FC2ブログ

被虐の家 24 マゾ奴隷

前回はこちらへ

「ねえ、毎回、やればいいじゃないの」と小林真知子が河田に言う。「もっと稼げるわ」
「バカ言え。これをメインにしたんじゃ、警察も黙ってないぞ」
 元警官の河田は、裏で手を回していた。店内で「貸し切り」で行われるプライベートな集まりである以上、警察は簡単には手を出せない。だが、風俗営業をメインにして集客すれば、さすがに見逃すわけにはいかなくなる。ファンの集い、撮影会であることが重要なのだ。
 ここに残った8人がネットで「生尺できた」と触れ回ったとしても、河田たちは否定できる。言いがかりだと反撃さえできるだろう、と考えていた。
 河田たちの計画は、借金を返済できるまでの期間、このイベントをやり続けることだ。その間、河田たちは姉妹を自由に扱える。春川華純のやり方に比べれば収益は低いものの、姉妹のダメージも少ない。
 ところが、このイベントの継続が難しくなれば、春川も黙ってはいないだろう。河田たちはお払い箱だ。そして姉妹は、まるでミンチにされるように肉体を変態たちの餌食とされてしまうのだ。
 女たちの淫らな香りに加えて、生臭さが室内に広がる。
「なんだかすげえな」と淵野。自分で言いだしたくせに、溜まったものを姉妹の口を使って放出している彼らに嫌悪を感じている。
 こうした行為を商売にするのは難しい。春川華純のやり方は、あくまで女と男の相対取引を装っている。管理売春として摘発することもできるはずだが、カネの動きは別なので組織としての摘発ができるかどうか。河田にはわからなかった。
 男は春川華純の指定口座にカネを入れる。男と女は個々に取り決めて会う。そこでなにをしているのかは春川華純は知らない。女のプロフィールを管理している小林真知子の仕切る「華純会」は、女からも男からも金銭を受け取っていない。推奨を受けた男性に、自らの意思で登録している女性たちのプロフィールを提供しているだけだ。あとは男と女の話である。
 河田は、こんな仕組みはその気になれば簡単に潰せると思っていたのに、関係者にそれとなく話を聞くと、そうでもないことがわかってきた。法的な問題ではなく、この街をめぐる人間的な関係によってだ。
 春川華純は女子大生と言われても通るほど若いのに、どういうわけか、複雑な権力構造を上手に使って、アンタッチャブルな存在になっているのだ。
「知らないよ、そんな女。関わらない方がいい」と何人もの警察関係者に言われている。暴力団や政治家が背後にいるのかどうかも、河田には掴めなかった。
「知らない方がいいよ」と警告してきた者もいた。
 だから河田は裏で嗅ぎ回ることもやめていた。春川華純を潰そうとしたら、その前に河田と淵野は逮捕されてしまうだろう。罪状はなんとでもなる。そして河田たちがこの街から消えても、春川華純はなんとも思わないだろう。
 最後の1人が千絵の中で出し、そのゴムを片付けたときには1時間以上が経っていた。
 店を閉じ、窓を開け放ち、空気を入れ換え、姉妹を自由にしてやる。小林真知子はなにも言わずに帰ったが、おそらく春川に報告するだろう。
 放心状態の姉妹に掃除をさせる。首輪はそのままだ。服も着せない。首輪から伸びる縄を握って缶ビールを飲む淵野と河田。思わず顔を見合わせた。ニヤリと笑い、ハイタッチのようなものをした。
「この調子なら半年ぐらいで借金は返せるだろう」
「明日も楽しみだな」
「金土日で昼と夜、ざっと150万だ。毎週100万返せば、あの女も文句は言わないだろう」
 金利を含めても1年で返済可能だと男たちは皮算用していた。1年間、ここで姉妹と楽しくやれるのだ。
 しかも残る200万のうち店の維持費と生活費を除き、男たちは毎月50万の小遣いを受け取る計算にしていた。姉妹たちには店以外になにも残さない。裸で暮らせば服もいらない、と河田たちはうそぶいていた。
「最高だな」と河田は笑う。
「あんたと組んでよかったよ」と淵野も応じる。
 店がきれいに片づき、淫具も掃除しおえると、店の灯りを消して2階へあがる。
 布団は敷きっぱなしだ。
「メシだ」と淵野は冷蔵庫からソーセージやパンを姉妹に与える。それを裸のままむさぼり食う。
「なにをやっても絵になるな」
 淵野はスマホにメッセージが入ったので、その画面を見た。春川からだった。文面は簡潔で、パッと目に入った瞬間に理解できた。だからすぐさまオフにした。
「どうした」と河田がなにげなく言うのを「別に」と受け流す。
 河田はこのままのんびりと楽しくやっていたいらしい。
 淵野は河田に合わせてはいたものの、そんな気はなかった。だから、春川と秘かに連絡を取るようになっていた。
「祝杯をあげないか」と淵野が河田を誘う。「たまにはパーッと行こうぜ」
「いいね」
 姉妹が風呂を使い、大人しく手足を拘束されて布団に入ったのを見届けると、2人は閑散とした夜の商店街に出た。
「駅前がいいな」と河田。
「ちょっと、いい店を知ってるんだ。そんなに高くない」と淵野。
 駅の近くの裏通りに、「会員制」と札のついたバーがあった。
「ここだ。ステーキもうまいぜ」と淵野。
「いいね」
 しかし、河田がドアノブに手をのばしたとき、横から何かが飛び出してきた。
「あっ」
 淵野は避けた。
 河田は仰向けにひっくり返っていた。覆い被さるようにしていた黒い影は、素早く立ち去った。
 残された河田は倒れたまま、手を空に伸ばしている。
「どうした!」
 駆け寄ると、河田の腹部に匕首が深々と突き刺さっていた。
 河田は動けない。声も出ない。
 淵野は内心「さすがだな」と思ったが、「どうした!」と何度か叫んだ。店から人が出てきた。
「救急車だ! 警察だ!」と淵野は怒鳴る。
 しかし、河田がすでに絶命しかかっていることは明らかだった。
 左の腹部から入った匕首は、内臓を切断し心臓近くの大動脈を切断しているはずだ。口から鼻から大量の血があふれてきていた。
 ひくひくと痙攣する河田。すでに意識も飛んでいるだろう。あと1分もすれば、脳に酸素はいかなくなる。腹の中は大量の血で満たされる。
 ぶつかりながら刃物を河田に突き立て、貫通させるのではなく、えぐるように上に向けたのはプロの手口としか言いようがなかった。
 淵野が春川に接触したのは、1週間の調教を終えて春川に姉妹をお披露目させた日だった。
「ああああ」
 千絵は泣きながら、お尻から大きな鶏卵を産み落とした。
 桃江は膣内で鶏卵を割って、黄身だけを排泄してみせた。
「まあ、器用だわ」
 2匹の奴隷の成長に、春川は手を叩いて喜んだ。
 主に淵野の手がけた桃江に比べて、河田が入れ込んだ千絵の成長は早かった。もともと桃江ほどのこだわりがないのか、若いからか、無知だったからか、千絵は河田の吹き込む言葉を信じて感化されていった。
「マゾ奴隷の千絵です」とニッコリ笑って春川に挨拶できるほどになっていた。自分で性器を広げて、「入れて」とお願いすることもできるのだ。
 羞恥が飛んでしまったわけではない。命じられたことを忠実に実行するのである。
 桃江はなにをやっても抵抗があり、恥ずかしさも手伝ってうまくできないことが多かった。
 しかし、桃江と千絵でショーをやれることは、春川にもわかったようで河田の案は了承された。
 それでいて、春川は淵野に個別に接触してきた。だから淵野は進んで河田に対する懸念をしゃべったのだ。
「あいつは元警察ってえばっているけど、あの千絵って子に夢中なんですよ。娘か孫のように可愛がっている。あれはマズイですよ」
 その結果、春川は決断したのだ。河田に消えてもらうことを。
「河田さん、死んだんですか」
 千絵はニュースを見ても泣かなかった。
 淵野も春川もその様子を見て、安堵した。河田の思いは一方通行だったのだ。千絵はなんとも思っていなかった。
「わたしたち、どうなるんですか?」


小説(官能小説) ブログランキングへ

★『隷徒1 聖香の章』★
reito100100.jpg
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンKindle版はこちらへ
シリーズ1作目。荒縄学園に転校してきた聖香。その性癖を暴かれ、退学が嫌なら隷徒として卒業を目指せと命じられる。だが隷徒は全裸で教員や生徒たちのあらゆる要望に応えなければならない……。表紙とイラスト1点・月工仮面。



★『隷徒2 姉妹の章』★
隷徒2100100
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンKindle版はこちらへ
シリーズ2作目。隷徒・聖香の恥ずかしい姿を目撃してしまった姉の翔子も引きずり込まれ、本性を暴かれて特別隷徒にされていく。捌け口として肉体をいじめ抜かれる姉妹。表紙とイラスト1点・月工仮面。


★『隷徒3 母娘の章』★
隷徒03
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
。シリーズ3作目。隷徒となった姉妹。その母の過去が明らかになり、母娘は暴虐の渦に突き落とされる。表紙とイラスト1点・月工仮面。


エピキュリアン1


今日のSMシーン




テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~変態

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から

女装M雌豚肉便器ちゃんのご奉仕活動♂♀

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『亜由美』 堕ちるAとV 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 お嬢様はドM 亜由美灼熱編 妹は鬼畜系 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2018年10月25日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 グランドSM~マゾな孫娘とエロジイジ
木曜日・金曜日
 隣の肉便器さん
土曜日・日曜日(フツー小説※)
 恥辱まみれ
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」
 月は休止の場合あり

※フツー小説=セックス描写なし。


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。

フツー小説を「小説家になろう」にも掲載中。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター@tokyoindiessun
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です