FC2ブログ

Mの双眸 5 たっぷりとした肉感

前回はこちらへ

 苦しい中でもわかるのだろうか。それが体内に入っていくことを。
 リモコンを使って彼女の位置を少し下げた。そして奥深く、突き入れた。
「あううぅ」
 抱きしめたりはしない。そこだけで繋がるのだ。そしてぼくが腰を振ると、彼女は振り子ように前後に揺れる。彼女の体重と慣性によって、より深く突き入れることになる。
 もし咲恵が生理だったとしても、犯すつもりだった。彼女は生理ではなかったのが、むしろ残念だった。
 血まみれのセックスこそ、ぼくと彼女の出会いにふさわしいような気もしていたのだ。
 腰を使いながら、上着をはだけ、ブラウスのボタンを外していった。
 いよいよ乳房を見せてもらう。ブラジャーは薄いピンクで、大きなカップだ。うまく外せないので、ずらして乳房をぼろんと飛び出させた。
「すてきだよ、咲恵」
 指でいじり、撫でて、揉む。この感触は未知のものだった。想像以上に、湿った肌は気持ちがよい。たっぷりとした肉感は想像以上だ。
 乳首はやや濃く、しこっていた。吸い付くと彼女はうめいた。
「これから、こういうことが大好きになるんだ。嫌いとは言わせない。ぼくのことを好きになる必要はないよ。縛られたり、辱められることを好きになればいいんだからね」
 首を横に振っているが、その頬を平手で思いきり叩いてやった。
「ひっ」
「感じるんだ。この痛みや恥ずかしさを」
「うううっ」
 理不尽な要求。それはぼくに流れる理不尽な血がさせている。それに、ぼくは父と同じではない。場合によってはもっと凶悪だ。
 その乳房を両手でもてあそびながら、ブランコのように彼女の体を揺らしていくと、彼女の膣がぎゅうぎゅうと締まってきて、姉の口とはまるで違う快楽をもたらす。
「いくよ」
「いやっ、だめっ」
 小さい声だが、まだ抵抗している。その声を聞きながら射精した。このところ、姉の口を味わっていなかったので、かなり溜まっていたのだろう。ドクドクとあふれ出る感触に酔った。
 しばらく楽しんでから、体を離す。
 肉棒はまだ屹立したままだった。ぼくぐらいの年齢なら、抜かずの2発ぐらいは平気だが、ここはすぐにはやらない。
 スマホで彼女を撮影する。とくに白濁した粘液の垂れ下がる股間をしっかりと。
 チェーンブロックを動かして、彼女を床に降ろした。縄は解かない。
 彼女を抱え上げ、ぼくはエレベーターに乗った。自分の部屋に連れていくと、床に転がしておき、一度、下に降りて彼女の靴を拾った。
「康太」
 そこに姉がいた。
「なにしてるの?」
「見てたんでしょ?」
 姉の瞳は透き通っていた。いや、むしろ輝いていたというべきだろう。怒りとか悲しみは受け取れなかった。
 咲恵を犯しているとき、ぼくは視線を感じていた。父ならすぐ飛び込んでくるはずだ。父に殴られて、過ちを認めて終わりにするシナリオもないわけではなかった。
 姉ならどうするだろう。
 そんな意地悪な気持ちがあった。
「ああ、康太……」
 姉はただ黙ってぼくの手を取った。そこには咲恵のハイヒールがある。
「彼女はどこ?」
「ぼくの部屋だよ」
「どうするつもりなの?」
「ぼくの……」
 奴隷にする。そんな言葉は恥ずかしくて言えなかった。
「そう」
 姉はなにかを考えていた。
「ずっとここに監禁することはできないわよ」
「わかってる。もう少ししたら帰す」
「そうね。それがいい。いつ頃?」
「あと2時間」
「わかったわ。2時間したら、戻ってくる。それまでに彼女を帰してあげて」
「うん」
 姉は再び出ていった。
 姉は、ぼくのために咲恵を連れて来たのではないか。そんなことをふと思った。
 いくら結婚したからといって、これまでやったこともないようなことをするのは不思議だったのだ。咲恵とどれだけ友情を深めたのかわからなかったが、わざとぼくに与えるために連れてきたのだ。
 猛獣は子どもを育てるために、練習用の獲物を持ち帰ることがあるという。子どもたちに遊ばせ、なぶり殺しにさせるのだ。そうやって狩りを学ぶ。
 自分たちの生き方を学ぶ。
 姉はぼくのために咲恵を連れて来たのだ。
 父や姉の手の平の上に置かれているような気がした。悔しいが、仕方がない。ぼくは自分の生き方を学ばなければならない。
 または、死に方を。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★続々刊行! 独特のSM世界「荒縄工房」★

★妹は鬼畜系★
義理の妹に調教される兄「ぼく」は義妹のケイに、さらに義母に調教される。男の娘として、さらに男性たちのオモチャに、トーチャー・クラブの生け贄として拷問へとエスカレートしていく。
 
RJ106932_img_sam
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ



★隷獣 郁美モノローグ版★
女子大生がケモノとして飼育される 山ガールを楽しんでいた郁美は、同級生の有希恵に「隷獣」としての素質を見出され、山小屋でケモノに堕ちるための調教を受けるのだった……。伝奇SM小説『隷獣』は、郁美のモノローグに書き改められ、ブログにはない結末が追加されています。
 隷獣
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ




今日のSMシーン
嗚呼…麗しの変態奴隷妻 ワタシを奴隷にして下さい 藤崎エリナ嗚呼…麗しの変態奴隷妻 ワタシを奴隷にして下さい 藤崎エリナ

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

SMデータベース

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

アダルトブログ宣伝ブログ

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~官能

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

M女調教部屋~体験調教承ります~

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2017年10月16日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 お尻をオモチャにしてください
木曜日・金曜日
 君の泣き顔が見たい
土曜日・日曜日
 メロー・マッドネス
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「百恵と丸夫の変態の友」
 または「コラム」
 月は休止の場合あり


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

ツイッター
「荒縄工房」は通常、午後1時頃までに更新予定です。更新をお知りになりたい方は、tツイッターをフォローいただければ幸いです。

 更新手続きしてもブログ上ですぐに反映されない現象が出るときがあります。ツイッターでお知らせしたURLでその記事を読むことができますので、お試しください。


FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 ツイッターを休止・停止しているときは、このFBページでお知らせしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
Twitterやってます
ご利用ください
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です