FC2ブログ

天使と悪魔の変態辞典 14 辱め・恥

前回はこちらへ

hnf-053.jpg

辱め・恥

Angel.jpg
天使
 恥ずかしい、辱め──。音では「はずかしい」ですが、恥辱(ちじょく)と呼ばれるように「恥ずかしい」「辱め」は近接していますが微妙に違います。もっとも簡単に言えば「恥」をかかせることが「辱め」です。
 ベネディクトの『菊と刀』でクローズアップされた日本文化は「恥」の文化でした。長く日本の歴史的な文化の中には、罪よりも恥を重視した道徳が生き続けてきました。辱めを受けるぐらいなら死ぬ、といった感覚です。つまり辱めを受けたら「恥を雪ぐ」つまり雪辱を果たすことが生きる目的となります。人生を賭けるべき行動であり、それをしない人間は侮蔑の対象となります。
 辱めは、プライドや尊厳を傷つけたり、恥ずかしいと思うことを強いることです。屈辱って言葉もありますね。
 辱めを受けたら仕返しするか死ぬか。おめおめとそのまま生きているわけにはいかない、みたいな気持ちになることを求められたわけです。
 でもね、「旅の恥はかき捨て」「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」なんて言葉もあるように、状況によっては進んで恥を享受する面もあったのです。
 一方、恥を恐れるあまり「こんな辱めを受けてしまったらどうしよう」と日頃から考えるようになると、むしろ辱めを受けたあとの自分について思いを抱くようになります。さらに自分は辱めを受けても仕方のない人間だとあきらめたとき、なんだかすごく楽になっちゃうこともあるんですよね。
 さらに進むと、恥ずかしいことを人前でする快感、辱めを受けて惨めな自分の姿に熱くなる、といった倒錯的な気持ちも生まれてくるんです。
 もっとも、羞恥心は、時代とともに変化していますから、いまの時代はかなり緩くなっていますよね。平気でやっちゃう人って、それほど珍しくないですから。
 逆説的ですが、道徳がしっかりあったほうが、そこから外れたときのインパクトも大きくなる、つまり快楽も大きくなるんじゃないでしょうか。

devil.png
悪魔
 辱めを受けたいやつ、辱めを受けるべきやつに、しっかりと与えてやることができる者は、その優越感に浸ることができる。
 相手に恥をかかせて楽しむ、辱めを与えて苦しむ様を楽しむことは、幼少期からある人間本来の底意地悪い愉悦なのだ。
 世の中にはさまざまな罠があり、それを仕掛けて、かかった人間がもがき、泣き叫ぶ姿を覗いてはほくそ笑む。実に優雅で、自分はなんにも傷つかない高度な娯楽だろう。
 もちろん、恥辱にまみれてその悦楽に浸る者がいる一方、命をかけて雪辱を果たそうとする者もいるので、がむしゃらに復讐を狙う相手としっかり対抗できるだけのパワーも必要だ。
 この点で権力、財力を使うことはよく知られている。いまの時代では、そうした明確なパワーよりも、知力が勝る。ネット社会では、情報操作のできる者、知識のある者のパワーは絶大で、なおかつ自身の姿を巧妙に隠すこともできてしまう。
 つまりAに恥辱を浴びせるために、善意の第三者BやCを利用して罠を仕掛けるようなことが、知力さえあれば比較的容易な時代になっている。こうすることで、ストレートに復讐されることから逃れる可能性があるわけだ。
 もっとも、辱めは、受けた者の受け止め方にもよるので、どの程度の効果があるかは予測がつかない。人前でパンツを脱がされても平気なヤツが一定の確率でいるのだ。
 このため繊細な心の持ち主ほど、標的になりやすい。詐欺によくあう資産家と同じように、なぜか辱めばかり受けてしまう人も出てくるのである。ご愁傷様。
 パワーのある者は、パワーのある者と戦うべきかもしれないが、ちょっとした愉悦のためにへとへとになるのはゴメンなので、やりやすい相手を選ぶのはむしろ自然なのだ。
 パワーのある者の性質として、自分のパワーを減らすような行動をできるだけ避ける。パワーは温存する。または増やす。遊びや愉悦のために減らしたりはしないのである。
 そして自分の楽しみのために犠牲になるものを、愛するのだ。

(協力:エピキュリアン 豚面強制 家畜女園 3 PART2



★隷獣 郁美モノローグ版★
隷獣
Kindle版はこちらへ
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
女子大生がケモノとして飼育される 山ガールを楽しんでいた郁美は、同級生の有希恵に「隷獣」としての素質を見出され、山小屋でケモノに堕ちるための調教を受けるのだった……。伝奇SM小説『隷獣』は、郁美のモノローグに書き改められ、ブログにはない結末が追加されています。


★妹は鬼畜系★
RJ106932_img_sam
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
義理の妹に調教される兄「ぼく」。義妹のケイに、さらに義母に調教される。男の娘として男性たちのオモチャに、トーチャー・クラブの生け贄として拷問へとエスカレートしていく。コメディ要素あり。


エピキュリアン1

今日のSMシーン
コスプレ美少女アナル 2穴凌辱中出しファック BEST2 8時間
コスプレ美少女アナル 2穴凌辱中出しファック BEST2 8時間


テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

M男の人間便器動画

熟女M男文字コラ@五十路熟女シングルマザーセリフ付きエロ画像

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から



Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

刺若忘備録

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『亜由美』 堕ちるAとV 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 お嬢様はドM 亜由美灼熱編 妹は鬼畜系 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2019年5月20日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 伝奇SM「牛頭伝説」
木曜日・金曜日
 バイオレンスツアー
土曜日・日曜日
 小説 官能アドレセンス
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。

フツー小説を「小説家になろう」にも掲載中。




「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。



ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

あんぷらぐどTwitter(メイン)@tokyoindiessun
荒縄工房公式Twitter(サブ)@aranawakobo

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター「あんぷらぐど」
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です