FC2ブログ

くされ作家のクズ箱 その41 溜飲を下げる

前回はこちらへ

24050702_20201004154043479.jpg

 くされ作家は、SM小説に魅せられて自分なりの作品づくりに没頭している男である。

 たとえば、「水戸黄門」「半沢直樹」「必殺シリーズ」「仮面ライダーシリーズ」「戦隊ヒーローもの」など、痛快な娯楽、と呼ばれるエンタメ分野がある。エンタメの裾野は広く、娯楽に徹したものから、世相を映し出して批判するもの、問題を提起するもの、考えさせるもの、深く心に残るものなどまでさまざまで、おそらくこういう点についてはハリウッド映画またはアカデミー賞のノミネート作品などに象徴されるほど、振れ幅は大きい。
 フィクションの創作側からすれば「これは完全な娯楽として作りました。他意はありません」と言える点がミソだ。最初から「批判をしたくて作った」「社会に一石を投じたい」といった意図があったとしても、それを表に出さずに娯楽化できればなおいい。
 なぜ意図を表に出さず、娯楽性を前面に出すのかといえば、その方がより多くの人に届く可能性があるからだ。
 Aを批判する、Aに反対する意図があるなら、Aを肯定し賛同する人たちは最初から消費しない。
 とくに批判や問題提起は、それを意識していない人に消費してもらわなければ意図を達成できない。批判、問題提起に同調している人たちはすでにわかっているので、いまさら娯楽をたっぷりまぶされていても、それほど楽しくはないのである。
 どんなアンケートでも「どちらかといえばA」とか「よくわからない」といったグレーの層があり、この人たちに少しでもAについてわかってもらうためには、娯楽性でくるむことはとても役に立つ。
 よくオブラートを喩えに出すのだが、私はむしろ糖分と色味だと思っている。
 同じように体にいい食べ物があったとしても、より糖分の多い方、より食欲をそそる色味の方がより多く消費されるだろう。
 洋食の店で、カレーとライスが別皿のときなどに、ライスの上になにかのせていることがある。レーズンは明らかに甘みを連想させる。チーズは濃厚さやマイルド感を連想させる。そしてどちらも白いご飯(糖質がある)の上に、色を添える。
 レーズンやチーズがあった方が、ないよりおいしいのかどうかは、実はご飯の甘み、カレーの味に左右されてしまう。それでも、見た目として「おいしそう」とか「食べたい」をさらに後押しする。同時に「うちの店ではこのスタイル」というイメージを打ち出せる。
 娯楽にはこのように、本質とは違う意味のさまざまな糖分、色味の工夫が施されるので、主義主張を気にせず、「おいしそう」「食べたい」という意思を強化させる。
 娯楽性がきちんとあれば、最後まで食べてくれる可能性は高まり、食べたあとの満足感につながる。その結果「また来たい見たい読みたい」と記憶に残ってくれるかもしれない。リピーターにつながるわけだ。
 落語の中には、説法、説話が元になっているものもある。たとえば僧侶が仏教とか道徳について人々に普及させたいと思っても、グレーの層には伝わらない。そこで、おもしろい話(おっかない話も含む)に仕立てることで、娯楽性を高めて浸透させていく。
 悪いことはできない、まじめに仕事をした方がいい、高望みの否定、現状の肯定などの道徳、倫理、因果の思想などなどを、おもしろい話に仕立てる。ハリウッドは夢や行動力を称賛した娯楽作品が多いのとは対象的だ。
 こうした娯楽の中でも子供向けは、より強力だ。子供が気付けば、それは親に伝わる。そして当人が成長すれば、その考え方を基盤として生きる。世の中を変える原動力となるかもしれない。または、日本的には世の中を変えないための原動力となるかもしれない。
 捻れていくのは、人間のやることだから仕方がない。逆賊の悪意を描いた作品も、いつしか体制側を批判する意図があるぞ、といった解釈もされる。痛快な極悪人、愉快な殺人者も登場するのが娯楽だ。
 娯楽性を高めると「こういう話で溜飲を下げているなんて」といった批判も呼ぶ。「おもしろかった」「スカッとした」と喜ぶ人たちに、冷や水を浴びせるのだ。「あんたたちはこんな娯楽で喜んでるけど、実はこの話には……」といった種明かしのようなものをしはじめる人たちもいる。
 その真偽はともかく、実は「溜飲を下げている人を批判する」行為そのものは、批判している人たちの溜飲を下げる行為でもある。
 溜飲の下げ合いである。
 娯楽をそのまま楽しんだ人も、ただ楽しんでいるだけで隠された意図に気付いていないと批判する人も、どちらも溜飲を下げることになる。
 だけど、娯楽は、溜飲を下げるためだけに存在するのではない。溜飲は、下げたい人が下げる行為だ。誰かによってさせられるものではない。
「あー、すっきりした!」と言える行為は、自分から求めて得られる行為だ。たまに掃除をしたりゴミを出すだけでも得られる。ただし、行為をする当人が意識しなければならない。
 こう言うと「そんなはずはない。私はまさかそういうドラマを観て、自分がスカッとするとは思わなかったけど、スカッとした」と言う人もいる。だけど、実際はドラマを観ただけでスカッとしているのではない。
 掃除だってやらされてイヤイヤやっていたら、なかなかスカッとはしない。「よし、やろう」と決めて、どこまでやるかも自分の裁量で決めて、ある程度のレベルまでやったら「すっきりした」と感じる。
 ドラマなどの娯楽も同じ。「あのドラマ、スカッとするよね」といった評判だったり、ウワサなどが広まり、潜在的に「スカッとしてみたい」と思う人をひきつける。あるいは予告編で、そのような人たちに興味を持たせるようなセリフなどが流れる。
「倍返し」といった決め台詞とか、いつも温厚な役の多い役者が、めちゃくちゃ怒っている表情などで、こうした「溜飲を下げたい」人たちを引きつける。
 もちろん、そういうものに無関心な人も多いので、まったく見ない人たちもいる。
 厄介なのは、見ていない人の中で「私はこのドラマは観ていませんし、金輪際、観る気もありません」と宣言して溜飲を下げるタイプもいること。これも娯楽の一つだ。
 娯楽性を批判する人、観ないことを宣言する人、どちらも溜飲を下げている。
 娯楽というものは、社会にとって触媒のように作用する。慰めたり、鎮めたり、考えさせたり、楽しい気分にさせたり、笑わせたりする。泣かせたり憤らせたりもする。主に情報面(こういうことをすれば、ああなるかも)と、感情面(喜怒哀楽)に作用する。
 ジェットコースターから得られる娯楽に政治性はないが、そこにジェットコースターが存在する点では政治性もあり得る。みなさんがジェットコースターで楽しむ娯楽と、ジェットコースター作りに命を燃やす親子を描くドラマを観るのとは、かなり違うが、どちらも娯楽は娯楽だ。
 同じ娯楽でも、前者(ジェットコースターに乗る)で溜飲を下げる人はいないかもしれないけど、後者(ジェットコースターをテーマとしたドラマ)ではあり得る。
 どちらも娯楽なのだから、楽しめばいい。または自分は楽しまないと宣言してもいい。こんなの娯楽じゃない、と批判してもいい。
 では、娯楽を提供する側はどうなのだろう。たとえばこのコラム。私はこれを書くことで溜飲を下げているのだろうか? おそらく、そういうことはないと思っている。でも、たぶん下げている。このコラムで溜飲を下げたければ、これほどの文字数はいらなかったに違いないが、それはゆっくりと、喉元を落ちて行く感触を味わいたいがため、かもしれない。
 
あんぷらぐのDVD紹介記事
 エピキュリアンさんでDVDの紹介記事を書かせていただいております。

奴隷誓約書 今井夏帆

解膣 みひな 鵺神蓮(緊縛師)


被虐のマゾ女優 藍川美夏調教記録

湯けむり天獄~縄情の宿~12 天縄鈴鳴 編 山井すず

チャレンジ!タイマー電マ みおり・さくら・ゆりな

すべての記事リストは「荒縄工房 SM研究室」へ。


(協力:エピキュリアン ラバーレオタード



★お嬢様はドM 第一部★
お嬢様1

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
少しドジなお嬢様・丸木戸恵梨香(20歳)がマゾの衝動にかられてじわじわと屈辱的な「ドMのゴキ」となっていきます。ブログ公開版に未発表の2エピソード追加。



★お嬢様はドM 第二部★
お嬢様1

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
お嬢様として育てられた恵梨香は、M性に目覚め執事の息子の遠隔調教を受けることに。執事夫妻、代理として屋敷に入り込んだ男、巨根の運転手、そして調教のプロたちから日夜、心身の限界まで責められていく。さらに大学の友人たち、婿候補の子息たちにも……。 未公表部分追加。


エピキュリアン1

今日のSMシーン






テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

緊縛のススメ ~ Intoxicated in Kinbaku ~

アダルトエロ情報

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

アダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

M男の人間便器動画

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

M女志願

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

アダルト動画ニューハーフ特集!

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

SM、スパンキング

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

若狭と雫(緊縛と首絞め)

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

あんぷらぐ

Author:あんぷらぐ
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐ(あんぷらぐど、あんP)に、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載の目安

※2020年10月20日からは下記の作品を掲載します。
『インサイドアウト』
『奴隷未満(期間限定Ver)』
『荒縄工房短編集』
『奈々恵の百日(続・許諾ください)
『お嬢様はドM3(完結編 期間限定Ver)』
『新版 共用淫虐妻・千春(期間限定Ver) 』
 随時、短編、コラム。
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)など。

……

ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

荒縄工房 淫美
 無料動画と荒縄工房の作品PR

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐのエロなしブログ。




「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。



ペンネーム「あんぷらぐ」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。
2019年「あんぷらぐど」表記から「ど」を取って「あんぷらぐ」へ改名。

あんぷらぐTwitter(メイン)@tokyoindiessun
荒縄工房公式Twitter(サブ)@aranawakobo

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
公式ツイッター
荒縄工房の更新情報、おしらせをお届けします。
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
ツイッター「あんぷらぐ」
著者の個人的な話。
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です
アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

妹は鬼畜系R 妹は鬼畜系 メロー・マッドネス コラム「エロの風景」 小説『亜由美』 コラム「淫具の夢」 Mの双眸 堕ちるAとV お嬢様はドM 自縛霊ワケありなんです! 家畜教師 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 亜由美灼熱編 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 コラム「SとMの会話」 小説『堕ちる』 コラム「昔の話」