FC2ブログ

堕ちる AとV 74 好きでしょ、こういうの。痛くて、きつくて、苦しくて

前回はこちらへ

 小陰唇でディルドを包むように針を刺していく。
「ふふふ、なんか、おもしろいわ」
 水絵の悲鳴は耳に入らなくなっていた。
 気づけば10の針で薄いリップをディルドに磔にしていた。
「すてきだわ。水絵、オチンチンができたわよ」
 長く垂れ下がったそれを、萌子は手ではたく。
「ぐああああ」
 そのたびに、痛んだ膣内をかき回され、針で引き伸ばされた陰唇がちぎれそうになる。
 萌子はたまらず水絵の顔の上に腰を下ろす。遠慮などなくなり、べたべたの陰部を水絵の鼻や唇に押し付ける。苦しみながらも中まで舌を伸ばしてくる水絵の態度がうれしい。
「いくわ」
 ディルドを乱暴に押し込んだり引き抜いたり揺すったりしながら、萌子はたっぷりの悦楽に浸った。どうなってもいい、陰唇が血を流しちぎれてしまってもいい、とさえ思った。
「はああ」
 顔の上からどくと、水絵は萌子の汁で顔をテラテラにさせて、苦しげにあえいでいた。
「もっと感じさせてあげる」
 針を少し引き抜いて、ディルドを抜くと、太いロウソクを埋め込んだ。グチャっといやらしい音を立ててなんでも受け入れる膣。神聖な生殖器官ではなく、欲望だけのヴァギナだ。何をしてもいい。
 ロウソクに針を刺して陰唇のドレスをまとわせる。白いロウソクにローストビーフのような水絵のリップが巻きつく。
 火をつける。
「じっとしてて」
 なにかを訴えるような水絵の表情が、萌子には楽しい。
「好きでしょ、こういうの。痛くて、きつくて、苦しくて」
 不自然な姿勢のまま、恥ずかしい部分を押し出すようにして、新たな苦痛に耐える姿がよく似合う。
「ふうううう」
 長く細い悲鳴は、最初の蝋涙が陰唇に滴り落ちていったからだ。溶かした砂糖をかけた菓子のように、生肉にも似たリップを彩る。
 それが2筋になり3筋になり、水絵が微妙に動くこともあって、かえってまんべんなく敏感な肌を焼いていく。
「可哀想だから、抜いてあげるね」
 萌子は針だらけの乳房に唇を寄せた。唇で注射針をはさみ、吸うと血が口の中に入ってきた。それは悪徳に汚染された血かもしれない。だが、萌子には清らかにも感じられた。
 歯でしっかりとはさんで、焼き鳥を串から外すように、針を引き抜いた。
「ぐうううう、萌子様!」
 水絵は苦しいのか、痛いのか、その両方なのか。
 左の乳房に刺さる注射針をそうやって味わうように引き抜いていき、傷跡を舐める楽しみに、萌子は夢中になった。
 乳首のマチ針を残して、左右の乳房から注射針を引き抜いたとき、そこは血はほとんどなく、萌子の唾液が光っていた。
 蝋燭が短くなって、水絵が息をするたびに陰部ごと上下しているのだが、その炎はすでにリップを焼きつつあった。
 萌子はそれを見ていたが、なにもしない。
「どうなるかしら。楽しみね。動いちゃだめよ」
 マチ針をも白く彩っている。
 乳首のマチ針を引き抜いてやり、そこを赤ん坊のようにしゃぶる。
「ああっ、萌子様、熱い……」
 横目で蝋燭がとうとう肉を焼きつつあるのを眺め、同時に体重をかけて水絵が暴れないように押さえつけた。
「焼ける、焼けちゃう……」
 だが、水絵のその声は悲鳴というよりも、甘ったれているような調子なので、「そうよ、焼けるわ」と答えてやる。
「ああ、水絵が焼かれるの……」
「そうよ、いやらしいまんこを焼いてあげるの」
「出ちゃう……」
「なにが?」
「おし○こ」
 水絵の甘える声に、もっといじめたくなる。
「いましたら、どうなるかなあ。だって、水絵のまんこは蝋燭で山になっているのよ」
 真っ白にコーティングされている。細い炎がかろうじてチラチラと残っており、陰部に向かって引っ込んでいる。水絵が力を入れると少し浮き上がるが、逆にすっと沈み込み、透明な熱い蝋が炎を消すように溜まる。そして浮き上がると、それが流れ出す。
 尿道口は見えないので、おし○こで消せるかどうか、わからない。
「やってみれば?」
「はい」
「あっ」
 熱いままの蝋涙だが、柔らかいこともあって、水絵のもらしたものがあふれ出てくる。コーティングされた部分が割れて、地下水のように沁み出すものの、それはへその方に流れ、または尻の方に流れ、炎を消すところまではいかない。
 蝋が溶けてしまって、針がはずれている。
「あーあ、消えないわ。このまま飲み込んでしまうのかしら?」
「怖い……」
「大丈夫。飲み込めば消えると思うわよ」
「ホントに?」
「たぶん」
「ああああっ」
 ぎゅっとそこに力が入ったらしく、蝋燭が体の中に引き込まれた。白い煙があがって、炎は消えた。しかし熱い部分は残っている。先ほどまで燃えていたのだ。
「あーあ、消えちゃった。つまらないわ」と萌子は別の蝋燭に火をつけて、そこに近づけていく。勢いのいい炎が、針の先端をあぶる。
 冷えて固まってきた蝋が、衝突して盛り上がった流氷のようになっている陰部に炎を寝かせるように押し付ける。
「熱い!」
「水絵、見て。針の先が赤く燃えているのよ」
 終わりかけの線香花火のように、針の先端が赤くなっている。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★便所虫の歌★


DLSiteはこちら
DMMはこちら
アマゾンKindleはこちら
週末にマリカとして苦痛を求めてさまようOL。掲示板で出会う相手の要求のままに、激しい苦痛にもだえ苦しむ。その間の記憶は失われ月曜には勤務先に出社する。そこに別のマリカが挑戦してきた……。どちらがホンモノか決着をつけることに。負ければ永久便器となる。



★折檻部屋の風夏★
fuuka100100.jpg

DLSiteはこちら
DMMはこちら
アマゾンKindleはこちら
父母を香港のゴミ焼却所で惨殺された風夏は、大金持ちから一転して逃げ回る生活に。最後に学生時代の女友達を思い出して訪ねる。卒業前に奴隷になると誓っていたのだ。だが女友達は風夏に過酷な指令を出し続ける。ノワール風味の漂う作品。


★乱舞★
ranbuTitle100100





DMM.R18版はこちらへ
DLSiteはこちらへ
アマゾンkindleはこちらへ
その恋は危険な世界への扉だった……。勤務先のエレベーターで見初めた彼女は、とあるバーでアルバイトをしていた。彼女を雇うことにし、同時にオフィスでの調教をはじめる。自分の求めた女なのかを確かめるように、過酷な責めを課していく。やがて取引先の接待要員に使うことに。果たしてSMと純愛は両立するのか。


今日のSMシーン
素人マゾレズ願望の女 レズ監禁拷問部屋3 さとみ
素人マゾレズ願望の女 レズ監禁拷問部屋3 さとみ




テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

SMデータベース

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

アダルトブログ宣伝ブログ

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~官能

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

M女調教部屋~体験調教承ります~

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2017年10月16日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 お尻をオモチャにしてください
木曜日・金曜日
 君の泣き顔が見たい
土曜日・日曜日
 メロー・マッドネス
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「百恵と丸夫の変態の友」
 または「コラム」
 月は休止の場合あり


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

ツイッター
「荒縄工房」は通常、午後1時頃までに更新予定です。更新をお知りになりたい方は、tツイッターをフォローいただければ幸いです。

 更新手続きしてもブログ上ですぐに反映されない現象が出るときがあります。ツイッターでお知らせしたURLでその記事を読むことができますので、お試しください。


FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 ツイッターを休止・停止しているときは、このFBページでお知らせしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
Twitterやってます
ご利用ください
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です