FC2ブログ

堕ちる AとV 86 すてきなニオイがするのよ、萌子様

前回はこちらへ

「ありがとうございます」
 萌子はそのまま帰ろうとした。
「残念だよ、あんたがこんなことになって」
 そう言われたが、もうどうにもならない。萌子はドアをそっと閉めて廊下に出た。
 裸でいること。夜風が薬を塗った部分にスッと当たること。いつでも死ねると思っていること。そして、もう戻れないところに来てしまったこと。
 水絵の部屋に戻った。布団は2組あった。
 黙って横になると、水絵が入ってきた。なにもせず、ただ横にいるだけだった。それだけで疲れ切った萌子は安心して眠ることができた。

 萌子は会社でケイコと目が合わないようにしていたのだが、昼前にとうとうケイコと遼子に捕まってしまった。
「水絵、どうしてる?」
「相変わらずです」
「ふーん」
 2人の目が鋭い。
「萌子。あんた変わったわね」
「なにがですか?」
「なにかあったんでしょ」
「別に」
 朝の務めが増えたからだった。化粧品を使わせてもらうために、奥田のところへ行くと顔に汚水を浴びせられた。「ごくごく飲むようになれよ」と文句を言われた。水絵は飲んでいる。
 全身が痛く、富ヶ谷に服を頼みにいくとフェラチオと背後からのセックスを求められた。朝から汚れた体を洗い、薄いワンピースを着たが下着は許されず、化粧も時間がないこともあって最小限になってしまった。留岡がいなかったので、お金はまったくないまま出社したのだった。
 もしも富ヶ谷がいなければ服はない。奥田がいなければ化粧もできない。
 しかし会社に行かなければ給料が得られない。彼らに奪われ、自分を犯す人たちにお金を払い続けることになるとわかっているとはいえ。
 水絵とは会うこともない。彼女は彼女の時間で目覚めて支度して出社している。地下の倉庫だからオフィスには滅多に来ない。
「臭いわね」
 遼子が鼻を近づけてきた。
「男のニオイがするなあ。まさかゆうべ、いいことあったの?」
 延べ60人に犯されたなどと言えない。その痛みはいまも残っていて、ともすると倒れ込みたくなる。
 昼はひとりで食べたかったが、彼女らに連れられて公園が見えるカフェに行った。
「驚いたわよ。ここからね」
 緑の蔦がフェンスにからまって目隠しになっているものの、公園を見ることができる。そこは祠のある広場で、このカフェができる前には水絵をそこで全裸露出させた思い出の場所だ。
 そしてついこの間。萌子は富ヶ谷と水絵をここに連れてきていた。ケイコは彼氏らしい男とこの席に座っていて萌子と目が合ってしまったのだが、そのことについてはこれまで触れたことはなく、あえて萌子にも接触してはこなかった。
「水絵をいじめたいなあ」と萌子の隣に座った遼子。「最近、ストレス溜まってしょうがないのよ」
 食欲も旺盛で、また太ったように見え、自然光の下で肌が荒れているのもよくわかる。
 萌子もそうだったのだが、水絵といたあの時期は、全員体調もよく肌も輝いていた。水絵もだ。
 ただ、あの時と決定的に違うのは、いまでは萌子は水絵と同じ側に立っている点だ。こうしてケイコたちと食事をしていても、落ち着かない。気持ちは蔦の向こうで裸で立っている情けない自分の姿にあった。
 ケイコたちに蔑まされ、大川部長にも伝わるだろう。部長がどのような判断をするかはわからない。アパートから出されるのか。それとも水絵と同じ扱いを受けるのか。
「ねえ、なぜスルーするのかな」
 ケイコに言われて、萌子ははじめて彼女たちが困惑していることに気づいた。スマホを取り上げられていることは、彼女たちは知らないのだ。日曜日にメッセージを送ってきたとしても、返事はどうせできなかった。
「ごめんなさい。スマホ壊れて……」
 2人の目がまったく信じていないことを物語っていた。
「萌子は最初から危なかったわよね。水絵の肩を持っていたし。いまは同じアパートに住んじゃっているし。けっこういい男も住んでるし」
 富ヶ谷のことだろう。ケイコたちは彼の本性を知らない。彼は萌子の性器を破壊しようと考えているのだから。
 ゾクッとした萌子の様子を、2人にじっと見られていた。その目は爬虫類を思わせた。奥田たちと同じだ。
「すてきなニオイがするのよ、萌子様」
 遼子がわざとらしくまた萌子の髪からうなじあたりに鼻を近づける。
「便所のニオイだわ」
 食べていたパスタを吐き出したくなった。
「白状しなさいよ。どうせ部長に聞けばわかることだわ」とケイコ。「先に萌子様から直接、聞いたならまだしも、あとから部長に聞かされたときはすごく気分が悪いわ」
「言ってしまいなさいよ。あなた水絵とエッチなこと、してるんでしょう。もう、あのアパートにいる連中たちといろんなことしたんでしょう?」と遼子が、無遠慮に腿に手を置いた。
「あっ」
 フォークを皿に落としてしまった。
 電流が走ったような気がしたのだ。それは遼子の手から腿を通って性器を突き抜けて下腹で火花を散らした。
 あれだけの男たちにザーメンを注がれ続けても感じなかったことが、遼子の手だけで容易に感じてしまう。萌子は自分の肉体が信じられなくなっていた。
 水絵とだけ感じるのではないのだ。


小説(官能小説) ブログランキングへ

★『安里咲1』★

DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
亜由美の拷問実験を目撃させられた美しき女子大生・安里咲。後継者として目をつけられ、女子寮のペットに。寮長たちによる過酷な調教が彼女を被虐の快楽に引きずり込みます。


★『安里咲2』★
arisa2100100.jpg
DMM.R18版はこちらへ
DLSite版はこちらへ
完結編。休む間もなく徹底した調教の果てに辿りついたものとは……。恥辱にまみれた公開調教から東欧の古城で繰り広げられる拷問ショーへ。


今日のSMシーン
援交 転校生 ひとみ
援交 転校生 ひとみ



テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
各作品を掲載順にお読みいただけます。なお、作品刊行前に予告なくダイジェストのみの公開になります。
相互リンク
ブロとも一覧

SM動画データベース

きょうもいいてんきっ♪♪♪

究極エロ画像まとめ ~ぬきぬき~

アダルトブログ宣伝ブログ

ちょっとエッチ・だいぶエッチな画像

緊縛の館

ある調教日記

ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

Fetishi-SM いろは

畜奴の家Ⅱ

従順ブタ妻 弥生のSM日記

半熟夫婦の露出日記

淫縛と調教の世界

美しい人妻

SM~猟奇の性書~官能

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

~変態奴隷への調教課題~

隠れ変態女に愛を込めて~隠れ異常変態性欲女のための『叫びの壺』

おじさんと私の関係

【M男向け】S女とM男の天国 / [For Male Masochist] Heaven of Sadistin and Masochist

メイの日常

OL夢華の秘めごと遊び

人生一度。調教されてみませんか?

Mogaの寝取られブログ&寝取られ動画専門サイト[MOGA07NTR]

CFNM・M男・露出狂研究所

ネこトこネこ

女性への奉仕ブログ 〜ある紳士の体験話〜

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

SM事師たち-無料SM動画学入門-

緊★縛エロチカ★

SM Sleeper

従順M妻の日記

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

(羞恥+露出+調教)×理性=堕ちる。。。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

あんぷらぐど

Author:あんぷらぐど
 アクセスいただきありがとうございます。このブログは18歳未満はお読みいだけないアダルトサイトです。
 表現上、お食事時にはふさわしくないときもありますので、お気をつけください。
 なお本ブログに掲載している作品の著作権はあんぷらぐどに、出版権は電子も含めて荒縄工房にあります。無断転載・印刷・流用はできませんのでご注意ください。

 荒縄工房の取説もご参照ください。

 現在の掲載日程
※2017年3月18日からは下記の予定となっています。

火曜日・水曜日
 淫虐の楽園
木曜日・金曜日
 シェアしてください
土曜日
 告白シリーズ またはコラム
日曜日
 コラム 淫具の夢
月曜日
 妄想絵物語(イラスト・月工仮面さん)またはコラム
 土・日・月は休止の場合あり


「荒縄工房」は通常、午後1時頃までに更新予定です。更新をお知りになりたい方は、ツイッターをフォローいただければ幸いです。
 更新手続きしてもブログ上ですぐに反映されない現象が出るときがあります。ツイッターでお知らせしたURLでその記事を読むことができますので、お試しください。
 ※ツイッターを休止・停止しているときは、FBページ「荒縄工房 電子書籍部」でお知らせしています。



 SM研究室は、バックアップ用です。

「荒縄工房」全作品リスト


●刊行作品についての解説・目次などは、
荒縄工房 オリジナルSM小説の世界をご参照ください。

バナー倉庫

 ここで取り上げている作品はすべて、フィクションであり、実在する、人物・地名・団体とは一切関係ありません。また、特定の団体、宗教、人種、性別などを誹謗中傷する意図はありません。

人気ブログランキングへ


ペンネーム「あんぷらぐど」
1970年代からのSM小説を読み、書き。「仲ゆうじ」などのペンネームで「SMセレクト」などに小説を書かせていただいておりました。
未発表作、新作などを随時、お読みいただきたいと思っています。

今日も上機嫌ってわけないだろ
 あんぷらぐどのエロのないブログ。こっそりと。

FBページ「荒縄工房電子書籍部」
Twitterやってます
ご利用ください
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
相互リンク2
最近更新されていない相互リンク先です