FC2ブログ

伝奇SM「牛頭伝説」 8 先生、男の経験はどう?

前回はこちらへ

「ぐふううう」
 なにか言っているのかもしれませんが、まったくわかりません。
 菜穂子が思ったとおり、絵里はすぐ真似をしてツバを浴びせましたので、私も負けていられませんでした。
 たちまち、亜衣子の顔は私たちのツバだらけになっていました。菜穂子が指を離しても、きっと滲みるからでしょう。目を開けることができません。
「持って来たよ」
 善彦が、実験器具を持ってきました。それを机に並べていきますが、亜衣子は見ていません。
「どれがいい?」
 木で出来たスタンドに、5種類の金属棒が立てられています。尖端は丸く、金属はピカピカ光っています。
「細いのからやってみようよ」
 大人の親指ほどの太さからはじまって、徐々に太く長くなっていきます。マジックインキ。自転車のハンドル。陸上のバトン。野球のバットぐらいの差があります。
 私たちは生贄の穴に物を入れるのが大好きでした。
 一番細いのを武が手にしました。
 菜穂子が、亜衣子の陰毛に指を入れて、その奥にある溝を開いていきました。私も手伝います。絵里も。
「うわあ、ピンクだ」
「気持ちわるい!」
「きれいだよ!」
 いろいろな声の中、私たちは大人の女性の陰部を開くことについては、慣れていたので、そこが思った以上にきれいだったのに驚いていました。
「亜衣子先生のは、私たちとあんまり変わらないわね」
 菜穂子が思わずため息をつきます。菜穂子は女子が好きなのです。
「舐めたい!」
 誰も止めないので、膝をついて、彼女の股間に顔を埋めたのです。ピチャピチャと音がします。先生は足を動かしていますが、縛られているので閉じることはできません。
「はあ」
 菜穂子は顔をテラテラと光らせて笑っていました。
「おいしい」
「ホント?」
 なんでも菜穂子の真似をする絵里も、そこを舐めはじめました。
 でも彼女はよく知らないので、顔を歪めています。
「おいしいのかな……」
 私も試してみましたが、おいしくはありませんでした。しょっぱいような味で、おし○この臭いもしていましたし。
 男子は誰も舐めず、「早く、入れようよ」と棒を手にしています。
 武は、私たちが舐めたのでベタベタになっているそこに、一番細い金属棒をなすりつけます。
「先生、男の経験はどう?」
 善彦が偉そうに亜衣子に聞きます。
「いや、やめて」
 縄を咥えて、パンツを詰め込まれていましたが、なんとか聞き取れました。
「いくよ」
 棒の尖端がやや窪んだ小さな穴に入っていくのを、私たちはじっと見ていました。
「固い」と武。棒を上下左右に動かして角度を変えながら、徐々に入れていくのです。
 足がビクンビクンと跳ね上がります。
「ここを撫でてあげると喜ぶのよ」
 菜穂子は金属棒を入れているところより上のあたりを、三本の指で柔らかく撫でるのです。
「ひいひいひい」
 死にそうな動物のような声で鳴いていて、かわいいのです。
「入っていくぞ」
 武は棒を回し入れていきます。
「入った」
 奥まで入りました。
 武は意地悪なので、すぐに引き抜きはじめます。
「すごく狭いけど、次」
 二郎が一回り太い棒を武に渡します。
「これはどうかな」
 ぐいぐいと押し込んでいくと、今度は前よりすんなりと入っていきます。
「次はこれだ」
 自転車のハンドルの握るところぐらいの太さ。
「ぐああああああ」
 ゆっくりとねじ込む武。いやらしい顔をしています。
「これぐらい、入って普通だよね」
 二郎が言います。
「いい音がする」
 くちゃくちゃと音を立てるのです。
 小さな陰部。そこに太い棒が入り込んで音を立てているのが、おもしろいのです。
「先生、感じますか?」
 菜穂子が口からパンツを引き抜きました。
「あああ、ひどいわ。お願いだから、やめて」
「だめよ。今日からいっぱいこの穴、使うんだし。ちゃんと使えるかどうか確認しないとダメだから」
「そんなこと、しないで……」
「どうして。気持ちがいいでしょ?」
「よくない。痛い……」
「ウソよ!」
 菜穂子がいきなり先生のおっぱいを引っぱたきました。
「きゃああああ」
「この穴をいじれば、気持ちよくなるのよ。そうでしょ、先生。ウソを教えたらだめですよ」



★小説「亜由美」第一部★
亜由美第一部

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
女子大生となったばかりの亜由美。剛介との出会いから、自らのマゾ願望がいっきに開花。理不尽な辱め、処女喪失、輪姦からはじまってタップリ、被虐を味わうことになります。



★小説『亜由美』第二部★
ayu02

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
メス豚女子大生となった亜由美への本格的な調教が繰り広げられます。大学でも便所でも商店街でも……。苦悶と快楽が彼女の日課になっていきます。


★小説『亜由美』第三部★


DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
メス豚女子大生・亜由美の完結編。壮絶な輪姦合宿から同じ大学の女子を巻き込んでの拷問実験へ。連載時にはなかったエンディング。


エピキュリアン1


今日のSMシーン
あの日からずっと…。 緊縛調教中出しされる制服美少女 有坂深雪
あの日からずっと…。 緊縛調教中出しされる制服美少女 有坂深雪


テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

HI白兔虎磊瞾奣

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

M男の人間便器動画

熟女M男文字コラ&ケバコラ@五十路熟女シングルマザーセリフ付きエロ画像

ブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

M女志願



Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

刺若日記

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『亜由美』 堕ちるAとV 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 お嬢様はドM 亜由美灼熱編 妹は鬼畜系 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2019年9月21日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 女囚スパイラル
木曜日・金曜日
 クソな彼氏に殺されたい
土曜日・日曜日
 公園でいけないことをするクラブ
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

荒縄工房 淫美
 無料動画と荒縄工房の作品PR

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。




「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。



ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

あんぷらぐどTwitter(メイン)@tokyoindiessun
荒縄工房公式Twitter(サブ)@aranawakobo

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター「あんぷらぐど」
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です