FC2ブログ

メロー・マッドネス 47 時間だ。行け

前回はこちらへ

 藤崎は梨々花の頭部を指で探った。
「それを確かめろって言われたんだ」
 ポケットからスマホのような装置を取り出した。それを梨々花の頭部にかざす。黄色いLEDがしばらくして青の点滅になり、さらに数秒で青い光は付きっぱなしになった。
「大丈夫。正常に作動している」
「ちょっと待ってよ」と知加子が藤崎に詰め寄る。「あんたが私たちを信用してないって言うけど、私たちもあんたを信用できないんだけど」
 藤崎は以前の自分の奴隷を憐れみの目で見た。
「それはそうだよな。お互い様だよな。ただ、おれはおまえをみすみす死なせたくないし、その親のわからない子たちも殺させたくはないんだ」
「なによ!」
 その目が知加子には不愉快だったのか。離れて鹿野に近づく。
「どうすればいいのよ」
「二村をはめる手伝いをしてくれればうれしいよ」
 鹿野は知加子を優しく抱いた。ニセ家族、ニセ夫婦はいつしか本当の家族になっていたのかもしれない。
 梨々花は少しうらやましかった。工藤も藤崎も遠い存在なのだ。自分には誰もいない。東京に出て来たときと同じだ。いやそれよりも悪い。あの時は若さと、年齢にふさわしい女としての価値があった。
 いまは顔を潰され、ボロボロだ。なんの価値もなかった。
 故郷の連中が笑うことだろう。「ほら見たことか」と。東京に行ってボロボロにされたのだと。
「パラボリカってのは、イタリアにあるサーキットの、最終コーナーのことなんだ」と藤崎。「モンツァ。F1のイタリアグランプリで使われる高速サーキットだ。パラボリカの立ち上がり速度がその後の長い直線の最高速を決定する。どんなに怖くても、最終コーナーには全開で飛び込まなければ勝てない」
 なんの説明にもなっていないな、と梨々花は思う。
「放物線って意味から来ている。パラボラアンテナのパラボラと同じ意味なんだってさ。ま、よくわかんないんだよ、イタリア語は」
 それはそうだろうと、そこにいる全員が思う。日本語だって危うい。
「単なる符合としてつけただけだろうが、工藤さんによれば、やつらは自分たちのシステムをパラボリカと呼んでいる」
「システム?」
「ああ、そう。それも重要なことだね。やつらは組織とかチームとは呼ばないんだ。システムとかユニットと呼んでいる」
 鹿野は黙って頭をふる。ついていけない、と。

 雨が上がっていく。
 冷たい空気に支配された街。
「くっそ寒いな」
 鹿野の用意した服は、保温性の高い下着と軽量のダウンジャケットだった。それでも刺すような冷気を感じる。
 都庁の背面が見えていた。
「こんなところに来るかな」
 8万8000平方メートルの敷地と、新宿のど真ん中にしては広いようだが、ニューヨークのセントラルパーク(341万平方メートル)には比べようがないほど小さい。
 青いジャケットにグレーのパンツの藤崎に比べると、上下ともグレーの梨々花は地味だった。化粧もほとんどしていない。たった2人でなにができるというのだろう。
「いいか」
 公園の北側、広場や人口の滝の周辺を2人でさんざんうろつき回った。藤崎は入ってはいけないであろう木々の間などに入って、じっと空を見つめていた。それをさまざまなアングルから試した。
 滝は、西側は「白糸の滝」と呼ばれ、アーチ状の建造物から細かな水流が穏やかに流れ落ちている。東側は「ナイアガラの滝」と呼ばれ、豊富な水量で迫力ある瀑布を連想させるつくりになっていた。
 48階建ての都庁の少し右側に朝日がある。
 ジョギングする人、ラジオ体操する人、犬の散歩をする人、通勤する人、大きな荷物を転がすインバウンドの人たち……。
 早朝から都市は動き出していた。
「時間だ。行け」
 藤崎に命じられる。
「刑事課の万年平刑事の利満さん」と梨々花は復唱する。
「そう、忘れるな、万年平刑事だからな」
 いみはよくわからなかったが、1人で新宿署に行けと言われて梨々花は歩きはじめた。ルートは藤崎がスマホで示してくれた。公園の北の端っこまで行き、そこでぶつかる道を右に行き、向こう側へ渡り……。
 シルバーのヴィッツを数台、見かけたような気がして緊張が走る。
 藤崎は、梨々花になにも持たせていない。スッピンで下着もつけず、アウターだけで歩いている。白いデッキシューズを用意してくれていた。裸足で履いている。足の裏が痛くなってきていた。
 怖い。警察に行くのは気が進まなかった。
 このシナリオが気に入らなかった。
「いいか、おまえは奴隷なんだ。釣りのエサになっても文句は言うな」
 いま、梨々花は釣り針に刺されたミミズのようなものなのだ。
 藤崎1人でなにができるというのだろう。鹿野は本当に手伝ってくれるのか。そして、相手はエサに食いつくのか。
 そもそも、梨々花は警察で声が出るのかさえも自信はなかった。
 茶色っぽいタイルのビル。14階ほどしかないのだろう。周囲が超高層ビルばかりなので、一般的なビルはあまりにも小さく見えてしまう。
「鮫が出るか、右京さんが出るか」と藤崎は笑っていたが、梨々花にはなんのことかわからなかった。
 最寄りの交差点は、巨大な円環が宙空にあり、信号や行き先表示板がそこに取り付けられていた。梨々花も映画かアニメで見た記憶がある。
「ここなんだ」と思う。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★『先輩はマゾビッチ』★
bitch100.jpg
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンKindle版はこちらへ
アイドルのようにかわいい佐波幸菜をマゾビッチにしていく「ぼく」。サークルの仲間たちとザーメン漬けにして妹の美少女菜々子を呼び出して、調教はいよいよ本格化。さらにミスサークルに出場させることになり……。


★『自虐姉』★
jigyakuane100100.jpg
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
姉のミサは自虐癖が強く、恥ずかしいことや痛いことが大好き。心配しながらもそんなミサを欲望のままに使い倒す弟。念願の2人暮らしはやり放題の危ない日々に。やがてアパートの住人たちを巻き込んでいきます。


エピキュリアン1

今日のSMシーン
ビザールオルガズム 60
ビザールオルガズム 60


テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

SMデータベース

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~変態

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2018年4月14日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 監禁日記
木曜日・金曜日
 被虐の家
土曜日・日曜日
 いいなりドール
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」
 月は休止の場合あり


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。

フツー小説を「小説化になろう」にも掲載中。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター@tokyoindiessun
ご利用ください
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です