FC2ブログ

バイオレンスツアー 25 真っ赤なバラの花

前回はこちらへ

 だが、ヴァギナもアヌスもぱっくりと開き、ドロドロに濡れていた。
「たまらねえな」
 仲間たちが舌なめずりをする。
「安心しろ。いくらでもやれるから。その前にあいつらを始末する」
「おい、全員、殺すのか?」
「トビーは死んでいる。ママも銃弾をくらっているから長くは生きられないだろう。エドはケガをしているだけだが、こんなところで放置されたら生きて町には辿り着けない。苦しみながら勝手に死んでもらおう」
 ホワイトの仲間は4人いた。いずれも筋肉のよく発達した暴力的な体をしている。
 道端でうずくまっているエドの手足を細い縄で縛り上げて、自分たちのピックアップトラックの荷台に放り投げる。夫人、トビーもだ。
 なにもない荒地をしばらく走り、ハイウエイからは見えない場所に、その3人を放り出した。あたりは乾燥した地帯にしか見ることのできない枯れ草のような植物が転がり、火星の写真のような石と砂が続いていた。すり鉢状に緩く傾斜した谷底だ。エドは這い出すこともできないに違いない。
 かろうじて意識のあるエドが「ホワイト、友だちじゃないか」と声をかけた。
「友だち?」
 ホワイトは近づいていくと、エドの顎を蹴り上げて一発で気絶させた。
「行こう。こんなやつらと話もしたくない」
 ホワイトたちはキャンピングカーに戻った。
「できるだけここから離れよう。燃料はまだたっぷりあるな。急ごう」
 仲間の一人、スミスにキャンピングカーの運転を任せ、壊れたドアを粘着テープなどで応急処置し、銃弾の痕もテープで塞いでおく。
 ホワイトは自分のピックアップトラックに移り、少しバンパーがぐらついていたのでテープで補強したあと、先導する。礼子をベッドにのせたままのキャンピングカーはそのあとを走る。最後に、残りの3人を乗せた改造トラックが続く。
 目立たないように走り続けるのだった。

「めちゃくちゃキュートだな」
 ホワイトは、礼子にニットの黒いワンピースを着せた。郊外にある別荘。あたりは牧場だったらしく広大な敷地が広がっている。南北戦争の前までは、ここで大規模な農園と牧場が運営され、多くの黒人奴隷が労働させられていた。
 いまは、そこはさまざまな商売で成功した有色人種たちの遊び場となっていた。
 別荘とはいえ、映画「風と共に去りぬ」に登場しそうな木造二階建てのホテルのような建物で、壁面は明るいワインレッドに塗られ、柱や窓枠は白い。
 お約束のように、庭にはブランコがあり、駐車場は裏手にあった。
 あれから数日。
 礼子はホワイトたちに犯され続けて旅をしてきた。途中、ホワイトはカネを引き出したり、礼子のために服や靴を買ってくれた。
「おれは、あいつらとは違うんだ」
 それがホワイトの口癖だったが、礼子の立場は変わらない。犬のように拘束されることもあるし、激しく打擲されることもある。そして口、ヴァギナ、アヌスは、太い5本のペニスに蹂躙され尽くされた。
「マイアミには行かない。ここでお披露目したら、おまえは千代絵のところへ行くんだ。会いたいだろう? 友だちにさ」
 礼子なりに、ホワイトには背後に強い力を持った人や組織がついているのだと解釈した。千代絵を購入した人たちは、夫人やトビーたちがどこに向かったのかを探し出すことさえもたやすかった。
 もしかすると、礼子を嬲ったあの夜、あそこに関係者がいたかもしれない。
 礼子の存在そのものは、夫人たちが運営していたサイトでメンバーに公開されていたのだから、組織的に探せばすぐ見つかったに違いない。
 夫人たちはそれを甘くみていたのだ。
 キャンピングカーなどが正面に並ぶ。
 すると、あからさまに大きなライフル銃を手にした警備員たちが6人ほど出てきて、黒人、アジア人など4人の男女が現れた。ビジネスマンのようにきちんとした身なりだ。
「やあ!」
 ホワイトは彼らと挨拶を交わす。数名とは彼らなりの拳を合わせる挨拶をする。警備員たちの目は鋭く、ほかの4人に対しては容赦なく品定めをしていた。
「大丈夫だ、こいつらは仲間だから」
「だけど、決まりだから」と警備員たちはホワイトを含め、全員のボディチェックをした。
 車のキーを回収すると、警備員がピックアップトラックを屋敷の裏手へ回す。礼子が乗ったままのキャンピングカーもだ。
「やあ」
 若い警備員は礼子に明るく挨拶をした。
 礼子はどうしていいのかわからなかった。
 黒いワンピースを着せられ、首輪からの太い鎖でベッドにつながれていた。手足は自由だが、ベッドから降りることもできない。
 裏手でホワイトたちが待っていた。
「そうなんだ、ひどいだろ。見ろよ、あのかっこう」とホワイト。
「そうね。オオカミ少女を思い出すわ」と黒人の若い女性が言う。
「なにそれ」
「オオカミに育てられたって子よ」
「マジかよ」
「昔の話よ。とにかく、風呂に入れて髪をなんとかしないと、お客様には出せないわ」
「よろしく頼むよ」
「言葉はできるの?」
「だいたい理解しているようだ。話すのは下手だけど」
 礼子はホワイトに鎖を握られて、キャンピングカーから降りた。
 2本の足で立っている。人間らしくふるまっても怒られない。
「礼子、お風呂に入れてあげるわ」
 真っ赤な唇。真っ白な歯。魚を思わせる大きな目。美しい女性だった。
「ミシェルと呼んで」
「ミシェル」
「そう。ミシェル。なにかしゃべってみて。私にもわかる言葉で」
「すてき。すごい。気持ちいい」
「まあ」とミシェルは驚き、そしてクスッと笑った。「なるほどね。それだけ言えれば用は足りるってことなのね。確かにあなたは意見を言える立場じゃない。拒否もできない」
 礼子はミシェルに裸を見られるのは恥ずかしいと思った。服を着せてくれたホワイトに感謝していた。荒々しいセックスで眠る暇もほとんどないほど酷使されてきたが、夫人たちとは扱いがまったく違うと感じていた。
「今日、お客様たちが来るから、きれいにしないとね」
 ミシェルは、妹に接するように礼子に優しく微笑み、浴室へ連れていった。
「まあ」
 今度は礼子が思わず声をあげた。
 円形のジャグジーを中心とした広い浴室は2方向をガラス張りの窓となって、広大な緑の敷地を見渡せる。
「夕日が沈むところなんて、みごとなのよ」
 ジャグジーには、真っ赤なバラの花が全面に浮いていた。
「さ、入りましょう。磨いてあげるわ」
 首輪と鎖を外されて、礼子は全裸になった。



★お嬢様はドM 第一部★
お嬢様1

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
少しドジなお嬢様・丸木戸恵梨香(20歳)がマゾの衝動にかられてじわじわと屈辱的な「ドMのゴキ」となっていきます。ブログ公開版に未発表の2エピソード追加。



★お嬢様はドM 第二部★
お嬢様1

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
お嬢様として育てられた恵梨香は、M性に目覚め執事の息子の遠隔調教を受けることに。執事夫妻、代理として屋敷に入り込んだ男、巨根の運転手、そして調教のプロたちから日夜、心身の限界まで責められていく。さらに大学の友人たち、婿候補の子息たちにも……。 未公表部分追加。


エピキュリアン1

今日のSMシーン
ブス(笑) 鼻フック顔面発射24人
ブス(笑) 鼻フック顔面発射24人




テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

アダルトエロ情報

HI白兔虎磊瞾奣

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

M男の人間便器動画

熟女M男文字コラ&ケバコラ@五十路熟女シングルマザーセリフ付きエロ画像

ブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

M女志願

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

刺若日記

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『亜由美』 堕ちるAとV 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 お嬢様はドM 亜由美灼熱編 妹は鬼畜系 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2019年9月21日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 女囚スパイラル
木曜日・金曜日
 クソな彼氏に殺されたい
土曜日・日曜日
 公園でいけないことをするクラブ
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

荒縄工房 淫美
 無料動画と荒縄工房の作品PR

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。




「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。



ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

あんぷらぐどTwitter(メイン)@tokyoindiessun
荒縄工房公式Twitter(サブ)@aranawakobo

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター「あんぷらぐど」
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です