FC2ブログ

妹は鬼畜系R(期間限定) 37 終の棲家

前回はこちらへ

 テールゲートに載せられ、グイーンと荷台へ。そしてぼくたちは剥き出しの荷台にいくつものベルトで固定されました。
 裸の男女が檻に入れられて荷台にいる……。隠すことなく、なにもかも見える。もっとも、ぼくのあそこは人間のものには見えないぐらい腫れて赤青紫のまだら模様。ぼくたちの皮膚もあちこち痣や傷跡だらけなので、本当の人間だとは思えないかもしれません。
 そもそも、大して動けないので、作り物にしか見えないでしょう。
 冷たい空気を浴びながら首都高を突っ走ります。
「ガハッ!」
 ついに最高電圧を浴びて、ぼくたちは失神しそうになりました。ジーンと全身が痺れ、吐き気と浣腸を漏すような感覚はあったものの、実際には漏れていません。
 死にたくなる苦しみ。
 高速を降りると、風が温く感じます。潮風でしょうか。海鳥がぼくたちの上を旋回して「アホー」と鳴いています。たしかに、ぼくたちはアホだ。バカだ。奴隷だ……。
 ブタのマスクが苦しいく、涙や鼻水や涎がたくさん中に溜っています。それがまたみじめさを強調します。
 ケイ様。おねがいです。もうこれ以上、酷いことは……。
 どうせ、するんでしょうね。
 ガタガタの道を速度を落とさずに突っ走るので、ぼくたちは電撃を浴びたり、突き上げられたり、ヨコGに振り回されたりと檻の中でボコボコにされている感じです。
 ようやく停車すると、テールゲートに移されます。
 砂浜です。
 海です。
 太陽がまぶしい……。紫外線豊富です。ぼくもミチコも無防備に紫外線を素肌にいっぱい浴びています。
 手枷、足枷がようやく外されました。
 ぼくたちは、檻から引っ張りだされて温かな砂地に倒れ込みました。
「だらしねえな」
 ジェフたちに蹴られます。ですが、長時間の高速いや拘束、そして浣腸と電流でクタクタなのです。全身が痺れて、頭もボウッとなって使い物にならない状態です。
 首輪にリードをつけられ、ケツを蹴り上げらながら砂の上を這わされます。マスクの小さな穴と目がズレてしまい、極端に視野が狭いのです。
 だけど直している間がありません。首吊り状態になるほど早くやつらは走り出し、ぼくたちは必死に追うだけです。
「やったー、海だぞー、海だ!」
 はしゃいでいて、楽しそうですが、ぼくたちはやっぱり波打ち際で力尽きます。
「はい、おまえたち、自分でプラグを抜いていいよ。出してごらん」
 ケイ様のご命令。
 気力はないですが、海水に体を洗われて少し元気になりました。海水浴をするには冷たい海。
 指先に力が入りませんが、なんとかポンプを探り当て、空気を抜くことに成功。ケイ様が驚くほどバルーンを膨らませたことを知ってゾッとします。お腹の中でどれだけ膨らんでいたことか……。
 空気が抜けていくとそれだけで圧迫感はかなり減り楽になっていきました。すると浣腸の苦しみが大きくなり「があああ」と声をあげながらお腹が自分のものではないかのように蠕動するのを感じると、ズルズルと太くて長いプラグが押し出されていきます。
「くうううぅう」
 悲しいことに、ケイ様に仕込まれてしまったアヌスはこのとき、極上の悦楽の中にいるのです。深く沈められたあと、ようやく水面に飛び出し、まぶしい陽光と冷たい風と新鮮な酸素をいっぱい感じたときのように、ぼくは浣腸液によって馴らされてしまった腸が中にあるものをギューギューと最後の一滴まで絞り出そうとする苦悶を、甘酸っぱい快楽として受け止めてしまうのです。
 長いこと自分だけで楽しんでいたのでしょうか。
 気付くと、ミチコが苦悶していました。彼女は自分でアナルプラグを外すこともできないでいたのです。
「夫唱婦随ってやつ?」
「ドマゾの本能ってやつ?」
 ケイ様たちにからかわれますが、ぼくはミチコのポンプを操作して空気を抜いてやりました。
 ぼくよりもかなり小さいお尻。小柄だからか、ボリュームのあるお尻なのですが、全体が小さい。かわいい。そこにぼくと同じ太さの狂暴なアナル拡張用プラグが突き刺さっている姿は、哀れです。
「うううううう」とぼくが声をかけても、彼女は苦しそうにしているだけ。
 ゆっくりと引き抜いてあげます。安心して、ゆっくりやれば大丈夫だからね。
 長時間入っていたからでもあるし、彼女のアヌスがぼくほど大きくなっていなかったこともあって、ワインのコルクのようにビシッと入ってしまっているので空気が完全に抜けてもすぐには動きません。
 ゆっくりと左右にねじりながら、固くなっているアヌスをほぐすようにして引き抜きます。
「がうううううう」と彼女も吠えます。
 ケモノ夫婦です。言葉を発することも許されないのです。
 片手をお尻にあてて、片手でプラグを引き抜いていくと、少し安心できたのは太さは同じでも彼女の拡張プラグはぼくの半分ほどの長さでした。ボコッと抜けて、どばどばと広がった肛門から汚物があふれ出ます。
「あうううう」とぼくが声をかけます。もっと力を入れて! そうしないと残っちゃうよ。残るとあとで苦しいよ。
 でも頭をふって「いやいや」をしているミチコ。おまえもマゾなんだな。感じちゃってるんだな、と思いつつ、お腹を手で揉むようにしてあげるとビューッと奥から噴き上げてきます。それを波が洗っていきます。
「美しいわ。これほど感動するとは思わなかった」とキイコ。
「うん、ほんと、よかったね」とヨシミ。
 なにがいいものでしょう。なにが美しいのでしょう。単なる奴隷の排泄。苦しみながら、汗だくになりながら、みっともない姿を晒しながら……。
 ああ、でも、これがもしかして幸福なのでしょうか。
 いまこの瞬間、ケイ様がいなかったら。キイコやヨシミがいなかったら。ジェフたちがいなかったら。ミチコがいなかったら。
 みっともないぼくを見て笑ってくれる人たちがいなかったら……。
「これで洗うよ!」
 ケイ様がなにかを海中に投げ込みました。小型の排水ポンプ。海水を吸い上げてかなりの勢いで噴射します。長いホースがついていて、その先をぼくのお尻に向けたのです。
「うああああああ」
 冷たい海水がぽっかりと開いたお尻にジョボジョボと注がれます。
「安心して。特殊なフィルターつけたからね」
 ケイ様の言っている「安心」の意味はよくわかりませんが、おそらく海水に含まれる不純物、異物、生物などを排除してくれているのだろうと信じるしかありません。
 濃い塩水が爛れた腸に染み込んで、強烈な刺激が脳髄を溶かします。
「うういいいいいい」
 その場にうずくまって、お尻を高く上げるしかありません。
「そっちもよ」
 キイコに頭を踏まれて、ミチコも波打ち際でお尻を高く上げた状態にさせられます。
 ぼくの次に海水を注がれて悲鳴を上げています。感じた以上に強く大量の海水がお尻に浴びせられていたことがわかりました。あんなに……。
 ぼくとミチコは物でしかないのです。
 物にしていただいてありがとうございます。ぼくはひたすら涙していました。ありがとうございます、ありがとうございます……。
 どうかしてしまったわけですけども。
 海水で洗腸されたあと、ぼくたちは砂だらけになりながら四つん這いで歩かされました。
「ここがあんたたちの終の棲家よ」
 終の棲家。それは、生をまっとうするまでいる場所のことです。
「トーチャークラブじゃないの?」とダイスケ。
 彼らもあそこを知っているのです。
「トーメンターになれたら、ここが私のトーチャークラブになるの。マイアさんたちが使っている場所なんだけど、私、ここを奴隷牧場にしていっぱい奴隷を飼って、いっぱい拷問しちゃうの!」
 ケイ様の宣言はとんでもなく恐ろしいビジョンです。
 私にはそれが見えました。何頭もの傷ついた白い肌を輝かせた男女。四つん這いでうろついている中、長い鞭を振り回すかっこいいケイ様。
 だけど、そこにはぼくもミチコもいません。敷地のハズレに小高い砂の丘があって棒切れが二本、立っているだけ。「タコの墓」と「ツボの墓」。
 ケイ様はそのとき、とんでもなく輝いてる大人の女性になっているのです。ああ、そのお姿、見たかった……。



★『隷徒1 聖香の章』★
reito100100.jpg
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンKindle版はこちらへ
シリーズ1作目。荒縄学園に転校してきた聖香。その性癖を暴かれ、退学が嫌なら隷徒として卒業を目指せと命じられる。だが隷徒は全裸で教員や生徒たちのあらゆる要望に応えなければならない……。表紙とイラスト1点・月工仮面。



★『隷徒2 姉妹の章』★
隷徒2100100
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンKindle版はこちらへ
シリーズ2作目。隷徒・聖香の恥ずかしい姿を目撃してしまった姉の翔子も引きずり込まれ、本性を暴かれて特別隷徒にされていく。捌け口として肉体をいじめ抜かれる姉妹。表紙とイラスト1点・月工仮面。


エピキュリアン1


今日のSMシーン




テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

緊縛のススメ ~ Intoxicated in Kinbaku ~

アダルトエロ情報

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

アダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

M男の人間便器動画

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

M女志願

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

アダルト動画ニューハーフ特集!

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

SM、スパンキング

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

あんぷらぐ

Author:あんぷらぐ
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐ(あんぷらぐど、あんP)に、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載の目安

※2020年7月14日からは下記の作品を掲載します。
『荒縄工房短編集』
『奈々恵の百日(続・許諾ください)
『お嬢様はドM3(完結編 期間限定Ver)』
『新版 共用淫虐妻・千春(期間限定Ver) 』
『妹は鬼畜系R(期間限定Ver)』
 随時、短編、コラム。
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)など。

……

ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

荒縄工房 淫美
 無料動画と荒縄工房の作品PR

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐのエロなしブログ。




「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。



ペンネーム「あんぷらぐ」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。
2019年「あんぷらぐど」表記から「ど」を取って「あんぷらぐ」へ改名。

あんぷらぐTwitter(メイン)@tokyoindiessun
荒縄工房公式Twitter(サブ)@aranawakobo

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
公式ツイッター
荒縄工房の更新情報、おしらせをお届けします。
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
ツイッター「あんぷらぐ」
著者の個人的な話。
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です
アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

妹は鬼畜系 メロー・マッドネス コラム「エロの風景」 小説『亜由美』 コラム「淫具の夢」 Mの双眸 堕ちるAとV お嬢様はドM 自縛霊ワケありなんです! 家畜教師 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 亜由美灼熱編 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 コラム「SとMの会話」 小説『堕ちる』 コラム「昔の話」