FC2ブログ

堕ちる AとV 82 浣腸、気持ち、いいです……

前回はこちらへ

 縄がぴーんと張り、上から男たちが萌子を支える。
 こんなところで転倒すれば大変なことになりそうだった。
 恥ずかしさもあるものの、いま誰かに見られていたとして、気にしている余裕はなかった。
 水絵もこうして追い込まれて、いつでもどこでも全裸になって恥ずかしい行為ができるようになったのかもしれない。
 そしてやがてそれが快楽になっていく……。
 あまりにも悲しい学習だった。
 午前の庭は処刑場のように殺伐としていた。
 古い犬小屋。そして排泄場所。そこは奥田の過激な欲望のために、いつも泥濘み、いやなニオイが漂っていた。
「ここが、おまえたちの排泄場所だ。ちょっとニオイが気になるから、やるまえに掘れ」とスコップを押し付けてくる。
 柔らかい土を30センチほど掘ったところで、許された。
「じゃあ、空気を抜いてやる」
 男たちににらまれて、萌子は反射的に言葉を口にした。
「ありがとうございます」
 泥だらけになって震える萌子。その尻の装置から空気が抜かれる。真ん中の拡張部分が緩くなるだけで、少し漏れ出す。奥のバルーンが萎むと「あっ」と声を上げる間もなく、装置そのものを排泄し、続けてどっと腹の中でたぎっていたものが噴き出した。
 ガスも混じり、派手な音が響く。
 固形物は少ない。
「くせえな、萌子」
「おまけに、この量」
 毎日浣腸されている水絵と違い、萌子は宿便も含めて通常の成人が体内に溜めこむ以上の老廃物があった。それが、水浣腸によってまだ出し切れていなかったのだろう。腸壁からこそげ落とされるようにいま、すべて流れ出している。
「ああああああ」
 それは萌子がはじめて経験する快楽だった。最初の水浣腸では苦しさと羞恥しかなかった。だが、いまは違う。拡張され敏感になった肛門をとめどなく流れ落ちていく排泄物は、全身を震わせ、頭を真っ白にさせた。
 見上げれば雲に覆われたにぶい朝日が隣家の屋根から照らしていた。雲が切れ、鋭い陽光が萌子を射る。
「くううううううう」
 量は少なくてもニオイは強烈だった。
「ハハハ。気持ちいいか」
 奥田の言葉に、萌子は脂汗を流しながら「気持ち、いいです」と答えた。
「なんだと!」
 奥田は笑いながら、数発、ビンタを食らわせた。
「大きな声で言ってみろ」
「ああ、浣腸、気持ち、いいです……」
 子宮のあたりが熱くなっていた。
「これが本物の浣腸だ。よかったな、萌子」
「ありがとうございます」
 言葉を選んだり意識することもなく、口をついて出る。奴隷の言葉だ。自分が奴隷の言葉をうれしそうに発していることに気づき、さらに下半身が熱くなった。
「水絵は毎日やってるんだ。おまえも毎日だな」
「許してください」
 毎日など、とてもではないがムリだ……。
 しゃがみ込みそうになってしまうが、奥田と富ヶ谷が両脇から支え、中腰のまま排泄をさせられた。
「終わりか?」
「まだ……」
 再び大きな放屁が続き、残りがこぼれ落ちていった。麻痺したようになって、どこが終わりかわからない。
 体は耐えたのだ。腸は破れていない。安堵がさらに広がる。
 水絵は毎日、今日も無事で生きていると感じていたのだろうか。
 奥田は穴の上に石灰を撒いて薄く土をかけた。
 富ヶ谷は庭の蛇口から長いホースを引きずってきた。萌子を追い出すように庭から外へ向かわせる。
「あ、いや、いや」
「大声出せば、それだけ大勢に見られちゃうぞ」
 階段の横を抜けて門の外に出る。
 アスファルトの道。日曜日の午前は人影があまりない。
 ジャーッと音を立てて水が浴びせられる。
「ひいいい」
「こっちにケツを向けろ」
「あっ、いやっ」
 奥田に肩をつかまれ、中腰で立たされたまま、勢いのいい水をお尻の穴で受けるのだ。
「きれいにしてやるからさ」
 富ヶ谷に言われるのが余計に悔しい。
「もういいだろう」と留岡が縄を引く。自転車に乗っている子どもたちが遠くに見える。野球に行くらしい。
 敷地内に引き戻されて、濡れた下半身のまま階段を上がる。
 大勢の子どもたちが自転車で通り過ぎる。
 あの日常と萌子のいまは、もはや関係のない世界になってしまったのだ。子どもたちに気づかれなかったのは幸いだが、誰かに見られていたかもしれない。近所の人たちは、きっと大川部長に通報するだろう。
 だからといってこうなってしまった自分は、もう元には戻れないのではないか。萌子はそれを恐れた。

「いい眺めだな」
 薄汚れた水絵のホットパンツを履かされて、公園に連れ出された。
 あれをやらされる……。
 萌子は蒼白だった。
 上半身には飾りの縄をかけられている。拘束はされていないのだが、首から乳房から腹部まで、下着のように縄をかけられいた。
 その上から薄くて丈の短いブラウスを着せられた。萌子のものだが、留岡の縄で強調された乳房は、乳首がいつもより大きく硬くなっていることもあって、ひとまわり小さく感じた。
 ヘソは出てしまう。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★小説『堕ちる』特別編★
堕ちる1

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
OLが自虐の果てに見たものとは? ブログ連載を加筆修正の上、未公開の原稿を追加しました。主人公は壮絶な自虐癖から拷問ののちに人間ですらなくなっていく……。



★小説『堕ちる』Part2 シークレット・バージョン★
堕ちる2

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
OLが拷問地獄に堕ちる『堕ちる』の別バージョン(「小説『堕ちる』特別編」の続編ではありません)。初出時にあまりの描写に小説掲示板から削除されてしまった部分などを復活。お読みになる前に「体験版」などにある「ご注意」をご確認ください。



今日のSMシーン
マゾ淫語 11 加納綾子
マゾ淫語 11 加納綾子




テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

SM動画データベース

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

アダルトブログ宣伝ブログ

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~官能

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

おじさんと私の関係

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

人生一度。調教されてみませんか?

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・M男・露出狂研究所

ネこトこネこ

女性への奉仕ブログ 〜ある紳士の体験話〜

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2017年3月18日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 淫虐の楽園
木曜日・金曜日
 シェアしてください
土曜日
 告白シリーズ またはコラム
日曜日
 コラム 淫具の夢
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)またはコラム
 土・日・月は休止の場合あり


「荒縄工房」は通常、午後1時頃までに更新予定です。更新をお知りになりたい方は、ツイッターをフォローいただければ幸いです。
 更新手続きしてもブログ上ですぐに反映されない現象が出るときがあります。ツイッターでお知らせしたURLでその記事を読むことができますので、お試しください。
 ※ツイッターを休止・停止しているときは、FBページ「荒縄工房 電子書籍部」でお知らせしています。



 SM研究室は、バックアップ用です。

「荒縄工房」全作品リスト


●刊行作品についての解説・目次などは、
荒縄工房 オリジナルSM小説の世界をご参照ください。

バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロのないブログ。こっそりと。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
Twitterやってます
ご利用ください
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です