FC2ブログ

女子校生・痴虐パンデミック 最終章 10 最終回

前回はこちらへ

 腸内に深く突き入れられたホースから排泄物と浣腸液がマリアとトクミツの体内へ送り込まれていく。
「あああああ」
 歯のない口を大きくあけたゴリラは、涙を流しながらその快楽に浸っている。
「気持ちいいのはいまだけよ」
「そう。私たちは容赦しないんだもん」
 ソドムの娘たちの意思は強い。
 黒服たちは容赦なくゴリラの背中に鞭を浴びせて血肉が飛び散らせている。そしてポンプは限度を知らず、吸い込み続けている。
「うがああ、だめだ! やめてくれ、やめて! お腹が、お腹が……」
 ゴリラの内臓がホースに吸い出され、マリアたちの中へ詰め込まれていく。
「ぐあああああ!」
 背中に鞭が入ると腕から力が抜けて、そのままゴリラは崩れ落ちてしまった。ホースが勢いよく抜け落ち、血と汚物がゴリラの体内からあふれ出た。
 数人の黒服たちが興奮し、そのゴリラの尻にむしゃぶりついていった。裂けた肛門に手を入れて、中から引きずり出したものを口に入れ、噛み切る。
 とんでもない異臭が広がっていく。
「ひぃぃぃ」
 トクミツはその様子に怯え、逃げようとするが、腰の抜けてしまったらしいマリアとホースでつながっているため、大して遠ざかることはできない。
 ポンプはまだ作動しており、空気を2人の腹部に送り込みはじめていた。妊婦のように膨らんだ腹に、苦しみはじめた彼女たちにも、黒服が群がっていく。
「お腹が破裂しちゃうかも!」
「きゃはっ、笑うわ、それ」
「見て、妊娠9カ月だってあんなに大きくならないでしょ」
「トクミツも最後に女らしい姿になってよかったじゃない」
 しかし彼女はそれどころではなかった。
 限界を超えて膨らむ腹部。胃が押し上げられて、嘔吐を繰り返す。
「いやああ、お願い、お願いだから。まだ死にたくないの、殺さないで、うげええ」とトクミツは血を吐いた。
「あっ」
 自分が大量の血を吐いたことで、トクミツはショックを受けている。
「あいつ、自分の内臓を吐くわよ」
「えー、そんなことできるの?」
「ほら、見て!」
 トクミツは口からなにかを吐き出し、それがつながったままになり、窒息している。ヒクヒクと痙攣しながら、死を待つばかりとなっていた。
 黒服たちはそんな彼女の足を持って股関節が外れるほど開き、ペニスを突き入れていく。
「なんか、やつらも変わったと思わない?」
「そう。がまんできないのね」
「きっと体の中でなにか起きてるのよ」
 マリアからホースを引き抜いた黒服がいて、彼はマリアのアヌスからあふれ出した汚物を頭から浴びて喜んでいた。
「やつらも死にたいみたい」
「そうか、死にたいんだ。どうしてだろう?」
 黒服が2つのグループにわかれていった。ひたすらペニスを突き入れることに専念している者たちは少数派で、ほかの連中は、ゴリラたちに噛みつき、腕を突っ込み、内臓を口にしている。
 このグループは交わることなく、しだいに過激になっていった。
「あいつら、共食いしているわ!」
「うげっ、おかしくなっちゃったの?」
「あ、見て見て!」
 カマキリが首を前後左右に激しく傾けている。あまりにも不自然な動きで、もしそれをやろうとすれば、着ぐるみのように何者かがカマキリの肉体を着なければできそうになかった。
 ポンと首が折れ、腕がその首を引っこ抜くように外す。
「ゲー、あいつなにやってるの?」
「ってか、死なねーじゃん」
 バリバリと音を立ててカマキリの肉が裂け、床にダラリと広がっていく。
「怖いよー」と言いながら、ソドムの娘たちは大声で笑う。笑いは実際の声となって、天井に反射した。
 カマキリの姿はすっかり消えて、そこには肉団子のような奇怪な物体が残った。しかも明らかに生きている。
「助けてくれー」とカマキリの叫びが、ソドムの娘たちの脳内を駆け巡るものの、しだいに声は小さくなり、遠ざかっていく。
「あれって、あれ?」
 そこには、半球状になったカマキリの肉塊から、むっくりと鎌首をもたげる例の幾何学的なペニスがあった。それも5本も。
「手や足が変形しちゃったのかも!」
「5本もいるの?」
「あいつにやられたい!」
 娘たちは自分からそこに向かい、ペニスを自分の中に突き入れていく。
「ぎゃー、痛い! 痛いけどすごい!」
「あううううう、すごすぎ」
「また大きくなってるぅぅぅ」
 4人が同時に変わり果てたカマキリにお尻をくっつけて、自ら膣を血に染めている。
「すごく減っちゃったわ」
 黒服たちはお互いに殺し合いをしたため、数名しか生き残っていない。トクミツの体はすでにどこかへ消えてしまった。マリアは数少ない男たちに抱え上げられて、カマキリの5本目のペニスに串刺しにされた。
 叫ぶこともできず、内臓を突き破った凶器のペニスに、口や鼻からも血を噴き出し、股間も裂けた。
 床は汚物と肉塊によって泥沼のようになっていた。
「あいつたちのチンポ、なかなかよさそうよ」
「まだ、小さいけどね」
「あいつらも、そのうちカマキリみたいに、最終形になるのかな?」
「かもね。だけど、あれが最終形って、どうしてわかるの?」
「えー、まだ途中なの?」
「わからないわ。だけど、そんな気がする」
 娘たちは、お互いに手をつないで、カマキリのなれの果てに跨がって、自らの陰部をズタズタにして喜悦の声を上げている。
「うあっ、いく、いっちゃううう」
「気が遠くなるぅぅぅ」
 
 数時間後──。
 早朝。
 ソドムの娘たち4人、マリア、3人の黒服、そして再びカマキリの姿に戻りスーツを着ているものの、もはや誰であるかもわからない存在が、山間部に建つ山之奥女子学園を見下ろしていた。
 娘たちは学生らしいブレザーを着ている。マリアは凛々しいタイトスカート。黒服たちは真新しいトレーニングウエア姿だった。
「つまり、私たちの目的はとってもシンプルね」
「そう。あそこにいっぱいる獲物を、片っ端からカマキリの餌食にして、私たちみたいな子を増やすこと」
「そして、完全変態した私たちは、次は都会へ行く……」
「本当のソドムはそのときに現実になるわけね」
 彼女たちは、誰が支給したのかわからないワゴン車に乗り込み、学園を目指すのだった。
「また処女に戻っちゃった」
 友美はブレザーのスカートの中に手を突っ込んで、あそこを確認している。
「すごく楽しみだわ。また酷い目に遭うの」
 優希菜が興奮している。
「仲間が増えるってステキ」
 文子がつぶやく。
「かわいい子を優先しましょう」
 香苗は丸いメガネの位置を直す。
 彼女たちの足元で、全裸のまま首輪をつけられ、猿ぐつわを噛まされた日陽里と夏音がうずくまっていた。
「こいつらをいつ、昇格させる?」
「慌てなくてもいいわ。こういう子が役に立つかもしれないもの。しばらくノーマルでいてもらいましょうね」
「私たちのペットとしてね」
 楽しげな喚声をあげる彼女たちを乗せて、ワゴン車はゆっくりと校内に入っていった。
 チャイムの音が鳴り響き、併設されている寄宿舎から、ブレザーを着た女子たちがぞろぞろと出て来て校舎へと進んで行き、ワゴン車はそれを先導するように進み、校舎に横付けした。
「いくわよ」と娘たちは気合いを入れる。
「全員、いただき!」

●お読みいただきありがとうございました。『女子校生・痴虐パンデミック』は今回で連載を終了させていただきます。いずれ事情はお話いたしますが、最終章がとても長くなってしまう可能性が出てきたこと、一方でエロな要素が減ってきてしまったことが主因です。当ブログは「オリジナルのSM小説」とうたっている以上、その要素が薄い作品をこのまま連載することはふさわしくないと考えました。刊行時にはさらに手を入れてエロな要素、SMな要素を増量したいと思っています。ただ、ストーリーとしては、最後に彼女や彼らが変形して、学園を襲うのだろうな、というところで終わることは予定通りなので、ここで完結とさせていただきます。ご愛読いただき、ありがとうございました。あんぷらぐど(荒縄工房)


小説(官能小説) ブログランキングへ

★妹は鬼畜系★
RJ106932_img_sam
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
義理の妹に調教される兄「ぼく」。義妹のケイに、さらに義母に調教される。男の娘として男性たちのオモチャに、トーチャー・クラブの生け贄として拷問へとエスカレートしていく。コメディ要素あり。


★隷獣 郁美モノローグ版★
隷獣
Kindle版はこちらへ
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
女子大生がケモノとして飼育される 山ガールを楽しんでいた郁美は、同級生の有希恵に「隷獣」としての素質を見出され、山小屋でケモノに堕ちるための調教を受けるのだった……。伝奇SM小説『隷獣』は、郁美のモノローグに書き改められ、ブログにはない結末が追加されています。


今日のSMシーン
放課後肉便器3人目 小山田まい
放課後肉便器3人目 小山田まい



テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

SMデータベース

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

アダルトブログ宣伝ブログ

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~官能

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

M女調教部屋~体験調教承ります~

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・M男・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2017年8月8日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 お尻をオモチャにしてください
木曜日・金曜日
 君の泣き顔が見たい
土曜日・日曜日
 変態ですみません
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 またはコラム
 または「眞木さまと……。」
 月は休止の場合あり


「荒縄工房」は通常、午後1時頃までに更新予定です。更新をお知りになりたい方は、ツイッターをフォローいただければ幸いです。
 更新手続きしてもブログ上ですぐに反映されない現象が出るときがあります。ツイッターでお知らせしたURLでその記事を読むことができますので、お試しください。
 ※ツイッターを休止・停止しているときは、FBページ「荒縄工房 電子書籍部」でお知らせしています。



 SM研究室は、バックアップ用です。

「荒縄工房」全作品リスト


●刊行作品についての解説・目次などは、
荒縄工房 オリジナルSM小説の世界をご参照ください。

バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロのないブログ。こっそりと。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
Twitterやってます
ご利用ください
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です