FC2ブログ

メロー・マッドネス 44 鏡、見ないほうがいいわよ

前回はこちらへ

 そこに、梨々花は希望を感じた。黒田はあいつらの仲間ではないのだ。そのふりをしているだけなのだ、と。
「一緒に行かないんですか?」
「いや」
 黒田の目が梨々花に注がれた。傷だらけの自分の奴隷。それはすでに藤崎のものだった。
「これが精一杯だ。気をつけろ」
 黒田は残り、藤崎は梨々花を連れてここから脱出するという。梨々花は声が出ない。
「最高の奴隷」と言ってくれたではないか。またあの日々が戻ってくるのではないのか。そうでないのなら、殺してほしい。もう死にたい……。
 梨々花は意識を失った。

 タイムスリップであるとか、タイムリープといった言葉を梨々花はマンガや映画でぼんやりと理解していた。いま、自分の身にそれが起きたのだ、と。これは過去に戻っている……。
「気がついたみたいね」
 鹿尾知加子がつまらなさそうに言うと、赤ん坊が泣き始めた。
「この子にご飯あげないと……」
「しかし、面倒なものを押しつけてきたな」
 鹿尾忠夫は上半身裸で食卓にいた。なにかをかき込んでいる。
 梨々花は腹が減っていることに気づいた。
 簡易ベッドに寝かされていた。全裸にタオルケットだけだ。手足、胴をベルトでベッドに縛り付けてあった。
「はあ」と声を出してみる。
「おい、なんか、言ってるぞ」
「あとでいいでしょ」と知加子は子どもに離乳食だろうか。なにかを食べさせはじめた。
 赤ん坊と幼い子。子どもが二人いた。不思議だった。前に来たときも子どもはいたのか、梨々花には思い出せない。ここで起きたことは、ぼんやりとしか記憶にない。歩いて疲れ果てていた。攻撃を受けて必死で逃げて来た。藤崎と美麗がいた。美麗はいたはずだ。ここで藤崎は鹿尾と話をつけて武器を調達した。それを受け取ると男の切断された腕がついてきて……。
 頭が痛い。
 藤崎にも捨てられたのだろうか。
「藤崎、さん、は?」
 なんとか言葉になったが、誰にも届かないようだ。もう一度、少し腹に力を入れて「藤崎さんは?」と言ってみた。ガラガラ声だった。
「聞こえるか?」
 聞こえていた。以前よりはマシだ。体の痛みもかなり軽く感じられる。
「藤崎は夜には戻る」
 口にしていいのかわからないが「黒田さんは?」と聞いてみた。
「さあ。どこにいるのか、なにをしているのか」と鹿尾はペットボトルの麦茶を音を立てて飲みほしてから、梨々花の傍らにやってきた。
 固く冷たい指先で、梨々花の肩、首、頬を触る。
「痛みはどうだ」
「だいぶ、軽くなりました」
 そんなことはないのだ。痛みは体の芯まで染み込んでいて、梨々花から体力も免疫力も、そして気力も奪っていた。ただその状態が理解できる程度に落ち着いただけだ。
「ここに来て三日、寝ていたんだ」と言いながらベルトを外しはじめた。「夜中にひどく暴れるものだから、こうしたんだが」
 頭をベッドから持ち上げると、世界がグルグルと回った。
 落ち着くのを待って体を起こし、ベッドに座る。乳房、腹部、太もも、腕。痣と傷だらけだった。
「なんか、スゴイことされたね」と知加子。「だけど、殺すつもりはないみたいだわ。一種の耐久テストみたいな?」
 試されていたというのか。一方的で無意味な暴力の中に長時間晒されてきたのは、ただの耐久性を確認したかっただけ?
 美麗と長谷部はテストに合格しただろうか。それとも……。
「これ」
 知加子は水色のワンピースを投げてきた。
 それが床に落ちる。手を伸ばすこともできなかった。
 ゆっくりと前に屈み、それを拾い上げた。
 柔らかな素材だ。座ったままかぶる。素肌にふんわりと布があたるのは気持ちがよかった。それに腕と足以外の酷い状態は隠せる。
「鏡、見ないほうがいいわよ、まだ」
 顔も腕や足のように酷いのだろう。
「医者は元に戻るって言ってるわよ。顔はわからないけど」
「よかったな」と鹿野に言われても、梨々花にはそれほどうれしくもない。自分の顔はそれほど好きでもなかったのだから。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★お嬢様はドM 第一部★
お嬢様1

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
少しドジなお嬢様・丸木戸恵梨香(20歳)がマゾの衝動にかられてじわじわと屈辱的な「ドMのゴキ」となっていきます。ブログ公開版に未発表の2エピソード追加。



★お嬢様はドM 第二部★
お嬢様1

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
お嬢様として育てられた恵梨香は、M性に目覚め執事の息子の遠隔調教を受けることに。執事夫妻、代理として屋敷に入り込んだ男、巨根の運転手、そして調教のプロたちから日夜、心身の限界まで責められていく。さらに大学の友人たち、婿候補の子息たちにも……。 未公表部分追加。


エピキュリアン1

今日のSMシーン
電気拷問収容所
電気拷問収容所






テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

メロー・マッドネス 43 パラボリカの狙いを見極めるんだ

前回はこちらへ

 黒田に抱きついた。そのとき、腕も指も包帯だらけだと気づいた。構わない。そのまま黒田の体に巻き付けた。それはそこにあった。幻でも夢でもない。それに、全身が痛い。カーッと燃えるように熱い。
「だめだ、だめだ。動くな」
 優しく引き剥がし、ベッドに横たえる。
「やっぱ、黒田さんのことが好きなんですね」
 藤崎もそこにいた。
「好きとかってことじゃないんだ。こいつにはおれしかいないんだ」
「悔しいな」
 黒田と藤崎は対立しているのではないのか。藤崎は黒田を叩き潰し、自分を奪ったのではないか。もっとも、その後ドローン軍団にすべてを奪われてしまったのだが。
「梨々花。少しでも回復したら、おまえの頭に埋め込んだ機械を外す。悪いけど、あまり時間はないんだ」
 黒田の言葉は、梨々花の細胞一つ一つに染み込む。喜びに震える。どんな命令にもとろけそうで恐ろしい快感がある。そう教え込まれたのだ。
「黒田さん」と藤崎は親しげに呼びかける。「あいつらを信用していいんですか?」
 黒田はすぐには答えなかった。
「二村をどう思う?」と逆に聞き返す。
「信用できるわけないでしょう」
 藤崎は悔しさを滲ませる。
「それと同じだ」
「わからないっすよ。どういうことですか。同じってどういう意味なんですか!」
 珍しく藤崎は子どものように激高した。
 その気持ちは梨々花にもわかる。何度も何度も死にそうな目に遭ってきたのだ。カジノの襲撃以来、安心して眠ることもできず、常に何者かに狙われてきた。反撃しようにも、歯が立たなかった。
「焦るな。パラボリカの狙いを見極めるんだ」
 パラボリカ……。はじめて聞く言葉だった。梨々花にはなんのことかわからない。服のブランドのような。それともIT関係の用語?
「あの2人はどうなるんです?」
「おれたちには手が出せない。連中が決めることだ」
 黒田の声は冷たく固い。
 苦々しく思っているのだと梨々花は感じる。奴隷になった当初、黒田から言われたことがあった。
「いまはなりたくてなった、願いがかなったと喜んでいることだろう。しかし、そのうち疑問が出て来る。なんでもそうなんだ、人間は。入りたい学校に入る、やりたい部活に入る、行きたい会社に行ける、そのあとに揺り戻しが必ずくる。そのときには、私は容赦しない。おまえの嫌がることをやらせるだろう。おまえが泣き叫んでたっぷり後悔するまで、いじめ抜く。なぜだかわかるか?」
「わかりません」
「いまは表面だけが私の奴隷になっている。芯の部分はいままでの梨々花だ。そこがいずれ反抗をはじめるのだ。すべては私のせいではなく、おまえの中にある。だから、芯の部分まで奴隷に染め上げる。それを中途半端にやる気はない。徹底してやる。そしてのちに、おまえは奴隷としての本当の喜びを見つけるはずだ。自分は間違っていなかったと」
 そんな日が来るのかと思ったが、彼女には実際、言われた通りのことが起きた。最初は軽いプレイで、それはセックスのバリエーションに過ぎなかった。そのうち、「このままでいいのか」と考えはじめる。黒田は自分のことを本気で考えているのか。黒田にとって自分はなんなのか。こんなところにいても、意味はないのではないか。自分は間違っていたのではないか。
 そして彼の理不尽で強烈な調教が始まった。人間としての尊厳を奪い、女としての扱いもされず、地獄のような日々が続いた。
 その頃に藤崎や無数の誰かとのセックスを強要され、ボロボロにされていった。言葉を発することも許されず、目を閉じたり開いたりする自由さえもなかった。
 このまま黒田に殺されるのだと思った。
 いま思い返すと、あの日々はハネムーンのようだ。梨々花にとって、何物にも代えがたい経験だった。最後には気絶している間に頭になにかを埋め込まれていたのだが、そんなすべてを懐かしく心地良く思い出す。
 それを黒田は「一歩、踏み込む」と表現した。
「物理的に移動するのではない。心が入ること。それが本当の最初の一歩なのだ」と。
 黒田はなにかしらいま、疑問を抱き、苦々しく感じている。表面と心は一体になっていない。「連中」を信用していない。「連中」と一体になるところまで踏み込んでいないのだ。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★小説『堕ちる』特別編★
堕ちる1

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
Kindle版はこちらへ

OLが自虐の果てに見たものとは? ブログ連載を加筆修正の上、未公開の原稿を追加しました。主人公は壮絶な自虐癖から拷問ののちに人間ですらなくなっていく……。



★小説『堕ちる』Part2 シークレット・バージョン★
堕ちる2

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
OLが拷問地獄に堕ちる『堕ちる』の別バージョン(「小説『堕ちる』特別編」の続編ではありません)。初出時にあまりの描写に小説掲示板から削除されてしまった部分などを復活。お読みになる前に「体験版」などにある「ご注意」をご確認ください。


エピキュリアン1

今日のSMシーン
自撮りマゾ牝症候群 或る図書館司書の崩壊 佐野優佳
自撮りマゾ牝症候群 或る図書館司書の崩壊 佐野優佳




テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『亜由美』 堕ちるAとV 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 お嬢様はドM 亜由美灼熱編 妹は鬼畜系 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~変態

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から

女装M雌豚肉便器ちゃんのご奉仕活動♂♀

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2018年10月25日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 グランドSM~マゾな孫娘とエロジイジ
木曜日・金曜日
 隣の肉便器さん
土曜日・日曜日(フツー小説※)
 露出の気分
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」
 月は休止の場合あり

※フツー小説=セックス描写なし。


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。

フツー小説を「小説家になろう」にも掲載中。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター@tokyoindiessun
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です