FC2ブログ

美魔女狩り 喜瀨満子編 28 ここに座って自ら拘束してください

前回はこちらへ

 喜瀨満子は鍵を握りしめて、その建物のエレベーターに向かった。
 孝江を信用しろという方がムリだ。これは罠かもしれない。
 ほとんど音もなく空の箱が降りてきた。白い光。そして鏡。焦りの浮かんだ自分の表情に、あえて微笑んでみせる。その笑みは、被告にとっては勝利であり、原告にとっては悔しさの象徴だ。
 連戦連勝。それがたとえ裏公安などさまざまなしがらみから生じた作られた記録だとしても、大半の人はなにも知らないのである。
 実際、正々堂々と法廷で戦ってきた。
 そのおかげで、自分を恨んでいる者たちも多いことはわかっていた。ざっと半分は敵。しかし、最高検の公安部長がわざわざ警告のためにやってきたのだ。味方とまではいかなくても、せめて背後から撃たれる心配はこれまではなかったのだが、後ろ盾を失えばどこから弾が飛んでくるかわからない。
 エレベーターに乗った。どの階のボタンを押しても点灯しない。鍵を取り出し、小さな四角いセンサーにかざすと、自動的に6階が点灯し、エレベーターはスムーズに上昇をはじめた。
 セーフハウスなのだろうか。孝江の利用できる施設にしては、手が込んでいて、古めかしい外観に比べて内部は最新設備を入れていた。
 古く民事中心に成功している弁護士事務所はよく、麹町、四谷、紀尾井町など古いものの審査のうるさいビルに構えていることがある。だが、そうした建物は内部も外観から想像できる経年劣化をしているものだ。
 6階の内廊下を、カツカツとヒールの音を立てて歩く。どの部屋なのか迷うこともなかった。このフロアのドアは1つしかない。
 公安やまして裏公安が使う施設には思えなかった。予算に縛られない組織か個人のものではないか。
 藤木?
 そんなに早く手を回せるのだろうか。彼はなにも知らないはずだ。知ったとして、どうやって最高検まで動かせるというのか。
 鍵を入れて回すと、ごく当たり前に解錠されて、スチールの茶色いドアは内側へ開けることができた。
 薄暗い。窓のない部屋。監視されているような薄気味悪さがある。
 一人でくるべきではなかったが、孝江を失った以上、頼れる者はいなかった。そもそも誰が味方か、もうわからなくなっていた。
 オフィスなら受付の電話が置かれているような部屋だが、なにもなく、満子はもう一つのドアを開けるしかなかった。
 ガランとしたフロア。オフィスだったのだろうか。しかし机もイスもロッカーもなく、床はきれいに掃除されていて、窓からは夜景が拡がっていた。
 ふいに蛍光灯が点灯した。
 真ん中にイスがあった。鉄のゴツゴツとしたイスで、袖、脚に革ベルトがついていた。
 誰もいない。声もしない。
 満子はそのイスのところへ行く。紙が置かれているのが見えているのだが、すぐには近づかない。どんな仕掛けかわからない。
 1メートルほど離れたところから紙を見る。
「ここに座って自ら拘束してください」
 印字された文字。
「バカにしてるわ」
 自分からこのイスに座る者などいない。いるとすれば咲のような、どこかイカレてしまったマゾヒストぐらいだろう。
 フロアを隅々まで見てまわった。なにもない。居抜きなら、そこここに配線の末端が出ていたり、放置されたロッカーぐらいあってもおかしくはないのだが、なにもない。
 少なくともここに千鶴子や咲はいない。
 満子は足早にドアに向かった。唯一のドア。そのドアノブを回そうとしたが、動かない。そこには鍵穴もないので、ただガタガタとゆさぶると、ドアノブごと取れてしまった。
「どういうこと」
 ガンガンとドアを叩いてみた。
 木目調のパーテーションのようなものと思っていたが、それは中までしっかり芯のある壁だった。
 取れたドアノブ部分に穴が開くのではないかと思ったが、鉄板があるだけだった。このドアの中には鉄板が入ってる。
「なにやってるのよ!」
 満子はドアを蹴った。
 閉じ込められたのだ。
 見回しても、給湯室も洗面所もない。非常口もない。窓へ近づいてみると普通のサッシではなかった。開ける方法がわからない。完全にはめ殺しなのか、あるいは機械仕掛けで開閉させるしかないのだろう。
 その窓になにげなく顔を近づけた。外を確認したかった。
「うっ」
 バシッと満子の頬と窓の間に閃光が走った。
「ウソでしょ」
 窓には電流が流れている。それも触れなくても近づいただけでスパークするほどの電流だ。
 イスで窓を破壊しようと決め、満子は鉄のイスを持ち上げようとしたのだが、脚はボルトで床に固定されていた。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★続々刊行! 独特のSM世界「荒縄工房」★

★共用淫虐妻・千春★小説『十二階』一部、二部を改題・改稿
 私は十二階に住む達也に頼まれ、千春の調教を引き受ける。彼女の奥底にある危ういまでの被虐性を知り、厳しい調教を行う。さらに達也の提案でマンション全体の「共用部」として千春を住人に貸し出す。特殊なペットとして改造にも踏み出す。小説「十二階」の第一部、第二部を全面改稿。ストーリーはそのままで、語り手の調教役を男性にし、一部の表現を変更。改題して一冊にしたものです。

DLSiteのみで販売中


★小説『十二階』第二部★住人に貸し出される人妻
十二階第一部

DMM.R18でのみ販売中


★小説『十二階』第一部★人妻を徹底調教する
 とあるマンション。そこに越して来たマゾ妻・千春。夫の決断で同じマンションに住む敏恵に調教を委託することになった。激しくも甘美な調教は、昼夜を問わず若妻を狂わせる……。

十二階第一部

DMM.R18でのみ販売中


今日のSMシーン
マゾ乳 生中出し 七草ちとせマゾ乳 生中出し 七草ちとせ


テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

SMデータベース

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

アダルトブログ宣伝ブログ

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~官能

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

M女調教部屋~体験調教承ります~

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2017年10月16日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 お尻をオモチャにしてください
木曜日・金曜日
 君の泣き顔が見たい
土曜日・日曜日
 メロー・マッドネス
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「百恵と丸夫の変態の友」
 または「コラム」
 月は休止の場合あり


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

ツイッター
「荒縄工房」は通常、午後1時頃までに更新予定です。更新をお知りになりたい方は、tツイッターをフォローいただければ幸いです。

 更新手続きしてもブログ上ですぐに反映されない現象が出るときがあります。ツイッターでお知らせしたURLでその記事を読むことができますので、お試しください。


FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 ツイッターを休止・停止しているときは、このFBページでお知らせしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
Twitterやってます
ご利用ください
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です