FC2ブログ

被虐の家 20 切ない声をあげてガクッと頭が後ろに

前回はこちらへ

「ふふふ。ムリするな。いつでも好きなときにイッていいんだ」
「できません、そんなこと。ふっ」
 もちろん、淵野には桃江の状態が手に取るようにわかる。器具を使って女を嬲ることにかけてはベテランなのだ。これまで何人もの女を沈めてきた。この若い人妻も、これまでの女達とそれほど違いはないはずだ。見た目や言葉遣いは違っても、人間としての構造は同じなのだ。
 精神力で耐える女もいる。だが、桃江たちの精神力は、すでにカネを借りた段階で潰えている。覚悟してしまった女は弱い。
 よく言えばしたたかで、順応性が高い。それは男とは比べものにならない。男の順応性の低さは、プライドと相まってただただ面倒なものだ。順応できない弱さを強さと偽ったあげく、プライドを重視したらあとは死ぬしかないのである。追い込むと男は簡単に死ぬ。女は追い込むと開き直ることが多かった。淵野の経験にすぎないが、彼はそれを信じている。
「こっちはどうかな」
 指先でアヌスをいじる。
「あっ、はっ!」
 いたぶられた器官は敏感になっていた。またそこか。どうして……。
 淵野は桃江の様子を眺めている。アヌスへの拒絶感の強い女は、ここで冷めることもある。桃江はどうだろう。少なくとも血をわけた妹の千絵は、素直にアクメに達している。梁漁でかかった鮎のように、若い肉体はピチピチと跳ねながら長い快楽に浸っている。
 その幸せそうな表情は、淵野のような悪人の心も溶かす。すかさず警戒した淵野は、孫を抱くジジイのような顔になっている河田を見て舌打ちした。河田はそれにも気づかず、千絵に夢中だ。
「あううううう」
 淵野は美しい桃江の苦しむ表情を眺めながら、アナルビーズを手にした。
「きっと奥さんも気に入ると思うよ」
 洗面器のローションに浸す。黒いアナルビーズはほぼ同じ大きさの玉が連続している。直径2センチほどだ。ペニスに比べれば細い。ただ、扱い方がかなり違う。
「うっ」
 ぐにゃぐにゃと頼りないほど柔らかいそれを指で押し込んでいく。抵抗していたアヌスだったが、尖端の2個が入っていく頃には淵野の思うがままに受け入れていく。
「どんどん入っていますよ」
「んんん」
 何を言ってもムダなのだ。桃江はただひたすら耐えている。
「根元まで入りましたよ」
 すでに男を知っているそこは、淵野の指まで吸い込みそうだった。根元は直径4センチほどもあり、そこに直径5センチほどの輪がついている。蓋のように根元部分をねじ込めば指で引っ掛ける輪だけになる。
 ギュッと飲み込んでいくので、かなりの抵抗がある。
「これで終わりじゃないですからね」
 淵野は極太のバイブをゆっくり操作しながら、抵抗するアヌスからビーズを引きずり出していく。
「ああっ、だめっ」
「大丈夫ですよ。奥さんの中はもう汚いものはないはずだから」
「あふうううう」
 ひたすらそのおぞましい感触に耐える。排便しているような感覚がある。それも自分の意思ではないのだ。淵野の加減しだいだ。
「こうしてみましょうか」
 半分以上引き出してから、また押し込んでいく。
「はひぃ!」
 不自由な身をよじる女の美しい姿を淵野は楽しんでいた。自分の手加減しだいで、桃江はもだえ泣き苦しむ。そして……。
「いいんですよ、感じちゃっても。どうです。いい気持ちじゃないですか? 千絵ちゃんはもう何度も登り詰めていますよ」
「きぃいぃ」
 歯を食いしばっても快楽を拒絶しようとしている。負けたくないと思っているのはあきらかだ。
 桃江は男たちの持っている経験を知らない。これまでも何人もの女たちに味わわせてきたのだ。
「これはどうです?」
「あう、あうっ」
 柔らかなアナルビーズを高速で出し入れする。
「どっちが気持ちいいですか?」
「嫌い、ですぅ!」
 強い語調かと思えば、語尾がスッと消える。
「おや、ここかな?」
 表情を見ながら動きを変えていく。直腸の中に入ったアナルビーズは桃江の粘膜を擦り上げる。ガクッと力が抜けていく。どういう仕組みかは彼女にもわからない。淵野もとくに詳しいわけではない。いろいろとやってきた結果なのだ。
 無言でバイブとアナル責めをリズミカルに続けていると、桃江は「はっ」と息を飲みこんだ。
「イキましたね」
 拒絶の言葉も出なくなっている。ダッチワイフのように、口を開いて目をつぶっていた。その唇は粘っこい唾液が糸を引いて輝いていた。
「さあ、もっと気持ちよくなってくださいよ」
 あえて下手にで出て桃江をのせていく。
「はっ、はっ、はああああ!」
 切ない声をあげてガクッと頭が後ろに反った。
「またイッたな」と河田。
「お姉ちゃん……」
 千絵はとろけそうな表情で、姉を見る。姉には対応する余裕はない。過呼吸に陥ったように、断続的に息を吐きながらのけぞる。
「まだまだ」と淵野は手を緩めない。アナルビーズをゆっくりとしたストロークで深く浅く操作し、バイブで膣壁をこじる。それでいて、最初の頃とは違い、小さな突起をクリトリスにしっかり当て続けている。それを軸にしてコンパスで円を描くかのようにバイブを動かしているのだ。
「ぎゅぅぅぅ」
 ついに桃江は白目を剥いて失神寸前になった。
「どこまでも行け」
 淵野はますます残酷な気持ちになって、手を素早く動かす。
「くうううううう」
 息もできなくなり、ガクガクと身体を震わせながら桃江は深いアクメに包まれてた。
 淵野は手を離し、桃江に寄り添い、その酸欠の金魚のようにパクパクさせている唇を奪う。乳房をゆっくりと揉み、乳首を吸い上げる。肌の熱さを感じながら桃江の肉体の反応を直接感じ取ろうとする。
「はあっ」
 ようやく目を開き、ため息をついた桃江だったが、そこには忌まわしい男のニヤけた顔があった。
「よかったか。達したんだ。言え。おれの言うとおりに言うんだ」
 桃江は淵野が囁く言葉を繰り返す。
「桃江は、人妻なのに、おまんことお尻の穴をいじられて、はしたなく感じてしまいました……」
「そうだよ、もう一度、言ってごらん」
 同じことを繰り返し言わされる。
 そして淵野は身体をどけて、桃江にカメラ目線で言わせるのだ。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★『亜由美 降臨編』★
ayumi07-100.jpg

アマゾンへはこちらへ
DLSiteはこちらへ
DMMはこちらへ
亜由美シリーズ完結編。『一部~三部』『灼熱編』を経た亜由美が帰国。武器を身につけた彼女の復讐がはじまる。『安里咲1、2』の後日談と一体化したストーリーは最後まで目を離すことができない展開です。亜由美と安里咲の有終の美をお楽しみください。


★『亜由美 灼熱編』★


DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
亜由美のその後を追う「外伝」。亜由美が自ら語るパルダ王国へ性奴隷として留学させられた日々。拷問調教での傷を癒すため貨物船に乗せられ、種付けされながら王国へ。そこで待ち受けていたものは……。連載時にはなかったエンディング。


エピキュリアン1


今日のSMシーン
真正ドM変態女のザーメン&小便ごっくん顔面崩壊2穴調教 杠えな
真正ドM変態女のザーメン&小便ごっくん顔面崩壊2穴調教 杠えな


テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~変態

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から

女装M雌豚肉便器ちゃんのご奉仕活動♂♀

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『亜由美』 堕ちるAとV 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 お嬢様はドM 亜由美灼熱編 妹は鬼畜系 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2018年10月25日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 グランドSM~マゾな孫娘とエロジイジ
木曜日・金曜日
 隣の肉便器さん
土曜日・日曜日(フツー小説※)
 恥辱まみれ
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」
 月は休止の場合あり

※フツー小説=セックス描写なし。


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。

フツー小説を「小説家になろう」にも掲載中。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター@tokyoindiessun
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です