FC2ブログ

いいなりドール 4 彼の指を掴みました

前回はこちらへ

 わたしはただうなずきます。
 いるよ。そこに健介がいる。決まってるじゃん。生きてるよ。元気だよ。スケベで変態だよ。その兄に弄ばれようとしているんだって。そんなこと、おまえに言えるわけないし。
「なら、いいけどさ」
「なにもないって」
「わかったよ。じゃ」
 自転車を立ち漕ぎするタカヨシの背に「ありがと」と声をかけました。
 彼は細い指を払うように「いいって」みたいな合図して坂を下っていきます。
 この町、基本、坂しかない。登り坂、下り坂。子どもの頃からみんなで坂で遊んできたのです。
 勢いよく下っていって、どんどん小さくなるタカヨシが見えました。
 昔はコンビニのあった角で、タカヨシはまた手を振っている。タカヨシと遊ぶようになってから、ずっと続いている合図。
「ばーか」
 つぶやいてみました。
 こっちの合図は気にしていないけど、わたしも手を振っておきます。チラッと見て、へラッと笑ったように見えました。でもすぐ西日の影に入ってしまって、住宅と住宅の間に沈み込んでいきます。
 悪いことをしたとは思っていません。
 あいつに知られたら面倒だな、と思っただけ。
 これから近親相姦します。そーかん、します!
 いつものようにシーンと静まり返った家。腹が減るので、冷蔵庫から冷凍のピラフを出して丼いっぱい、電子レンジで温めてました。なんだかいつもと家の中が違うような気もする。なんだろう。
 気配です。
 兄の気配を今日は感じます。いつもはまったく感じないのに。彼は自分の部屋で息をしています。その息を間近に感じるのです。
 さっさと食べて、自分の部屋へいきます。壁を隔て向こうに兄がいます。だからってとくに気配が強くなるわけではありません。ただ、わたしが緊張しているだけかも。
 カバンを置いたら、机の上にマンガが置いてありました。
 裸の女子に縄がからんでいます。変態マンガ。背景にはゴミ箱や電柱があるので、それは街中みたいです。
 ゾクッとしました。
 兄がわたしの部屋に入ったのです。わざわざこの本を置いていったに違いありません。
 メッセージ。昨日の答え。
 ざっと中を見ましたが、これまでに盗み読んだエロ漫画と基本は同じでした。最後には女子はかわいそうなぐらいドロドロになります。そして必ずうれしそうにしています。
 わたし、兄にこんなことされて、こんな表情できるでしょうか。
 売られたケンカじゃないですけど、撒いた種ではあるのです。
 わたしはわざと部屋で服を脱ぎ捨てて、足音を立てて階段をおりてシャワーを浴びにいきました。
 着替えは用意していません。
 ドライヤーで髪をかわかしながら、自分の身体を見ると、クラスにいるほかの女子ほどの魅力もないし、兄の好きなマンガの女子にはほど遠いのですが、それでもこれは「ナマ」なんであって。
 バーチャルにリアルは勝てるのか。
 そんな勝負にも思えます。だけど、わたしは勝負をするわけではありません。なにかに勝つとか負けるとかは考えていません。
 いきたい。やりたい。済ませたい。だから思ったことをするのです。
 この衝動を思いついたときには、ここまで面倒なことになるとは思いませんでした。
 本当なら、昨日、わたしはすでに兄のドールになっていたはずで、どろどろになっていてもおかしくなかったのです。
 だけど、そうならなかったので、やり直さなければなりません。
 そのままの姿で2階へ行きます。
 ぺたぺたと音を立てて。しばらく兄の部屋のドアの前で立ちました。向こう側の様子はわかりません。
 そうだ。思いつきですが、先にわたしにくれたメッセージを突き返そう。ドアの下の隙間から入れて反応を見ようと思いました。
 自分の部屋に入ると、「うっ」となりました。
 異臭。兄。
 彼はわたしのイスに座って例のマンガを読んでいます。
「おにいちゃん……」
 チラッとわたしを見ました。驚きません。
 まさか彼が自分の部屋から出てくるとは思いませんでした。あまりにも意外です。
 もっとも引きこもりと言っても、調子がよければコンビニに買い物に行くぐらいのことはするわけですし、自分あてにやってきたであろうアマゾンとか宅配は受け取っているわけで。父も母もわたしもいないとき、彼はなにかをやっているわけで。
 明るい場所で見る兄は、すさんでいました。
 無精ヒゲ。髪もボサボサ。目ヤニ。生っ白い肌。それでいて、カサカサでやや赤みがかった部分もあって。太っているわけではないけど、ぶよぶよの身体。いかにも井戸の底にうごめく怪物です。
 ニヤリと笑いました。マンガを見て。
 そのすぐ横へいくと、彼は何人もの男の人にかこまれてヒーヒー泣いている女性の絵をわたしに見せつけました。隠すところのない身体。いかにもマンガなキャラなのに、部分的に微細なところまで拡大されているところがあります。
 そんなにあそこが大きかったら、人間としてどうかと思いますが……。
 その部分に兄の太い人差し指が置かれています。わたしに見せるように、指を動かします。
 なんだか悔しくて、兄の腕に身体を押しつけました。
 見向きもしません。
「わたし、なんでも、言うこと、ききますから」
 彼の頭の中にはまったく別の音楽が流れているようで、そのリズムに合わせるように微かに首を振るのです。
 無視はされていませんが、わたしよりも絵の方がいい、と言っているようです。
「お願い、ねえ」
 彼の指を掴みました。絵の上で動かしていた人差し指を握りました。
 熱い……。
 やっと兄はわたしを見てくれました。
「足を開けよ」
 うんうん、そうそう。それよね、ヤッパね。そういうシーンあるものね。女子は嫌がって恥ずかしい姿をするのよね。
 あんまりわたしは嫌がっていないけど、恥ずかしいことは恥ずかしい。
 だから彼の指を自分で持っていこうとして震えて落としました。
 物じゃないので、彼の指はそのままわたしのところに突き進んできました。
「ヒヒッ」と彼は笑いました。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★小説『堕ちる』特別編★
堕ちる1

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
Kindle版はこちらへ

OLが自虐の果てに見たものとは? ブログ連載を加筆修正の上、未公開の原稿を追加しました。主人公は壮絶な自虐癖から拷問ののちに人間ですらなくなっていく……。



★小説『堕ちる』Part2 シークレット・バージョン★
堕ちる2

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
OLが拷問地獄に堕ちる『堕ちる』の別バージョン(「小説『堕ちる』特別編」の続編ではありません)。初出時にあまりの描写に小説掲示板から削除されてしまった部分などを復活。お読みになる前に「体験版」などにある「ご注意」をご確認ください。


エピキュリアン1

今日のSMシーン
倒錯図鑑マニアック 6
倒錯図鑑マニアック 6



テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

M男の人間便器動画

熟女M男文字コラ@五十路熟女シングルマザーセリフ付きエロ画像

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から



Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

刺若忘備録

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『亜由美』 堕ちるAとV 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 お嬢様はドM 亜由美灼熱編 妹は鬼畜系 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2019年4月9日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 伝奇SM「牛頭伝説」
木曜日・金曜日
 バイオレンスツアー
土曜日・日曜日
 恥辱まみれ
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」
 月は休止の場合あり

ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。

フツー小説を「小説家になろう」にも掲載中。




「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。



ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター@tokyoindiessun
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です