FC2ブログ

露出の気分 13 泡立て器を見つけた

前回はこちらへ

 ただの棒。だけど、もう、それは特別な棒。
 いつか、彼女の夫、深見パパがそれを見るときがくる。なんて言うんだろう。
「捨てろよ、汚らしい」と言うだろう。
「だめ、捨てられないの。大事なものなの。飾っておきたいの」
 深見ママはそう答えなくてはいけないんだけど、できるかな。
 そう言いながら、ボクとの今日のことを思い出すんだよね。
 もしかしたら、深見パパにないしょで、棒をあそこに入れてみたりする夜があるかもしれない。
「痛い、痛い」と泣きながら。
 そして「遊君」と叫んで、体をヒクヒクさせるんじゃないか。
 あの顔になるんじゃないか。
 できれば、それを深見パパに見てもらいたい。
 ボクの絵や写真を見てもらってもいいけど、ナマで見てもらったほうがいい。にじみ出す汚さを見て欲しい。
 いつか……。
 それは、ボクをバラバラにしてどこかに捨てた理由だから。
「次は、なにを入れようか?」
「えっ?」
「なにか入っていないとつまらないよ」
 理屈じゃないんだ。深見ママのあそこには、なにかがいつも入っていないといけないんだ。ボクがそう決めたんだ。
「ボクの前では、いつもなにかをそこに入れているんだ」と命じた。頭の中で。言葉にはせず。
 通じたよね。
 目が醒めると、ボクの横に深見ママが、ぽかんと口を開けて、目を大きく開いている。ふかふかのベッドでぐっすり眠れたので気持ちがいい朝。
 外は晴れているのか曇っているのか、真っ白。レースのカーテンを開けないと。
 どうして彼女の目はくもりガラスのように濁っているのだろう。
 首の途中でギザギザになって赤黒い肉が見えていて、深見ママは頭だけしかない。
 なにがあったんだろう。
 斜めに起き上がると、彼女の左腕がボクの左手の横に、右腕は右手の横にあって、左足は左足の横、右足は右足の横に並べてあった。
 断面が棒の断面みたいにギザギザで、真っ赤で真っ黒で、まっ白い骨が見えていた。骨は炊きたてのご飯のように白く美しいものらしい。
 胴体は?
 断片に触らないようにベッドの上に立ち上がると、足元に、彼女のあそこだけが切り取られていて、ボクの棒が貫かれている。写真立てみたいに、棒が支えてあそこが立っている。Qの文字。クエスチョン。奇妙で怪しい。
 胴体は?
 慎重にベッドから降りて、自分が血だらけになっていること、その血はほとんど乾いていて肌がひきつれて気持ちが悪いことに気づく。お腹で浮き上がった血の塊を剥がしてみる。ステンドグラスのように透き通った赤。
 床はどこも血や足跡でベタベタだ。それは誰の足跡なの? 大きいの、小さいの、細いの……。たくさんの血塗られた足の形。
 悪ふざけにもほどがある。森からやってきた化け物たちの仕業なんだ。
 ボクがやったの? そんなのムリだよ。
 居間へ行くと、そこも血の跡がいっぱい。それをたどっていくと、ダイニングテーブルが視界に飛び込んでくる。
 もう、そこで食事をすることはできない。汚れてしまった。
 胴体が置かれている。お腹がぱっくり開いて、中からたくさんのバラの花があふれ出ていた。
 嫌だけど、そこで食事をするしかないのだ。胴体やバラを見ながら。チョークのように白くなったおっぱいを眺めながら……。
「遊君。君はとんでもないことをしてくれたね」
 深見パパ? 会ったことないからわからないけど。鼻の下にヒゲがあって、すごく彫りの深い顔で、色褪せたTシャツみたいに青い肌をしていた。
 血だらけで裸で、手に包丁を持っている。森の化け物だ。
「ボクじゃない!」
「お前だ!」
 そんな幻想をもてあそんでいると、深見ママはキッチンでガチャガチャと音を立てていた。
 お尻。
 そうだ、解体された彼女。お尻はどこに? お尻って胴体? それとも足? 食卓の上の胴体をひっくり返して確かめるしかない……。
「これ、どう?」
 泡立て器を見つけた。金属で卵をチャカチャカと溶いたり、ホットケーキの粉を混ぜたりするやつ。
 その柄の部分を自分で入れようとしていた。
「どうでしょう?」
「手を離してみてよ」
 抜けてしまう。
 落ちないように指先で支えている。
 入れやすいものは抜けやすい。そんなこと、わかりそうなものだけど。大人なんだから。
「逆に入れたら?」
「そんな……」
 柄は指よりは太いけど、あの棒と同じぐらい。泡立て器の先は、ワイヤーが放射状に膨らんでいて、何倍も太くなっている。
「入るよね?」
 これで深見ママはボクに「そんなのムリ」と言って、ボクたちは明日の朝、何事もなかったかのように帰るんだ。帰りは無言で。
 母に「深見ママは言うことをきいてくれなかった」と言うと、きっと立野ママは、深見ママを許さないだろう。
 深見ママに会えなくなるのは嫌だけど、なんでもしてくれる深見ママでなければ会っても意味はないからね。
「がんばって」
 ボクは彼女に任せた。
 手でこねるように泡立て器のワイヤー部分を撫でまわしていたけど、悲しそうな笑みを浮かべて、その場でしゃがみこむ。
 ボクの目を見るけど、微笑みしかないと確認し、あきらめた。
 床にぺたんとお尻を落とす。
 すらりとした足を左右に大きく開いて、背を壁にあててバランスをとりながら、それをあそこにあててみた。
 うんうん、それで? どうなる?
 確かに大きすぎるかもしれないよね。
 あそこに比べると、すごく大きい。拳ほどある。
 指で溝を左右に開きながら、なんとか入れようとしている彼女。
 ボクはただ見ている。
 なんの幻想も持たずに。ただ、見る。
「ああ」とか「うーん」とか、なにか役に立つことをボクが言ってくれないかと期待しているかのようなうめき声をあげていた。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★小説『堕ちる』特別編★
堕ちる1

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
Kindle版はこちらへ

OLが自虐の果てに見たものとは? ブログ連載を加筆修正の上、未公開の原稿を追加しました。主人公は壮絶な自虐癖から拷問ののちに人間ですらなくなっていく……。



★小説『堕ちる』Part2 シークレット・バージョン★
堕ちる2

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
OLが拷問地獄に堕ちる『堕ちる』の別バージョン(「小説『堕ちる』特別編」の続編ではありません)。初出時にあまりの描写に小説掲示板から削除されてしまった部分などを復活。お読みになる前に「体験版」などにある「ご注意」をご確認ください。


エピキュリアン1

今日のSMシーン



テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~変態

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から

女装M雌豚肉便器ちゃんのご奉仕活動♂♀

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『亜由美』 堕ちるAとV 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 お嬢様はドM 亜由美灼熱編 妹は鬼畜系 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2018年10月25日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 グランドSM~マゾな孫娘とエロジイジ
木曜日・金曜日
 隣の肉便器さん
土曜日・日曜日(フツー小説※)
 恥辱まみれ
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」
 月は休止の場合あり

※フツー小説=セックス描写なし。


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。

フツー小説を「小説家になろう」にも掲載中。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター@tokyoindiessun
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です