FC2ブログ

堕ちる AとV 66  みじめだな。こんな場所で

前回はこちらへ

「体調が悪いんじゃないの?」
「大丈夫です。写真撮影なので」と水絵は、笑顔をつくる。
 納得していないおばさんたち。
 カタチだけ数ポーズ写真を撮るふりをして、その場から離れた。疑いの目でじっと監視している彼女たち、そして何事かと興味を持ってしまった人々から遠ざかる。
「あっちに行きましょう」
 外国人たちは水絵に声をかけてくる。美しい足をみせびらかせているからなおさらだ。彼らは悪気はないものの、騒ぎになってもマズイ。
 とくに警備員に見とがめられたら面倒だった。
「歩けよ、ちゃんと」
 水絵は必死に歩く。今日のために新しいデッキシューズを買ってやったのだが、ナマ足を伝って汁がはやくもシミをつくっている。
 喧噪を離れると地下鉄の押上駅の出口のある一角に出た。その先へ進む。左は高い壁で右に古くからあるらしい町工場や住宅が密集している路地。観光客はいない。壁の向こうは鉄道の施設だろうか。
「ケツを出せ」
 奥田は水絵に首輪をつけて、銀の鎖をとりつけた。犬の散歩をやりたかったのだ。
 水絵はお尻を突きだした。自らカットソーをめくると、秘部が露わになる。ジーンズ生地はお尻を覆っているとはいえ、はいている意味がない。
「罰をあげよう」
 イチジク浣腸を突き刺した。
「1個じゃ物足りないだろう」
 水絵は自転車に乗った人がやってくるのを見て、焦っている。
「もう1個だ」
 チュッと音を立てて薬液が入る。
 慌てて水絵は体を起こし、裾をちゃんとする。自転車の男はまったく気にしていないようで素通りしていった。
「誰が戻していいと言った。もう1個だ」
「ええっ」
 再びお尻を突きだして3つ目を入れてもらう。
「どう、効いてきた?」
 朝、すでに奥田から大量の浣腸をされて腸内はからっぽだ。焼けるような薬液の感触にもかなり慣れてきている。とはいえ、それは水絵にとってはアヌスが麻痺したようなもので、いつ漏れてもおかしくはないのだ。必死に締めるようにして、緩やかにカーブする路地を歩いていく。
「漏れてるわ」
 足を浣腸液が濡らしている。
「ふううう」
 泣きべそをかくような表情で水絵は歩く。
 大きな通りに出たが、左に折れるとスカイツリーが真正面にそびえ立っていた。開けた場所から再びスカイツリー方向へ進む。広い駐車場があり、線路沿いに道路がある。道路は建物の中を通ってトンネルのようになっているが、その右側の線路沿いは人が歩ける歩道のようだ。
「あっちへ行くぞ」
 横断歩道を渡って、ほとんど人のいないだだっ広い空間を線路に向かって進む。
「ああ、だめ、だめです。出ちゃう」
「もう出してるじゃないか」
 線路と広い歩道のようなスペースの間には高いフェンスがあり、歩道はきれいに舗装されていた。
 奥田は鎖をそのフェンスの中に通して軽く縛り、水絵が勝手に逃げられないようにした。逃げることはないはずだが、逃げられないようにしてやることが水絵にとっても大切なのだった。
「どうだ。みじめだな。こんな場所でお尻の穴を見せるなんてな」
 奥田はうれしそうだ。
「尻を突き出せ」
 ついでのように平手でジーンズに覆われた尻を数発、叩いた。
「どうだ。感じるか?」
「痛いです。痺れます」
 太陽の光が裂け目にまで届き、皺がくっきり見える。その中心部はやや赤身がさしている。明らかに穴は大きくなっている。
「せっかく拡張しているケツ穴だからな」
 そう言うと指を突き立てる。当たり前のように指1本を根元まで受け入れてしまう。
「あっ」
 拡がって、薬液が流れ出す。
「見ろ。見てくれ。いやらしいケツ穴だろう」
 奥田にとっては自分の好みの水絵にすることが唯一の楽しみらしく、指を回転させながらさらに広げ、自慢げに見せびらかす。
「恥ずかしい……」
「こっちが恥ずかしいわ」と萌子もたまらず、水絵の尻を平手で打ち据えた。
 電車が往来するほかは静かな場所だった。車両基地なのだろうか。複数の線路が並び、車両を止めてそのままにしてある。
 人がほとんどいない。
 歩道も人影がない。そのうちここも開発するのだろうが、いまのところはなんの役にも立っていない空き地のようなものだった。
 いつしか3本の指を入れてぐいぐいとこねまわす。水絵は唇を開いてあえぎながら、フェンスに指をかけてつかまっている。
「はあっ、すごい」
 アヌスだけで感じている。
「入れるぞ。その前に舐めろ」
 奥田はファスナーを降ろして、水絵をしゃがませると、完全に硬くなったペニスを水絵の顔に押しつけた。
 命令には逆らわない。いつでも、どこでも。水絵は亀頭部分に舌を這わし、萌子にしてみればそんなことに時間をかけなくてもいいだろうと思うほど、丁寧に舐めていく。すでに硬いのだ。唾液で濡らせば、あとは挿入するだけでいい。それなのに、そのままオーラルでフィニッシュさせるぐらいの勢いでしゃぶる。大好きでたまらないといった表情で。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★『安里咲1』★

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
亜由美の拷問実験を目撃させられた美しき女子大生・安里咲。後継者として目をつけられ、女子寮のペットに。寮長たちによる過酷な調教が彼女を被虐の快楽に引きずり込みます。


★『安里咲2』★
arisa2100100.jpg
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
完結編。休む間もなく徹底した調教の果てに辿りついたものとは……。恥辱にまみれた公開調教から東欧の古城で繰り広げられる拷問ショーへ。


今日のSMシーン
身動きできない放置アクメ!媚薬バイブを挿されたまま何度もイキ果てる腰くね痙攣女
身動きできない放置アクメ!媚薬バイブを挿されたまま何度もイキ果てる腰くね痙攣女



テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

SMデータベース

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

アダルトブログ宣伝ブログ

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~官能

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

M女調教部屋~体験調教承ります~

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2017年10月16日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 お尻をオモチャにしてください
木曜日・金曜日
 君の泣き顔が見たい
土曜日・日曜日
 メロー・マッドネス
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「百恵と丸夫の変態の友」
 または「コラム」
 月は休止の場合あり


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

ツイッター
「荒縄工房」は通常、午後1時頃までに更新予定です。更新をお知りになりたい方は、tツイッターをフォローいただければ幸いです。

 更新手続きしてもブログ上ですぐに反映されない現象が出るときがあります。ツイッターでお知らせしたURLでその記事を読むことができますので、お試しください。


FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 ツイッターを休止・停止しているときは、このFBページでお知らせしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
Twitterやってます
ご利用ください
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です