FC2ブログ

グランドSM 27 これを3本、入れてみて

前回はこちらへ

 この短時間で、真津美にスカト●の一端をやらせてしまう。貴子は恐ろしい女だ。
 真津美はそれだけ貴子を求めていることを現している。
 肉と肉のつながりを持たない女同士だからこそ、愛を確かめる方法は多様になっていくのだろうか。
 貴子の残酷な仕打ちはこれで終わるわけではなかった。
 汚物を真津美自身にトイレに流しにいかせると、手や顔を洗って化粧もほとんど落ちた状態にさせてしまった。
「まだ残っているでしょ。お腹の中に」
「でも、ムリです」
 お尻からはマドラーが突き出ている。
「奥の方に溜ってるのを出すのは、浣腸しかないわよ」
 貴子は真津美に後ろを向かせ、マドラーをこねるように動かす。
「はあっ、そんなあ」
 かわいらしく嘆く真津美。最初の頃とはまったく違い、完全に心を貴子に委ねてしまっている。言葉とはうらはらに、どんなことをされても従う気持ちがありありだ。
「お尻の穴で感じるの?」
「くううう、恥ずかしいぃ」
「なによ。私の前でも恥ずかしいの?」
「ああっ。感じます。お尻の穴、かき回されて、感じます」
 真津美の肌から汗が噴き出し、キラキラと光る。
 貴子はさらに追い打ちをかけるのだ。机の引き出しから、箱を取り出した。イチジク浣腸が10本入っている。半分ほどは貴子が使っている。
「これを3本、入れてみて」
「はい」
 40ミリグラムの簡便な浣腸薬。それを3つ。
 貴子がマドラーを引き抜く。
「お口」
 悲しい顔をしながら汚れたマドラーを口に入れる。
「おいしいわよね。真津美が大好きな汚い汚いウンチでしょ」
「んんんん」
 貴子はこんなことをされたいのか。だとすれば、虎穴会や息子の調教は思った以上に苛烈だったのかもしれない。
 いや、貴子はそもそも、そういうことを求めていたのだ。それが完全に開花した。真津美はどうなのだろう。
 本気で貴子の考えている世界に飛び込むことができるのだろうか。
 真津美は自分で浣腸液をお尻に突き刺して入れていく。中腰のまま。
「うううう、熱い」
 3本目を入れる頃には、我慢ができなくなっている。それぐらい貴子にもわかるはずだ。薬液が足を濡らしてる。漏れ出ているのだ。
 さらに大量の汗にまみれていく。
「おトイレに行ってきます」
「まだダメよ。ちゃんと出したいんでしょ? だったら我慢しなくちゃ」
「ムリです」
「マドラー、キレイになったかしら?」
「はい」
 ピカピカになっている。すべて舐め取ってしまったのだ。
「じゃあ、トイレに行きましょうね」
「はい」
「その前に、これをつけて」
 貴子は引き出しから袋を取り出すと、机の上に中身をあけた。
 赤いエナメルの首輪。黒い革の手枷と足枷。どちらも金色の金具が光っている。ただのオシャレの道具ではないことは明らかだ。
「はい」
 震えながら、自ら首につけ、そして手首、足首につけていく。
「しっかりつけた?」
 貴子が点検する。「うん、これならいいわね」と言いながら、500円玉ほどの小さな南京錠でそれぞれをロックしていった。
「えっ」
「しばらく、つけたままね。私の奴隷って証よ」
「貴子様」
 感激している。そしてガタガタと震えている。便意の限界かもしれない。
「いいわ、トイレ」
「はい」
 貴子は首輪に鎖をつけて、真津美を四つん這いさせ、男子トイレに行かせた。
 古いトイレなので和式がまだある。そこに反対向き、つまりドアの方に顔を向けてしゃがませた。
「あああああ」
 身をよじりながら、若い奴隷が排泄をしている。
 美しくも悲しい姿だ。
「くうううう」
 お腹が痛いのだろう。苦しみ悶える姿をたっぷりと楽しめる。髪の先から汗がしたたり落ちる。
「お尻を拭くのはあとよ。流しちゃだめ」
「だって、汚い……」
「真津美から出てきたもので、汚いものなんてないのよ」
 貴子はリードを引いて、真津美を四つん這いにさせると髪の毛を掴んだ。
「わかるわね」
 便器に顔を突っ込ませた。
「はああっ」
 何度も何度も。
 よく見えないが、悲惨な状況になっていることは確かだ。ここだけを見たら陰惨なイジメに見えるかもしれない。
 貴子はひたすら忠実に真津美を追い込み、貴子の思う「愛」をぶつけているのだ。異常な愛。



★お嬢様はドM 第一部★
お嬢様1

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
少しドジなお嬢様・丸木戸恵梨香(20歳)がマゾの衝動にかられてじわじわと屈辱的な「ドMのゴキ」となっていきます。ブログ公開版に未発表の2エピソード追加。



★お嬢様はドM 第二部★
お嬢様1

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
お嬢様として育てられた恵梨香は、M性に目覚め執事の息子の遠隔調教を受けることに。執事夫妻、代理として屋敷に入り込んだ男、巨根の運転手、そして調教のプロたちから日夜、心身の限界まで責められていく。さらに大学の友人たち、婿候補の子息たちにも……。 未公表部分追加。


エピキュリアン1

今日のSMシーン
変態公衆便所 タンツボ肉便器女 七海ゆあ
変態公衆便所 タンツボ肉便器女 七海ゆあ



テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~変態

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

本当の快楽は40代から

女装M雌豚肉便器ちゃんのご奉仕活動♂♀

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『亜由美』 堕ちるAとV 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 お嬢様はドM 亜由美灼熱編 妹は鬼畜系 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2018年10月25日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 グランドSM~マゾな孫娘とエロジイジ
木曜日・金曜日
 隣の肉便器さん
土曜日・日曜日(フツー小説※)
 恥辱まみれ
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」
 月は休止の場合あり

※フツー小説=セックス描写なし。


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。

フツー小説を「小説家になろう」にも掲載中。




「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。



ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター@tokyoindiessun
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です