FC2ブログ

バイオレンスツアー 38 おまえたちも、新たな家畜なんだよ

前回はこちらへ

 2つの檻は数本のベルトで荷台に固定され、上から黒い布をかけられた。
 それからどれぐらいの時間が経ったのか、ミシェルにも礼子にもわからなかった。水も食料も与えられず、ときどき、誰かがやってきて腕に注射をするだけで、姿勢を変えることも許されず、おそらく2日。
 トラックは走り続けた。
 後部が開き、黒い布が取り去られても、2人は到着したことさえ気づかずにいた。半ば失神していたからだ。
「ようこそ、砂漠の中のオアシスへ」
 まぶしい白い光がトラックの荷台に差し込んできた。
 背の高い黒人男が2人に告げている。
「今日から、おまえは2085だ。こっちのアジアの女は5427だ。おまえたちは番号で呼ばれることになる」
 その男は黄色い蛍光マーカーで、礼子の尻に#5427と書いた。ミシェルの尻にも番号を書いた。
 2人は口をディルドで塞がれて言葉も出ない。
「すてきな砂漠だろう! ここは地獄。だが、屋敷はまさに天国。屋敷を出たら即、死が待っている。サソリ、毒蛇、毒蜘蛛、それに見ろ、あの太陽。あんな強烈な太陽、見たこともないだろうな、お前達は。この過酷な自然に裸で放り出されたら3日と生きていられないだろう。運良く生きたとしても辿り着けるのは、高さ5メートルのフェンスだ。高圧電流が流れている。触れば焼け死ぬ。よかったな。黒焦げになって死ねるんだ。フェンスの近くにはセンサーと監視システムがあるので、居場所がわかったら私たちはドローンを飛ばす。フェンスに触らなくても、どっちにせよ、お前達は苦しみながら死ぬんだ」
 なにを言っているのか、2人には頭に入るはずもない。
「おっと、申し遅れた。私はこの屋敷の執事、ボルトンだ。ここはソランド家の所有する砦。城。ソランド家は代々家畜で財をなしてきた。おまえたちも、新たな家畜なんだよ」
 しだいにミシェルも礼子も状況を把握しはじめた。
「エド君だっけか。彼はジェイソンと呼ばれる家畜の捕獲を仕事としている男に助けを求めた。2人で組んで27番を取り戻したのだ。85番は命が助かっただけでもありがたいと思うんだな。すでに礼金は支払われ、エド君はどこかへ旅立ったよ。新たな家畜を探しにね。ジェイソンはこれまでも家畜を送り込んでくれているんだ。いまも、5169がいる。番号の意味? そんなもの知る必要はない。前の2ケタと後ろの2ケタは意味が違うのだが……。いつもは下2ケタだけで呼んでいる。85、27。わかったか」
 返事など期待されていないのだろう。
「家畜たちは短命なので、常に補充が必要だ。これまでもひどい目に遭ってきたかもしれんが、ここではとてもハードにお前達を扱うことになる。つまり、ここで死ぬのだ。ハハハハ」
 27と呼ばれても礼子にはピンと来るはずもなかった。
 早くこの状態から解放してほしかった。2本のディルドを押し込まれ、2頭とも汚物を足元に垂れ流したままになっていた。喉はカラカラで、ときどき意識が遠くなっていく。
 ふと気づいたときは、泣き叫びたい衝動しかない。トラックの中で2頭はうめき、泣いた。
 大型のフォークリフトが、2人の檻が固定されているパレットごとトラックから引き出していく。そのエンジン音を上回る、壮絶な咆哮が砦とも呼ばれる屋敷から聞こえてくる。
 灼熱の日差しの中に引き出された2頭は、異臭を発しながらどっと汗を吹き出していく。
 フォークリフトが向きを変えると、礼子たちにも砦が目に入った。あたりは平坦な砂漠で、枯れたような草が転がっている。そして正面の砦は、灰色に光る石の壁だった。窓はない。
 フォークリフトがゆっくりと壁に向っていく。5階建てほどもある壁が迫ってくる。
 その壁の左端に鉄製の扉があった。あまりにも小さく見える扉だったが、左右に開くと大型フォークリフトが入るぐらいには大きかった。
 壁を抜けるといっそう、咆哮は大きくなり、異臭も強くなった。
 世界は一変した。
 緑の芝生が張られ、上には柔らかな曲線を描く半透明の巨大な屋根があった。太い鉄骨に支えられた屋根は、強い風にも耐えられる丈夫な素材で作られた、巨大な帆船の帆のようだった。いまにも飛び出すのではないかと思える巨大な三角で、それを斜めに外に張り出す三本の白く塗られた鉄柱で三方向に引っ張っていた。
 草原は、ゆったりとした窪みを経て、その向こうの屋敷に続いていた。それも異様な建物だった。真四角な箱のようで、窓がよく見えない。
 フォークリフトがゆっくりと大屋根の下を下っていく。近づくと徐々に、建物には窓があることがわかる。むしろ全面ガラス張りといってもいい。それが真っ黒で光を反射しないフィルムのようなもので覆われているのだ。
 窪みに降りたフォークリフトは遠回りをするように蛇行するコンクリートの道を辿って建物へ向っていく。
 すると、窪みにおりたときに、外と隔てる巨大な壁や、草原の緩やかな下り傾斜のそこかしこに、穴が見える。
 獣の咆哮は、その穴から響いてくるのだ。
 もし礼子にまだ多少でも意識があって、そこを凝視する余力があれば、穴から微かに覗く光る目と牙が見えただろう。
 フォークリフトはゆっくりと上昇し、砦に近づく。建物にぶつかる寸前に停止した。リフトが高く上昇する。2階ぐらいの高さまで上がると、建物に小さな隙間が開いて、強い風が吹き出す。2匹は思わず目をつぶる。エアカーテンだ。
 檻ののったパレットがその隙間に入り込んでいく。
 礼子は目を開けたが真っ暗だった。背後でフォークリフトが去って扉が閉じた。
 エアカーテンも止まる。ヒンヤリした空間には、外の異臭も熱風もない。ロボットアームが檻をパレットに固定しているベルトを外し、檻を押し出す。ベルトコンベアにのった檻は、ミシェル、そして礼子の順で急な斜面を下っていく。
「ぐあああああ」
 ミシェルが先に悲鳴をあげた。
 そして礼子も。
「ひいいい」
 すぐにその声は消える。檻ごと、真っ暗な中、液体の中に沈み込んでいったのだ。
 グワーンと工場のような音がすると、液体は激しく動きはじめた。
 ザーッと水がこぼれていく音とともに、ライトがついた。
 殺風景なコンクリート造りの部屋だった。
 びしょ濡れになったミシェルと礼子。汚物の洗い流された檻の中で、必死に息を吸っていた。
 強烈な熱風が2人に襲う。
 再び息ができなくなった2人だが、たちまち乾いていく。
「あああああっ」
 今度は皮膚が赤くなるほど、焼けていく。
 突然、熱風が止まり、冷風を浴びせられる。
「ひいいいい」
 これが家畜の扱いなのだろう。
 乾燥した体。冷風は彼女たちのためではなく、熱した檻を冷ますためなのだった。
 2つの檻は、ベルトコンベアから腰ほどの高さの台に乗り上げていた。
 ボルトンが2人の黒人を連れてきた。屈強なボディーガードのようだ。Tシャツもズボンもパツパツだ。
「やってくれ」
 男たちは慣れた手つきで、檻の金具を外して行く。前面のパネルが外れ、口に咥えさせられていたディルドともども、床に置かれる。
「はあはあ」
 ミシェルも礼子もようやくまともに呼吸ができる。外れそうな顎。簡単には閉じない。強ばった顔。
 首輪を支えている鎖はそのままなので、自由はまるでない。
 男たちは無表情でワイヤーを彼女たちの口に横に差し込み、そのままぐいっと上に引き上げた。
「あわっ」
 顔が上を向く。檻の天井に目がいく。その苦しい姿勢のままワイヤーが特殊なストッパーで檻に固定された。
 もう1本のワイヤーを口に入れると、それを今度は檻の床の金具に引っ掛けて絞り上げた。
「ああああああ」
 大きく口を開いたままにされる。ワイヤーはとても細いもので、2人の糸切り歯の後ろあたりにめり込んでいる。
 クリップのような装置を上唇に装着してめくりあげる。
 このとき、はじめて礼子たちは、男たちが薄いゴム手袋をしていることに気づいた。手袋は肘までカバーしていた。
 薄暗い部屋だったが、ボルトンが強いスタンドライトを持ってきて、彼女たちの顔に浴びせた。



★『安里咲1』★

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
Kindle版はこちらへ
亜由美の拷問実験を目撃させられた美しき女子大生・安里咲。後継者として目をつけられ、女子寮のペットに。寮長たちによる過酷な調教が彼女を被虐の快楽に引きずり込みます。


★『安里咲2』★
arisa2100100.jpg
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
Kindle版はこちらへ
完結編。休む間もなく徹底した調教の果てに辿りついたものとは……。恥辱にまみれた公開調教から東欧の古城で繰り広げられる拷問ショーへ。


エピキュリアン1

今日のSMシーン
鬼兄~家族の肉奴隷に落ちた清純妹~ 桃咲ゆり菜
鬼兄~家族の肉奴隷に落ちた清純妹~ 桃咲ゆり菜




テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

緊縛のススメ ~ Intoxicated in Kinbaku ~

アダルトエロ情報

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

アダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

M男の人間便器動画

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

M女志願

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

アダルト動画ニューハーフ特集!

刺若日記

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

SM、スパンキング

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

妹は鬼畜系 メロー・マッドネス コラム「エロの風景」 小説『亜由美』 コラム「淫具の夢」 Mの双眸 堕ちるAとV お嬢様はドM 自縛霊ワケありなんです! 家畜教師 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 亜由美灼熱編 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 コラム「SとMの会話」 小説『堕ちる』 コラム「昔の話」 

検索フォーム
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

あんぷらぐ

Author:あんぷらぐ
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐ(あんぷらぐど、あんP)に、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載の目安

※2020年7月14日からは下記の作品を掲載します。
『荒縄工房短編集』
『奈々恵の百日(続・許諾ください)
『お嬢様はドM3(完結編 期間限定Ver)』
『新版 共用淫虐妻・千春(期間限定Ver) 』
『妹は鬼畜系R(期間限定Ver)』
 随時、短編、コラム。
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)など。

……

ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

荒縄工房 淫美
 無料動画と荒縄工房の作品PR

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐのエロなしブログ。




「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。



ペンネーム「あんぷらぐ」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。
2019年「あんぷらぐど」表記から「ど」を取って「あんぷらぐ」へ改名。

あんぷらぐTwitter(メイン)@tokyoindiessun
荒縄工房公式Twitter(サブ)@aranawakobo

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター「あんぷらぐ」
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です