FC2ブログ

メロー・マッドネス 37 乗ったのは失敗だった

前回はこちらへ

 そのとき、ふと二村に対する違和感がさらに強まった。それは一つの疑問だ。紀美子の夫が殺されたと言う。紀美子は怯えてあの部屋の寝室に閉じこもっていたのか。長谷部は彼女を引きずり出してどこかへ連れて行こうとしていた。もし夫を殺した側なら、そんな面倒なことはせず、あの場で紀美子を殺していたはずだ。
「あれだ」
 二村はありふれた白いバンを示す。「純白クリーニング」と横にピンクの文字が並び、後部側面に窓はない。後ろをあけると、ハンガーラックがぎっしり並び、さまざまな服がビニールをかけられて吊されている。
「バイトかよ」と藤崎。
「本業だよ」と二村。
 その荷台に、梨々花は乗り込み、紀美子を引きずりあげる。なんとか2人がラックとラックの間に潜り込むとドアが閉められ、すぐに発進する。二村と藤崎は運転席でなにを話しているのだろうか……。
 あの切断された腕は死んだ紀美子の夫のものだ。長谷部は梨々花たちがそれを使ってあの家に入ったから、彼も入ることができた。もし長谷部が夫殺しの犯人なら、そんな面倒なことはしなかったはずだ。
 間違えて渡したのだとしても、黒田の別荘で出会ったときに取り返したはずだ。それもしなかった。むしろ軽自動車に乗せていた荷物をそのまま放棄させようとしていたではないか。
 あの銃の取引を知っていて、そこに紀美子の夫の腕を運ばせることのできる人間はそう多くないはずだ。それなのに、梨々花は頭が痛くなるばかりで、もやもやとした現実を整理できない。
 とにかく長谷部は悪いヤツではない、と彼女は判断した。
 藤崎は悪いヤツだが、この事態を喜んでいるわけではない。むしろ被害を受けている。
 そうなると、やっぱり黒田が……。
「知らないの。わたしはなにも知らないの……」
 足元で意識が混沌としている紀美子が呟く。どれだけ成功したかは知らないし、どれだけ権力を持ったのかもわからないが、こうなると哀れだと梨々花は思う。
「ね、教えてよ。悪いのは誰?」
 梨々花はあえてその耳に吹き込んでみた。
「ああ、悪いのはもちろん、あいつよ!」と紀美子が声をあげた。
「えっ」
 会話ができるのではないか。これまで演技をしていたのか。
 梨々花は身構えたが、そうではなかった。目は半開きのまま、涎をだらしなく口元から垂らし、「だから、悪いのは私じゃない。私じゃない」とつぶやきながらまた寝てしまう。
 知識のない梨々花でさえ、危険ではないかと思うほど大きないびきをかいている。
 死ぬんじゃないか……。
 梨々花の出した結論は、長谷部は二村の言うマフィアとは一緒ではない。だから二村は、しつこく藤崎に長谷部を殺させようとしていたのではないか。
 梨々花は突然、結論に達した。
 二村はウソをついている。
 このまま彼の言う通りにすれば、確実に藤村も梨々花も、そして紀美子も殺されるだろう。
 つまり、このバンに乗ったのは失敗だった。
「逃げなきゃ!」
 梨々花は紀美子の体を乗り越えて、後部のドアを内側から開けようとした。
「ウソッ」
 ドアノブどころか、手掛かり一つない。
 これはクリニーング用のバンではない。そう見せかけた特殊な車だ。
「だめ!」
 ドンドンと叩いてみたところで、びくともしない。この車は表から見た以上に頑丈だ。
 二村は何者なのか。
「殺される……」
 三人を殺すのに都合のいい場所はどこだろう。
 ひらめいたイメージでは、ゴミの島の奥に到達したバンから、すり鉢状の巨大なゴミの穴に突き落とされるのだ。
 そこから這い上がることはできない。ただ死ぬだけ……。
「ちくしょう!」
 ドアを何度か蹴ってみる。びくともしない。
 どれぐらい走っただろうか。
 梨々花はうとうとしていたが、さきほどから車が動いていないことに気づく。どこかに到着したのだろうか。
 風のようなうなりが微かに聞こえている。吹きさらしの場所だろうか。小高い丘のようなところだろうか。それとも谷底か。
 運転席に人がいるような気配はない。完全にエンジンは停止している。
 うなりが甲高く響く。
 その振動音の本質は、山手トンネルの中で身に染みている。
「ドローンが来る!」
 梨々花は飛び起きた。出口を求めてパニックになる。ガンガンと壁を叩き、ドアだろうと思われるところ、塞がられているものの窓だった部分を叩く。
 二村が自分たちを罠にはめたのだ。
 バリバリバリっと雷の落ちるような音がし、車は激しく揺れた。
 ドローンに撃たれたのに、弾を跳ね返している。
 もしかすると、助かるかもしれない。梨々花の期待は一瞬で消えた。次の掃射で、壁面に穴があき、天井から弾と破片が降り注いだ。
「きゃー」
 手に触れたハンガーにかかった服を頭に被って倒れ込む。下に紀美子がいて「お菓子が欲しい」と呟いている。
 もう正常な精神に戻ることはないのかもしれない。
 別の角度からの掃射によって、屋根の一部は吹き飛び、壁にいくつもの穴が開いた。
 殺されるのだ。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★『先輩はマゾビッチ』★
bitch100.jpg
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンKindle版はこちらへ
アイドルのようにかわいい佐波幸菜をマゾビッチにしていく「ぼく」。サークルの仲間たちとザーメン漬けにして妹の美少女菜々子を呼び出して、調教はいよいよ本格化。さらにミスサークルに出場させることになり……。


★『自虐姉』★
jigyakuane100100.jpg
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
姉のミサは自虐癖が強く、恥ずかしいことや痛いことが大好き。心配しながらもそんなミサを欲望のままに使い倒す弟。念願の2人暮らしはやり放題の危ない日々に。やがてアパートの住人たちを巻き込んでいきます。


エピキュリアン1

今日のSMシーン
恋い焦がれた緊縛プレイ!憧れ続けた変態プレイ! 三十路女盛り美人女着付け師のM性がAVデビューで花開く!
恋い焦がれた緊縛プレイ!憧れ続けた変態プレイ! 三十路女盛り美人女着付け師のM性がAVデビューで花開く!



テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

SMデータベース

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~変態

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2018年4月14日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 監禁日記
木曜日・金曜日
 被虐の家
土曜日・日曜日
 いいなりドール
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」
 月は休止の場合あり


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。

フツー小説を「小説家になろう」にも掲載中。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター@tokyoindiessun
ご利用ください
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です