FC2ブログ

グランドSM 10 イクときはちゃんと言え

前回はこちらへ

 もし久美との関係がなければ、ビンビンになっていただろう。貴子はこれまで抑え付けていた色気をいっきに発散しはじめた。
 その積極性は妻にはなかったものだけに驚いた。
 確かに久美もやや奔放なところがある。それは若さというか無知だからかと感じていたが、貴子を見ているとこの親の性質を受け継いでいる部分があるのかもしれない。
 だとすれば、息子が母を思って貴子を選んだとしても、その愛し方は私とは違うものになっていた可能性がある。
 久美の証言にあった、貴子のスマホに記録されているだろう写真を早く手に入れたい。
 しかも貴子から進んで、私に見せるように仕向けたい。
 舌先が鈴口に当たる。私は逃げるのをやめ、貴子に与えた。
「おおっ」
 わざとらしく声を出してしまったのだが、調教中の久美に比べると雲泥の差。これが若き人妻、そして未亡人の舌というものか。
 悔しいが息子はいい嫁を選んだ。
 私好みに調教しなおしていきたい。息子の影を消したい。だが、同時に、息子になにを仕込まれたのか知りたくもあった。
 舌、唇、そして吸い込みと頬を使っての丁寧な亀頭部への愛撫。放っておけば1日中でもしゃぶっていそうなほど余裕がある。
 そこがなんとも言えず、悔しい。そして気持ちいい。悔し気持ちいい。
 彼女から体を離す。唾液が糸を引く。
「口を開けたままにしろ」
 そこに私は唾を落とす。
 驚きというよりは、必死な彼女の目。なにをされるのか。それは自分が知っていることなのか。それとも知らないことなのか。
「飲んでいいぞ」
 彼女はごくりと飲み干した。安堵の表情。
 これは彼女の知っていることなのだ。
 悔しいが、おいおいさらに深く追い詰めていこう。だが、その前に貴子に私の証を施さなければ。
 男にとっての種付けは、男として生まれて来た証なのだ。その証を女の体内に受け渡すこと。
 彼女の足を取り、膝を腹部に押しつけるようにしながら、下着に手をかけて下ろしていく。膝、足首まで下げて片足を抜く。
 自由になった足を押し開き、顔を近づけると彼女は手で思わず私の頭を抑えようとする。反射的なものだ。力は弱い。
 貴子の匂いは、十分に手入れされ、さまざまな経験を積んできていつでも対応できる状態を保っていることを教えてくれる。
「どうやって処理してきた」
「処理……」
「あれから半年ぐらいなる。おまえのような体の女は、ここを放っておくことはできないはずだ」
「そんな、おとうさま」
「職場のやつとやっているのか。それともセフレでもいるのか?」
「……」
 返事をしない。ますます悔しい。
「濡れている。これから出勤しようというのに」
「そんな……」
 べろっと舐めてやると、腰を自ら浮かした。色の濃い陰唇が海底でゆらめく海藻のようだ。その中に秘められた粘膜に舌を差し込む。
「はあっ」
 まさか、夫を失ってから貞操を守っていたなんてことはないだろう。決まった男がいるのか。それとも……。
「本当に毎日、仕事に出ていたのか、怪しいものだ」
「違います!」
 語気がはじめて鋭くなった。頭をぎゅっと押してきたので、クンニしてあげようと思った気が変わり、体をずらしていきなり押し込むことにした。
「違う?」
「お仕事を……」
 潤ったそこは柔らかく男を受け入れる。思った以上に上付きで、正常位でもかなり深く挿入できる。なるほど、息子もこれは気に入ったに違いないし、こういうスケベな性器が男なしで何カ月もいられるわけもない。
 まして、もしも貴子が調教されていたのだとすれば。
 手を振り払い、乳房を露わにする。フロントホック。子を産んだ女。久美が吸った乳首をいまは私が吸う。大きく肥大した乳首は、子に吸われただけではないだろう。それでいて、あえぎ声を押し殺せないほど感じている。甘噛みも受け入れる。思い切って少し引っ張ってみると、もう抵抗はしなくなってしまった。
 だから腰をぐいっと強く動かし、固くなったものが貴子の中を味わい尽くそうと暴れる。
「はあああ」
 見ると、貴子は自ら両手を頭の後ろに組んでいた。
 すべてをさらけ出すことで、彼女は深く感じるのだ。
 かわいい。
 久美に似ている。顎から鼻にかけて。だから発する声もよく似ていた。
 ここは防音のない和室だが、いまは誰もいない。
 抱えるようにして私が横になると、彼女はきわめて自然なしぐさで私の上になった。騎乗位をあでやかにこなす。さすがの経験値だ。
 最初は私の胸に置いていた手を、どういうわけか後ろ手に組み、不安定ながらも腰をリズミカルに動かす。それはテクニックといってもいい。
 このままだとすぐ終わってしまいそうなので、しばらく揺れる乳房を楽しんだあと、再び貴子を押し倒し、四つん這いにさせた。
「ああああうううう」
 下付きの子なら後背位のほうが深く入るが、貴子の場合は違う。それでも当たる部分が変わったことで喜びは増している。指でクリトリスを探ると固くしこっていて、それも不自然に大きい。
 貴子の肉体を改造するところまでは至っていなかった。おそらく久美が生まれたこととその成長によって、息子の計画は少し狂ったのだろう。私は彼が産まれる前に妻の肉体をより淫らにするためいくつか手を入れていたので、やつはニップルピアスを外した乳首を吸って大きくなった。
 ここに越してくる前もそれなりに広い家にいたので、赤ん坊がいても、それが学校へ行くようになっても、プレイはそれなりに可能だったし、私はそんなことで自分のやりたいことができない状態は、がまんできなかった。
 この屋敷に越してきたのはほとんど、欲望のためだ。
「ああっ、だめっ」
 貴子がくねる。
「イクときはちゃんと言え」
「ああ、は、はい。イキますぅ」
 泣きそうな声を上げる。そして「許してください」と言いながらイクのだ。
 私はまだ動きを止めない。クリと乳首をいじることも止めない。
「おおおお」とさらに深いオーガスム。
 柔らかく男を包んでいた彼女は、激しく攻撃的になり、私も我慢の限界だった。
「いくぞ、貴子」
 いきなりの中出し。当然の行為。久美でも避妊していないのだ。他人の貴子で避妊する意味はない。
 ああ、もちろんわかっている。そんな酷いことを言う男はくだらないことも。コンドームをしてもしなくても、快感に差はない。わかってる。わかっているのだが、前にも言ったように、相手の肉体に発射することを止めることはできない。
 わがままであり、いまの時代には唾棄すべき男に違いない。
 せめて近親相姦となる久美とは避妊すべきだろう。そう思う人間はそうするべきだ。私も人にはそう諭すだろう。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★『先輩はマゾビッチ』★
bitch100.jpg
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンKindle版はこちらへ
アイドルのようにかわいい佐波幸菜をマゾビッチにしていく「ぼく」。サークルの仲間たちとザーメン漬けにして妹の美少女菜々子を呼び出して、調教はいよいよ本格化。さらにミスサークルに出場させることになり……。


★『自虐姉』★
jigyakuane100100.jpg
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
姉のミサは自虐癖が強く、恥ずかしいことや痛いことが大好き。心配しながらもそんなミサを欲望のままに使い倒す弟。念願の2人暮らしはやり放題の危ない日々に。やがてアパートの住人たちを巻き込んでいきます。


エピキュリアン1

今日のSMシーン



テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

M男の人間便器動画

熟女M男文字コラ@五十路熟女シングルマザーセリフ付きエロ画像

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から



Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

刺若忘備録

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『亜由美』 堕ちるAとV 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 お嬢様はドM 亜由美灼熱編 妹は鬼畜系 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2019年5月20日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 伝奇SM「牛頭伝説」
木曜日・金曜日
 バイオレンスツアー
土曜日・日曜日
 小説 官能アドレセンス
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。

フツー小説を「小説家になろう」にも掲載中。




「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。



ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

あんぷらぐどTwitter(メイン)@tokyoindiessun
荒縄工房公式Twitter(サブ)@aranawakobo

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター「あんぷらぐど」
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です