FC2ブログ

被虐の家 7 乙女の涙はしょっぱくてうまいよ

前回はこちらへ

「じゃあ、いくぞ」
 ジャンケンで勝った淵野が千絵の最初の男となる。プロレス技のように河田が千絵を羽交い締めにして仰向けにさせ、秘部を露わにする。
「おお、いいねえ」と淵野はそこにむしゃぶりつく。「へへへ、処女のニオイってやつだね。甘酸っぱいぜ」
「ガキの頃を思い出したか?」
「へへへ。まあな。よく青姦したからなあ」
 驚くほど早く、淵野は姿勢をかえて挿入をはじめた。
「あっ、痛い!」
「大丈夫。女の子はみんな経験するんだよ」
「ううううう」
「千絵ちゃん!」と姉が叫ぶ。
「ほら、入った」
 淵野が喜んでいる。「ズッポリ入れてやろうね」
 ぐいっと腰を使うと、千絵の小さな体が浮き上がりそうになる。それを河田が抑え付ける。
「ぐああああ」
 根元まで押し込む。
「どうだ、感じる? まだムリかな。ここにおじさんのチンポが入ってるんだよ」
 下腹の上から指で押さえて自分の物がどれほど奥まで入っているかを千絵にわからせるのだ。
「これだけじゃつまらない」
 ゆっくりと引き抜く。
「ひいいい」
 その痛みとおぞましい感触に涙をあふれさせている。
「いいねえ、お初は」
 抑え付けている河田が、その涙を舐める。
「おお、乙女の涙はしょっぱくてうまいよ」
 これほどまでに淫らな行為をさせられるとは、桃江は思っていなかったのだろう。ショックで言葉を失っている。妹が男に犯されているのを呆然と見ている。
「興奮して妊娠させないでよ」と春川。「余計なお金はかけられないんだから」
「わかってるよ。外に出す」
 淵野は激しいピストンを数分やってから、体を引き離すと、血のついた男根を自分でしごきながら、千絵の顔に向けて射精した。
「うっ」
 目、鼻、口へと飛び散る。
「おお、いい顔だ。千絵ちゃん、かわいいよ」と河田も興奮し、すかさず彼女の右足を持ち上げて肩にかけるようにし、背後から挿入をはじめる。
「どうだ、おじさんの方が長いだろ。底まで入るだろ」
 同じように深々と入れると、ヘソの下まで盛り上がるのを確認する。
「狭いなあ、ぎゅうぎゅうだよ。おじさんもすぐいっちゃうぞ」
 ゆるやかに抽挿をはじめる。
「あああ、いたあい……」
「角度が違うとまたいいだろう。そのうちこれが欲しくてしょうがない体になるよ」
 残酷に少女を扱うのがなによりの楽しみなのだ。
「妹の汚れは、姉さんにきれいにしてもらおうか」
 淵野はペニスを桃江に向ける。まだ萎えていない。
「あんたは、なんでもわかってるよな?」
 亭主の見ている前で、そんなことをする……。桃江はあからさまに嫌悪を表情に出しながらも、犯されている千絵の「あんあん」という声を聞きながら、口を開いた。
「よーし」と淵野は遠慮なく突っ込む。「ねっとりやってくれよ」
 こんなに大きなもので処女を奪われたのか、と桃江は千絵が可哀想になる。それは夫のものより固く太い。
「じゃあ、次はあんたの味見だ」
「ああっ」
「旦那の前でよがる姿を見せつけてやれよ」
「いやああ」
 後ろ向きにしてバックから挿入する。
「お、なかなかいいじゃねえか、人妻はさ」
 ぐいぐいと押し込んで、経験のあるその部分の感触を楽しむ。
「まあ、おれたちの言うことを聞いていれば借金なんて三年でチャラだ。風俗に沈められるよりはずっといいぜ」
 売り飛ばされることだけはない。店も家もいままで通りに使うことができる。限られた男たちの相手をすればいいだけだと春川は約束していた。
「もっとも、全員、どうしようもない変態さんだけどね」と笑う。
 河田と淵野もまともではない。これ以上の変態がいるとは桃江には想像もできない。
「まともな風俗店じゃ、やらせてくれないからなあ」と河田も答える。「だからたくさん金を払っても利用してくれるってわけだ」
 河田も立ち上がり、千絵の顔に精液を塗りたくる。
「うううううう」
「これぐらいのことで泣くんじゃないよ」と春川が、足元の修造を蹴る。
「おい、こっちは中出しOKだよな」と淵野。
「いいさ、人妻だもの。遠慮することはない」と河田。
「ええっ、それは許してください!」と慌てる桃江を河田が抑え付け、テラテラと光る男根を顔に押しつける。
「おい、いい気になるんじゃない。口を開けて掃除しろよ!」
「んんん」
 桃江は泣き叫びたいが、口を開き、それを喉まで受け入れる。
「そうだ。言うことを聞けば、悪いようにはしないからさ」
 男たちが桃江と千絵で欲望を放出し終わるのを待って、春川華純はようやくスマホをバッグに入れて立ち上がった。
「どう?」と姉妹に向き合う。「これが3年続くのよ。いえ、あなたたちを求めてくる変態はお金も持っているけど、欲望も酷いものよ。ほかに捌け口がないから大金を持ってここに来るの」


小説(官能小説) ブログランキングへ

★『亜由美 降臨編』★
ayumi07-100.jpg

アマゾンへはこちらへ
DLSiteはこちらへ
DMMはこちらへ
亜由美シリーズ完結編。『一部~三部』『灼熱編』を経た亜由美が帰国。武器を身につけた彼女の復讐がはじまる。『安里咲1、2』の後日談と一体化したストーリーは最後まで目を離すことができない展開です。亜由美と安里咲の有終の美をお楽しみください。


★『亜由美 灼熱編』★


DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
亜由美のその後を追う「外伝」。亜由美が自ら語るパルダ王国へ性奴隷として留学させられた日々。拷問調教での傷を癒すため貨物船に乗せられ、種付けされながら王国へ。そこで待ち受けていたものは……。連載時にはなかったエンディング。


エピキュリアン1


今日のSMシーン
神イカせ 完全ガチ拘束強制アクメ 03 過剰な絶頂が引き起こす快楽と苦痛の両天秤で膀胱崩壊絶頂!! 結まきな
神イカせ 完全ガチ拘束強制アクメ 03 過剰な絶頂が引き起こす快楽と苦痛の両天秤で膀胱崩壊絶頂!! 結まきな

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
相互リンク
ブロとも一覧

SMデータベース

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~変態

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2018年4月14日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 監禁日記
木曜日・金曜日
 被虐の家
土曜日・日曜日
 いいなりドール
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」
 月は休止の場合あり


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。

フツー小説を「小説家になろう」にも掲載中。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター@tokyoindiessun
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です