FC2ブログ

伝奇SM「牛頭伝説」 12 なにか悪いことを企んでいるんじゃねえのか?

前回はこちらへ

「だ、だめよ、汚れちゃうわ」
 美枝先生のうわずった声。すぐに感じてしまうのも、生贄の特徴です。
 武がグリグリやるので、穴に溜まっていた汁が噴き出してきます。洗ってもいないのでしょう。臭いです。村人たちの精液と先生の汁がまざっているのでしょう。
「先生、亜衣子先生が来たから、もうすぐ楽になれると思うわ」
 菜穂子が告げます。
「亜衣子さん、ごめんなさい」と美枝先生はつぶやきながら、感じ続けていたのです。
「おもしろくねえや」と武は降りて、おしりの穴に持ってきた枝を突き立てました。
「ひぃぃい、いたぃぃ」
 弱々しい悲鳴。
「見ろ、ぶかぶかじゃん」
 お尻の穴は大きくなりすぎているのでしょう。汚い枝がそのまま入っていくのです。
 二郎たちも近くに落ちている枝を取って来て、先生の穴に入れていきます。
「ううぎぃぃ、やめてえ、切れちゃう……」
「ぜんぜん、大丈夫だよ。血も出ないや」
 5本の枝が刺さったお尻。それをみんなでグリグリこねてやります。
「ぎやうううう」
 おし○こを噴き出します。
「汚えなあ」
「その穴も詰めたらいいよ」
 細い枝を折って、武たちは、先生のおし○この穴を広げてそこに突き刺しました。
「きぃぃ!」
 暴れても、大人たちによって便所にされた先生の体はそれほど動けません。縛られている太い木や枝はびくともしません。
 枝は誰かが抜いてくれるでしょう。大人たちが先生の体を使うときに。
「じゃあ、また来るね」
 私たちは暗くなる前に学校へ行かなければなりません。この隠された畑が暗くなる頃には、村の学校のあたりは真っ暗になっているはずです。
 浅香という男が学校にはいました。肝貝が夜に活動するので、昼間はその不気味な小男が対応していましたが、教師ではありません。雑用係です。村人をバカにしていて、畑も手伝いません。肝貝の世話をする使命があるのだ、と威張っています。
 顔の左半分が崩れてしまっているのに、偉そうなのです。右眼だけが私たちを睨み、崩れた側の左眼はどこか別のところを見ているのです。
 ですから急いで学校に戻ったのに、肝貝校長ではなく、浅香しかいなかったので、私たちはがっかりです。
 それは亜衣子先生もいないことを意味していたからです。
「菜穂子」
 浅香が菜穂子の手をつかみます。
「うっ」
「おまえの親、昨日、畑に来なかったって?」
「し、知りません」
「なにか悪いことを企んでいるんじゃねえのか?」
「そんなこと、しません」
「わかるぜ。これまでもあったからな、そういうことがさ」
 浅香は、片方の顔だけで笑ってみせます。
「どういうこと?」と武。
「うん? おまえら聞いたことないのか? ここから抜けようとした家族の話とかさ」
「抜ける?」
 私たちには、思いもよらない発想でした。それほど肝貝の暗示は強力だったのです。
「ああ。娘がこれぐらいの年になると、親の中には妙な考えを起こすやつが出てくる。あれは5年ぐらい前かな」
 それでは、私が覚えていなくても仕方がないでしょう。年長の武も「そんなことあったっけ」と思い出せないようです。
 肝貝は私たちから不都合な記憶を消してしまうこともあったので、学校に来ていると、いつも気持ちよくて楽しいばかりなのです。
「村の一番奥に住んでいた親子がいてさ。ちょうど菜穂子ぐらいの娘とその下におまえぐらいの妹がいたんだ」
 と私をじろっと見ました。
「このまま成長すると、娘は2人とも肝貝様の教えの下で、村の生贄になっていくかもしれないと恐れたんだろうな。ある日、畑仕事に出てこなかった。娘たちが学校から帰る時刻を見計らって、村から出て行こうと荷物を先に峠に持ち出していたんだよ」
「へえ、そんなことがあったんだ」と武。「出て行ったの?」
 浅香は首を横に振りました。
「肝貝様はすぐ察して、おれが荷物を運んでいる親をひっ捕まえて終わり。その一家は生贄になった。家も燃やしてしまったから、覚えていない者も多いだろうけどな」
 先生が来る前のことです。
「忘れるんじゃないぞ。この牛頭村は、牛頭(ごず)様というおっかない地獄の使者に支配されている。ないがしろにすれば地獄の責め苦を負わされる。それが嫌なら、つまらない考えは忘れて、まじめにしっかり村のために働くことだ」
 菜穂子はガクガクと震えています。その表情のあまりの変化に、私と絵里、佐恵子は思わず笑ってしまいました。
 亜衣子先生にそっくりだったからです。
「菜穂子。おまえ、今日、逃げるのか?」と武。
 男ってホントにバカだなと私たちは思いました。もし菜穂子が逃げるとしたら「はい」と言うわけもないし、逃げないなら「いいえ」に決まっているので、どっちにしろ否定するでしょうから。
 菜穂子は言葉が出ないようで、しきりに首を振っています。
「なら、どうしておまえの親は畑仕事をサボったんだ?」
「病気……」
 自信なげに小さな声で答えます。
「病気? なら、なぜ診療所に来ない?」
 菜穂子の顔色が真っ青です。
「いまからみんなで行くべ」と善彦が言うのです。「見に行くべ」
 武は「バホバホ」とつぶやきました。おもしろいことになってきて、武は興奮しているのです。
 浅香はちょっと考えているようです。
 もうすぐ肝貝校長がやってくるので、菜穂子の家に行く時間はありません。
「武と善彦で見に行ってくれるか?」
「はい!」
 2人はおおはしゃぎで走って行きました。
「おまえたち、菜穂子を見張るんだ」
「はい」
 私たちは答えていました。



★便所虫の歌★


DLSiteはこちら
DMMはこちら
アマゾンKindleはこちら
週末にマリカとして苦痛を求めてさまようOL。掲示板で出会う相手の要求のままに、激しい苦痛にもだえ苦しむ。その間の記憶は失われ月曜には勤務先に出社する。そこに別のマリカが挑戦してきた……。どちらがホンモノか決着をつけることに。負ければ永久便器となる。



★折檻部屋の風夏★
fuuka100100.jpg

DLSiteはこちら
DMMはこちら
アマゾンKindleはこちら
父母を香港のゴミ焼却所で惨殺された風夏は、大金持ちから一転して逃げ回る生活に。最後に学生時代の女友達を思い出して訪ねる。卒業前に奴隷になると誓っていたのだ。だが女友達は風夏に過酷な指令を出し続ける。ノワール風味の漂う作品。



エピキュリアン1

今日のSMシーン
あの日からずっと…。 緊縛調教中出しされる制服美少女 総集編4時間
あの日からずっと…。 緊縛調教中出しされる制服美少女 総集編4時間



テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

HI白兔虎磊瞾奣

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

M男の人間便器動画

熟女M男文字コラ@五十路熟女シングルマザーセリフ付きエロ画像

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

M女志願



Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

刺若忘備録

SELF BONDAGE 変態M男の露出と自縛

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『亜由美』 堕ちるAとV 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 お嬢様はドM 亜由美灼熱編 妹は鬼畜系 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2019年5月20日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 伝奇SM「牛頭伝説」
木曜日・金曜日
 バイオレンスツアー
土曜日・日曜日
 小説 官能アドレセンス
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。

フツー小説を「小説家になろう」にも掲載中。




「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。



ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

あんぷらぐどTwitter(メイン)@tokyoindiessun
荒縄工房公式Twitter(サブ)@aranawakobo

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター「あんぷらぐど」
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です