FC2ブログ

隣の肉便器さん 8 ナポリンが大好きな道具

前回はこちらへ

 美希を追いかけようとしたが、オサムに止められた。
 それはバイブを寄こせという仕草でもあって、丁寧に元あったところに戻しておいた。それはゴロゴロと引きずるスーツケースで、その中にさまざまな責め具が収納されている。家庭用電源につなぐさらに強力な電動マッサージ器もあった。
 そして鎌首を持ち上げてこっちを狙っているような、しっかり巻かれた鞭、不気味に横たわる打擲用具などが見えていた。そのほかどう使うのかはわからないけど、恐ろしそうなものや、きっと恐ろしいものが入っているに違いない銀色のケースなどが見えている。
 セックスするのにそんなに道具はいらない。ナポリンが求めているのは、ただのセックスではない。なにかもっとすごいことなのだ。強烈な痛みだとか、なにをされるかわからないスリル。恥ずかしさ。美希のような女性は決してやらないようなことをしたり、させられる存在となること。
 肉便器とは、おそらく、そういう意味の総称として体に刻み込んだのではないか。
 僕の想像する肉便器は、誰とでも寝る子で、一度に何人とでもやっちゃうような「セックス大好き、ピース!」みたいなメチャクチャ明るくて、どこか抜けてしまったような女子だ。
 そういう子はナポリンみたいに、下腹部の目立つところに、肉便器などとタトゥーを入れたりはしない。下手にタトゥーを入れたら、「誰とでも寝る」という行為に支障が出るからだ。
 小柄でかわいいナポリンも、裸になってそのタトゥーを見せつけると、ものすごい迫力があって、僕にはむしろ圧でしかない。
 かなりの確率で、それを見たらセックスできなくなる男が出てくる気がしてならない。
 まして、横に怪人オサムがいるのだ。
 立つものも立たなくなる。
 不思議なもので、やりたいはずのナポリンを前にして、萎えていく現実があると、それは怒りになっていく。この怒りはどこにぶつければいいのか。怪人にはムリだから、ナポリンに向けられる。
 ナポリンは、僕たちの怒りを自分にぶつけてほしいのではないか。
 それを暴力としてぶつけてほしいのではないか。
 この中で一番、弱い生き物。
 それは間違いなくナポリン。
 心の中でため息をつく。弱い者をいじめる愉悦と倫理的な抵抗が、まるで悪魔と天使の囁きのように、ぐるぐると堂々巡りをはじめる。
 ただこの場合、僕が正義や道徳を振りかざして、「ナポリンが可哀想じゃないか」と主張したところで、当のナポリンも喜ばないことは間違いない。そもそもナポリンはいじめられたくてここにいるし、誰がどう見ても、オサムによって強引に磔にされたわけではないのだ。
 これはプレイだ。
 最後に天使か悪魔かわからないけど、僕はそう結論に達した。さっきだって、バイブであれだけ楽しんでいたじゃないか。ナポリンはうれしいんだ。もっと楽しみたいのだ。
「ミキリン、お願いです。聞いてください」
 ナポリンが凍り付いた空気の中で冷静に話しかける。
「怒った? ごめんね。傷つける気はなかったの。これだけは正直に言うけど、最初にエーちゃんとミキリンに会ったときから好きになってしまって、お二人にいじめていただけたらすごくうれしいと思って。オサムに頼んで恥ずかしいけど、こういう風にしてもらったの。ホント、ごめん」
 美希は振り返る前に、目を拭った。
 泣き笑い。
「ナポリン……」
 磔の彼女に抱きつく。そしてまた泣く。
「私のことで、泣いたりしないで。これって、ホント、私、気持ちだけで生きてるバカだから」
 同情するなら罰をくれ、みたいな……。
 女同士の友情はいま芽をふいたところだろうか。この友情にミキリンが応えることはできるのだろうか。一緒に頑張ろうと勉強やスポーツに打ち込む友人のために、サポートをする友達と同じように、肉便器として被虐願望の達成へ向かって生きているナポリンをサポートできるだろうか。
 いや。
 そんなことしなくていいんだって。
 友情なんていらないんだって。
 まあ、僕がそんなことを美希にいま言ったら、ナポリンは喜ぶかもしれないけど、美希は僕を嫌いになるだろうから絶対に口が裂けても言えない。
「わかった」
 美希はとにかくそう答えた。
 なにがわかったのか、僕にはわからない。オサムもだろう。ナポリンはわかったのか。
 女同士だから?
 いいや、きっとナポリンだって「???」に違いない。欲望に生きる小動物ナポリンは、とにかく美希に責めてほしいのだ。美希が酷いことを喜んでしてくれるようになればいいのだ。
 それは、僕自身もそうだけど、自分の心の一部を開くというか、ちょっとばかり別の自分を演じるというか、なにかしらチクッと痛みの伴う施術みたいな感じ。
《ナポリンに酷いことをしてあげないと、ナポリンが死んじゃう!》
 みたいな。
《でも、どうすればいいの! 酷いことなんてしたことないし! できないし!》
 僕のように少しでもサディスティックな快楽について知ったような気でいる人間とは違い、美希はこれっぽっちもその知識を自分と結びつけることはなかったはず。「そういうひどい人がいるよねえ」というのと「じゃあ、やってみようか」の間には、深い溝がある。
 いま、美希はあえてそこを飛び越えるのか。
「どうすればいい?」
 美希はナポリンにではなく、オサムに尋ねた。
「続けるんだね?」
 オサムは深刻な顔つきで、感情を殺していた。
「ナポリンが望むようにしてあげたい」
 美希の宣言は、これから先のことを考えれば、とんでもなく残酷だった。だけど、このときは、部屋の中を温かな空気にしたのだ。あれだけ凍り付いていた場面は、もう過去になった。
 電流、バイブの次には、なにをするのだろうか。
 なにをすればいいのだろうか。
「これ、やってみませんか?」
 オサムが道具の入ったスーツケースから取り出したのは、どう使うものか想像のつかないものだった。
 黒くて太い棒状の部分。そして何本ものチューブが出ていて、その先には手で潰すタイプのポンプがついている。黒いポンプと黄色いポンプがある。
 美希もそれは電流やバイブの何倍も恐ろしいものだと思ったようで、乗り気になったのに、また緊張し唇が乾いてしまっていた。
「それを?」
「ええ。これ、ナポリンが大好きな道具なんですよ」
 なにをするんだろう。
「こうするんです」
 オサムは黒いポンプをスコスコと潰す。すると棒の尖端部分が膨らんでタイヤチューブのようになった。別の黒いポンプをやはり潰すと空気が入って、棒の中間付近が同じように膨らむ。そしてもう1つの黒いポンプで、末端部分が膨らむ。タイヤチューブが3つ重なったようになった。
「これが、ナポリンの中に入るんですよ」
「えええっ!」
 僕と美希は同時に声をあげた。
「あ、えー」とオサムは少し慌てて「お尻に、です」と言い添えた。
 だから、もう一度、ぼくたちは声をあげてしまった。
「うそー!」
 バイブでとろとろになった女の部分に入れるのではないのだ。確かにそれにしては大きすぎて、たぶん、入らないし、空気を入れたらすぐ出てきてしまうだろう。
「見ててください」
 それを僕は持たされて、空気が抜けて元の棒に戻っていくのを眺めていた。黄色いポンプだけが、ポンプのさらに先までチューブがついていて、チューブの末端にはなにもない。
 そうか、と気づいた。
 知識を総動員して、なんとか理解した。もっとも「お尻に」と言われてはじめてわかったわけだけど。
 もし美希に、僕ぐらいのサディスティックな一面があれば、微笑んだかもしれないけど、いまだに乾いた唇を神経質に舐めていて、青ざめたままだ。僕が少し期待に心を躍らさせているのに気づいて、咎めるように睨む。
 教えてあげたい。
 SMあるある、教えてあげたい……。
 それはね……。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★美魔女狩り 我妻千鶴子編1★
美魔女2-1
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
「美魔女狩りシリーズ」2番目の標的は人気コメンテーターの母娘。大物政治家と結婚していた経験を持つ千鶴子は、娘の咲を人質に取られ、交渉のために秘密クラブへ。すべてが罠であるとも知らず必死に奴隷になりきろうとするが、過酷な排泄管理をされ、恥辱にまみれる。


★美魔女狩り 我妻千鶴子編2★
Bimajo22100100.jpg
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
美貌と直言で人気のコメンテーター我妻千鶴子を奴隷にする……。藤木の野望は目の前で崩れそうになっていた。果たして逆転できるのか? 淫美な映画の撮影、千鶴子の策略、奴隷タレント契約……。我妻千鶴子編の完結です。


エピキュリアン1

今日のSMシーン




テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~変態

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から

女装M雌豚肉便器ちゃんのご奉仕活動♂♀

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『亜由美』 堕ちるAとV 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 お嬢様はドM 亜由美灼熱編 妹は鬼畜系 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2018年10月25日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 グランドSM~マゾな孫娘とエロジイジ
木曜日・金曜日
 隣の肉便器さん
土曜日・日曜日(フツー小説※)
 恥辱まみれ
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」
 月は休止の場合あり

※フツー小説=セックス描写なし。


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。

フツー小説を「小説家になろう」にも掲載中。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター@tokyoindiessun
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です