FC2ブログ

『隷獣 2』 2 もう少し伸ばしてみろ。新記録かも

前回はこちらへ

 猿ぐつわといっても、彼らは手拭いを絞るようにして口に噛ませているだけですから、母はなにかを言おうと思えば言えるのです。でも、滅多に言葉は発しません。
「何センチ伸びた?」
 伸びた陰唇を定規で測ります。その定規は以前、学校でわたしが使っていた半透明のものです。そうした勉強道具はすべて彼らが新品を揃えてくれましたが、やがて母を責める道具へと変わっていきました。
 定規、コンパス、えんぴつでさえも。
 わたしの使っていたえんぴつ1ダースがそっくり、母の膣に詰め込まれた光景を見せられました。コンパスの針が尿道に入っているのでした。そのときの母はやはり手拭いを噛みしめながら、目をつぶって、汗ぐっしょりの顔でしたが、どう見ても捻れた喜悦に浸っているようにしか見えませんでした。
「48ミリかな。志絵乃、肉便器の小陰唇伸ばしの最高記録は?」
「52ミリです」
「まだ大丈夫」
 オヤジたちは「へへへ」と笑って錘を追加していきます。
 結局、罰のために数字遊びをしていても、そこで終わりではなく、やりたいところまでやるのです。
「お、伸びるぞ、もう少し伸ばしてみろ。新記録かも」
「ぐひっ」
 痛みとちぎれてしまうかもしれない恐怖。それを母は愉しんでいるのです。
「53ミリ」
「もう一声!」
 わたしの頭の中には母の部位についての知識まであります。小陰唇をもっとも伸ばしたときで52ミリ。アヌスを最大に拡張したときの直径は82ミリ。膣の深さは176ミリ。乳首の長さ11ミリ。クリトリスの長さ最大時に34ミリ。すべて、年々増えていくものばかりです。
 一方、すっかり失ったものといえば、体毛でしょうか。いまでは頭も完全に剃られてつるつるです。そこには「肉便器」とタトゥを入れられています。真っ赤な文字は、書道で学内で賞を取ったことから、わたしの書いた文字なのです。
 もちろん直接に書いたのではありません。半紙に墨汁で書かされました。その文字をスキャンして母の頭のサイズに合わせて調整した画像から、タトゥの下絵にしたのです。
 それでも、わたしの字であることには変わりません。
「おかあさんも喜んでいるよ、きっと」と言われましたが、そのことを母子で話したことはありません。
 卒業が近くなってきて「どうするの」と母に言われたのですが、はっきり返事はしていません。このところ、わたしは母とあまり口をきかないようにしているのです。
「反抗期?」と聞かれましたが、それもあるかもしれません。
 でも、自分が肉便器の娘であり、父親が誰か特定できず、それでいて母を肉便器にしている男たちの中におそらく父がいると聞かされて育って、いい加減に耐えられなくなっているのです。
 なにもかもぶちまけて、親子ともども死んでしまいたい。この部屋に火をつけて父親らしい男たちと一緒に燃え尽きてしまいたい。そんな衝動にかられるときもあります。
 この年になって彼氏もいません。これまで一度もいません。告白だけは数回されていますが、自宅に招待することはもちろん、母に会わせることも恥ずかしいのです。
 陰唇が5センチ以上も伸びる母。体毛のない母。頭に赤く「肉便器」と掘られた母。男たちの精液を浴び続け、排泄物を口にする母。
 週に何回か、ふいに訪れる肉便器の日には、母は失神を何度もするほど悦びに浸りますが、わたしはどこにもぶつけようのない怒りだけが溜めこまれていくようです。
 それでいて、なにも行動できないのは、おそらくずっとこの環境で育ってしまったからですし、オヤジたちに教え込まれたからでしょう。
 もっと前に反抗していればよかったといまでは思います。
 これからでも遅くはないし、いますぐにもぶち壊したいけど。オヤジたちはわたしに対しては父親としてふるまっていたので、そこに見せかけだけでも愛情らしきものを感じていた自分もいたからです。
 ほかの子とは違うけど、わたしにだって父親はいるのだ、と信じようとしていたのです。
 その伸びきった陰唇の向こうには、瓢箪の底のようなものが見えています。それは彼らが母のお尻に飲み込ませている「秘木」と呼ばれる奇妙な道具でした。
「こいつはな、日本の歴史の陰に存在する国宝級のものなんだ」
 オヤジたちはそう言っていました。全長38センチ。下部には瓢箪のようなくびれた球体状の部分があり、それぞれ直系46ミリと104ミリもあります。以前、正確に測定しろと言われて、図面に書いたことがあります。
「おそらく、当初はこの先があったんだ」
 下はでっぷりとした、押し潰された球体のような形をしていて、いったんくびれたあとに、ほぼ完全な球体の部分があり、その先はくねくねと木の根のように曲がりくねりながら徐々に細くなっていきます。先端部分は直径12ミリで斜めにカットされた跡があり、そのふちは丸みを帯びていました。
「100年以上使われているものだ。江戸時代以前からあったという説もある。もしそうなら200年以上になるな」
 その間に、先端部分、おそらくあと10センチほどあったのではないかと思われていますが、それが折れてしまったのでしょう。明らかに人工的に加工した跡が見られるのはその先端部分だけでした。
「天然の秘木はある場所でしか手に入らなかったが、その場所はもはや誰にもわからないので、新しいものは入手不可能だ」
 それを母を支配しているグループのボスである通称ネコさんが持っている理由は知りません。
「不思議な言い伝えがあってな。こうしてケツの中に入れておくと、そのうち相性みたいなもので、この秘木の好みの女ならこの底まですっぽり入ってしまうんだそうだ」
 触ってみればカチカチの固さなのです。柔らかくなるとは思えません。でも、もしかしたら形を変えるのかもしれません。
「つまり、こう見えて秘木は生きているんだよ。大事にしなければ天罰が下るぞ。ハハハ」
 男たちの腕さえも飲み込む母の肛門ですが、10センチ以上もある底部まで入るようになどなるものでしょうか。
「入ったらどうなるんですか?」
「いいことがある」とネコさんは言いました。大きな口を広げてニヤリと笑いながら。その表情がアニメ版の「不思議の国のアリス」に出てくるチェシャ猫によく似ているのです。これほど大きな口でいやらしく笑うようになったら、彼こそがわたしの父ではないかと思ったのですが、幸いというか、いまのところそうはなっていません。
「55ミリ」
「おお、新記録更新」
 こうして母をいじめては、犯して愉しむのが彼らのやり方でした。24時間、メンバーが入れ替わりながら明日の朝まで続くのです。


小説(官能小説) ブログランキングへ


★小説「亜由美」第一部★
亜由美第一部

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
女子大生となったばかりの亜由美。剛介との出会いから、自らのマゾ願望がいっきに開花。理不尽な辱め、処女喪失、輪姦からはじまってタップリ、被虐を味わうことになります。



★小説『亜由美』第二部★
ayu02

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
アマゾンkindle版はこちらへ
メス豚女子大生となった亜由美への本格的な調教が繰り広げられます。大学でも便所でも商店街でも……。苦悶と快楽が彼女の日課になっていきます。



今日のSMシーン
中出し公衆便所 種付け肉便器女 槇原愛菜
中出し公衆便所 種付け肉便器女 槇原愛菜




テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

SMデータベース

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

アダルトブログ宣伝ブログ

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~官能

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

おじさんと私の関係

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

M女志願

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・M男・露出狂研究所

ネこトこネこ

女性への奉仕ブログ 〜ある紳士の体験話〜

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2017年4月30日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 淫虐の楽園
木曜日・金曜日
 シェアしてください
土曜日
 告白シリーズ またはコラム
日曜日
 眞木様と……。またはコラム
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)またはコラム
 土・日・月は休止の場合あり


「荒縄工房」は通常、午後1時頃までに更新予定です。更新をお知りになりたい方は、ツイッターをフォローいただければ幸いです。
 更新手続きしてもブログ上ですぐに反映されない現象が出るときがあります。ツイッターでお知らせしたURLでその記事を読むことができますので、お試しください。
 ※ツイッターを休止・停止しているときは、FBページ「荒縄工房 電子書籍部」でお知らせしています。



 SM研究室は、バックアップ用です。

「荒縄工房」全作品リスト


●刊行作品についての解説・目次などは、
荒縄工房 オリジナルSM小説の世界をご参照ください。

バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロのないブログ。こっそりと。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
Twitterやってます
ご利用ください
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です