FC2ブログ

いいなりドール 39 これが、ぼくたちの世界なんだよ

前回はこちらへ

「集団で行動する組織は、しっかりとした力を持っていれば、いつも集団でいる必要はないんだよ。いまの時代は、分散。在宅。サテライト。ネットワーク。シェアリングだからね」
 ますますわかりません。
「今日さ、ぼくたちがやっつけたじゃん。あの悪党たち。君のお母さんやお兄さんやお父さんを痛めつけた連中。ああいうやつらって、いつも集団で行動するよね。だから、ロケット砲でぶっ飛ばせるわけだ。もし、やつらが集団で行動していなかったら、全滅することもなかったでしょ?」
 わかるような、わからないような。
「こんな山の中でも、メッセージを発信すればすぐ仲間は駆けつけるし、いまもこのあたりの山の中に、何人か待機していると思う」
「そうなんですか!」
「この近くにオートキャンプ場があるし、道の駅があるし、ファミレスもある。一斉送信したら、たぶん、200人ぐらい集まっちゃう」
「マジ、ですか」
 静かな資材置き場。不気味なほど人はいないし、もしかしたら双子たちにオモチャにされるかもしれない、といま気づきましたが、そういえば、あのスポーツカーの裸オヤジと変態女がそのうち戻ってくるんでしょう。あの男女が今ごろなにをしているのかと思うと、吐き気がまたぶり返しそうです。
「寒いから、入ろう」
 そのゲルだかパオだかは、しっかりしたドアがついていて、双子の顔認証でロックが外れるのでした。双子だからどっちがやっても認証されそうなものですけど。幸い、2人とも同じメンバーだから。
 ガチッとロックが外れて、ドアをスライドさせると、自動的に内部の電灯がつきました。
「今日は誰もいないや」
 布、布、布。そんな感じ。カーテンが、あちこちにひらひらと天井からおりてきて、仕切られているんですが、それはまあ、フィッティングルームのような感じといえばいいんでしょうか。
 しかもこの布は、オレンジからレモンイエローまでの、微妙な色の縦縞なのです。灯りを反射して、温かい雰囲気を作り出しています。
「これ、個室?」
「うーん、個室ってホテルみたいな? ここはそういう概念、ないんだよね」
「ああ、そういうやつ……」
 ゾッとしました。ここでは個人という概念がないのでしょうか。想像できるのは、未来世界みたいなある意味の「平等」です。男も女もない。ここではみんな平等なんだ的な。
 だけど、それを現実の世界でやろうとすると、とたんにウソ臭い、インチキ臭い、ヤバイ感じの意味での宗教的ないやらしい世界になっていくような気がしてなりません。
 母は「いいなりドール」と呼ばれていたらしい。そして、父親のわからない、少なくともあの間抜けな地方公務員源蔵ではない誰かとセックスをして、イカレた兄の健介を産み、それに懲りることなく、わたしを産んだのです。
 こうやって子供を産むって、犯罪者じゃないですか? 母は、子供産み放題の犯罪を犯していませんか?
 誰か取り締まってください。あんな女、野放しにしていたら……。
 実際、セックスはやりまくりだし。
 母は個ではなく、男たちの共有の性的な存在になっているのではないでしょうか。このあたり、テレビに出ている心理学者とか評論家、なにか言って! もっともらしいこと言って! 説明して!
 きっと、ぜんぶ、間違っていると思うけど。
「わたしをどうしようって言うの?」
「ここは、ダイニングキッチン。テレビはない。テレビはウォッチしているメンバーがいてなにかあれば知らせてくれる。スマホでチェックできるようになってるんだ。ああ、もちろん、そういう勝手な再配信は違法だよ。違法だけど、いまのところ誰も文句を言ってこないね」
「わたしを、母のようにしようってこと?」
「スマホがあれば、みんなの位置やなにを考えているか、なにが欲しいか、お互いにいつでもどこでも確認できる。だから一緒にいる必要なんてないわけだ」
「ねえ、どうしようっていうのよ。教えてよ」
 小向悟は、大型冷蔵庫からシーフードグラタンを出した。冷凍食品なのだが、わたしは見たこともないもので、ひと目で高級だとわかるのです。それを電子レンジに入れて温めはじめました。
「いま、グラタンが1個、消費されようとしているよね。これをさ、うちらの仲間はもう知っているわけ。この冷蔵庫の在庫が少し減ったよねって。だから今度、買い物行くときに、その分も買って、ここに入れておこうってなるわけだ。賞味期限が切れそうな食品は、誰かが持って行って食べてしまうから、ここにあるのは、いつもベストな状態の食品だけってこと」
「聞いてるの? 聞こえてるんでしょ? ここにはプライバシーってないんでしょ? みんな、好きなときにわたしをオモチャにするってこと?」
 チンと電子レンジが鳴りました。わたし、正解ってこと?
「おいおい、そんなわけないだろう。21世紀なんだぞ。こんな静かでいい場所でのびのび暮らしているんだからさ」
 シーフードグラタンの素敵な香りがパオの中に広がっていきます。
「食べてみる?」
「うん」
 その誘惑には負けてしまうのです。
 共用部分にある丸いテーブルに熱々のグラタンを置き、小向諭が用意してくれたスプーンを各自が持ち、一斉に突っ込んで一口、食べたのでした。
「あっちっ」
 全員が舌を火傷して、笑いながら吐き出さないように耐えて、「でも、うまー」と味わったのです。
「いまの感じ、わかる?」
「え?」
「いまの感じだよ。おなじグラタンをみんなで食べて、同じようにおいしって感じて、笑顔になって」
「やめて」
「これが、ぼくたちの世界なんだよ」
「やめて」
「みんなで君の体を襲って酷い目に遭わせるなんて、あり得ない。君はグラタンなんだから。大切で、みんなを笑顔にしてくれる存在だからね。君が嫌がることをするなんて、あり得ないんだよ」
 言われてしまいました。最後まで。
 ぜったいに聞きたくなかった、気持ち悪い結論。そんなことを言われるぐらいなら、いまここで、ドットコム兄弟にやられた方がマシです。そうすれば、わたしは彼らを憎むことができるし。親を恨むこともできるし。男って存在を呪うこともできるんだから。
 憎ませて。恨ませて。呪わせて。
 じゃないと、わたし、やってられないから。
 愛されて、大事にされて、わたしの嫌がることはしないって連中に囲まれて、じゃあ、わたしから「して」とお願いする日が来たら、おまえら、すぐやるのかよって感じで、その時を「いまかいまか」と待ち構えているおまえらと、仲良くできるわけねーし。
 そういう連中のやり口はだいたい想像つくわけで。
 たとえば、さっきわたしの顔を踏んだあの毛皮男と一緒だった女みたいなのを連れてきて、「わたしはぜったいにそういうことしませんから」宣言をしたわたしの目の前で、おまえらは、ああいう女とセックスするんだもの。
 やってやってやりまくるけど、「ちょっと邪魔」とか言われて、わたしは部屋の隅っこに追いやられるんですよ。
「やらせないものね、君は」とイヤミを言われて。「でもいいんだよ、嫌なことをする必要はないんだからね」と言われ続けるのです。
「ちくしょう、てめーら、いいかげん、わたしを襲えよ!」とでも言えばいいのでしょうか。
 そしてわたしはここにいる連中に回されて、愛されて、ゲップが出るほどセックスして、そのあげく誰が父親かDNA検査しないとわからない子を妊娠するってことでしょ。
 母はそういう人なんでしょ。
 上品な炭酸飲料をグラスに入れてくれたサトシ。彼らはビールを飲んでいます。
「もっと食べる?」
 グラタンはあらかたなくなっていました。
「うううん。もういい」
 誰もわたしの質問にまともに答えてくれないし。
「シェアハウスというよりは、グランピングだと思ってよ」
 なんか聞いたことのあるトレンディーな言葉を使うアフロ。
「グランピングってのは、グラマラスつまり魅力たっぷりのキャンピングってことなんだ。ホテルっぽい設備のあるキャンプ場が高級リゾートなんかで、けっこう世界中にあるんだよ」
「ここは、それほどホテルライクじゃないけど、シェアハウスよりはキャンピングに近いからね」
 小向たちは、双子らしく意気投合しています。
 なにがグラマラスだ。なにがキャンピングだ。わたしは落ち着いたところで休みたいです。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★小説『堕ちる 明日菜編01+』★
堕ちる明日菜01
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンKindle版はこちらへ

自虐趣味が大変なことに 「SM研究室」の人気連載「「自虐者・明日菜の真性必罰日記」全編、そして連載中の「小説 堕ちる 明日菜編」を+(プラス)。全編加筆修正しました。お下劣で過激な一人遊びから始まって性社畜へと堕ちていきます。843ページ。


★小説『堕ちる 明日菜編02+』★
asuna02100100.jpg
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
自虐者・明日菜の続編です。「小説 堕ちる 明日菜編02」と「明日菜の夏休み・冬休み」を収録。全編加筆修正しました。過激な一人遊びや、性社畜へと堕ちた明日菜の行方をお楽しみください。


エピキュリアン1

今日のSMシーン

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

M男の人間便器動画

熟女M男文字コラ@五十路熟女シングルマザーセリフ付きエロ画像

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から



Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

刺若忘備録

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『亜由美』 堕ちるAとV 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 お嬢様はドM 亜由美灼熱編 妹は鬼畜系 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2019年4月9日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 伝奇SM「牛頭伝説」
木曜日・金曜日
 バイオレンスツアー
土曜日・日曜日
 恥辱まみれ
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」
 月は休止の場合あり

ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。

フツー小説を「小説家になろう」にも掲載中。




「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。



ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター@tokyoindiessun
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です