が土の中に埋まっていく。
 千里も麻紀も。
 肩にのっている角柱と彼女たちの頭部だけが、地面に並んでいた。
「花壇、ですね」
「そう。花壇。そして便器」
 神先の奇妙な趣味なのだ。作業員たちはユンボを片付けると、フォークリフトでパレットいっぱいの花を持ってきた。パンジーやケイトウなど色とりどりの花が育苗ポットに入っている。
 それを彼女たちの頭部と角柱との間に適度に並べていく。ポットから外し、花を植えていく。
 彼女たちは花壇の中に顔だけ出しているような絵柄になる。
 首や顔を動かせば周辺の土は動いてしまうだろう。
 そう思ったとたん、作業員たちは彼女たちの頭を固定しはじめた。
 美冬の口に金属の短い筒をハメ込む。筒には左右に鉄の細い棒がネジ込まれていて、なんと、角柱に別の鉄のパイプを立てると、そこに棒を固定できるのだ。
 つまり、口の中の筒を吐き出さない限り、顔を動かすことができない。そして吐き出すためには、左右で固定している部分を外さなければならない。
「残酷だろう?」
「はい」


小説(官能小説) ブログランキングへ

★隷獣 郁美モノローグ版★
隷獣
Kindle版はこちらへ
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
女子大生がケモノとして飼育される 山ガールを楽しんでいた郁美は、同級生の有希恵に「隷獣」としての素質を見出され、山小屋でケモノに堕ちるための調教を受けるのだった……。伝奇SM小説『隷獣』は、郁美のモノローグに書き改められ、ブログにはない結末が追加されています。


★妹は鬼畜系★
RJ106932_img_sam
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
義理の妹に調教される兄「ぼく」。義妹のケイに、さらに義母に調教される。男の娘として男性たちのオモチャに、トーチャー・クラブの生け贄として拷問へとエスカレートしていく。コメディ要素あり。


エピキュリアン1

今日のSMシーン
隷獣の虜 桃瀬ゆり
隷獣の虜 桃瀬ゆり


テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

SMデータベース

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~変態

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2018年4月14日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 監禁日記
木曜日・金曜日
 被虐の家
土曜日・日曜日
 いいなりドール
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」
 月は休止の場合あり


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。

フツー小説を「小説家になろう」にも掲載中。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター@tokyoindiessun
ご利用ください
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です