FC2ブログ

いいなりドール 29 魂が抜けていくような気がする

前回はこちらへ

 コレ、ミタホウガ、イイヨ、ユキコ──。
 小向君。日本生まれの日本育ちのくせに、最近日本に来たアフリカ人みたいな言葉遣いをする。バカだな、と思いながらテレビを見ました。
「これ、どこかわかる?」
「ウソ」
 テロップに見慣れた文字。燃えさかる炎。消防車、救急車、警察。それだけではなく、武装した警官隊たち。その数。
 テレビカメラや地元の人のスマホの前を、両手でゴツイ銃を抱えて小走りで進む警官たちを見ていると、日本とは思えない光景です。
 見慣れた住宅街の道路を埋め尽くす武装警官って……。
「わたしんち、か?」
 夜ですし燃えているのですからよくわからないのですが、その路地、近隣の家がとてもよく似ています。それに町名もズバリそこだし。
「だよ」
「えええっ!」
 もう復讐されたんだ。
 悪いやつはいいやつよりも手が早い。いえ……。
 手の早いやつを、悪いやつと呼ぶのです。
 ホテルのロビーにいた連中でしょうか。日本のヤクザに見えたのですが、彼らも国際化しているのでしょうか。
 何者か、悪いやつらが自宅を襲ったのです。
 元夫(とっさに名も出てこない)、健介、深雪。全員死亡……。
 ですが、テロップでは「負傷者1名」とあります。1名? 誰?
 隣の家の老夫婦が出ています。
「うちの墓を荒らしやがって、とんでもないやつらだよ」と怒っています。白髪の奥さんがかぶせて「先日、愛犬が亡くなりまして、庭に埋めて……」と。ですがそこにまたジジイが出てきて「コソコソと逃げて行きやがった。とんでもない連中だ」と。ほぼ2人は同時にしゃべっています。
 礼儀知らず、恥知らず、恩知らず……。
 現場のレポーターが引き継ぎ「行方が不明となっているのは、この燃えている家に住んでいたとみられる一家、4人です」と説明する。
 いまのところは、実名は伏せてくれている。4人ということは、わたしも入っているのです。
 そしてどうやら、わたしはそこにはいなかったのに、一緒に逃げていると思われているようです。老人たちが「4人」と言っているのです。
 あと1人、誰?
 燃えている家……。燃えるって、わたしの中では熱くてエキサイティングなことでしかないのですが……。
 ポカンと口をあけていると魂が抜けていくような気がするので、慌てて閉じました。
 それよりも、気になるのは負傷者1名です。
 テロップが差し替わりました。「負傷者は救急隊員」。
 ますます混乱します。
「お子さんは無事みたいですね」
 小向君がヘラヘラしています。
「そのうち、ここに来るかもしれません」
「なに言ってるのよ。なんの話をしているの?」
「家ですよ。あの燃えた家。ユキコさんの家ですよね? 旦那さんの源蔵、息子の健介、娘の深雪」
「だ、誰! あなた誰!」
 わたしは取り乱しました。
 なにげなく出会った一夜を共にするだけの男。万札を1枚か2枚、くれる男。たまたま、今回は小向と名乗るアフロヘアだった。アフリカ系の人にしか見えない風貌。滑らかな日本語。ナレーターのようないい声。セックスも上手。あそこもデカイ。そして若い。
 あれをしたら、バイバイしてもいいのに彼はまだいるし、帰る気もないようです。
「小向です。ご存じですよね?」
「知らないわよ」
「だって、あの現場で会ってるでしょ?」
「現場? 現場ってなによ」
「ジェローム・メンドーサの頭を、お嬢さんが吹っ飛ばした現場ですよ。小岩のビジネスホテル」
 こうしちゃいられない、と感じました。
 恐怖、恥ずかしさ、怒り。そんなものが脳を機能停止にし、自分を取り戻すには早くこいつから遠ざからないといけないのです。
「慌てない」
 彼はまったく慌てていません。
 わたしがバッグに化粧品などを放り込み始めても、彼はおっとりしています。さっき、逃げ出したばかりだけど、また逃げるしかないのです。
 逃げ足の速さは、わたしの生存本能です。
 殺されたくない。
「あいつらの仲間なんでしょ?」
「違いますよ。ぼくたちは健介君に頼まれたのです」
「ええっ! まさか……」
 引きこもりで冬眠中のガマガエルかヒキガエルかなにかそんなもののように成り果ててしまったわが息子。
 彼はバカではないけど、やっぱり父親(だと思われる連中)の血筋なのか、どこかズレている感じ。
 不気味で思春期になってからはまともに顔を見ることもできず、娘のミユキに頼んでいました。そうするしかなかったのです。ミユキも女らしい体になっていたので、健介がなにかしでかすかもしれないと思いつつも、娘を犠牲にしてきました。
 悪い母親。
 母親だったことなんてほとんどない女です。
 そんな健介が、誰かになにかを頼むなんて考えられません。
 いったい、目の前のアフロ青年にどうやって健介は接触したというのでしょうか。
 頼むなら、元夫かミユキでしょう。見知らぬ人になにかを頼めるような子だったら、苦労しません。そういうことがダメだから、ややこしいことになっていたんじゃないですか。
「ミユキさん、あなたの居場所は筒抜けなんです」
「どういうこと?」
「ジェローム・メンドーサと一緒にいたところに、源蔵とミユキがやってきたでしょ。どうして来たと思います?」
「あ、これか」
 スマホを睨みます。
「健介さんが、あなたのスマホの追跡をしています。そのアプリを源蔵とミユキのスマホにも入れたんですよ」
「じゃあ」
 あそこを逃げたやつらは、いずれここに来る?
「スマホを取り換えている暇、ないもん」
 スマホがなければ出会い系の連絡はもちろん、ショッピングもできず、電車にもバスにも乗れない。
「もしかして、あんたも?」
「ええ。偶然じゃないです。ここにあなたがいることを知っていて来ました」
「なんてこと……」


小説(官能小説) ブログランキングへ

★美魔女狩り 我妻千鶴子編1★
美魔女2-1
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
「美魔女狩りシリーズ」2番目の標的は人気コメンテーターの母娘。大物政治家と結婚していた経験を持つ千鶴子は、娘の咲を人質に取られ、交渉のために秘密クラブへ。すべてが罠であるとも知らず必死に奴隷になりきろうとするが、過酷な排泄管理をされ、恥辱にまみれる。


★美魔女狩り 我妻千鶴子編2★
Bimajo22100100.jpg
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
美貌と直言で人気のコメンテーター我妻千鶴子を奴隷にする……。藤木の野望は目の前で崩れそうになっていた。果たして逆転できるのか? 淫美な映画の撮影、千鶴子の策略、奴隷タレント契約……。我妻千鶴子編の完結です。


エピキュリアン1

今日のSMシーン




テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~変態

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から

女装M雌豚肉便器ちゃんのご奉仕活動♂♀

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『亜由美』 堕ちるAとV 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 お嬢様はドM 亜由美灼熱編 妹は鬼畜系 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2018年10月25日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 グランドSM~マゾな孫娘とエロジイジ
木曜日・金曜日
 隣の肉便器さん
土曜日・日曜日(フツー小説※)
 恥辱まみれ
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」
 月は休止の場合あり

※フツー小説=セックス描写なし。


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。

フツー小説を「小説家になろう」にも掲載中。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター@tokyoindiessun
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です