FC2ブログ

インサイドアウト 第二話(その1) 今度の土曜日

前回はこちらへ

「それで、どうでした?」
 直人は待ちかねたように、オフィスにやってきた真津美に話しかけていた。
「すごかったわ」
 タートルネックの薄いセーター。長袖だ。しかもその手首には袖の色に合わせた濃紺のリストバンドのようなものが見え隠れしている。スーツパンツで足元も見えない。
 少し痩せたのかな、と頬がこけているように直人には見えた。得体の知れない影のようものをいつしか真津美は背負っているようだ。
 真津美は新しい世界を得て、気分は高揚している風だ。
 ヤリ部屋での二十四時間。土曜の昼から日曜の昼まで。あの恐ろしく、とんでもない時間が、またいずれやって来る。そう思うだけで、頭がボウッとなりそうだった。
「若鮎なんですけど。みんな、またやりたいようですよ」
「うーん」
 頭を仕事に切り替えていた真津美は、冷たく「ないなー」と答えた。
 死をも予感したあの時間を経て、元に戻れるとは思えないのだ。
 以前は、先の尖った錆びた鉄棒を握りしめ、雷鳴と雷光に満ちた荒野を歩く自分の姿を夢想していた。そして突然、鉄棒から強烈な電流を受けて体が裂け、焼け焦げて絶命するのだ。
 しかし、新たな経験のあとに、そのイメージは修正された。錆びた鉄棒は、荒野の小高い丘の上に垂直に立てられ、自分はその鉄棒に串刺しになっているのだ。手は後ろ手に縛られ、足は鉄棒の根本に縛られているのだが、がに股にされている。みっともない姿。鉄棒の鋭い先端は肛門から入って内臓を破壊し、喉を抜けて口から飛び出している。その苦悶の姿は雷が落ちてくれるまで続く。
 鈍い銀色だった空が、しだいに邪悪な黒い雲がどこからともなく押し寄せてきて、昼でも真っ暗になる。ゴウゴウと凄まじい雷鳴に地面も鉄棒も振動し続ける。見渡す限り、周辺に稲妻がいくつも走る。いよいよ自分の番が来る。そのとき、鉄棒の先端に稲光が吸い寄せられていく瞬間を、目の前で見ることになるだろう。それが最後に見る光景になる……。
 直人はタートルネックの縁に、かなり赤みがかった真津美の肌を見た。
 傷ついている。どんなことをされたのか知らないが、平気で仕事をしている。楽しい週末を過ごし、気合いを入れて来たように見える。
 それでいて、彼女の肉体はこのフロアにいる誰よりも無惨に汚れ、傷ついている。
 その遊びは極めて危険なものだが、それは一千万円ぐらいするスポーツカーで首都高を走り周り、かつて川の底だった道路で時速三百キロを出すのとそれほど変わりないスリルなのかもしれない。
「あの会のメンバーを集めるのに二ヵ月ぐらいかかったんですよ。大変だったんですよ」
 一応、抵抗はしてみる。
 資産家の考えることはわからない。直人は真津美とその背後にある裕福さを結びつけて考えようとしてみたが、仕事の合間に視界に入る真津美の姿は、どこから見ても、ごく普通の女だった。
 むしろやや小柄で華奢に見える。
 男として守りたい存在に思えるのに、彼女はそれを拒否する。
 このまま彼女の背負う影が濃く深くなっていくのを黙って見ているしかないのだろうか。
 直人は、その夜、帰宅する真津美に、「もし次があるのなら参加したい」と告げていた。下見をしたあのアパートの場所はわかっている。
「そう。でも耐えられるかなあ」
 ご清潔なお坊ちゃまに、と真津美は言葉を自分の中だけに仕舞った。
「食事でも?」と誘ったが、断られた。「疲れているから」
 直人が悶々としている間に、真津美はかなり回復をしているようで、少なくとも仕事中にはなんの問題もなく、影のようなものは薄くなっていった。
「今度の土曜日。お昼の十二時から日曜日のお昼の十二時まで」と真津美に言われたとき、直人は一瞬、若鮎の会だと思ってしまった。
「一週間しか……」と直人は驚いた。
「一週間も、よ」
 回復力を試すかのようだ。
 真津美は、柏田が男たちを用意してくれたら、なにがあっても断らない覚悟でいた。木曜日の朝、柏田から用意ができているとメッセージが送られてきたのだ。不思議と、それからさらに回復力が増したような気が真津美はしていた。
 今度こそ、殺される……。
 冷静でいられないほど、体の底からこみあげてくるもの。悪い虫たちはより巨大になって真津美を腹の中から食い破るに違いない。
 金曜日は忙しく、直人は真津美が他のフロアで連続してミーティングをしているらしいことは知っていたものの、声をかけることなく帰宅した。
 これほど服装に迷ったことはなかった。
 直人はグレーのスラックスに多少の雨なら弾くスニーカー、紺のブルゾンを着て、捨ててもいい安物の傘を手にアパートに向かった。
 電車を乗り継ぐ間も、雨のせいか憂鬱だった。
 まったく土地勘がない。一度、真津美に言われて見に来ただけだ。ホームを雑多な人たちが降りて行くので、そこそこ人口はある。下町といった風情。都心から時間的にはそれほど遠くはないのに別世界だ。ビルは少なく、マンションも少ない。大型商業施設はない。地図によれば駅から離れた国道沿いは、ショッピングセンターやマンションが建ち並んでいるようだ。
 駅の周辺には小さな商店街の名残りがある。シャッターが降りた店。二階建ての店舗兼住宅がずらっと並ぶ。雨なので人通りもあまりない。どこからか揚げ物の香りがしている。タイ料理の香りもある。
 その中程で曲がると、カーブを描くコンクリート製の背丈ほどの堤防にぶつかる。その向こうはキレイとは言えない川。この先の大きな川へ続くはずだが、このあたりでは、ただ町の発展を阻害している。
 クルマが一台通れるコンクリートの橋を渡ると、右手にアパートがある。その向こうは空き地になっている。工場の塀などに囲まれて、雑草の生えた小さなスペースはそれだけでは利用価値がないので放置されたままだ。
 そこに人影があった。
 直人は心臓がバクバクした。急いで橋を渡ってアパートのブロック塀と川に挟まれた、人と自転車しか通れない隙間のような道とも言えない道。こちら側の堤防の上にはフェンスが張られていて警告文の書かれた錆びた看板がいくつか貼り付いている。その看板には風俗と闇金らしき電話番号の書かれたシールが貼りつけられている。黒いスプレー缶がその上に卑猥なマークを描いている。
 電柱の横から、そっと空き地を見る。
 男が黒く大きな傘をさしていて、顔は見えない。その前で、雨に濡れながら裸になっているのは真津美だ。
 着ていたものはオフィスにいる彼女からは想像できないほど地味で薄汚れたワンピースらしきもので、それは真津美が持って来たビニール傘とともに男の手にぶら下がっている。
 直人が見ている前で、真津美は靴下を脱いでいた。粗末なビニールサンダルが用意されている。艶やかな黒髪は肩までふわっと仕上げてあることが多い。いまは雨でべったりと貼り付いている。かなり長くそこにいるのだ。
 想像したとおり、首には傷跡のようなものが残っている。以前にチラッと見えたときのように赤くはなかったが黒ずんでいる。手首、足首も同じような痕が残っていた。
 それよりも驚いたのは、真津美の陰毛が剃られていたことだ。
 最初に若鮎の会で見たとき、そこは勝ち気な彼女の性格そのままに、しっかりとした毛で覆われていた。ただ直人を含めて七人の男たちに何度も何度もペニスを挿入され、クンニされ、バイブで感度を高めさせられているうちに、たっぷりと濡れて柔らかくなっていった。
 その味を直人は思い出せる。
 しかし、いまはない。剥き出しの陰部。
 声は聞えないが、男になにか言われたらしく、真津美は自らそこに指を持っていき、大陰唇を左右に割った。さらに小陰唇をつまみ、中まで広げた。
 ストロボが光る。
 男がスマホでその姿を撮影していた。
 次に真津美は、後ろを向き体を前に倒してお尻を広げた。広げただけではない。自分で人差し指を舐めると、それをアヌスに深々と差し込んでいく。
 なおかつ顔がはっきり見えるように撮影していた。
 終ったのだろう。
 服を着るのかと思ったが、真津美は、男から受け取ったロープを首にかけた。引っ張れば首が絞まる仕掛けのロープだ。そして自分からロープの端を男に差し出した。
 二人が歩いてこっちへ向かってくる。
 直人は慌てて、アパートの角まで戻った。
 まさか、そのままここまで来るのか。直人は自分のこと以上に慌てていた。全裸の真津美は、手を頭の上にのせ、なにも隠さないまま歩いてくる。脇の毛も処理されている。傘をさした男は首の縄を手にしてそのうしろにいる。
 直人の横を軽トラックが通り、宅配便のトラックが通る。傘をさした人が歩く。土曜の正午近く。ごく普通の町の中を、裸で歩いている。
 真津美はメイクなしのスッピンで、心なしか全体にピンク色なのは上気しているからだろうが、唇に血の気はない。トロンとした目は、若鮎の会で見たままだが、あれは朝までセックスし続けた果ての表情だった。



★縄味1★


DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
若き人妻は「なわみ」というハンドルネームで緊縛写真をネットで見るようになり、写真展に立ち寄ります。そこでカメラマンにモデルに誘われる。顔出しNGで緊縛モデルのテスト撮影をしたところ、唯一顔の写っていた写真がネットに流出。義兄の目に止まってしまう。



★縄味2★


DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
「縄奴隷なわみ」として義兄に脅され恥辱にまみれたデビューを強要される。野外での撮影会で人妻奴隷の限界を超えてしまい、残酷なショーに出演することに。哀しくも完全奴隷化されていく。



エピキュリアン1


今日のSMシーン



テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

dominatrix

きょうもいいてんきっ♪♪♪

緊縛のススメ ~ Intoxicated in Kinbaku ~

アダルトエロ情報

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

Sayaka

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

アダルト学習帳

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

M男の人間便器動画

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

痴漢待ち合わせ体験記

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

Japanese-wifeblog

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

M女志願

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

アダルト動画ニューハーフ特集!

【SM 調教 動画】の恍惚

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

SM、スパンキング

只野課長の調教日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

若狭と雫(緊縛と首絞め)

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

あんぷらぐ

Author:あんぷらぐ
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐ(あんぷらぐど、あんP)に、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載の目安

※2020年12月7日からは下記の作品を掲載します。
『インサイドアウト』
『奴隷未満(期間限定Ver)』
『荒縄工房短編集』
『奈々恵の百日(続・許諾ください)
『新版 共用淫虐妻・千春(期間限定Ver) 』
 随時、短編、コラム。
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)など。

……

ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 荒縄工房からのお知らせはこちらで随時お届けしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

荒縄工房 淫美
 無料動画と荒縄工房の作品PR

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐのエロなしブログ。




「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。



ペンネーム「あんぷらぐ」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。
2019年「あんぷらぐど」表記から「ど」を取って「あんぷらぐ」へ改名。

あんぷらぐTwitter(メイン)@tokyoindiessun
荒縄工房公式Twitter(サブ)@aranawakobo

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
公式ツイッター
荒縄工房の更新情報、おしらせをお届けします。
ご利用ください
最新コメント
QRコード
QR
ツイッター「あんぷらぐ」
著者の個人的な話。
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です
アーカイブ
ダイジェストになった過去の作品

お嬢様はドM3完結編(期間限定Ver) 妹は鬼畜系R 妹は鬼畜系 メロー・マッドネス コラム「エロの風景」 小説『亜由美』 コラム「淫具の夢」 Mの双眸 堕ちるAとV お嬢様はドM 自縛霊ワケありなんです! 家畜教師 亜由美降臨編 隷徒黒女編 M穴地獄 ぼくの先輩はマゾビッチ 乱舞 玩具にしてください! 被虐の街 小説『安里咲』 折檻部屋の風夏 美魔女狩り2我妻千鶴子編 縄味 便所虫の歌 亜由美灼熱編 美魔女狩り浅木郁子編 M妻佳乃の崩壊 十二階 家畜妻の歌 小説『隷獣』 コラム「SとMの会話」 小説『堕ちる』 コラム「昔の話」