FC2ブログ

露出の気分 14 情けない表情

前回はこちらへ

 ぼんやり眺めていたら、どうしても一番大きなところが入らないので、いったんあきらめて、冷蔵庫に行くとチューブのマヨネーズを持ってきた。
 へえ。
 深見ママっておもしろい。
 マヨネーズをつければ入るかもしれないよね。
 酸っぱい匂いが漂う中、ほとんどそれを押し込んだ。
「いかがでしょう?」
「立ってみて」
 流し台につかまって立ち上がった。足を閉じることはできなくて、なんか妙な中腰。
「よく見せて」
 ボクは自分から見に行かない。だから深見ママは慎重にヨタヨタとボクのところにやってきて、そこを見せてくれた。
「とてもいいよ!」
 なにがすてきかといえば、奥まで剥き出しになっているから。
 ボクは柄を握ってみた。
「あっ」
 深見ママの驚く表情は好き。
 少し引っ張ると、中がえぐれてグロテスクだけどきれい。
「ふーん、すてきだね」
 写真を撮ってあげた。金属が光ってかっこいい。赤っぽい肉に食い込むワイヤーの感じ。生きている人の体とは思えなくて。手術中みたいでいいな。
 そして柄を押し込む。
「ぐうう」
 できるだけ深く。
「ああ」
 痛いのかな。気持ちいいのかな。わからない。
 その絵を描いてみたんだけど(軽いスケッチだけど)、普通のポルノな感じで、ネットによくあるイラストに近いようなものになっていて、あの場所で感じたことの半分も描けなかった。
「つまらない絵ね」
 母に言われてしまった。
「写真も」
 それはわかってる。
 なんで、あんな風に流されてしまったのか、ボクにもわからない。
 あのとき見ていた幻想の方がすごくよかった。
 バラバラになった深見ママ。あの乾いていく瞳は素敵だった。乾いた血もよかった。
 思い出しながらそれを描くことにした。
 だからボクにとって、別荘の思い出は、その幻想になってしまうだろう。深見ママになにをさせたのか、彼女がどう感じ、どう思ったのかなんて、どうでもいいことだった。
 みんながやっているようなことをやってみたとしても、それはボクにとっては時間の無駄になってしまう。やっているときは、どんな愚劣な模倣でもそれなりに夢中になる瞬間はあるけど、あとで「やっちゃったなあ」と残念になってしまう気持ちの方が大きい。
 深見ママはそれを教えてくれたのかもしれない。あとは深見パパと楽しく生きていけばいいと思う。
「お願い、これを」
 深見ママ、ぐしゃぐしゃの顔になっていて怖い。
 これって、泡立て器のこと。一番膨らんでいるところがちゃんと入らないから、ボクにやって欲しいという。
 ヤダよ、そんなこと。
「しょうがないなあ」
 いやいや、手伝う。
 広げた足の間にボクは腰をおろした。そしてボクの足を伸ばして彼女の腿の上にあげる。柔らかくて気持ちいい。
「こう?」
 ぎゅっと押してみると、赤く開いた穴がさらに広がっていく。泡立て器に絡みついて光っている。汁が出ているみたい。
「痛い?」
「だ、大丈夫」
 痛いのに。我慢してる。だったら遠慮はいらない。
 体重をかけてぐいぐいと捻ってみた。
「ああああっ」
 気持ち悪い声をあげる。
「うるさいなあ」
 だけど、泡立て器は半分以上、中に入った。広がりすぎていた穴は、包み込むように半ば閉じた。
「これでどう? 立ってみて」
 ボクは立ち上がった。
 彼女は壁に手をやって、上体を押し上げるようにしながら、起き上がっていく。
 その情けない表情は、ボクをうれしくさせた。
 そうか、こういうのっておもしろいんだな。
「痛い?」
「痛いわ。あそこが破けそう……」
 あそこが破れるとしたら、どんな風に?
 首を切り落とす前に、あそこが破けるところが見たい。
 だけど、それはいまではなくてもいい。ゲーッてなりそうだし。せっかく素敵な表情を見せる深見ママを写真に記録しておかないと。
「ああ、ひどい……。遊君」
 甘えるけど無視。
「もっとこっち向いて」
 ポーズをとらせる。
 そこがぽっこり膨らんでいる。
「笑って」
 泣きそうな笑い顔もいい。むりやり笑うってどんな気持ちだろう。
 惨め?
 ボクみたいなガキの言いなりになって、泡立て器を押し込まれちゃう。
 最高だね。
 ご飯を作らせて、一緒に食べて、それからお風呂に入った。
「お湯がしみる……」
 お風呂の中で、泡立て器を掴んで、左右に捻る。
「泡立ってるよ」
「もう、許して」
「だめだめ」


小説(官能小説) ブログランキングへ

★隷獣 郁美モノローグ版★
隷獣
Kindle版はこちらへ
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
女子大生がケモノとして飼育される 山ガールを楽しんでいた郁美は、同級生の有希恵に「隷獣」としての素質を見出され、山小屋でケモノに堕ちるための調教を受けるのだった……。伝奇SM小説『隷獣』は、郁美のモノローグに書き改められ、ブログにはない結末が追加されています。


★妹は鬼畜系★
RJ106932_img_sam
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
義理の妹に調教される兄「ぼく」。義妹のケイに、さらに義母に調教される。男の娘として男性たちのオモチャに、トーチャー・クラブの生け贄として拷問へとエスカレートしていく。コメディ要素あり。


エピキュリアン1

今日のSMシーン



テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~変態

M男の人間便器動画

熟女M男文字コラ@五十路熟女シングルマザーセリフ付きエロ画像

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から



Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

刺若忘備録

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『亜由美』 堕ちるAとV 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 お嬢様はドM 亜由美灼熱編 妹は鬼畜系 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2018年10月25日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 グランドSM~マゾな孫娘とエロジイジ
木曜日・金曜日
 隣の肉便器さん
土曜日・日曜日(フツー小説※)
 恥辱まみれ
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」
 月は休止の場合あり

※フツー小説=セックス描写なし。


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。

フツー小説を「小説家になろう」にも掲載中。




「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。



ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター@tokyoindiessun
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です