FC2ブログ

いいなりドール 20 でも家族してたんだから

前回はこちらへ

「これ、見て」
 彼は兄のスマホを見せました。
「なに、これ」
「かそうつうかのとりひきじょ」
 かそう……。火葬を連想しました。火葬っつうか取引き女。なんだそりゃって、一瞬思ったものの、ああ、仮想通貨。例のやつ。
「あんたの兄貴、破産してる」
「え? うそ」
 小さな文字の羅列。残高ゼロ。
「15億だって言ってたんだよ」
「一瞬の夢だったな」
「ウソ……」
 うそとウソ。仮のものなら仮のまま。
 わたしには、なにも見えません。
「やばかったな。ぼくは先に支払いしてもらっているから」
「このまま行けないよ。やっぱり、戻る」
 兄をあのままにしておくことはできないのです。母もあのままにしておくことはできないし、父もあのままにしておくことはできません。
 なにもかも、あのままってわけにはいかないんだけど。
 とりあえずは一番、近くで、間違いないなくそこにいる兄です。
 死んでいないかもしれないし。
 戻ったらいつもの調子かもしれないし。
「帰る」
「えっ?」
「あのままにできないから。救急車呼ぶ」
「面倒なことになるよ」
「だからって、放っておけないじゃん!」
「やめておけよ」
「うるさい! あんたにうちの家族のなにがわかるって言うんだよ!」
 急激にこみあげてきた怒りみたいなものでしょうか。ヒステリーでしょうか。
 走って家に戻りました。ドットコムのことなんてもう、どうでもいい。あいつは悪いやつだし。拳銃を密造して売りさばくなんてフツーの考えじゃないです。いくらいい声でも、悪者なんだ、あいつは。デンゼル・ワシントンだって悪役をやったし。
 なにがいけないのか。どこで間違えたのか。
 わたしがいい加減な人間だからダメなのか。
 これまで、父や母や兄のせいだと思って来たど、わたしだって、自分のことしか考えていなかったし。あんな父、あんな母だと思わなかったけど、あれでも、あいつらでも、私の生まれる前から人間やっていたわけだし。そのときのあいつらを私は知らないし。
 そもそも、父も母もわたしと関係のない人かもしれないけど、でも家族してたんだから。
 家族だったんだから。
 家に戻ると、思い切ってブレーカーをオンにしました。ドットコムが洗面所の横の壁にそれがあるのを示してくれたのでわかったのです。白いプラスチックのカバーから突き出た大きなスイッチを上に。
 パッと電気がつきました。
 二階に駆け上がります。
「お兄ちゃん!」
 兄の部屋は明るくなりました。
 見たくないものが見えました。
 兄のケツです。ぶわっと大きな尻。ブツブツがあって、だらしなくて。
 ピクリともしません。
 兄はズボンを膝までおろして、人形に多いかぶさっていました。
 ダメだった。やっぱり、兄は死んでいる。
 スマホではじめて緊急通報を使いました。
「どうしました?」
「○○県○○市……」
 住所を言っているうちに涙があふれて、声が震えてきました。
「あ、郵便番号……」
「落ち着いてください。なにがありましたか?」
「あ、兄が、死んでいるみたいなんです」
「ご自宅ですか?」
「はい」
「あなたに危険はありませんか?」
「はい」
 と言った直後に、「ミユキ」と声をかけられて「ギャー!」と叫んでしまいました。
「大丈夫ですか? どうしました?」
「あああ、すみません、ちょっと知り合いが……。びっくりしちゃって」
「知り合いの方がいるんですね? あなたはその家の?」
「はい」
 通話を引き伸ばされているんだとは思いませんでしたが、とにかく耳に押し当てたスマホが痛いぐらいで、でも、その姿勢を変えることができなくて。
 まさか、ドットコムが戻ってくるとは思わなかったんです。
 彼は白い墓石みたいな歯を剥き出しにしてニヤッと笑って、凶悪犯がこれから女子を犯して殺すみたいな雰囲気なんですが、その手には兄のスマホがありました。
「これ。いるだろ?」
 わたしはただうなずいてそれを受け取りました。
「じゃ」と拝むような仕草をして彼は出ていきます。
「あっ、待ってよ」
 彼は唇に指をあてて、黙れという仕草をしました。
 そりゃそうだ。彼は犯罪者なんですから。これから起きることには関わりたくないのです。
 そして宴会を途中で抜け出すオヤジのように、すごすごと消えていったのでした。
 もうドットコムには会えないかもしれない。
 それはなんだか悲しいことだけど、いまはしょうがないのです。わたしは家族を優先させたのです。
 産まれてはじめて、わたしは家族ってものを意識して、家族のためって思ってここにいます。
 いつ、警察かどこかとの通話が切れたかわかりませんでしたが、わたしはしばらく同じ姿勢で固まっていました。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★美魔女狩り 我妻千鶴子編1★
美魔女2-1
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
「美魔女狩りシリーズ」2番目の標的は人気コメンテーターの母娘。大物政治家と結婚していた経験を持つ千鶴子は、娘の咲を人質に取られ、交渉のために秘密クラブへ。すべてが罠であるとも知らず必死に奴隷になりきろうとするが、過酷な排泄管理をされ、恥辱にまみれる。


★美魔女狩り 我妻千鶴子編2★
Bimajo22100100.jpg
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
美貌と直言で人気のコメンテーター我妻千鶴子を奴隷にする……。藤木の野望は目の前で崩れそうになっていた。果たして逆転できるのか? 淫美な映画の撮影、千鶴子の策略、奴隷タレント契約……。我妻千鶴子編の完結です。


エピキュリアン1

今日のSMシーン





テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
相互リンク
ブロとも一覧

SMデータベース

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~変態

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2018年4月14日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 監禁日記
木曜日・金曜日
 被虐の家
土曜日・日曜日
 いいなりドール
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」
 月は休止の場合あり


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。

フツー小説を「小説家になろう」にも掲載中。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター@tokyoindiessun
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です