FC2ブログ

『隷獣 2』 新連載 1 母は肉便器です

★こんにちは。あんぷらぐど(荒縄工房)です。今日からしばらく「小説『隷獣2』」を連載します。前作は都市近郊の山間が舞台でしたが、今回はメインは都会になります。また主人公は女子校生。一人称で描きます。伝奇SM小説です。お楽しみください。


 肉便器──。
 ひどい言葉です。わたしと母がつましく生活している古ぼけたアパートの表札に、「肉便器」と張り紙がされていたのです。
 これまでも何回もありました。
 その意味はいやというほど知っています。
 母は肉便器──。
「樺川」の表札の上に名刺ぐらいの大きさで張り付けられた「肉便器」を思いきり引きちぎりました。粘着力が強すぎたのか、真ん中あたりで破れてしまいました。「肉」が残っていますが、触るのもイヤで、あきらめました。
「ただいま」
 わたしはわざと大きな声で言ってから、ドアノブを回しました。こういうとき、たいがい鍵はかかっていません。
 狭い玄関には男ものの靴であふれていました。そのニオイ。黒い革靴もあれば、履き潰されたスニーカーもあります。
 息をとめておそるおそる、わたしはその靴をきれいに揃えて並べていきます。そうしないと叱られるし、中に入ることもできないからです。
 十八年間。物心ついたときから、こういう躾けをされてきました。
「いいか、おまえがちゃんと言われたことをやっている限り、誰も手を出さない。そして誰にも余計なことを言わなければ、おかあさんもおまえも生きていくことができる」
 見知らぬオヤジに言われたのです。
 怖くて恐くて……。
「生きていくことができる」のではなく「生かされている」だけだと最近は気づきました。
 物心ついたときから、身に染みているのは彼らの恐ろしさです。見た目はどこにでもいるオヤジでしょう。でもこの部屋にいるときは、鬼なのです。
 母に言わせると、彼らの中にわたしの父がいるらしいのですが……。
「あの人たちは、おまえのおとうさんなんだから、言うことをききなさい」
 そんな母が大嫌いです。肉便器の母が大嫌いです。
 母の泣き声が聞こえてきます。その声のトーンから、日本手拭いで猿ぐつわをされているのだとわかります。
 来る人によって好みがあるのです。彼らはわたしが言葉を覚える頃からやって来ています。メンバーの変動はもちろんあって、知らない人ばかりのときもあります。
 はじめての人ほど、わたしをジロジロ見ますが、手を出してくることは一度もありませんでした。
「お帰り、志絵乃ちゃん」
 あまりよく知らない男になれなれしく言われることに慣れてしまっています。
「おまえのかあちゃんな、今日3リットル、浣腸したんだぜ」
「大したもんだよ。栓なしで10分も耐えたんだ」
「280ミリ、漏らしたからさ。いま、その罰を与えている」
 母は窓枠に沿って作られたパイプを組み合わせた仕置き台に吊されています。その装置も昔からあって、いまは3台目。工事現場の足場のような感じで、布団干しのようでもあります。
 母はそこに洗濯物やふとんを干します。肉便器ではない日に。
 窓を背にして上の水平のパイプに腕を回すようにして縛られています。泣き顔をわたしに向けていますが、目はうつろです。
 足首も上のパイプに縛り付けられているため、Vの字のように足を開いて、股間を突き出しています。
 昔はすべすべの肌でしたが、30代後半の体になってきています。肌のくすみや、治りの遅い傷跡、火傷跡、そしてちょっと増えている皮下脂肪がたるみをつくっています。
 肉便器は排泄も食事も彼らに管理されているので、太る暇はないはずですが、加齢は残酷なものです。
 いつか母は捨てられる……。以前はこんな母には早く普通の人になって欲しかったのですが、学校に通うようになると、この安定した生活を保つために、わたしが卒業するまでは耐えてほしいと身勝手に思うこともありました。
 だって、わたしは勝手に孕まされて産まされた子なのです。彼らのプレイの一貫としてできたもので、その点ではわたしは生まれた時から彼らに嬲り者にされているのです。
 いまさら、表面的な優しさぐらいで、彼らを本当の父親のように思えるわけがないのです。
 母の性器は度重なる虐待によって、淫らに変形していますが、いまその小陰唇に穿たれた穴に金属のフックがつけらています。左右に2つずつ。いまから思えば昔はピアスのようなもので、使わなければ閉じてしまうものでしたが、いまは鳩目のような金具が入れられて、穴が開いたままになっています。
 フックにはチェーンがつけられて、金属の皿をぶら下げています。そこに重さが書かれた釣り用の錘がのせられていきます。漏らしてしまった280ミリリットルの排泄物とともに、280グラムの錘が乗せられています。合計560グラム。あくまで約ですが。
「志絵乃ちゃん、水280ミリリットルは何グラムだい?」
 こういう質問にはすぐに答えないといけません。
「280グラムです」
「だよね。じゃ、水とグリセリンを半分ずつ混ぜた液体の場合は?」
「グリセリンの比重がわからないと正確にはわかりません」
「グリセリンの比重は?」
「1.2グラム立法メートル。約ですけど。1.26なので四捨五入なら1.3です」
「水の密度は 0.9999グラム立法メートルだ。気圧が1のときで、温度が摂氏4度のときだ。体温で温められると膨張するし、吊されたら厳密には1気圧ではないかもしれないな。ハハハ」
 誤差の範囲だと思いますが、こんなクイズを出してはわたしの答えさせたり、調べさせたりして遊ぶのです。
 わたしの偏った知識はいろいろありますが、理科系の授業でロウソクの炎の温度分布を教えられたときには、炎の先端よりもその中の方が熱いことや、根元は少し温度が下がることをすでに知っていました。とはいえ、先端で850度、最高で980度、最低で690度ですから、いずれにせよ、炎で肌を焼かれれば、炎のどこが当たろうとも重症を負うのです。
 線香も約800度。ロウソクよりも安定しています。タバコの火は燃えているところで700度ほど。お灸のもぐさは見た目は熱いようでも肌に当たっている部分は最高で150度ほどになると言われています。ただその時間は短くする(つまりもぐさを少しにする)ことで、ひどい火傷にならないようにしていたわけです。
 もっとも彼らは酷い火傷になるように計算するのが常でしたが。
 そもそも低温火傷は50度あればなるわけですし、わたしの知る限り温泉や銭湯でもっとも熱いタイプのお湯でその50度が限界のようです。いわゆる熱湯風呂は、50度はないはずです。わたしたちは45度のお湯で十分に熱いと感じるのです。
 伸びきった陰唇。そこにさらに錘を足していきます。
「美貴江、今日こそちぎれるかもしれないぜ」
「ぐううううう」


小説(官能小説) ブログランキングへ

★妹は鬼畜系★
RJ106932_img_sam
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
義理の妹に調教される兄「ぼく」。義妹のケイに、さらに義母に調教される。男の娘として男性たちのオモチャに、トーチャー・クラブの生け贄として拷問へとエスカレートしていく。コメディ要素あり。


★隷獣 郁美モノローグ版★
隷獣
Kindle版はこちらへ
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
女子大生がケモノとして飼育される 山ガールを楽しんでいた郁美は、同級生の有希恵に「隷獣」としての素質を見出され、山小屋でケモノに堕ちるための調教を受けるのだった……。伝奇SM小説『隷獣』は、郁美のモノローグに書き改められ、ブログにはない結末が追加されています。


今日のSMシーン
俺の肉便器~四畳半監禁娘 渚うるみ
俺の肉便器~四畳半監禁娘 渚うるみ


テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

SMデータベース

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

アダルトブログ宣伝ブログ

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

僕の変態性処理奴隷ペット 繭子の調教日記

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~官能

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

M女調教部屋~体験調教承ります~

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・マゾヒスト・露出狂研究所

ネこトこネこ

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。

ゆかりのいろんな日常
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2017年10月16日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 お尻をオモチャにしてください
木曜日・金曜日
 君の泣き顔が見たい
土曜日・日曜日
 メロー・マッドネス
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)
 または「百恵と丸夫の変態の友」
 または「コラム」
 月は休止の場合あり


ホームページ 荒縄工房 オリジナルSM小説の世界
 刊行作品についての解説・目次など。

ツイッター
「荒縄工房」は通常、午後1時頃までに更新予定です。更新をお知りになりたい方は、tツイッターをフォローいただければ幸いです。

 更新手続きしてもブログ上ですぐに反映されない現象が出るときがあります。ツイッターでお知らせしたURLでその記事を読むことができますので、お試しください。


FBページ「荒縄工房 電子書籍部」
 ツイッターを休止・停止しているときは、このFBページでお知らせしています。

SM研究室
 ライブドアブログ。ただいま休止中。バックアップ用。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロなしブログ。





「荒縄工房」全作品リスト




バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
Twitterやってます
ご利用ください
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です