FC2ブログ

堕ちる AとV 77 拡張するだけですよ

前回はこちらへ

 耐えられるわけがなかった。水絵とは違うのだ。
 全身が痛い。背中にあたっていたバスタオルなどがズレてしまい、敷居の角が背骨にぶつかる。
「ひー、ひー、ひー」
「どうだ。濃いやつをいっぱつ、お見舞いしてやろうか」
「だ、だめ!」
「なにがダメなんだよ」
「わたしは避妊していない……」
「孕ませてやるよ」
「いや! よして! やめてください! お願い、お願いだから」
「だめだ。中出しだ。たっぷり入れてやるぜ」
「いやああああ」
 酷すぎると萌子は思った。大川部長に報告してなんらかの対応をしてもらおう。そうしなければ気が済まない。こちらもうかつだったとはいえ、避妊していないことを承知で中出しするなんて、非常識すぎる。
「はははは。おまえ、けっこういいまんこ、持ってるぜ」
 射精しながらもピストンを続ける。
「抜かずの2発ってやつができそうだぞ。おれも久しぶりだからな。水絵で毎晩のようにいっぱい抜いているからだけど。こんなに元気なのは久しぶりだぜ」
 なにか叫ぼうと思ったが、奥田は頬や鼻や顎や乳房をバシバシとひっぱたきながら、再び速度を上げていく。
 とんでもないヤツだと思っていたが、これほどまでとは。萌子は泣きながら2度目の射精を体の奥で受け止めるしかなかった。
 やっと気が済んだのか、奥田が立ち上がると、「あっ」と声がした。そこには富ヶ谷がいた。外国人たちに囲まれた中から、いつの間にか逃げ出していた彼。
 萌子は少しは富ヶ谷を信頼しつつあったのに、それも崩れ去っていた。
 だが、いまは助けてくれるかもしれない。
「助けて。お願い。レ○プなの。奥田に……」
 富ヶ谷は眠そうな目を擦り、そして顎に指をあててしばらく考えている。
「なんだ、どうした」と奥田が言う。「文句、あるのか」
「いえ。文句はありません。こっちに引っ張り出していいですか?」
「ああ、いいさ。好きなようにしなよ」
「富ヶ谷さん!」
「気安く呼ぶんじゃねえよ」と彼は鬼のような形相になり、奥田と2人がかりで萌子の体を持ち上げるとキッチンの床に転がした。
「ひーっ」
「なにがあったんですか?」と富ヶ谷は萌子ではなく、奥田に尋ねている。
「水絵が具合が悪いんだってさ。こいつが朝まで自分のオモチャにしたあげく、風邪でもひかせたんだろう。おれは夜勤明けで、水絵をいたぶるのが楽しみだったんだ。だから責任を取ってもらったわけだ」
「なるほど」
 富ヶ谷は冷静だった。
「いずれ、こうなるかなって思ってましたけど」
「だよな」
「ただ、大川さんはこれを認めないでしょう」
「あいつがどう思おうと、おれはもうやっちゃったからさ。おまえはどうするんだよ」
「ふふふ」と富ヶ谷は笑いました。「実は、今日、ステキなものを手に入れたんですよ」
 古めかしい革のダレスバッグ。色が褪せている。それを開くと、中から金属の器具を取りだした。錆びているわけではないが、これも古びている。
「なんだ、それは」
「これは、中世の拷問道具の『苦悶の梨』ですよ。レプリカです。そんなに古いものじゃないけど、どこかに展示していたものらしくて、汚れちゃっていますけどね」
 そう言うと、富ヶ谷はクルクルとハンドルを回しはじめた。果物を思わせる4枚の花びらが徐々に開いていく。
 花びらは45度ほどのところで止まった。中央部分からは鋭い金属のキリが突き出ている。
「これを女性器に入れてやるんです」
「ハハハ。ぶっ壊れちゃうな」
「ええ。通常はこれを見せられたり、すぼめたまま突き入れられただけで、誰だって白状しちゃいますよね」
「まあ、そうだな。全開にしたら裂けちゃうからな」
「本来、口に突っ込んで閉じないようにして苦しめる道具として開発されたらしいですけどね。膣や肛門に入れて使うと、致命傷を与えることができる上に、これをすぼめて引き抜いてしまえば、外からは傷が見せません。拷問したことがわからないわけです」
「なるほどな」
「やってみたいんですよ、これ」
「バカ野郎、死んでしまう」
「あ、これは外せます」と突き出たキリの部分はクルクルを回して外すことができた。
「拡張するだけですよ。引き裂くほどは開きませんから」
「じゃあ、こいつでやってみればいい」
「いいんですか!」
「おれがダメだと言えるわけがないだろう」
「その前にやっちゃってからでもいいですか」
「おまえも、けっこうな野郎だな」
「ありがとうございます」
 萌子の前で物わかりのいい男のふりをしていたのは、彼もいつかは萌子をこうするつもりだったからではないか。
 恋人のような気分を一瞬でも感じた自分がバカだったと萌子は後悔した。
「黙らせていいですか?」
「ご自由に」
 萌子は力の限り叫ぼうとしたが、その腹部を富ヶ谷は踵で蹴った。
「がっ」
 不意打ちだった。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★小説『堕ちる 明日菜編01+』★
堕ちる明日菜01
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
自虐趣味が大変なことに 「SM研究室」の人気連載「「自虐者・明日菜の真性必罰日記」全編、そして連載中の「小説 堕ちる 明日菜編」を+(プラス)。全編加筆修正しました。お下劣で過激な一人遊びから始まって性社畜へと堕ちていきます。843ページ。


★小説『堕ちる 明日菜編02+』★
asuna02100100.jpg
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
自虐者・明日菜の続編です。「小説 堕ちる 明日菜編02」と「明日菜の夏休み・冬休み」を収録。全編加筆修正しました。過激な一人遊びや、性社畜へと堕ちた明日菜の行方をお楽しみください。


★『自虐姉』★
jigyakuane100100.jpg
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
姉のミサは自虐癖が強く、恥ずかしいことや痛いことが大好き。心配しながらもそんなミサを欲望のままに使い倒す弟。念願の2人暮らしはやり放題の危ない日々に。やがてアパートの住人たちを巻き込んでいきます。


今日のSMシーン
バス占拠痴●漢 ~車内を乗っ取られ欲望のまま凌辱される女たち~
バス占拠痴●漢 ~車内を乗っ取られ欲望のまま凌辱される女たち~





テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

SMデータベース

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

アダルトブログ宣伝ブログ

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~官能

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

おじさんと私の関係

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

M女志願

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・M男・露出狂研究所

ネこトこネこ

女性への奉仕ブログ 〜ある紳士の体験話〜

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2017年4月30日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 淫虐の楽園
木曜日・金曜日
 シェアしてください
土曜日
 告白シリーズ またはコラム
日曜日
 眞木様と……。またはコラム
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)またはコラム
 土・日・月は休止の場合あり


「荒縄工房」は通常、午後1時頃までに更新予定です。更新をお知りになりたい方は、ツイッターをフォローいただければ幸いです。
 更新手続きしてもブログ上ですぐに反映されない現象が出るときがあります。ツイッターでお知らせしたURLでその記事を読むことができますので、お試しください。
 ※ツイッターを休止・停止しているときは、FBページ「荒縄工房 電子書籍部」でお知らせしています。



 SM研究室は、バックアップ用です。

「荒縄工房」全作品リスト


●刊行作品についての解説・目次などは、
荒縄工房 オリジナルSM小説の世界をご参照ください。

バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロのないブログ。こっそりと。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
Twitterやってます
ご利用ください
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です