FC2ブログ

恥辱まみれ 18 強烈な打撃をいただきました

前回はこちらへ

 いえ、香澄様がお好きなら、私、自分から恥ずかしいことをしてもいい。
 軽蔑されてバカにされて、虫ケラのように踏み潰されるのです。
 そして私がこの世から消えたあと香澄様は「そういえば、昔、ナエってバカで汚いやつがいたよねえ」とか思い出してくれたらうれしい。
「あいつ、結局、どろどろに汚れて死んでいったんだよ、バカだよねえ」
 なめくじみたいに塩で溶けて死にたい。ここまで汚れてしまったから、なにをしても元には戻らないでしょう。汚れやニオイが染みついてしまったボロ雑巾は捨てるしかないのです。
「着いたぞ」
 お尻を蹴られ、なんとか起き上がります。
 誰かの手で引っ張られて外に。冷たい空気を感じてゾッとします。トイレに行きたくなります。そのことを言いたいけど、口が閉ざされているのでうめくしかなく、うめいたところで、厳重にテープで閉じられているから誰にも聞こえないでしょう。
 コートをかろうじて羽織らせてもらっていても、震えが止まりません。
 コンクリートから砂利に。そして石畳みに。
 足元が変化すると、そのとき、外がやけに静かだったな、と気づきました。郊外のようです。遠くでピーッと汽笛が聞こえました。貨物列車でしょうか。私の知るかぎり、貨物が通るような線路はかなり遠いのです。
 高台……。もしかして、比較的近場にある丘のように高い場所へ来ているのでは?
 まさか香澄様のご自宅? そんなはずはないでしょう。私のような者を自宅に入れるわけがありません。
 ドアが開くと、阿部たちのボソボソという声がして、暖かい部屋に入りました。足元は深い絨毯。土足で入るところで、こうした絨毯があるって、すごいお屋敷かホテルか……。
 そんなものが丘にあったでしょうか。
 カチャカチャとグラスや食器やカテトラリーがぶつかって鳴る音がし、弦楽が微かに聞こえます。
 ドキドキします。
 場違い。
 ここがどこであったとしても、私のような者には場違いです。
 背中を押されて、歩くと、私の前でドアが開いたみたいで、ブワーッと音が襲ってきました。
 微かに聞こえてきた音楽や話し声や食器類の音が、最大のボリュームで私を取り囲みます。
 大勢の人がいる!
 足が震えて歩けなくなりました。
 天井が高い。だからすごく反響が深い。
 大きな広間でしょうか。
「みなさま」とマイクを使った女性の声がしました。年配の女性でしょう。
「お待ちかね。今日の奴隷がやってきました」
 会話は消え、咳払いやクスクス笑いが残りました。
「ナエ。女子大生。自ら奴隷となることを望み、さきほどご覧になっていただいたような破廉恥な行為を喜んでしてきた女です」
 ブーイングとため息と失笑。
 100人ぐらいいそうです。
「今宵は、この女というか、動物の実際をみなさんで目撃することになります。審判は最後に下すとして、どれほど恥ずべき生き物か、とにかく拝見しましょう」
 ベリベリとテープが剥がされていきます。
 ああ、イヤッ! むしろこのままでいたい。見たくない。怖い。
 トートバッグが外れました。
 レストランでした。天井からシャンデリアが下がり、白いクロスの丸テーブルが2列に奥へ。左は庭があってテラス席もあるのですが、夜なのでそこはガラス戸で閉じられています。テーブルごとに3組の男女がついて、それが奥まで6組。36人のお客様。右手のバーには、15人ほどのお客様。ざっと50人ほど。みな、フォーマルな服で着飾っています。
 ホンモノの宝石や貴金属を身につけた人たち。ブランドの服やハンカチや靴しか知らない人たち。さまざまな甘い香りが彼ら彼女らから漂ってきます。
 気が遠くなっていきます。
 コートも奪われました。
 サンダルと猿ぐつわだけ。
 マジメそうな高齢のウエイターがやってきました。銀色の盆には、幅の広い板。それは調理道具なのかと思いますけど、そんなものでなにも料理はできないでしょう。握り手があることに気づきました。そこを握るとラケットのようになります。
 細く鋭い器具もあります。尖端は金属。途中は黒いプラスティック。握る場所は太くなっていてスイッチがついています。
 首輪に長いチェーンをつけられ、阿部に引っ張られて、客席に連れていかれます。手錠と足首の鎖は外してくれませんので、引っ張られてバランスを崩しながらも、なんとか歩いてついていきます。
 最初のテーブル。
 みなさん、中年以上の方々。きっと立派な仕事を持っているか、財産をお持ちなのでしょう。でも、その冷酷な目と、いやらしい口元は、みな驚くほど共通しているのです。
「よし、これだ」
 おじさんが、ウエイターから板を受け取ると、「向こうを向け」と命じられ、お尻を差し出します。
 バシッとお尻を打ちすえられました。重い打撃で、目が飛び出しそうになります。阿部が手錠をがっちり掴み、リードをグイッと引いて、私が前に逃げることを防ぎます。
「やってごらん」
 別の方からも強烈な打撃をいただきました。
 そのまましゃがみ込みたいほどの痛みです。
「これをやってみたいわ」
 ご婦人。
 震えます。もう一つの道具。まさか、突き刺されるのでは?
「こっちを向いて」
 笑うご婦人に対面します。
「悪い子ね」
 その道具の尖端を乳房の下につけました。ヒンヤリとした金属の尖端。それは思ったより丸く刺さることはなさそうです。
 親指でスイッチを押すと、「ぐああああ」と叫ぶしかありませんでした。突き刺さったような気がしました。
 テーブルにいるみなさんが、大笑いをしました。
「見たかい、目が飛び出そうだったよ」
「猿ぐつわしていなかったら、舌が飛び出したろうね」
 などと言っています。
 電流なのです。乳房から入った電流によって、私は硬直し、鋭い痛みが全身を駆け巡るのをやめるまで、耐えるしかありませんでした。
 全部のテーブルでそれをやらされて、最後にバーへ。大勢の人たちに囲まれながら、お尻を叩かれ、電流を流されました。
 そしてようやく、猿ぐつわを外していただきました。
「おトイレに」となんとか声を出しました。
「なんだって?」
「おし○こを……」
 少しちびっているんじゃないかと思います。お尻を何十発と叩かれ、電流を流されたのです。失禁していても不思議ではありません。
「それは、おまえの自由にはならないんだ」
「でも、出てしまう」



★隷獣 郁美モノローグ版★
隷獣
Kindle版はこちらへ
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
女子大生がケモノとして飼育される 山ガールを楽しんでいた郁美は、同級生の有希恵に「隷獣」としての素質を見出され、山小屋でケモノに堕ちるための調教を受けるのだった……。伝奇SM小説『隷獣』は、郁美のモノローグに書き改められ、ブログにはない結末が追加されています。


★妹は鬼畜系★
RJ106932_img_sam
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
義理の妹に調教される兄「ぼく」。義妹のケイに、さらに義母に調教される。男の娘として男性たちのオモチャに、トーチャー・クラブの生け贄として拷問へとエスカレートしていく。コメディ要素あり。


エピキュリアン1

今日のSMシーン
究極マゾ妻肉奴隷 絶叫!針奴隷!
究極マゾ妻肉奴隷 絶叫!針奴隷!



テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

HI白兔虎磊瞾奣

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

M男の人間便器動画

熟女M男文字コラ@五十路熟女シングルマザーセリフ付きエロ画像

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

M女志願



Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

Harry's Blog

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『亜由美』 堕ちるAとV 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 お嬢様はドM 亜由美灼熱編 妹は鬼畜系 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2019年8月6日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 女囚スパイラル
木曜日・金曜日
 バイオレンスツアー
土曜日・日曜日
 小説 官能アドレセンス
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。




「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。



ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

あんぷらぐどTwitter(メイン)@tokyoindiessun
荒縄工房公式Twitter(サブ)@aranawakobo

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター「あんぷらぐど」
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です