FC2ブログ

バイオレンスツアー 39 歯を引き抜きはじめた

前回はこちらへ

 男たちは上の前歯を指で触った。
 長時間、固いディルドを噛んでいた。しかも移動中、激しい振動を受けていた。そもそも、ミシェルも礼子も、栄養状態は通常の同じ年齢の女性に比べれば劣悪で、他人の汚物を大量に食べさせられていた経緯もあった。
 そのため、前歯はどれもグラグラになっている。歯ぐきは腐りかけている。
 男は無表情にヤットコを手にすると、それで歯を引き抜きはじめた。
「ぐえええええ」
 2匹のうめき声や、あふれ出る血など、そこにいる男たちはまったく気にしていない。
 あっという間に上の歯をすべて引っこ抜いてしまった。いまやワイヤーは歯ぐきにめり込んでいるのだが、その歯ぐきは熟れすぎたトマトの果肉のようになったいた。
 細いノズルのついたホースでそこを洗うと、薬をべったりと塗りつけていき、最後に柔らかなシリコン素材のマウスピースのようなものを被せていく。ワイヤーはまだ外さない。
 次に下顎の歯だ。
「きいいいいい」
 礼子に比べればまだ健康的だったミシェルが泣き叫ぶ中、すべての歯が除去されていき、マウスピースに置き換えられた。
 接着剤が塗布されていたのだろうか。その安定度を乱暴に確認してから、ようやくワイヤーが引き抜かれた。
「があああああ」
 柔らかな歯ぐきにめり込んだワイヤーに、彼女たちは身もだえしながら泣き叫ぶ。
 ボルトンが新しい道具を用意する中、男たちは檻の後方を外していった。
 ようやく、ヴァギナとアヌスを責め立てていた2本のディルドが引き抜かれていった。
 こちらも、振動や2匹の動きなどによって、穴を完全に開いてしまっていた。
 そこも水で洗う。ホースを奥まで入れての洗腸、そして膣洗浄が丁寧に行われ、薬が塗られていった。
 男たちはその都度、手袋を使い捨て、新しいものに交換している。
 手慣れた動作だった。
 尿道口のチェックと洗浄に、2匹は激しく体を震わせていたが、それも終わったとき、ほぼすべてのチェックが終わったはずだった。
 しかし次に再び顔に向うと、目のチェックをし眼薬を大量に入れていった。耳の穴にも液体を入れて洗浄する。鼻もノズルを入れて洗った。
「これは、私の仕事だ」
 ボルトンは手袋をつけずに、電気コテを手にした。細い金属の線も手にする。
「これは、ちょっと痛いぞ」
 うれしそうにそう告げると、ミシェルの黒光りしている尻に向った。
「ぎゃわあああああ」
 コテで肌を焼いて、彼女の番号である2085を刻む。
 それで終わりではないのだ。今度は、その上に金属の線を熱したコテにあてて溶かしながら注ぎ込んでいく。
「ぐえええええええ」
 歯のないミシェルは、歯をくいしばることができない。マウスピースは柔らかく、噛み合わせが頼りなく、しかもまだ歯を抜かれた直後で痛いばかりだ。
「よし。数日でこの金属は体が拒絶して外れてしまうだろうが、傷はしっかり深く刻まれて、当面、役に立つだろう」
 同じことを礼子にもする。
「ひぎいいいいい」
 甲高い悲鳴に、思わず男たちも笑ってしまう。「まるで子供だな」と。
 礼子の尻にも、銀色の輝く5427が埋め込まれた。その周辺は火ぶくれし、酷い火傷になっている。白い肌なので、黒く、そして赤く腫れた皮膚がよくわかる。
「とりあえず、これで向こうに持っていけるな」
 男たちは点滴を用意しており、2匹はしばらく大量の液体を血管に注ぎこまれていった。
 すぐに檻からは出してもらえないのだ。
 2時間ほどだろうか。点滴も終わり、さまざまな痛みが鈍くなってきた頃に、ボルトンが戻って来た。男たちもいる。
「行くぞ」
 礼子は無気力だった。檻から出されて、新たなソフトな革の首輪をつけられ、上半身をクロスするようなハーネスを装着された。手枷も軽く柔らかな革ベルトになり、ハーネスの腰のあたりで金具に留められて手を拘束される。足は自由だ。
 ミシェルも同じように拘束しなおされた。彼女の顔は歯を強引に抜かれたことでかなり腫れていた。礼子は自分もそうなのだろうと感じていた。
 全身が発熱で怠い。
 首輪には太い赤い縄のリードがつけられた。男たちに引っ張られて、その部屋を出ると、まぶしい光に満ちた部屋に出た。
 見上げるとドーム状の屋根には、星空が映し出されている。いくつもの照明が床や壁を明るく照らし出すのだが、殺風景な円形の部屋だった。
 しばらく見ていると、星空はホンモノではなく、投影されたものだとわかる。
 天井の高さと部屋の広さのせいでスケール感覚がおかしくなるのだが、中央に巨大な醜い生き物がいた。
「うううう」とその生き物が吠える。真っ赤な髪を振り乱し、巨大な乳房を揺すっている。鬼のような形相だが、女なのだ。
 身長は2メートルを超えている。体重は200キロぐらいありそうだ。二の腕や太ももは礼子たちの胴体ぐらいある。礼子の体と彼女の右足1本が同じぐらいではないか。
 全裸なので腹部の肉割れがはっきり見えている。
「ハハハハ」と笑う。
 礼子たちに見せるように、後ろを振り向く。
「えっ!」
「はっ!」
 なにが起きているのか、2人はとっさにわからない。
 巨大なお尻の間から人間が生えている。気の毒なほど細い体の女が、人形のようにぶらさがっている。その頭部は尻に埋まっていて見えない。
 巨大女が尻を左右にふると、ぶらんぶらんと痩せた女体が左右に大きく振れる。
「いひい!」と妙な気合いを入れた巨大女は、中腰になった。
 異臭が先に漂い、次に細い女体が床に落下した。続けて大量の汚物が落ちていく。
「ここは、グレダ様のおトイレだ」
 ボルトンはきわめて冷静に言う。
「あそこに落ちているのは、先に売られてきた69番。27番と同じ人種だ」
 信じられないことだが、69番は完全に頭部を巨大女の肛門に入れていたのではないだろうか。礼子は漠然とそう思った。
「さっさと仕事をしな!」
 グレダが怒鳴ると、その声がドーム天井に反射し、まさに雷のようだ。
 汚物の中の女は、よろよろと立ち上がる。
「千代絵……」
 礼子はそう言おうとしたのだが、歯を抜かれ、奇妙なマウスピースをつけられて、まともな言葉にはならない。
 丸坊主で痩せた女は、必死に立ち上がると、床の一部を開けて、そこに汚物を落としていく。さらに床に這いずってなにかを操作すると、金属の三角錐が現れ、尖端から勢いよく水が噴き出す。
「ああ、気持ちいいわ」



★小説『堕ちる』特別編★
堕ちる1

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
Kindle版はこちらへ

OLが自虐の果てに見たものとは? ブログ連載を加筆修正の上、未公開の原稿を追加しました。主人公は壮絶な自虐癖から拷問ののちに人間ですらなくなっていく……。



★小説『堕ちる』Part2 シークレット・バージョン★
堕ちる2

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
OLが拷問地獄に堕ちる『堕ちる』の別バージョン(「小説『堕ちる』特別編」の続編ではありません)。初出時にあまりの描写に小説掲示板から削除されてしまった部分などを復活。お読みになる前に「体験版」などにある「ご注意」をご確認ください。


エピキュリアン1

今日のSMシーン
素人マゾFILE 奴隷No.2 ゆり(仮名)27歳 自ら調教志願してきた性癖異常のアブノーマル敏感マダム
素人マゾFILE 奴隷No.2 ゆり(仮名)27歳 自ら調教志願してきた性癖異常のアブノーマル敏感マダム


テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

HI白兔虎磊瞾奣

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

M男の人間便器動画

熟女M男文字コラ&ケバコラ@五十路熟女シングルマザーセリフ付きエロ画像

ブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

M女志願



Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

刺若日記

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『亜由美』 堕ちるAとV 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 お嬢様はドM 亜由美灼熱編 妹は鬼畜系 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2019年9月21日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 女囚スパイラル
木曜日・金曜日
 クソな彼氏に殺されたい
土曜日・日曜日
 公園でいけないことをするクラブ
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

荒縄工房 淫美
 無料動画と荒縄工房の作品PR

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。




「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。



ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

あんぷらぐどTwitter(メイン)@tokyoindiessun
荒縄工房公式Twitter(サブ)@aranawakobo

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター「あんぷらぐど」
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です