FC2ブログ

小説 官能アドレセンス 27 怖いわ、なんだか

前回はこちらへ

 おそらく蓋をしてしまって、なにも受け付けなくなっているのではないか。
 愛は無限だとか、果てしないとか、歌の言葉ならいくらでもありそうだけど、それはあくまでも愛する特定の誰かとの間の話で、博愛主義の愛とは違う。
 その愛とこの愛を一緒にしてしまうのは、私には納得できない。もしも、他者に愛を注いでいるとしたら、すでにこちらとの愛は終わっている。そういうものではないのだろうか?
 ふと、なにも受け入れられないのだとしたら、私はどうして亜希江の愛撫で感じてしまったのか、と疑うのだが、それにいま、答えを見つける気持ちにはなれないのだ。
 休憩中、三々五々、客たちは縁側に用意されている飲み物をとったりトイレに行ったり、談笑している。
 芳純と芳清は縄を片付けながら、なにかを話し込んでいる。
 望月夫人は、紀里夫と亜希江に浴衣を渡して、そのまま別室に連れていく。着替えさせるのだろう。トントンと階段を上がっていく。
 あの場面で、紀里夫に「お疲れ様」とドリンクを持って行くのが愛だろうか。浴衣をそっと肩にかけてあげるのが愛だろうか。それがポリアモリーを理解した女としての、内縁の妻としの姿だろうか。そしてナミスケにもニッコリ笑って「よかったわよ」とか声をかけるのだろうか。
 快楽をくれた亜希江を愛せよ、と言うのだろうか?
 そんな役割が期待されていたとしても、私にはできそうにない。
 自分の中の紀里夫への愛は終わったのだ。
 亜希江がなんと言おうと、この世界に自分から入っていくことはない。
 あまりにも違い過ぎる。わからなさすぎる。
 ああ、しかし……。
 いまほど孤独を感じることもなかった。
 私は京都まで来て、なにをしているのだろう。こんなところで、なにをしているのだろう。
 望月夫人が戻ってきた。芳清を連れて。
「大空さん、お飲み物は?」
「いえ」
 飲み物を拒絶し、芳清を拒絶したい。こんなときに、圧倒的な美の塊を押しつけられても困る。
「大空さん」
 芳清は薄い笑顔を浮かべた。
「紀里夫が会いたいって言うんだけど、どうします?」
 怖くて、そんなことできない。
 拒絶すべきだ、飲み物のように。
「せっかくここまで来てくれたんだから。少し、お話してみてくださいよ。僕からもお願いします」
 芳清は素直に頭を下げた。
 なにを話せばいいのか。
「とにかく、連れてきます」
 芳清は素早く動く。
 休憩時間が終わり、客たちは芳純の指導のもと、連れてきたパートナーを縛ってみたり、芳純に質問をしたり、ざわざわとした空間が生まれた。
 座って芳純たちのショーを見ていたのとは違い、ほとんどの人が立って動いている。
 そこに、芳清が紀里夫を連れて戻ってくる。
 紀里夫は少しすねたような態度で、私を直視しない。ジーンズにトレーナーを着て、お世辞にもかっこいい姿ではない。それは、黙々と品物にカメラを向けているときの彼の姿だ。
「ちょっと庭でも見て来いよ、な」
 芳清の方がずっと大人の態度だ。
 紀里夫は、イヤイヤらしいが、縁側からサンダルを突っかけた。私も大きめのサンダルであとに続く。
「こっち」
 紀里夫は、駐車スペースではなく、さきほど夫人とお茶をした奥の部屋の側へ歩いて行く。生け垣が濃くなり、小規模な日本庭園がある。池に注がれる水音。
 静かだった。
「いいの」と、私は先に声を出した。
 紀里夫が謝りそうだったか。
 謝られたら、余計に怒りがこみあげてきそうだった。
「お互い、好きなようにしようよ」
 私は池のほとりの飛び石にのって、小さな錦鯉が数匹いることを知った。鯉はパクパクと私の影に寄ってきた。人影をエサの時間と思うのだ。
 なんのエサも用意していないことが、後ろめたい。あげられない。そこに受容体があるのに、なにも渡すものがない。
「こんな風になるとは思わなかったんだ」
 紀里夫は私にというよりも、空気かなにかに語っていた。
「芳純から仕事を依頼されて、すごくうれしかった。来てみたら……」
 仕事だけではなく、昔の関係が再び熱く燃え上がったのだろう。
「写真、撮ったの?」
「うん」
 彼がどういう気持ちで出張したのか、どういう気持ちで書き置きを残したのか、いまさら聞いてもしょうがない。
 その時にはいいと思ったことも、あとで考えるとぜんぜんいいことじゃなかったなんてことは無数にある。その言い訳はそれほど重要ではない。
「今日は久しぶりに芳純に縛ってもらった」
 清々しい声で話す。
「昔の芳純は、身勝手で乱暴な男だった。何度もケンカしたし。これ以上は耐えられないと思うこともいっぱいあった」
 私は無関心を装う。
「それがね、すごく優しいやつになっていた」
 すーっと風が私たちを包んだものの、それによってなにか化学的な変化が起こるはずもなく、ただ時が少し過ぎた。
「芳純は3件ぐらい訴訟を抱えていたんだ。モデルさんから訴えられていた」
 物騒な話を紀里夫ははじめた。
「言いがかり的なものもあったけど、明らかに芳純にも悪いところがあった。彼はなにもかも失うところだった。奥さんの理解がなければ、とっくに消えていただろう」
 紀里夫を失ってから、つまり紀里夫が私との同棲に踏み切ってから、芳純は彼の悪い部分をさらに悪化させて、モデルに酷いことをしたのだ。さっき、彼は会員に言っていた。
「緊縛はそれだけで拷問となることを覚えておいてください」
 予め了解していたモデルでも、ここまでダメージを受けるとは思わなかった、と感じることはあるだろう。信頼を損なえば、訴えられても仕方がない。緊縛をする者は、そういうリスクを持ってもおかしくはない。
 亜希江のAV出演でも同じことは言える。3本同時に契約し、そのうちの1本は拷問シリーズだ。予め十分に説明を受けて、安全を配慮して撮影したとしても、その後に身体的にも精神的にも思わぬダメージを受けたら、それを誰がどう補ってくれるというのだろう。
 そういうことが好きな女なのだから、と言われても、世の中、それでは通用しないに違いない。
 行きすぎた暴力、暴言はそのままハラスメントにもなる。
 芳純は、しばらく大人しくしているしかなく、ようやく和解を経て復帰し、それがあの私に送られてきた写真集であり、写真展だったのだ。
「怖いわ、なんだか」
 ふとつぶやいていた。
「なにが?」
「なにもかも」
 愛も怖い。緊縛も怖い。ポリアモリーも怖い。自分も怖い。



★縄味1★


DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
若き人妻は「なわみ」というハンドルネームで緊縛写真をネットで見るようになり、写真展に立ち寄ります。そこでカメラマンにモデルに誘われる。顔出しNGで緊縛モデルのテスト撮影をしたところ、唯一顔の写っていた写真がネットに流出。義兄の目に止まってしまう。



★縄味2★


DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
「縄奴隷なわみ」として義兄に脅され恥辱にまみれたデビューを強要される。野外での撮影会で人妻奴隷の限界を超えてしまい、残酷なショーに出演することに。哀しくも完全奴隷化されていく。



エピキュリアン1


今日のSMシーン
天使もえ S1 8時間ベストVol.4
天使もえ S1 8時間ベストVol.4


テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

HI白兔虎磊瞾奣

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Tataのアダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

M男の人間便器動画

熟女M男文字コラ&ケバコラ@五十路熟女シングルマザーセリフ付きエロ画像

ブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

M女志願



Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

刺若日記

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

小説『亜由美』 堕ちるAとV 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 お嬢様はドM 亜由美灼熱編 妹は鬼畜系 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 小説『堕ちる』 

検索フォーム
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2019年9月21日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 女囚スパイラル
木曜日・金曜日
 クソな彼氏に殺されたい
土曜日・日曜日
 公園でいけないことをするクラブ
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「コラム」


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

荒縄工房 淫美
 無料動画と荒縄工房の作品PR

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。




「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。



ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

あんぷらぐどTwitter(メイン)@tokyoindiessun
荒縄工房公式Twitter(サブ)@aranawakobo

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
ツイッター「あんぷらぐど」
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です